常設展 (2003.7.1〜2003.9.5) 所蔵コレクション紹介(4)

フォースター・コレクション

(ドイツ会計学及び経営経済学)


Theorie und Praxis des deutschen Rechnungswesens : Deutsches Rechnungswesens in der Tradition Eugen Schmalenbachs:
 Die Bibliothek von WP Prof. Dr. h.c. Karl-Heinz Forster Universität Frankfurt am Mein.
(ドイツ会計制度の理論と実践 : オイゲン・シュマーレンバッハの流れを汲むドイツ会計制度)
 
 

本コレクションは、フォースター(Karl-Heinz Forster, 1927- )元フランクフルト大学教授の旧蔵資料であり、ドイツ会計学及び経営経済学の理論と実践を融合したもので、同分野の全領域を網羅的に、またドイツにおける理論的・実務的会計学の歴史と現代の諸問題に関する資料等を収録したものである。
2002年に、平成13年度文部科学省大型コレクション購入資料として、872点、893冊が収蔵された。

本コレクションの最も大きな特徴は、フォースター教授の義父でるシュマルツ(Kurt Schmaltz, 1900-1995)教授の収集文献を継承していることにある。
彼は、ドイツ経営学研究の第一世代に属し、その蔵書が全収集文献の約35%を占めている。
同時代に活躍した、シュマーレンバッハ(Eugen Schmalenbach, 1873-1955)とワルプ(Ernst Walb, 1880-1946)を中心としたケルン学派、コジオール(Erich Kosiol, 1899-1990)を中心としたベルリン学派らの研究書をはじめとして、多数の先駆的な刊行物を含む3世代にわたる研究者たちの研究業績が集約されている。

19世紀後半の急速な経済発展と展開に対応するために、あらゆる分野に携わる経済人や商業関係者を対象とした教育の充実を求める声が高まり、20世紀初頭にはこの需要に応えるべく多くの「商科大学」が創設された。 1901年、当時経済の中心であったケルンに商科大学が設立され、その後1919年にケルン大学の一学部となった。1906年には、ケルン大学講師シュマーレンバッハを教授に任命し、その結果、シュマーレンバッハの流れを汲むケルン学派が誕生した。
このケルン学派は、この分野に Betriebswirtschaftlehre (経営経済学)という名称をあたえ、新しい経営科学研究の中心として積極的に活動した。

一方で、シェアー(Johann Friedrich Schär, 1846-1924)は、ケルン学派に否定的な立場をとり、後にドイツ経営学の父、と呼ばれるようになるが、会計学にも少なからぬ衝撃を与えている。
シュミット(Fritz Schmidt, 1882-1950)は、シュマーレンバッハの学説を踏襲しつつ、第一次大戦後ドイツが見舞われた激烈なインフレーションを経験し、会計学における有機観説、時価論に理論的基礎を与えた。
また、フィッシャー(Rudolf Fischer, 1910-1971)ケーファー(Karl Käfer, 1898-1999)や、シュミットの門下であるグーテンベルク(Erich Gutenberg, 1897-1984) や、メロヴィッチ(Konrad Mellerowicz, 1891-1984)、シェファー(Erich Schäfer, 1900-1984)らの文献も含んでいる。
 

フォースターコレクションの蔵書リスト
http://www.lib.hit-u.ac.jp/service/bunko/forster.html
※HERMESからも検索することができます。

 

Prof. Dr. Dr. h.c. Karl-Heinz Forster
http://idw-online.de/public/zeige_bild.html?imgid=216


▲ シュマーレンバッハ, E(Schmalenbach, Eugen 1873-1955)

シュマーレンバッハの学問的業績は、経営学全般にわたるまことに広大なものであるが、とくに、会計学研究においてその業績は著しい。なかでも「動的貸借対照表論」(Dynamische Bilanz, 1.Aufl., 1919〜13.Aufl., 1962)、「原価政策と価格政策」(Konstenrechnung und Preispolitik, 1. Aufl., 1919〜8. Aufl., 1962)、「コンテンラーメン」(Der Kontenrahmen, 1. Aufl., 1927〜4. Aufl., 1935)の三書は最も有名であり、会計学における古典的名著として愛読されている。
 

    ■『動的貸借対照表論』
この書は、シュマーレンバッハをして名実ともに近代会計学の始祖たらしめたものとして会計学史上不朽の意義をもつものであり、Dynamische Bilanzは、シュマーレンバッハの代名詞であり、また誇張的にいえば近代会計学の代名詞であるともいえよう。
通常、シュマーレンバッハの会計学説といえば、Dynamische Bilanzの中に見られる成果動態論ないし費用動態論をいう。
 

