秋・冬学期に開催された「データベースガイダンス」「ワークショップ:法学科目(憲法)の答案を書くために」の録画・資料を学内限定で公開しています。
下記リンクからGoogle Classroom経由でご利用ください(一橋大学Googleアカウントへのログインが必要です)。

※リンク先の動画・資料は個人的な利用にとどめ、学外への共有はしないでください。

附属図書館では、講師がご自身の著書をもとに講演し、参加者のみなさまと交流するイベントとして、ブックトークを開催しています。

今回は、経営管理研究科教授でイノベーション研究センター長を務められている、青島矢一先生を講師に迎え、ブックトーク「海水から飲み水を -逆浸透膜のイノベーションに挑んだ企業の歴史-」を以下のとおり開催します。紹介する『イノベーションの長期メカニズム : 逆浸透膜の技術開発史』は、第60回毎日新聞社エコノミスト賞を受賞した著作です。

昨年までは、国立キャンパスの附属図書館にお集まりいただいて開催しておりましたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインで行います。

本学の学生や教職員はもちろん、学外の方、遠方の方もぜひご参加ください。

一橋大学附属図書館ブックトーク2020

海水から飲み水を -逆浸透膜のイノベーションに挑んだ企業の歴史-

講師コメント
世界的な水不足を解決する有望技術として注目される逆浸透膜の開発。
それは、1950年代にカリフォルニアの水不足に対応して始まり、1960年代にはケネディ政権の重要政策として推進された。その後、デュポンなど米国企業を追いかける形で日本も開発競争に参加し、長く市場が立ち上がらない中でも、東レ、日東電工、東洋紡の3社は辛抱強いイノベーション活動を続けてきた。
その開発の歴史を通じて、あらためて、長期にわたる持続的なイノベーションを可能にする条件を考えます。

日時:   2020年12月9日(水)17:15 – 18:45(受付開始 17:00)
講師:   青島 矢一 氏
      (経営管理研究科教授/イノベーション研究センター長)
紹介著書: 『イノベーションの長期メカニズム : 逆浸透膜の技術開発史』
       藤原雅俊+青島矢一著 / 東洋経済新報社, 2019.9
        *学内の方は電子ブックが利用できます(学外からも利用可)
        *学外から利用する場合は、MyLibraryにログインしてからアクセスしてください
         同時アクセス1のため、利用終了後は「閲覧終了」ボタンをクリックしてください       

開催方法:  Zoomミーティング(ライブ配信)
参加費:   無料(事前申込制)
定員:        50名(先着順)
       *学外の方もお申し込みいただけます
       *申込者数に応じて定員を拡大することがあります

申込方法:  申込フォームはこちら
        *電話でのお申込みは受け付けておりません
申込締切:  2020年12月7日(月) 9:00
        *定員に達した場合、上記を待たずに締め切る場合があります
お問合せ先: 一橋大学附属図書館 ブックトーク担当
        mail: lib-yomocca●ad.hit-u.ac.jp (●を@に変更してください)
主催:    一橋大学附属図書館

ブックトーク開催にあたってのお願い必ずお読みください
[事前準備]
・ 参加者は各自、パソコンなどの端末、ネット環境をご準備ください。
・ ブックトークご参加にあたっての技術的なお問い合わせ(パソコン、スマートフォン、タブレット等の使⽤⽅法を含む)は受け付けておりませんのでご了承ください。
・ Zoom視聴用URL、パスコードは、12月8日(火)にご登録いただいたメールにお知らせします。
 お申し込みされていない第三者との共有はご遠慮ください。
・ Zoomの視聴方法については、こちらをご参照ください。
[ブックトーク中]
・ 配布資料はございません。画面共有で資料をご覧いただきながら視聴をお願いします。
・ 参加者による録音・録画は禁止とさせていただきます。

ブックトークとは?

