日・EUフレンドシップウィーク企画展示
EUの公用語

ポルトガル語

ポルトガル語はロマンス諸語の西ロマンス語に属します。ポルトガル本国のほか、ブラジルの公用語でもあります。 文法的にも地理的にもスペイン語にとても近い言語ですが、有声摩擦音 [v] の音声を使用する、鼻母音を多用するなど、発音はかなり異なります。定冠詞は、単数が男性 o、女性 a、複数が男性 os、女性 as です。なお、スペイン北部の地方公用語であるガリシア語は、ポルトガル語とスペイン語の中間的な言語ですが、言語学的にはポルトガル語の方言ともみなされます。

日本が初めて出会ったヨーロッパの言語はポルトガル語でした(16世紀中頃)。南蛮貿易で渡来した文物を通じて日本語に定着したポルトガル語からの外来語には、カステラ、カッパ(合羽)、カルタ(歌留多)、コンペイトウ(金米糖)、シャボン、じゅばん(襦袢)、パン(麺麭)などがあります。


一橋大学附属図書館 学術・企画主担当