書名=Dynamische Bilanz / Eugen Schmalenbach
版表示=8. Aufl.
出版事項=Bremen : Industrie- und Handelsverlag , [Vorwort 1947]
形態=2 v. ; 21 cm
[ 所蔵事項 ]
120110509J 国立 書庫 Fos.***659**1 大型コレクション
120110510B 国立 書庫 Fos.***659**2 大型コレクション
 

書名=Dynamische Bilanz / Eugen Schmalenbach
版表示=9. Aufl
出版事項=Leipzig : F. Meiner , 1948
形態=216 p. ; 21 cm
[ 所蔵事項 ]
120110511C 国立 書庫 Fos.***660** 大型コレクション
 

邦訳:
書 名 = 動的貸借對照表論 / エ・シュマーレンバッハ著 ;   土岐政蔵訳
出版事項 = 東京 : 森山書店 , 1938.12-1939.10
形 態 = 2冊 ; 22cm
注 記 = 原著第5版の翻訳(下巻は原著第6版に従って一部省略)
[ 所蔵事項 ]
118200048O 国立 (本館3階)本館分類和書 *Ec**17**上
118200053K 国立 (本館3階)本館分類和書 *Ec**17**下

    ■『コンテンラーメン』
コンテンラーメンとは、会計実践のための勘定組織計画であって、複数の企業に対してモデルないし標準として作成されたものをいう。
コンテンラーメン発達の基礎となったのが、1927年に発表されたシュマーレンバッハの「コンテンラーメン」である。これを出発点として、その後のドイツにおいてさまざまなコンテンラーメンが作成・実践され、企業会計の不可欠な基礎として、目ざましい発展と普及をみせている。
 

書 名 = Der Kontenrahmen / E. Schmalenbach
版表示 = 5. Aufl
出版事項 = Leipzig : G.A. Gloeckner , 1937
形 態 = vi, 102 p. ; 25 cm
[ 所蔵事項 ]
120110506G 国立 書庫 Fos.***656** 大型コレクション

書 名 = コンテンラーメン : 標準会計組織 / エ・シュマーレンバッハ著 ; 土岐政藏譯述
出版事項 = 東京 : 森山書店 , 1953.5
形 態 = 8, 208p ; 22cm
注 記 = 付 (別冊18図 ; 15x22cm) : 勘定組織圖解及勘定表
[ 所蔵事項 ]
118200042I 国立 (本館3階)本館分類和書 *Eb**272**
 

▼ワルプ, E (Walb, Ernst, 1880-1946)

ケルン大学正教授であったワルプの会計学説の特質は、一言で言うと、シュマーレンバッハの成果動態論ないし費用動態論を超克しようとする現金動態論にあった。

    ■『金融経済的貸借対照表論』
書名 = Finanzwirtschaftliche Bilanz : eine Studienfolge / Ernst Walb
出版事項 = Leipzig : G.A. Gloeckner , 1943
形 態 = iv, 68 p. ; 24 cm
[ 所蔵事項 ]
120110673L  国立 書庫 Fos.***816** 大型コレクション

邦訳:
ワルプ資金会計論 / ワルプ[著] ; 吉田寛, 宮本匡章訳
出版事項 = 東京 : 中央経済社 , 1962
形 態 = 167p ; 22cm
[ 所蔵事項 ]
115303868Z  国立 (本館2階)コード分類和書(学習用図書) *3368**30**
118145048W  国立 (本館3階)本館分類和書 *Eb**572**

書 名 = Kaufmännische Betriebswirtschaftslehre / Ernst Walb
出版事項 = Leipzig : G.A. Gloeckner , 1932
形 態 = xiv, 536 p. : ill. ; 25 cm
[ 所蔵事項 ]
120110674M 国立 書庫 Fos.***817** 大型コレクション
 

▼フィッシャー, R(Fischer, Rudolf, 1910-)

ルドルフ・フィッシャーは、19世紀末から20世紀初頭にかけてドイツにおける支配的学説であったシェフラー、ジモン等の貸借対照表価値説を徹底的に批判し、これを粉砕し、貸借対照表の形成の根本原理を商人の簿記に求めることによって、旧来の会計学説に対するコペルニクス的転回を試みた貸借対照表理論家であって、シュマーレンバッハ動態論の先駆者として知られている。
 