一橋大学附属図書館では、読書推進活動の一環として、ブックトークを開催しています。
ブックトークは、本を書かれた著者ご自身が、著書をもとに講演し、参加者のみなさまと交流するイベントです。
“著者が語るだけでなく、著者と参加者との交流の場を作り、著作への深い理解とコミュニケーションを生み出すこと” を目的としています。(過去のブックトークの様子はこちらをご覧ください。)

関連図書展示のご案内

図書館本館1階読書スペースYomocca内の展示コーナーで、『イノベーションの長期メカニズム: 逆浸透膜の技術開発史』に関連する、附属図書館所蔵資料の紹介展示を行います(11月下旬開始予定)。
展示資料は借りることができますので、図書館に来館する機会がありましたら、ぜひお立ち寄りください。

附属図書館では、みなさんの研究・学修に役立つガイダンスを開催しています。
11月には「ワークショップ:法学科目(憲法)の答案を書くために」を、一橋大学法学研究科との共催で実施します。
※Google Classroomを利用したオンラインでのワークショップとなります。

法学科目のうち、憲法(人権論)の問題に解答する際のノウハウを身につけるためのワークショップです。
法学研究科の松本奈津希先生を講師に迎え、個人ワークを通して、解答を書くためのポイントは何かを学べる貴重な機会です。ぜひご参加ください。


「ワークショップ:法学科目(憲法)の答案を書くために」

松本先生からのコメント

法律科目の中でも、「憲法答案を書くのが苦手」という学生さんは、決して珍しくありません。このワークショップでは、「憲法(人権論)」の学部試験や司法試験の過去問を題材に、事例の中から憲法問題を見つけ出し、実際に答案を書くという作業を行います。学部試験などに不安のある方は、ぜひ参加してみてください。

  • 日時 (配信期間):2020年11月2日(月)~24日(火)
法学ワークショップポスター

参加方法と受講の流れ

  1. 事前申込制につき、11月24日(火)17:00までにこちらからお申し込みください。
  2. 配信期間前に(配信期間中は随時)Google Classroomのクラスコードをお知らせします。
  3. 大学アカウントにてGoogleへログインし、Google Classroom内にて、ご連絡したクラスコードを入力しクラスにご参加ください。
  4. 動画を視聴後は、アンケートにて「講師への質問」が可能です。お寄せいただいた「講師への質問」は、後日、Q&Aとして公開予定です(12/4(金)ごろを予定)。【アンケート回答受付期間:11/2(月)~24(火)】

過去のワークショップ

参加者の方には、過去に行われた「ワークショップ:法学科目(憲法)の答案を書くために」(2020年度春・夏学期開催分2019年度春・夏学期開催分)について、配布資料を事前にご確認いただくことをお勧めします。

2020年度秋学期データベースガイダンスポスター

附属図書館では、みなさんの研究・学修に役立つガイダンスを実施しています。
10~11月には、4種類のデータベースの提供元に講師をお願いし、ガイダンスをオンライン開催します。データベースの概要や特徴、操作方法や検索のコツも含め、詳細なお話を聞くことができるチャンスです。是非ご参加ください。

東洋経済デジタルコンテンツライブラリー

『週刊東洋経済』や『会社四季報』をはじめ、様々な企業・業界情報誌が読める東洋経済デジタルコンテンツライブラリー。企業研究の質を高める活用方法を知ることができます。

  • 開催日時:2020年10月7日(水)15:15-16:30
  • 開催方法:Zoomによるライブ配信
  • 内容:東洋経済デジタルコンテンツライブラリーの使い方、企業情報の調べ方〈中級編〉
  • 対象:東洋経済デジタルコンテンツライブラリーを活用したい学生・教職員
  • 定員:300名

参加方法と受講の流れ

  • 事前申込制につき、10月6日(火)17:00までこちらからお申し込みください。
  • 開催日までにZoomのURLをメールでお知らせします。
  • 当日、メールのURLにアクセスし、ガイダンスにご参加ください。
  • 受講の際はノートと筆記用具(またはタブレットとペンシル)をご用意ください。
  • ガイダンス後はアンケートにご協力をお願いします。
    ※ガイダンスの録画を行います。録画は後日、受講者に提供予定です。

