岡田家文書目録リスト(寄贈分2:箱2から箱8まで)


請求記号の最初の数字が箱番号です。寄贈分リストは5分割されています。
寄贈分1  寄贈分2  寄贈分3  寄贈分4  寄贈分5
 
請求番号 表題 年代 形態数量 作成 宛所 摘要
2-1 調達講仕法張   竪5      
2-2 東太田村高反別名前帳 文久3年2月 横1      
2-3 [断簡一括](覚・口上・差出宛名書)   状52      
2-4-0 [ひも]   ひも1      
2-4-1 金銀受取通 文政9年〜天保6年 一括(状17、包紙1)      
2-4-2 金銀預り通 文政3年〜13年 一括(状6)      
2-4-3-0 [ひも]   ひも1      
2-4-3-1 金銀請取之通 文政9年12月 状1 岡村 伊左衛門、八尾座肘 源右衛門、法善寺村 嘉兵衛 軽墓村 久右衛門  
2-4-3-2 金銀預之通 文政9年11月 状1 一須賀村 武助、亀井村 久左衛門、長原村 与兵衛、弓削村 太郎左衛門、古市村 久兵衛、岡村 伊左衛門 野中村 又三郎  
2-4-3-3 利足銀受取覚   状1     包紙「塩川弥左衛門殿」
2-4-3-4 金銀受取書上   状1     包紙「岡田吉十郎殿」
2-4-4 [白紙]   状1      
2-4-5-1 覚(金銀相渡候に付) 亥12月 状1      
2-4-5-2 覚(金銀相渡済候に付) 亥3月晦日 状1 鈑や    
2-4-6 金銀請取書上   状1      
2-4-7 金銀受取書上   状1      
2-5-0 [ひも]   ひも1      
2-5-1-0 [ひも]   ひも1      
2-5-1-1 戻り請取書入   一括(状18)     利足銀請取通ほか覚貼付
2-5-1-2 大坂戻り銀札請負覚 甲寅(安政元年カ) 一括(状11) 岡田伊左衛門 長沢佐右衛門 書状あり
2-5-1-3 (覚類・金銀預置および請取) 嘉永3年〜安政元年 一括(状13) 岡田伊左衛門 津堂村 石田孫九郎  
2-5-1-4 年賦入銀通袋 弘化2年 状3 岡村 伊左衛門 津堂村 石田孫九郎、源兵衛 利銀請取通、入銀差引通、利足銀受取通
2-5-1-5 御加入銀枝吋證文之事 安政3年12月 状1 岡村 伊左衛門 今井村 庄右衛門  
2-5-1-6 覚(銀子請取預り申処早速返済に付) 嘉永2年9月 状1 岡田伊左衛門 渡辺豫七郎 下書
2-5-1-7 銀子預申連印證文之事 弘化3年2月 状1 岡村銀預り主 伊左衛門、岡村同断 兵左衛門 軽墓村 源助  
2-5-1-8 銀子預申連印證文之事 弘化3年2月 状1 岡村銀預り主 伊左衛門、岡村同断 兵左衛門 岡村 杢右衛門  
2-5-1-9 預申銀子之事 安政2年12月 状1 岡村預主 伊左衛門 向野村 八郎兵衛  
2-5-1-10 預申銀子之事 安政2年8月 状1 河州岡村預り主 伊左衛門 具足屋半兵衛  
2-5-1-11 銀子預申連印證文之事 弘化3年2月 状1 岡村銀預主 伊左衛門、同村同断 兵左衛門 同村 庄三郎  
2-5-1-12 差入申田地質物證文之事 嘉永3年6月 状1 質主岡村 伊兵衛、請人同村 子兵衛 郡戸村 冶太夫 「小作請負相対申證文之事」断立あり
2-5-1-13 預申金子之事 嘉永2年閏4月 状1 岡村預り主 伊左衛門 向野村 八郎兵衛  
2-5-1-14 銀子預申連印證文之事 弘化3年2月 状1 岡村銀預り主 伊左衛門、岡村同役 兵左衛門 同村 藤左衛門  
2-5-2 伯太受取書戻り 午年分 一括(状37)     展開不能
2-5-3 銀子請取覚 丁巳(安政4年カ) 一括(綴8) 岡田伊左衛門 伯太御役所  
2-5-4 銀子請取覚 安政2年 一括(状1、綴2) 岡田伊左衛門 伯太御役所 状は「安政二乙卯年十二月御下幡山中条八→岡田伊左衛門
