― 一橋大学附属図書館 第3回常設展 ―
一橋大学への歩み 《 昭和戦前 》 展示資料一覧 
入口上部 当時の学長の写真 (佐野善作、三浦新七、上田貞次郎、高瀬荘太郎)
展示ケース
左壁際 1



国立移転
杉元賢治 編著 『アインシュタインの東京大学講義録 : その時日本の物理学が動いた』 2001
アルバート・アインシュタイン 著 『アインシュタイン日本で相対論を語る』 2001
箱根土地 国立土地売出広告
箱根土地 国立土地分譲図
東京商科大学、箱根土地 「契約書」 大正十四年九月九日
くにたち郷土文化館 編 『学園都市くにたち : 誕生のころ』 1998
志田次子 著 『くにたちに時は流れて』 1988
展示ケース
左壁際 2



昭和初期の
建築物 1
「東京商科大學工事画報」 (『日刊土木建築資料新聞』 昭和5年9月5日付148号付録)
神戸高等商業学校の旧兼松記念館
     (神戸大学百年史編集委員会 編 『神戸大学百年史 : 写真集』 2002)
東京商科大學 『東京商科大學 兼松記念講堂』 1928
兼松講堂 (佐野善作先生記念銅像建設事業会 編・刊 『一橋学園と佐野善作先生』 1963)
『昭和六年五月十日舉行 矢野二郎先生銅像除幕式記念』 絵はがき
『昭和六年五月 國立移轉記念』 絵はがき
『Hitotsubashi University』 如水会 1993
建設中の本館写真など (『東京商科大学一覧』 昭和五年度)
附属図書館正面(部分)と兼松講堂内部の装飾
     (藤森照信編・文 ; 増田彰久写真 『伊東忠太動物園』 1995)
展示ケース
左壁際 3




籠城事件
籠城スナップ (田中一幸 編 “Hitotsubashi in Pictures : 1950” 1951)
『籠城事件寫真帖』
籠城事件 (佐野善作先生記念銅像建設事業会 編・刊 『一橋学園と佐野善作先生』 1963)
東京商科大学 『昭和六年十月 辛未事件 新聞記事抜粋』
如水会申酉籠城委員会 [著]
『一橋学園史上の申酉事件と籠城事件 : 籠城事件60周年記念』 1991
依光良馨 著 『申酉籠城事件史』 1991
一橋大学学園史編纂事業委員会籠城事件史専門委員会 編
『一橋籠城事件 : (昭和6年10月)』 1982
依光良馨 著 『大学昇格と篭城事件 : 一橋大学百年通史稿本』 1989
籠城事件 「聲明」
六日の大衝突を報ずる東京日日新聞七日附朝刊紙面
『一橋新聞』掲載関連記事
展示ケース
左壁際 4



白票事件
肅園事件 (田中一幸 編 “Hitotsubashi in Pictures : 1950” 1951)
杉村廣藏 著 『經濟哲學の基本問題』 1935
白票事件に関する新聞記事と『昭和九・十年本學内紛事件』 (コピー)
昭和12 (1937) 年度および昭和18 (1943) 年度卒業アルバムより
『一橋新聞』掲載関連記事
壁面正面


戦時体制下
の本学 1
昭和20年頃の国立駅
国立の軍事施設と空襲地図
     (くにたち郷土文化館 『苦難の日々も : 国立の戦中・戦後をふりかえる』 1995)
DARK AGE ― 不況・思想弾圧・戦争 ―
     (田中一幸 編 “Hitotsubashi in Pictures : 1950” 1951)
毎日新聞社 編 『一億人の昭和史,3.太平洋戦争 : 死闘1347日 : 昭和16年-20年』 より
如水会 『如水会会報』 No. 841 (2000)
図書館玄関ホールの時計
展示ケース
中央 奥



