他機関への複写依頼・図書取寄依頼

必要な資料が本学にない場合には、学外の図書館から取寄せることができます。

依頼する前に、本学に所蔵がないか確認してください。

国内の大学図書館等の所蔵資料は、以下から検索できます。

学外の図書館から複写物を取り寄せる(文献複写)

  • My Libraryからお申し込みください。
  • ヘルプデスクでもお申し込みいただけます。
  • 取り寄せにかかる費用は、申込者の負担となります。
  • 著作権法の範囲内で取り寄せが可能です。

日数・料金について

国内他機関国立国会図書館海外機関
取寄せにかかる日数数日~約1週間
※速達可
約1週間~10日約1週間~2か月
料金1枚(白黒)35~70円+送料国立国会図書館HP参照3,000円~数万円

学外の図書館から図書を取り寄せる(現物貸借)

  • My Libraryからお申し込みください。
    • HERMES-Catalogの検索対象で「国内大学図書館等」を指定して検索すると「ILL申込」ボタンを利用して簡単に申し込むことができます。
  • ヘルプデスクでもお申し込みいただけます。
  • 取り寄せにかかる費用は、申込者の負担となります。
  • 雑誌は借りられません。
  • 利用方法は、依頼先図書館の貸出条件によります。
    • 館外への持ち出し禁止(館内閲覧のみ)、複写不可などの条件が付く場合もあります。

日数・料金について

国内他機関国立国会図書館海外機関
取寄せにかかる日数数日~約1週間
※速達可
約1週間~10日約3週間~2か月
料金往復送料(+手数料)返送料往復送料(+手数料)

大学院生の現物貸借費用の公費負担サービスについて

  • 1人5冊まで無料となります。
  • 4月1日から1月31日までにお申し込みいただいたものが対象となります。
  • 上記の期間内であっても予算の上限に達した段階で終了となります。
  • 国立国会図書館、海外機関からの取り寄せには利用できません。
  • 文献複写には利用できません。

文献複写・現物貸借に係る費用を外部資金で支払う

他大学図書館からの複写物・現物の取寄せに係る費用について、科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)、寄付金などの外部資金でも支払いが可能です。以下の詳細をご確認の上、ご利用ください。

支払いが可能な期間

  • 現物貸借については、10月末日の依頼まで。
  • 文献複写については、11月末日の依頼まで。
    • 海外図書館・国立国会図書館への複写依頼は、ヘルプデスクで請求書をお渡しします。支払いは、各部局にてお済ませください。
    • 上記期間以降は「文献複写費(校費)」でお支払いいただくことになります。また、従来とおり、上記期間中であっても「文献複写費(校費)」での支払いも可能です。

依頼時の注意点

MyLibrary を使って依頼する場合

  • 「支払料金の選択」で、「文献複写費(外部資金)」を選択してください。
  • 「典拠/通信欄」に、利用する外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」を記入してください。
    • 外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」が分からない場合は、部局会計担当者にご確認ください。
    • ご記入いただいた情報で特定が難しい場合、「文献複写費(校費)」に変更させていただく場合があります。
    • その他の入力方法は、従来と同じです。

ヘルプデスクで依頼する場合

  • 「文献複写申込書」、「現物貸借申込書」の「支払区分」で「外部資金」にチェックをいれてください。
  • 申込書裏面に、利用する外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」を記入してください。
    • 外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」が分からない場合は、部局会計担当者にご確認ください。
    • ご記入いただいた情報で特定が難しい場合、「文献複写費(校費)」に変更させていただく場合があります。
    • その他の入力方法は、従来と同じです。