平成18年度一橋大学附属図書館企画展示
江戸時代の豪農と地域社会 : 岡田家文書の世界

江戸時代の金融 [展示ケース6]

江戸時代の金融業は土地を担保にして居村か隣村の村民に対して行う質地金融が主流であるが、岡田家では村外にも広汎な金融を展開していた点に特徴がある。また、貸付の際には担保を取らない場合の方が多く、これは当時の畿内では広く見られた方法である。

その貸付先は、岡村のある丹南郡のみならず、丹北、志紀、古市郡など数郡にまたがる金融を展開した。その相手の多くは村落の上層農であった。幕末には、大和、和泉国や京都とも金融関係を結び、領主(和泉国伯太藩など)への貸付も行った。このような金融を展開するために大坂の有力な両替商米屋長兵衛や堺の具足屋半兵衛とも関係をもち、振り手形による決済を行った。

金融の取引は「取替帳」に記載された。享和2(1802)年から明治27(1894)年まで数年毎に更新され、欠かさずに現存している。金融業の発展にともない、帳簿は厚みを増していった。それに合わせて形式も整えられていき、当初は雑然と(ほぼ取引発生ごとに)記されていたが、のちには地域や相手毎にわかりやすく整理していく方式にかわっていった。


出品資料
岡田家の「金融圏」

岡田家の金融は、周辺の郡だけではなく、河内国石川郡、錦部郡、和泉国大鳥郡、大和国にまで及んだ。この図は、天保8年取替帳に出てくる貸付件数と金額(天保15年までの8年間分)をまとめたもの。遠隔地には少ない件数で巨額の貸付を行っている点が特徴である。


〈コラム: 江戸時代の金融〉

現代の金銭貸借は、契約を取り交わし、その契約証書の文言どおりに返済や利子の支払いを履行するのが常識であるが、江戸時代においてはその証文文言どおりに行われない場合も多かった。例えば、翌年には元金と利子併せて返済するとの文言がある場合でも、利子さえ支払えば元金の返済はかなり長期間にわたって返済を先延ばしにすることができた。また、毎年誠実に利子の支払いを行えば、利子率が下がっていく場合も多かった。返済が長期にわたると、最終的に元金と利子を合計して10年ほどの期間で合計額を割って返済する年賦証文に切り替わる場合もあった。

展示ケースの事例のように、利子の支払いを毎年着実に行っていることが評価されて(「叮嚀(ていねい)」との文言で表現される)、利子率が月8朱(年9.6%)から下げられていった。

このように支払いが順調な場合はよいが、あまりにも利子の返済が滞った場合などは岡田家が訴訟に踏み切る場合も多かった。多くの場合は、内済(和解)により一部金額の支払い後、再度証文を取り交わすことが多かったが、時には身体限り(現在の破産宣告を、よりきびしくしたもの)が奉行所により言い渡されることもあった。 岡田家は、このような硬軟両用の使い分けにより、地域との金融関係を構築していったのである。


一橋大学附属図書館 学術・企画主担当