ここからメインコンテンツです。

2008年度 | 2007年度 | 2006年度 | 2005年度 | 2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 | 2000年度 | 1999年度 | 1998年度



2008年10月


2008年9月


2008年8月

  • 蔵書点検および移動作業のため、和雑誌バックナンバー(雑誌棟2~4階)の一部を9月5日(金)までの期間、出納方式 (受付は平日の9:00-16:00)でのご利用とさせていただきます

2008年7月


2008年6月


2008年5月


2008年4月


2008年3月


2008年1月


2007年11月


2007年7月

  • 一橋ディジタルアーカイヴス(HDA)は閉鎖いたしました。HDAのアーカイヴ蓄積サーバのコンテンツは、HERMES-IRに引き継がれました

2007年6月


2007年5月

  • 日・EUフレンドシップウィーク企画展示「EUの公用語」を5月16日(水)~31日(木)まで開催
  • 本学機関リポジトリ・HERMES-IRを公開しました

2007年4月

  • 去る3月20日(火)の塩野谷祐一元学長による講演「シュンペーターの野心 : その人生と学問」の全文を掲載しました
  • 2007年春季図書館ガイダンスのお知らせ。4月5日(木)~25日(水);5月7日(月)~11日(金)に2007年春季図書館ガイダンスを実施します

2007年3月


2007年2月


2007年1月

  • HERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ)準備サイトを開設しました
  • 常設展示の図書館所蔵コレクション紹介(8)として、中山文庫の小展示を公開展示室で開催

2006年12月


2006年11月


2006年10月


2006年9月

  • EUIJ東京コンソーシアム図書館横断検索を公開しました。津田塾大学・一橋大学・国際基督教大学・東京外国語大学の図書館オンライン目録を横断検索します
  • 大閲覧室の天井工事が9月11日(月)から22日(金)にかけておこなわれます。大閲覧室の再開は9月25日(月)を予定しています

2006年8月


2006年7月

  • 『一橋大学附属図書館概要』と『一橋大学所蔵文庫・コレクション紹介』を刊行しました

2006年6月

  • International Financial Statistics Online を導入しました
  • Government finance statistics on CD-ROM を導入、および Balance of payments statistics on CD-ROM を更新しました(本館1階情報検索端末8番)
  • オンライン目録(HERMES)で電子ジャーナルが検索できるようになりました
  • Springer Online Journal Archive(1847-1996) および Oxford University Press社のFull Online Collection(1849-1995)を導入しました

2006年5月


2006年4月


2006年3月

  • 2006年4月から東学習図書室は、教務課の管轄する自習スペース「東学習室」としてリニューアルされます
  • 2006年春季図書館ガイダンスのお知らせ
  • 2006年4月よりオンラインデータベース Econlit, Index Legal Periodicals & Books, PAIS International のプラットフォームが変更になります
  • 「研究活動及びオープンアクセスに関する調査」の結果が国際学術情報流通基盤整備事業資料集のページで公開されています
  • 250誌のフルテキストが利用できるGale社の総合ジャーナル・データベース InfoTrac Custom を導入しました
  • 「日本大百科全書」を中心とするJapanKnowledge を導入しました
  • 従来の「i-mode」「Vodafone」用のページを、携帯電話版 WWW page(http://www.lib.hit-u.ac.jp/k/)に統合しました。
    また、携帯版オンライン目録(OPAC)の運用を開始しました

2006年2月


2006年1月


2005年12月

  • Journal Citation Reports on CD-ROM : Social Sciences Edition の提供を開始しました(本館1階情報検索端末12番)

2005年11月


2005年9月

  • 電子ジャーナル、サイエンス・ダイレクトの利用範囲が拡大されました
  • 電子ジャーナル、サイエンス・ダイレクト「クイックレファレンスガイド」最新版を情報検索コーナーで配布しています

2005年8月

  • 附属図書館トップページのデザインを一新しました(2005.8.8)

