一橋大学附属図書館常設展示より 小特集
一橋大学の校章「マーキュリー」の由来

日    程: 平成18(2006)年6月6日(火)〜10月2日(月) [終了しました]
場    所: 一橋大学 附属図書館 公開展示室(時計台棟1階)
入場時間 : 月〜金曜 9:00〜16:00 (土・日曜日・祝日は休室) (入場無料)

I. 解説 II.参照文献     III.関連情報
  1.ヘルメスとギリシア神話
  2.メルクリウスとローマ神話
  3.ヘルメス/メルクリウスの図像
  4.校章制定の経緯
     

一橋大学の校章「マーキュリー」は、ローマ神話の商業、学術などの神メルクリウス Mercurius(英語名マーキュリー Mercury、ギリシア神話のヘルメス Hermes に対応)の杖に、Commercial Collegeの頭文字であるCの字2つを添えたものです。 2匹の蛇が巻き付き、頂には羽ばたく翼が付いています。 蛇は英知をあらわし、蛇のように聡く世界の動きに敏感であることを、また翼は世界に天翔け五大州に雄飛することを意味しています。

平成16(2004)年4月1日の法人化を契機に、ユニバーシティ・アイデンティティの確立の観点から校章として平成17(2005)年に商標登録をおこないました。


関連情報
一橋大学附属図書館 展示・貴重資料ワーキンググループ

最終更新日時:Sun, 09 Dec 2007 23:40:16 GMT