平成17年度一橋大学附属図書館企画展示

オウエンから一橋へ : 消費組合の成立と展開

2. イギリスにおける協同組合思想 : 萌芽からロッチデール原則まで

2.1 オウエン以前のイギリス協同組合思想

協同組合思想は、産業革命による近代資本主義の確立過程で起こった経済的・社会的矛盾や問題に対応するために、「協同」を原理とする社会秩序の構築をめざして現れた社会思想であるが、その歴史をさかのぼると、資本主義社会の黎明期における社会改革論者プロックホイやベラーズの思想にその萌芽を見いだすことができる。

[出品資料]

一橋大学附属図書館 学術・企画主担当