平成15(2003)年度一橋大学附属図書館企画展
複式簿記がやってきた!

 明治初期簿記導入史と商法講習所

 下記展示会は、お蔭をもちまして終了いたしました。
 ご来場いただいた皆様、ご協力いただいた方々に感謝いたします。
 なお、
電子展示につきましては、引き続きご覧いただけますので、どうぞよろしくお願いいたします。


国立大学法人法が可決され、一橋大学も、来年(2003年)4月から、単式簿記(≒現金出納帳)から複式簿記の世界に入ることになりました。
 複式簿記は、明治の文明開化によって、その他のさまざまな文物とともに西洋から日本に導入されたものの一つです。
 一橋大学は、ご存じのとおり、1875(明治8)年の商法講習所設立を嚆矢としていますが、日本で最初の公立の商業教育機関として、複式簿記の日本への導入とは不可分の関係にあります。
 このことから、本学附属図書館には、商法講習所時代に使用した資料も保存されており、また、西川孝治郎氏の寄贈になる明治期簿記書のコレクション(西川文庫)を所蔵しているなど、明治期の日本の複式簿記導入史を解き明かすための資料を、数多く所蔵しています。
 今年度(平成15年度)の、一橋大学附属図書館企画展示では、明治初期に複式簿記がどのように日本に導入され、広まっていったのかを西川文庫を中心に、また、それにまつわる本学の揺籃期である商法講習所史を、当時の資料を展示して紹介します。


コンテンツ −サイト・マップ− 

展示室平面図
出品リスト

  1. 翻訳簿記書―洋式簿記事始め130周年紀念(中央展示ケース)
  2. 商業教育のはじまり (左展示ケース)
  3. 複式簿記の誕生と発展(右奥展示ケース)
  4. いろいろな簿記書(右(西)展示ケース+ハイケース)
  5. 明治初期の帳簿の実物!(右手前展示ケース)
  6. 西川孝治郎氏と西川文庫について(右側ハイケース)

豆知識


を使用しています。


一橋大学附属図書館
 186-8602 東京都国立市中2丁目1番地
【交通】  中央線国立駅南口下車徒歩6分
【お問い合せ】附属図書館 学術情報課 学術・企画主担当 Tel 042-580-8252

あいう top
Copyright(c) Hitotsubashi University Library 2003