受講にあたって

前回の東洋経済デジタルコンテンツライブラリーガイダンスの録画(2020年7月開催、初級編)を学内限定で公開しています。
今回初めて受講される方は〈初級編〉の録画を事前に見ておくことをおすすめします。
Google Classroomにアクセスして録画をご覧ください。

Web of Science

引用関係も調べられる論文情報データベース「Web of Science」の使いこなし方を学ぶことで、研究テーマの重要論文をすばやく見つけることができるようになります。文献を集めて、いつでも簡単に取り出せる無料のツール「EndNote オンライン」の活用方法もご紹介します。

  • 開催日時:2020年10月14日(水)15:15-16:30
  • 開催方法:Cisco Webexによるライブ配信
  • 内容:Web of Science・EndNoteの使い方〈初級編〉
  • 対象:Web of Scienceを初めて使う学生・教職員
  • 定員:1000名

参加方法と受講の流れ

  • 事前申込制につき、10月13日(火)17:00までこちらからお申し込みください。
  • 開催日までにCisco WebexのURLをメールでお知らせします。
  • 当日、メールのURLにアクセスし、ガイダンスにご参加ください。
  • ガイダンス後はアンケートにご協力をお願いします。
    ※ガイダンスの録画を行います。録画は後日、受講者に提供予定です。

WestlawNext

アメリカ合衆国の法情報を中心に収録するデータベース 「WestlawNext」。 判例、法令、行政関連資料、法律雑誌、法律百科事典、弁護士年鑑、ニュースおよびビジネス情報も収録しています。 海外の法情報を調べる際にご活用ください。

  • 開催日時:2020年10月21日(水)13:30-14:30
  • 開催方法:Zoomによるライブ配信
  • 内容:WestlawNextの使い方、法情報の調べ方〈初級編〉
  • 対象:WestlawNextを初めて使う学生・教職員
  • 定員:250名

参加方法と受講の流れ

  • 事前申込制につき、10月20日(火)17:00までこちらからお申し込みください。
  • 開催日までにZoomのURLをメールでお知らせします。
  • 当日、メールのURLにアクセスし、ガイダンスにご参加ください。
  • ガイダンス後はアンケートにご協力をお願いします。
    ※ガイダンスの録画を行います。録画は後日、受講者に提供予定です。

eol

有価証券報告書や決算短信など、詳細な企業データを収録した「eol」。企業研究の質が格段にアップします。

  • 開催日時:2020年11月11日(水)15:15-16:30
  • 開催方法:Zoomによるライブ配信
  • 内容:eolの使い方、企業情報の調べ方〈初級編〉
  • 対象:eolを初めて使う学生・教職員
  • 定員:300名

参加方法と受講の流れ

  • 事前申込制につき、11月10日(火)17:00までこちらからお申し込みください。
  • 開催日までにZoomのURLをメールでお知らせします。
  • 当日、メールのURLにアクセスし、ガイダンスにご参加ください。
  • ガイダンス後はアンケートにご協力をお願いします。

附属図書館では、みなさんの研究・学修に役立つガイダンスを実施しています。
7月には、データベースの提供元に講師をお願いし、「東洋経済デジタルコンテンツライブラリー」のガイダンスをオンラインで開催します。 東洋経済デジタルコンテンツライブラリーは、『週刊東洋経済』や『会社四季報』をはじめ、様々な企業・業界情報誌が読める企業情報データベースです。 データベースの概要や特徴、操作方法や検索のコツも含め、詳細なお話を聞くことができるチャンスです。是非ご参加ください。

