平成17年度一橋大学附属図書館企画展示

オウエンから一橋へ : 消費組合の成立と展開

ロバート・オウエン紹介文献一覧
明治3年
1870
西周著『百学連環』
学問論の門下生による講義筆録
『西周全集』に再録
オウエンの名前の初出
明治7年
1874
『百科全書』の「交際篇上」
高橋達郎訳編(文部省刊)
トーマス・モアのユートピアを紹介
実践者としてのオウエンを紹介
明治12年
1879
西周著「社会党論ノ説」自筆稿
『西周全集』2巻に再録
公共社会学の創立者として紹介
明治14年
1881
小崎弘道著「近世社会党ノ原因ヲ論ス」
『六合雑誌』7号
雑誌論文中、社会説の一つとしてオウエンを紹介
明治16年
1883
ミル著;鈴木重孝訳『弥児経済論』2篇巻之1(英蘭堂蔵版)翻訳書に「オーウヰン」とある
明治16年
1883
フォーセット著;澁谷慥爾訳『政治談』(自由出版)翻訳書に「ロバート、ヲウン氏」とある
明治19年
1886
マルシャル著;高橋是清訳『勧業理財学』(文部省)翻訳書に「ロバルト・オーエン」とある
明治24年
1891
石谷斎蔵著述兼発行『社会党瑣聞』13章
『明治文化全集』15巻に再録
研究書中の最初のオウエン論
明治31年
1898
河上清著「消費者協力組合論」『六合雑誌』210, 211, 214号雑誌論文中言及オウエンの価格論や利潤排除論
明治32年
1899
河上清著「英国社会主義の木鐸、ロバート、オーヱンを論ず」『六合雑誌』222号雑誌論文の最初のオウエン論
明治43年
1910
山本美越乃著「ロバート、オーウヱンノ生涯ニ就テ」
『京都法学会雑誌』5巻8号
学術雑誌論文の最初のオウエン論
大正8年
1919
福田徳三著『国民経済講話』坤2「資本経済講話」(佐藤出版部)経済組合と企業組合の章で「今日の有らゆる組合制度の父」として紹介
大正9年
1920
河上肇著「ロバアト・オーウェン」『社会問題研究』14冊個人雑誌にオウエン論を九回連載
14-15,18-21,23,26-27冊
大正13年
1924
猪谷善一著「英国労働学校の誕生」
『一橋新聞』1号
労働教育の重要を力説した第一人者として紹介
大正14年
1925
大林宗嗣訳「ニュー・ラナーク講話」
『大原社会問題研究所雑誌』3巻1号
オウエンの著作の最初の訳出>/td>
大正14年
1925
山中篤太郎訳「工業制度の影響に関する考察」『一橋新聞』28号メンガー文庫パンフレット(2版)の訳出(28-31号に4回掲載)
昭和2年
1927
北野大吉著『ロバート・オーウェン』(同文館)オウエンを主題とした最初の著書
(著者は東京商科大学出身)

一橋大学 附属図書館