2-5-5 伯太戻請取書 甲寅(安政元年カ) 一括(状29) 岡田伊左衛門 伯太御役所  
2-6-0 [ひも]   ひも1      
2-6-1 金銀請取通 文政7年〜天保7年 一括(状37)      
2-6-2 金銀預り通 文政3年〜天保12年 一括(状20)      
2-6-3-0 [ひも]   ひも1      
2-6-3-1 金銀請取差引覚 酉年〜寅年(天保8〜13年カ) 一括(綴4、状3) 岡村 伊左衛門 具足屋半兵衛  
2-6-3-2 金銀請取差引覚 酉年〜丑年(天保8〜12年カ) 一括(綴3,状10) 岡村 伊左衛門 米屋喜兵衛  
2-6-3-3 金銀請取差引覚 丑年 一括(綴1,状1) 岡村 伊左衛門 越後屋善太郎  
2-6-3-4 金銀請取差引覚 丑12月 綴1 岡村 伊左衛門 銭屋宗兵衛  
2-6-3-5 差引通 弘化2年 横1 岡村 伊左衛門 伊賀村 庄右衛門  
2-6-4 積銀仕法掛銀通 天保2年6月 状1 講主 伊谷冶郎右衛門、世話方 山城屋藤次郎、銀預 小村民部、同 播磨屋九左衛門 岡田伊左衛門  
2-6-5 金銀請取書上 天保3年〜8年 状1 岡村 伊左衛門 駒ヶ谷村 甚兵衛 裏は屋敷図
2-6-6 文化5年3月 状1 岡村 伊左衛門 木本村 増太郎、太田村 長兵衛、沼村 九兵衛、同請人 平右衛門、請人 甚右衛門  
2-7-0 [ひも]   ひも1      
2-7-1 丙辰年(安政3年カ) 横1 保武家   「辰年分夜燈油」の書上くくりつけあり
2-7-2 辰年 横1 木綿太屋 岡村 岡田様 裏に「平野諸紡類野堂町亀太店」の印あり
2-7-3 辰の年 横1 上ノ町北横手紙元結仕入所 紙屋弥兵衛 岡伊左衛門  
2-7-4 材木通 辰年 横1 冨田林 岩瀬屋伊兵衛 小山村 岡田伊左衛門  
2-7-5 材木通 辰の年 横1 河州道明寺辻 樽懸 岡村 岡田伊左衛門  
2-7-6 御菓子の通 辰ノ年 横1 大阪南堀江鉄橋御菓子処 河坂屋平助□ 岡 伊左衛門  
2-7-7 御菓子の通 辰の年 横1 本家御菓子司煉羊羹所堺甲斐町下 濱見字堂 岡田伊左衛門  
2-7-8 御菓子ノ通 辰の年 横1 長井堺宿南北半町 大和屋利右衛門 岡田伊左衛門  
2-7-9 絹布通 辰ノ歳 横1 布屋七兵衛 本岡田様  
2-7-10 炭薪通 辰年 横1 綿屋宇兵衛 岡村 伊左衛門  
2-7-11 石灰?之通 辰年 横1 堺きぬや町二丁目 嶋屋左兵衛 岡村 伊左衛門  
2-7-12 太物通 辰之年 横1 長崎屋甚三郎 岡村 岡田御氏  
2-7-13 小間物之通 辰の年 横1 きの藤 岡田御氏 裏に「左海櫛屋町東六軒筋萬小間物所并ニ鼈甲細工仕候、紀伊国屋藤兵衛」印あり
2-7-14 岡田御本家様肴通 辰ノ年 横1 さかい 佐兵衛    
2-7-15 岡御村方様肴通 辰ノ年 横1 さかい 佐兵衛    
2-7-16 御染物通 辰年 横1 京都高辻空町西入呉服染物所 伏見屋万助 岡田伊左衛門 「定宿冨田林佐渡吉」印あり
2-7-17 万染物通 辰とし 横1 大坂屋惣三郎 岡田伊左衛門  
2-7-18 瓦の通 辰11月 横1 河州北 瓦彦 岡村 岡田御氏  
2-7-19 瓦の通 辰正月吉日 横1 野瓦幸 岡田伊左衛門  
2-8-0 [ひも]   ひも1      
2-8-1 出世講仕方   竪1      
2-8-2 出世講 天保2年正月吉日 竪1      
2-8-3 年賦調達仕法帳 嘉永5年11月 竪1 神戸勘定元    
2-8-4 年賦調達仕法帳   竪1 石川勘定元    
2-8-5 本堂修復勧化帳 文政10年8月吉日 竪1 世話人九左衛門、勘左衛門、九兵衛、弥八次右衛門、新兵衛 丹南郡多冶井村徳泉寺  