    ■『貸借対照表価値, それは何であり何でないか』
 
フィッシャーの第一作『貸借対照表価値, それは何であり何でないか』は、第1部は1905年に、第2部は1908年に発表された。第2部の序(1908年2月付)によれば、さらに第3部と第4部がこれに続く予定で、これについて目次まで予告していたが、しかし、第3部と第4部は発表されなかった。(「ドイツ簿記会計史」井上清)

書 名 = Die Bilanzwerte, was sie sind und was sie nicht sind / Fischer, R.
出版事項 = Leipzig : Dieterich , 1905-1908
形 態 = 2 v. ; 26 cm
注 記 = Includes bibliographies
シリーズ = Aktien- und Bilanzrechtliche Schriften Bd. 1//b
[ 所蔵事項 ]
120110034C 国立 書庫 Fos.***191**1 大型コレクション
120110035D 国立 書庫 Fos.***191**2 大型コレクション

▲シェアー, J. Fr.(Schär, Johann Friedrich, 1846-1924)

シェアーの研究領域はきわめて広いが、会計学・経営学の発展に対する最大の貢献としては次の4点をあげることができる。第1は、勘定理論の領域における物的二勘定系統説の完成・普及である。これによって、シェアーは、ドイツ系会計学の建設に大きな影響をおよぼしたのである。また、彼の勘定理論は世界的に広範な支持者を得、その骨子は今日でも簿記教育の上に採用されているほどである。
第2は、著書「簿記および貸借対照表」(Buchhaltung und Bilanz, 1. Aufl., 1914, 5. Aufl., 1922)に示された会計学体系化の試みである。
第3は、著書「一般商業経営学」(Allgemeine Handelsbetribslehre, 1. Aufl., 1911, 5. Aufl., 1923)による科学的商業経営学の建設・体系化への着手である。
第4は、広範かつ詳細な商業実務解説書による商業教育への貢献である。
 

書 名 = Einfache und doppelte Buchhaltung / J. Fr. Schär
版表示 = 4., neubearbeitete Aufl.
出版事項 = Berlin : Verlag für Sprach- und Handelswissenschaft, 1909
形 態 = vi, 318 p. ; 26 cm
シリーズ = Maier-Rothschild-Bibliothek <BA11503390> Bd. 6/7//a
[ 所蔵事項 ]
120110485M 国立 書庫 Fos.***635** 大型コレクション

書 名 = Wirtschaftslehre, Wirtschaftspolitik, Handelsgeschichte, Warenkunde und Handelsgeographie / Richard Calwer
出版事項 = Berlin : Verlag für Sprach- und Handelswissenschaft , 1914
形 態 = viii, 471 p., [1] folded leaf of plate : ports., col. maps ; 25 cm
シリーズ = Maier-Rothschild Handbuch der gesamten Handelswissenschaften für jungere altere Kaufleutesowie für Industrielle, Gewerbetreibende, Anwalte und Richter / herausgegeben und bis auf die neueste Zeitbearbeitet von Johann Friedrich Schär und Richard Calwer ; Bd 1//a
[ 所蔵事項 ]
120110316F 国立 書庫 Fos.***469**1 大型コレクション

 

▲ケーファー, K(Käfer, Karl, 1898- )
 
スイス・チューリッヒ大学教授であったケーファーは、学会へのスタートが遅かった(学位・教授資格とも40歳を越えてから取得)にもかかわらず、会計学のほとんどすべての領域において多くのすぐれた業績を発表しており、国際的にも高名なスイス会計学の第一人者である。
多くの業績のうち最も注目すべきは、勘定理論・貸借対照表論・資金計算書論の領域におけるユニークな主張である。
 

書 名 = Die Bilanz als Zukunftsrechnung : eine Vorlesung über den Inhalt der Unternehmungsbilanz / Karl Käfer
出版事項 = Zürich : Schulthess , 1962
形 態 = 47 p. ; 24 cm
シリーズ = Mitteilungen aus dem handelswissenschaftlichen Seminar der Universität Zürich <BA00378989> ; Heft 115//a
[ 所蔵事項 ]
120110182G 国立 書庫 Fos.***337** 大型コレクション
 


書 名 = Zur Bewertung der Unternehmung : Reprint von Aufsatzen aus den Jahren 1946 bis 1973 / Karl Käfer ; Hrsg. von Carl Helbling
出版事項 = Zürich : Treuhand-Kammer , 1996
形 態 = 176 p. : ill., ports. ; 23 cm
シリーズ = Schriftenreihe der Treuhand-Kammer ; Bd.136//a
[ 所蔵事項 ]
120110183H 国立 書庫 Fos.***338** 大型コレクション

▲コジオール, E(Erich Kosiol, 1899-1990)