戦時体制下
の本学 2
米軍艦載機来襲により被弾した閲覧室スタンドと薬莢
毎日新聞社 編 『一億人の昭和史,3.太平洋戦争 : 死闘1347日 : 昭和16年-20年』 1976
くにたち郷土文化館 『苦難の日々も : 国立の戦中・戦後をふりかえる』 1995
丸山泰男 『戦争の時代と一橋』 1989
一橋大学学園史編纂事業委員会 編 『第二次大戦と一橋』 1983
一橋大学学園史編纂事業委員会 編集 『戦後と一橋』 1983
東京商大一八年入学会有志 『学徒出陣後の学園生活 : 昭和十九年を中心に』 1987
東京商科大学昭和十九年門養会 編 『萬象光輝きて』 1986
展示ケース
中央 中



昭和戦前期
の学長と
本学の学問
一橋大学施設課 『一橋大学佐野書院の調査記録』 1992
旧佐野書院 北側外観 (一橋大学施設課 『一橋大学佐野書院の調査記録』 1992)
佐野一彦 編 『佐野善作伝』 1976
三浦新七先生記念事業会 [編] 『三浦新七先生講義原稿 総目次』 1977
西村直次 著 『コト聞書,三浦家の系譜 : 回想の父三浦新七』 1977
上田会 編 『上田貞次郎先生の想い出』 1983
東京商科大学一橋学会 『一橋評論』 第1号 (昭12.7)−第4号 (昭14.11)
東京商科大学一橋論叢編輯所 『一橋論叢』 第1巻1号 (昭13.1)
東京商科大学一橋論叢編輯所 『一橋論叢』 第100巻4号 (昭63.10) : 第100巻記念号
展示ケース
中央 手前



その他の
大学史資料
一橋大学校章
“Hitotsubashi University, 1875-2000 : a hundred and twenty-five years of higher education in Japan” 2000
如水会学園史刊行委員会 [編] 『昭和7〜11年の東京商科大学』 1987
東京商科大學豫科學生主事室 [編] 『學生生活調査報告』 1934
東京産業大学の蔵書印 (赤松要 著 『經濟新秩序の形成原理』 1945)
一橋七十五年年表 (田中一幸 編 “Hitotsubashi in Pictures : 1950” 1951)
『東京商科大學一覽』 昭和六年度
『東京産業大學一覧』 自昭和十八年度至昭和二十年度
スライド上映 東京商科大学移転記念祭
矢野二郎先生銅像除幕式
右壁面

昭和初期の
建築物 2
国立移転時の東京商科大学鳥瞰図 (水彩画)
藤原惠洋 「カドゥケウスの杖のもとで : 一橋大学キャンパス守護像ウォッチング記」
     『一橋インターナショナル・ニュースレター』 Vol. 17 (1992)−Vol. 21 (1993)掲載
一橋大学附属図書館所蔵コレクション紹介  土屋喬雄文庫 (一部) 
展示ケース

右壁際
澁澤榮一述 ; 小貫修一郎 [編著] 『青淵論叢』 1933
前田正名 著 『直接貿易意見一斑』 1881
岡崎儀八郎 著 『前田正名君 : 鐵鞋之響』 1898
『伯爵井上顧問談話概要』 (明治三十四年九月九日)
安達久 述 『内より見たるソ聯邦 : スタリーン政權とソ國人』 1937
寺岡謹平 述 『南京引揚げの顛末』 1937
磯谷廉介 述 『國防の觀点から對支政策を語る』 1935
[三井家編纂室 編] 稿本三井家史料より『三井越後守高安』と『北家第三代三井高房』
     [1904-1909 (印刷)]
平塚篤 纂輯 『伊藤家文書』 1942
土屋喬雄 著 『續日本經濟史概要』 1939
土屋喬雄 著 『日本國防國家建設の史的考察』 1942
大内兵衞,土屋喬雄 著 『明治財政・經濟史文獻』 1933
土屋喬雄 著 『日本經濟史』 1955
土屋喬雄 著 『日本経営理念史 : 日本経営哲学確立のために』 1964
土屋喬雄 著 『続日本経営理念史 : 明治・大正・昭和の経営理念』 1967