雪の影響により、2月10日(木)~11日(金・祝)は図書館の開館時間に影響がある可能性があります。

10日(木)は附属図書館長判断にて、開館時間短縮や休館となる可能性があります。
11日(金・祝)は「土日・祝日に警報等が発令された場合の附属図書館の開館、閉館について」に基づいて、以下のとおり既定の時間に国立市に警報が発令されていた場合、または、JR中央線及びJR南武線の国立市域を含む区間が運休していた場合は休館となります。

  1. 午前7時時点で国立市に警報等が発令中の場合
    通常の開館時刻から午後1時まで臨時休館とする。
  2. 午前11時時点で国立市に警報等が発令中の場合
    午後1時から通常の閉館時刻までを臨時休館とする。
  3. 午後1時時点で国立市に警報等が発令中の場合
    午後3時から通常の閉館時刻までを臨時休館とする。
  4. 午後3時時点で国立市に警報等が発令中の場合
    午後5時から通常の閉館時刻までを臨時休館とする。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

定期保守のため、以下の日時に、附属図書館1階インターネット端末が利用できなくなります。
情報教育棟の端末も利用できません。

  • 日付:令和4年2月9日(水)
  • 時間:13:00~閉館

ご不便をおかけいたしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

学術情報ネットワーク(SINET)の更新作業に伴い、全学シングルサインオン(認証)サービスが一時利用できなくなることから、以下のとおり一部システムの認証ができなくなります。
利用者のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

日付時間認証できなくなるシステム
2/12(土)17:00~18:00の間に30分程度、右のシステムへのサインイン(ログイン)ができなくなります。・利用者用インターネット端末

以下、オンラインサービス
・MyLibrary(キャンパス外からの電子リソース利用を含む)
・HERMES-IR(機関リポジトリ)

※既に停止前に認証済みの場合は、そのままシステムをご利用いただけます。
※停止時間は、作業の状況により前後する場合があります。

下記の日程でジャパンナレッジのメンテナンスが実施されます。

【サービス停止日時】

・2月26日(土)9:00 a.m.~7:00 p.m.(10時間/日本時間)

【サービス停止内容】

・ジャパンナレッジサービス全般(ジャパンナレッジLib、セレクトコンテンツ、JKBooks)

※作業の進捗状況により、サービス再開時刻は多少前後する場合があります。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

緊急システムメンテナンスのため以下のとおり一部サービスが一時的に利用できなくなります。

  • 日時:
    • 2/2(水) 12:00~12:30
  • 一時停止するサービス:
    • HERMES-Catalog
    • MyLibrary(MyLibrary経由でアクセスする電子リソースも含む)
    • HERMES-IR

利用者のみなさまには、ご不便をおかけし申し訳ございません。

髙本善四郎氏助成図書コーナーにて、展示「フェミニストと対話する―批判的思考力と他者への豊かな想像力のために―」を開始しました。

今でこそ、「ジェンダー」「ジェンダー研究」という言葉を耳にすることは多くなりましたが、数十年前まではこのような言葉を使うことすら容易ではありませんでした。女性差別が「問題」として認識されていなかった、無いことにされていた時代に、それを問題として声を上げることがどれだけ困難だったでしょうか。「わきまえるべき」とされていた女性たちが声をあげることに、どれだけのバッシングや困難があったでしょうか。私たちは、フェミニストたちの血のにじむような闘いの上に立っています。ぜひこの機会に、先人のフェミニストたちの思想・運動にふれてみませんか。

社会における、あるいは自分が内面化しているジェンダーに基づく「当たり前」に対して批判的になることや、それに対する違和を言語化することは簡単ではありません。本展示が、フェミニストたちとの「対話」を通して、そうした当たり前や、自身のこれまでを省察し、違和感を言語化するきっかけになれば幸いです。あなたにとって生きやすい社会は、もしかしたら、誰かにとっては生きづらい社会かもしれません。ぜひ、直感で、気になった本を手に取って、ふれてみてください。今まで聞こえなかった声が、聞かれるべき声が、聞かれるようになることを祈って。

髙本善四郎氏助成図書コーナー

場所: 附属図書館本館1階 読書スペース “Yomocca”
期間: 2022年2月1日~2022年4月30日(予定)

展示資料は借りることができます。

ブクログ

展示資料の一覧を、仮想本棚 “ブクログ" にて公開しています。
ご自宅やお好きな場所からご覧ください。

一橋大学附属図書館(小展示)の本棚(ブクログへのリンク)

令和3年度の大学院生の現物貸借費用公費負担サービスは、令和4年1月31日(月)受付分をもちまして終了いたしました。以降の現物貸借のお申込み分は、送料の実費を私費にてご負担いただくことになりますので、ご了承ください。

なお、令和4年度は4月1日(金)からサービスの開始を予定しております。

2/1(火)13:00より、メンテナンス作業のため図書館ウェブサイトを一時休止いたします。作業終了は本日中を見込んでおりますが、不測の事態が発生した場合には休止期間を延長いたします。休止中の緊急のお知らせはFacebook、Twitterで行います。ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほど、お願いいたします。

なお、HERMES-Search、HERMES-Catalog、MyLibrary、一橋大学機関リポジトリ HERMES-IR等はご利用になれます。また、各種データベースはデータベースリストから、電子ジャーナルはタイトルリストやHERMES-Searchでご利用になれます。一部の電子リソースは学外からもアクセスが可能ですので、MyLibrary経由でご利用ください。

本学の活動指針レベルが「レベル3」に引き上げられることに伴い、1月29日より、グループ学習室を臨時閉室いたします。

開館時間、閲覧席数等に関しては当面現状維持といたしますが、今後、状況によりサービス内容を変更する可能性があります。
変更があった場合はWebサイトにてお知らせします。

なお、感染拡大防止のため、来館時は以下の注意事項を厳守してください。

  • 発熱、咳、倦怠感等、体調不良の方は、入館をご遠慮ください。
  • マスクを正しく着用してください。着用していない方は、入館をお断りいたします。
  • 手洗いまたは手指の消毒をお願いいたします。
  • 各フロアに机用の消毒液を設置します。閲覧席利用の際は、ご自身で消毒をお願いいたします。

ご協力いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

附属図書館利用細則第7条に基づき、下記のとおり授業休業期間(春季)に伴う図書の長期貸出を行います。

取扱期間 : 2022年1月28日(金)~4月3日(日)

返却期限
学部学生2022年4月18日(月)
大学院生(学習用図書)2022年4月18日(月)
大学院生(その他の図書)通常通り2ヶ月間

※製本雑誌、貸出禁止資料は対象外です。
※返却期限日前に学生証の有効期限を迎える場合には、学生証の有効期限日を返却期限日とします。
※千代田キャンパス図書室資料の長期貸出も、同じ日程で実施します。

更新(貸出期間延長)について

  • すでに貸出している資料を更新して長期貸出にすることができます。ただし、返却期限内であり、予約がない場合に限ります。
  • MyLibraryを使って、ご自分の貸出・予約状況の照会、貸出期間の更新ができます。
  • MyLibraryを使って更新する場合、長期貸出に変更できるのは2022年1月28日(金)の午前9:00以降となります。