原価計算、費用論、貸借対照表論、コンテンラーメン論などの各分野でシュマーレンバッハの学説を継承し、これを概念的、計算技術的に整理し、その極致にまで発展させたとして、世界的に評価されている。

書 名 = Finanzmathematik : Lehrbuch der Zinseszins=, Renten=, Tilgungs=, Kurs= und Rentabilitätsrechnung für Praktiker und
Studierende / Erich Kosiol
出版事項 = Hamburg : Hanseatische Verlagsanstalt , c1938
形 態 = 122 p. ; 21 cm
[ 所蔵事項 ]
120110238I 国立 書庫 Fos.***393** 大型コレクション
 

書 名 = Kostenrechnung und Kalkulation / Erich Kosiol
版表示 = 2. überarbeitete Aufl.
出版事項 = Berlin ; New York : Walter de Gruyter , 1972
形 態 = 240 p. : ill. ; 18 cm
シリーズ = Sammlung Goschen <BA00622762> ; Bd. 5008//a
[ 所蔵事項 ]
120110241C 国立 書庫 Fos.***396** 大型コレクション

▲ シュミット, F(Julius August Fritz Schmidt, 1882-1950)

フランクフルト大学教授であったシュミットの主著『有機対観照表学説』は、Die organische tageswertbilanz であるが、初版が Die organische Bilanz im Rahmen der Wirtschaft, 1921 である。これは、会計学における有機観説ないし時価論に理論的基礎を与えたものとして、不朽の名著としての評価を受けている。
また、現在、ドイツの経営学雑誌として定評のある「経営経済学雑誌」(Zeitschrift für Betriebswirtschaft ; ZfB)はシュミットの創刊である。

書 名 = Die organische Bilanz im Rahmen der Wirtschaft / F. Schmidt
出版事項 = Leipzig : A.G. Gloeckner , 1921
形 態 = viii, 133 p. ; 24 cm
シリーズ = Betriebs- und finanzwirtschaftliche Forschungen ; Heft 14//a
[ 所蔵事項 ]
120110527J 国立 書庫 Fos.***676** 大型コレクション

邦訳:
有機觀對照表學説 / シュミット著 ; 平井泰太郎監修 ; 山下勝治邦譯
出版事項 = 東京 : 同文館 , 1934
形 態 = 26, 8, 509, 23p ; 23cm
注 記 = 原著訂正増補第3版日本語譯
シリーズ = 經營學名著研究 / 平井泰太郎撰  第1冊/
[ 所蔵事項 ]
118044566Z  国立 書庫 Uyeda**Aa*40**

▲ フォースターの著書

書 名 = Finanzierung durch Abschreibungen : nach den Ergebnissen von D-Markbilanzen / Karl-Heinz Forster
出版事項 = Stuttgart : C.E. Poeschel , 1953
形 態 = 85 p. : ill. ; 21 cm
[ 所蔵事項 ]
1201100409 国立 書庫 Fos.***196** 大型コレクション
 

書 名 = Bilanzrichtlinien-Gesetz / Schriftleitung, Horst Albach und Karl-Heinz Forster
出版事項 = Wiesbaden : Gabler , c1987
形 態 = viii, 364 p. : ill. ; 24 cm
シリーズ = ZfB-Erganzungsheft <BA08015344> 87/1//a
[ 所蔵事項 ]
120110043C 国立 書庫 Fos.***199** 大型コレクション
 

書 名 = Beitrage zum Bilanzrichtlinien-Gesetz : das neue Recht in Theorie und Praxis / Herausgeber, Horst Albach und Karl-Heinz Forster
出版事項 = Wiesbaden : Gabler , c1987
形 態 = viii, 373 p. ; 25 cm
[ 所蔵事項 ]
120110044D 国立 書庫 Fos.***200** 大型コレクション

■シュマルツ(フォースターの義父)の記念論文集

書 名 = Aktuelle Fragen der Unternehmensfinanzierung und Unternehmensbewertung : Kurt Schmaltz zum 70. Geburtstag / in
Gemeinschaft mit H.E. Buschgen ... [et al.] ; herausgegeben von Karl-Heintz Forster, Peter Schuhmacher
出版事項 = Stuttgart : C.E. Poeschel , c1970
形 態 = vi, 257 p. ; 24 cm
[ 所蔵事項 ]
120110522E 国立 書庫 Fos.***671** 大型コレクション
 

参考文献:
会計学辞典 第4版 / 神戸大学会計学研究室 同文館 1984
ほか


一橋大学附属図書館 学術・企画主担当