東洋経済デジタルコンテンツライブラリー ガイダンス概要

  • 開催日時:2020年7月1日(水)15:15-16:30
  • 開催方法:Zoomによるライブ配信
  • 内容:東洋経済デジタルコンテンツライブラリーの使い方、企業情報の調べ方
  • 対象:東洋経済デジタルコンテンツライブラリーを初めて使う学生・教職員
    ※学部生を想定していますが、大学院生・教職員の方も参加可能です
  • 定員:300名

参加方法と受講の流れ

  1. 事前申込制につき、6月30日(火)17:00までこちらからお申し込みください。
  2. 開催日までにZoomのURLをメールでお知らせします。
  3. 当日、メールのURLにアクセスし、ガイダンスにご参加ください。
  4. ガイダンス後はアンケートにご協力をお願いします。
    ※受講の際はノートと筆記用具(またはタブレットとペンシル)をご用意ください。
    ※ガイダンスの録画を行います。何卒ご了承ください。

附属図書館では、みなさんの研究・学修に役立つガイダンスを開催しています。
6月には「ワークショップ:法学科目(憲法)の答案を書くために」を、一橋大学法学研究科との共催で実施します。
※Google Classroomを利用したオンラインでのワークショップとなります。

法学科目のうち、憲法(統治機構)の問題に解答する際のノウハウを身につけるためのワークショップです。
法学研究科の小西葉子先生を講師に迎え、個人ワークを通して、解答を書くためのポイントは何かを学べる貴重な機会です。ぜひご参加ください。


「ワークショップ:法学科目(憲法)の答案を書くために」

小西先生からのコメント

法学の学習や答案の作成には、「基本的な型」が必要だといわれます。
このワークショップでは、「憲法(統治機構)」の過去の学部試験問題を題材に、法学の勉強の方法/試験問題の読み方/答案の書き方という「基本的な型」を実践的に習得します。
法学の学習や学部試験への不安を持っている方は、ぜひ参加してみてください。

  • 日時 (配信期間):2020年6月15日(月)~23日(火)
法学ワークショップポスター

参加方法と受講の流れ

  1. 事前申込制につき、6月23日(火)17:00までにこちらからお申し込みください。
  2. 配信期間前に(配信期間中は随時)Google Classroomのクラスコードをお知らせします。
  3. 大学アカウントにてGoogleへログインし、Google Classroom内にて、ご連絡したクラスコードを入力しクラスにご参加ください。
  4. 動画を視聴後は、アンケートにて「講師への質問」が可能です。お寄せいただいた「講師への質問」は、後日、Q&Aとして公開予定です(7/3(金)ごろを予定)。【アンケート回答受付期間:6/15(月)~23(火)】

新入生向け図書館ガイダンスの資料を 「図書館セミナー」ページで公開いたしました。
「2020年度のガイダンス 春・夏学期」に掲載しておりますので、ご活用ください。 (2020.4.1)

——————————————————————————————————–

4/2(木)-4/9(木)に新入生向け図書館ガイダンスを以下のとおり予定していましたが、
新型コロナウィルス感染症拡大予防のため、中止いたします。
ガイダンス資料は、後日ウェブサイトに掲載いたします。
何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げ
ます。(2020.3.26)

——————————————————————————————————–

新入生向け図書館ガイダンスポスター

附属図書館では、大学院生・学部生を対象に、図書館ガイダンスを開催しています。
4月は一橋大学の図書館を初めて利用される方を対象に、図書館の使い方や資料の探し方を説明するガイダンスを下記のとおり開催します。
※新型コロナウィルス感染症拡大予防のため、定員を通常の半分(20名)として実施します。

実施期間 2020年4月2日(木) ~ 4月9日(木) ※平日のみ
開催時間 10:45-11:15 / 13:30-14:00 (1日2回)
会場 一橋大学附属図書館 会議室(時計台棟1階)
対象大学院新入生(学部生も参加可能) ※各回定員20名

一橋大学附属図書館セルフツアーガイド 」も配布しています。
図書館の施設やサービスについては、こちらをご参照ください。
※現在、利用制限を設けているものもあります。最新の情報はウェブサイトでご確認ください。