2005年7月


2005年6月

  • HERMES(オンライン目録)を使って、貸出・予約状況照会、貸出更新、予約・取寄せ申込等ができるようになります(6月27日(月)~)
  • 髙本善四郎氏助成図書コーナー(本館2階)の小展示を「ウォーター・ウォー : 水戦争」に 更新しました
  • ICPSR(The Interuniversity Consortium for Political and Social Research)利用開始のお知らせ

2005年5月

  • 公開展示室常設展の図書館所蔵コレクション紹介でラインバーガー文書を公開中
  • 学生リクエスト図書の受付再開について

2005年4月


2005年3月


2005年2月

  • 附属図書館新着図書RSSを試行提供しています(試行中のため、最新から50件のみです)

2005年1月


2004年12月

  • 11月30日までトライアルを実施していたDDRS(Declassified Documents Reference System)を正式導入しました
  • 髙本善四郎氏助成図書コーナー(附属図書館本館2階)の小展示を更新しました。標記コーナーでは、3週間程度のサイクルで小展示を実施しています。展示資料は、通常の蔵書と同等に利用できます。貸出もご遠慮なく。
    今回の展示テーマは、「死海文書――Dead Sea Scrolls ~発見と公刊の物語~」です【→解説はこちら

2004年11月

  • Oxford Dictionary of National Biography online editionの試験提供を開始しました
  • 11月10日(水)、12日(金)、17日(水)、19日(金)に図書館ガイダンスを実施しました
  • 髙本善四郎氏助成図書コーナー(附属図書館本館2階)の小展示を更新しました。【→解説はこちら】 標記コーナーでは、3週間程度のサイクルで小展示を実施しています。展示資料は、通常の蔵書と同等に利用できます。貸出もご遠慮なく。
    今回の展示テーマは、「ウィリアム・モリスとケルムスコット・プレス ~手作業の行方~」です

2004年10月


2004年8月

  • 8月3日に開催されたオープンキャンパスでは、1,271名の図書館見学者がありました。
    また、同時開催の資料特別展示には、882名の観覧者がありました

2004年7月

  • データベースメニューに「日本法令索引」を追加しました
  • 7月1日から、CELEXのメニューサーチが無料になりました

2004年6月

  • Web情報検索端末の電子ジャーナルに冊子体購読による無料電子ジャーナルなどを追加しました
  • 6月1日から、早稲田大学中央図書館、慶應義塾大学三田メディアセンタに、学生証で入館・閲覧できます。教職員でプラスティックの新職員証をお持ちの方は同じようにご利用になれます。それ以外の方は従来どおり紹介状が必要です
  • 早稲田大学中央図書館、慶應義塾大学三田メディアセンター、上智大学図書館から、現物貸借ができるようになりました

2004年5月

  • 無料電子ジャーナルDirectory of Open Access Journals (DOAJ)にリンクを貼りました
  • 「お知らせ・図書館の活動」情報のRSS(RDF)による提供を試行しています
  • 附属図書館配架コード表中文版(utf-8)を作成しました

2004年4月

  • Global Business Research Centerの無料電子ジャーナルの利用を開始しました
  • 主に学生の皆さん向けのネットワーク活用手引きとして、Network Resource Access Guideを作製しました
  • 法人化に伴い図書館事務部は「学術・図書部」に改組されました

2004年3月

  • HDA(一橋ディジタルアーカイヴス)で、『附属図書館所在肖像画等コレクション』の公開を開始しました

2004年2月

  • 【HDA】一橋大学刊行研究紀要類掲載論文の本文データ(pdf)公開を開始しました

2004年1月

  • 休日開館日も情報検索コーナーが利用できるようになりました
  • 試行として、試験期間中(1/30~2/17)の開館時間を1時間延長しました
  • 電子ジャーナルコンテンツにThe Berkeley Electronic Pressが加わりました