附属図書館では、みなさんの研究・学修に役立つガイダンスを実施しています。
冬学期には、英語エリアとの共催により、言語社会研究科の井上間従文准教授を講師に迎え、「英語論文の書き方ガイダンス」を開催します。英文ジャーナルへの投稿や、海外留学を考えている方は、ぜひご参加ください。


英語論文の書き方ガイダンスポスター
  • 日時:2019年11月6日(水)4限 15:15-17:00
  • 会場:附属図書館会議室(時計台棟1階)
  • 対象:大学院生(学部生の方も参加可能です)
  • 定員:40名
  • 参加方法:事前申込制(こちらからお申込みください)
    ※定員になり次第、締め切ります

附属図書館では、みなさんの研究・学修に役立つガイダンスを実施しています。
このたび、教員および大学院生のみなさま向けに、ケンブリッジ大学出版局から講師をお招きし、「How to Publish Your Articles/Books? ~Advice from Cambridge University Press」を開催することとなりました。社会科学分野が専門の図書および雑誌の出版ディレクターが、論文や原稿の書き方についてガイドラインや手順をご紹介するほか、ご自身の研究成果が国際的な評価を得るための方法をアドバイスいたします。是非ご参加ください。


ケンブリッジ大学出版局セミナーポスター
  • 日時:10月21日(月)4限 15:15-17:00
  • 会場:附属図書館会議室(時計台棟1階)
  • 定員:40名
  • 参加方法:事前申込制(こちらからお申込みください)
    ※定員になり次第、締め切ります
    ※英語での講義です(通訳なし)
  • 内容
    • Introduction to writing and publishing your research work
    • Publishing in top international journals
    • Tips on submitting your articles to journals
    • Navigating the peer review process
    • Maximizing the impact of your research
    • Open access publishing

附属図書館では、みなさんの研究・学修に役立つガイダンスを実施しています。
10~11月には、各種データベースの提供元から講師をお招きし、ガイダンスを実施します。データベースの概要や特徴、操作方法や検索のコツも含め、詳細なお話を聞くことができるチャンスです。是非ご参加ください。

各回とも検索実習を含みます。ノートPCをご持参ください。


データベースガイダンスポスター

Web of Science

Web of Scienceでは、幅広い分野の英語論文を検索するほか、本文ナビゲーション機能や論文同士の引用関係を参照できます。文献管理ツールEndNoteと使いこなせるようになることを目指します。

  • 日時:10月1日(火)4限 15:15-17:00
  • 会場:附属図書館会議室(時計台棟1階)
  • 定員:40名
  • 参加方法:事前申込制(こちらからお申込みください)
    ※定員になり次第、締め切ります

日経NEEDS Financial-QUEST

豊富な企業情報・財務情報を収録した日経NEEDS Financial-QUEST。主に財務データベースを中心に検索や操作方法を学びます。入門的な内容なので、初めての方でも大歓迎です!

  • 日時:10月15日(火)3限 13:15-15:00
  • 会場:附属図書館会議室(時計台棟1階)
  • 定員:40名
  • 参加方法:事前申込制(こちらからお申込みください)
    ※定員になり次第、締め切ります
  • 日経NEEDS Financial-QUESTは利用環境が限られます。ご自身のノートPCでキャンパス内から1284Wirelessに接続した状態で、日経NEEDS Financial-QUESTにアクセスし、問題なく利用できるか、予めご確認ください。上手く利用できない場合には、お申込み時にお知らせください。

東洋経済デジタルコンテンツライブラリー

『週刊東洋経済』や『会社四季報』をはじめ、様々な企業・業界情報誌が読める東洋経済デジタルコンテンツライブラリー。企業研究の質を高める活用方法を知ることができます。

  • 日時:11月5日(火)3限 13:15-15:00
  • 会場:附属図書館会議室(時計台棟1階)
  • 定員:40名
  • 参加方法:事前申込制(こちらからお申込みください)
    ※定員になり次第、締め切ります