2003年12月

  • 北米の大学図書館(現在17館)から図書の貸し出しができるようになりました

2003年11月


2003年10月

  • 一橋大学の学生教職員は、多摩地区国立大学及び四大学連合の図書館に、紹介状なしで入館できるようになりました

2003年8月

  • 8月1日に開催されたオープンキャンパスでは、1,352名の図書館見学者と842名の展示観覧者がありました
  • HDA(一橋ディジタルアーカイヴス)で、一橋大学発行研究紀要類目次情報データの公開を開始しました
  • eol DB Tower Service(有価証券報告書、決算短信、財務データ等)が使えるようになりました

2003年6月

  • 本館に視聴覚コーナーを設置しました
  • 法律情報データベース「LEX/DB INTERNET」の検索サービスを開始しました

2003年5月


2003年3月

  • 附属図書館のオンライン目録検索サービスHERMESの機能が強化されました。
    1. 英語版インタフェイスで検索できるようになりました
    2. HERMESに参加している館室等(附属図書館、国際企業戦略研究科図書室、イノベーション研究センター資料室、社会科学古典資料センター) を指定して検索できるようになりました

2003年1月


2002年11月


2002年10月

  • 新着図書リストのオンライン掲示を始めました
  • 国立情報学研究所のNACSIS-IR(情報検索サービス)、NACSIS-ELS(電子図書館サービス)が、機関別定額制で使えるようになりました

2002年6月

  • オープンアクセスフロア用の無線LANカードの貸出を始めました
  • 名誉教授閲覧室を設置しました
  • オープンアクセスフロアの実験サービスを開始しました
  • 平日の情報検索コーナ利用時間を、閉館時刻まで延長しました
  • 雑誌棟1階新聞コーナーを拡充しました
  • 「土屋喬雄文庫目録」を刊行しました

2002年4月


2002年3月

  • Cambridge University Press 刊行電子ジャーナルのサービスを開始しました
  • Oxford University Press 刊行電子ジャーナルの試験提供が2002年度も継続されることになりました
  • Blackwell Publishing 社の電子ジャーナルのサービスを開始しました
  • John Wiley & Sons 社の電子ジャーナルのサービスを開始しました

2002年2月

  • 利用規則改正のため休館日が変更になりました

2002年1月


2001年11月


2001年9月

  • 附属図書館利用細則が改正され、各種ペナルティが取り決められました
  • 13および14両日に、 第18回大学図書館研究集会が、 本学を会場として開催されました【発表テーマ一覧

2001年8月

  • 電子メイルによる学外への文献複写・現物貸借受付を開始しました

2001年7月

  • 電子ジャーナルのサービスに、科学技術情報発信・流通総合システム(J-STAGE)が加わりました
  • オンラインデータベースのサービスに、 研究成果展開総合データベース(J-STORE)及びCurrent Index to Statisticsが加わりました

2001年4月

  • 授業期、 平日の本館開館時間を22時まで延長し、日曜祝日も開館することになりました(休業期は従来どおり。)
  • 電子ジャーナルサービスをが試行から本サービスに移行し、JSTOR及びLEXIS-NEXISのサービスを開始しました
  • オンラインデータベースのサービスに、LEXIS-NEXIS、雑誌記事索引、PCI、及びSourceOECDが加わりました
  • 携帯電話(i-mode及びJ-sky)向けの利用案内(試行)を開始しました
  • 四大学連合目録所在情報横断検索のサービスを開始しました
  • 一橋大学webサイトサーチのサービスを開始しました

2001年3月

  • 3月29日より、本館地下を含め全面開館しました

2001年1月

  • Oxford University Press 刊行電子ジャーナルの試験提供を開始しました
  • ScienceDirect(SD-21)試行サービスが、2001年12月まで延長されました
  • 図書館と利用者との懇談会(第2回)を開催しました。

2000年12月

  • 図書館と利用者との懇談会(第1回)を開催しました

2000年10月


2000年7月

  • 「国立大学図書館間共通閲覧証」は廃止されました

1999年12月

  • 学生証が新しくなり、図書館利用証と一体になりました

1999年11月


1999年9月


1999年4月

  • 米国議会情報の検索サービスを始めました

1998年12月


1998年10月

  • 開館時間が全館9時になりました
ここからフッターです。