2-8-6 本堂修覆寄進帳 天保11年4月 竪1 河州丹南郡東野村蓮光寺世話人    
2-8-7 寄進帳   竪1      
2-8-8 愛宕山再建敷石寄進帳 天保2年4月 竪1 勧進所福寿院    
2-8-9 正遷宮御供米寄進帳 亥10月 竪1 壺井宮    
2-8-10 開帳寄進帳 天保9年正月 竪1 道明寺執事    
2-8-11 金比羅御社寄進帳   竪1 誉田村世話人講中    
2-8-12 道明寺天満宮御膳御寄附帳 文政5年閏正月 竪1 松寿院講中    
2-8-13 河州天満宮塀修覆勧化帳 文政8年3月 竪1 道明寺執事    
2-8-14 上宮天満宮社修覆勧進帳 文政2年5月 竪1 摂州高槻城比上宮刷当春松院講中    
2-8-15 修覆目録 文化7年 竪1      
2-8-16 修覆講仕法帳 天保4年 竪1 国府村潮音寺    
2-8-17 御名前   竪1 管居講    
2-8-18 御名前扣   竪1 藤野五兵衛    
2-8-19 持寄助成講 文政6年3月 竪1 道明寺松寿院    
2-8-20 助カ講仕方目録   竪1      
2-8-21 助合講仕法帳   竪1 本人 勝右衛門、帳元 岡田伊左衛門、松村茂三郎、吉本利右衛門    
2-8-22 助成講仕法目録 天保7年3月 竪1 講元 久ト数馬    
2-8-23 助成講定書   竪1      
2-8-24 助成講定書 文政10年 竪1      
2-8-25 助成講定書 文政10年 竪1      
2-8-26 調達講年賦割添渡仕法帳 未10月 竪1 白木役所勘定元    
2-8-27 割調達仕法帳   竪1 神戸勘定元    
2-8-28 寄調達金惣益仕法帳 子8月 竪1      
2-8-28 調達講人数帳 弘化4年9月日 竪1 講元 萬徳寺、引請人 九左衛門、政八、惣兵衛    
2-8-29 調達講仕法張 嘉永6年 竪1 宇都宮勘定元    
2-8-30 割調達仕法帳   竪1      
2-8-31 調達講仕法張   竪1      
2-8-32 調達講仕法張   竪1 道明寺二ノ室勘定方銀預かり人 小泉半右衛門、藤野利兵衛、青木孫左衛門    
2-8-33 調達講年賦割添渡仕法帳 未10月 竪1 白木役所勘定元    
2-8-34 年賦調達講仕法帳 天保6年9月 竪1 石川勘定元    
2-8-35 借調達銀議入定書并證札案紙添 天保4年9月 竪1      
2-8-36 調達講年賦割添渡仕法帳 未10月 竪1 白木役所勘定元    
2-8-37 調達講仕法張 安政2年 竪1 金主二ノ室勘定元 板倉武兵衛、宮田庄兵衛、岡田伊左衛門    
2-8-38 調達年賦利込渡銀仕法帳 天保5年 竪1 丹南勘定元    
2-8-39 調達銀立賦返済方仕法書 卯9月 竪1 道明寺一之室世話方    
2-8-40 相続講目録 天保6年3月 竪1 講元 平右衛門    
2-8-41 相続講仕法帳 文政6年3月 竪1 渋川村    
2-8-42 相続仕法帳   竪1 岡村講元 源兵衛、同村岡断 今仲杢右衛門、岡村引請 岡田伊左衛門、同村世話方 円本伝右衛門    
2-8-43 相続講仕法帳   竪1 松永月平    
2-8-44 相続講仕法目録   竪1     中に「口演」一紙あり
2-8-45 相続講仕方 天保2年正月 竪1 北宮村講元 与治右衛門    
2-8-46 相続講仕方帳 天保5年11月 竪1 酢屋安兵衛、引請人 西浦源助、吉本理三右衛門、鉢屋次右衛門    
2-8-47 相続講目録   竪1 講元 伝右衛門    
2-8-48 相続仕法帳   竪1 岡村講元 源兵衛、世話方 内本伝右衛門、引請 岡田伊左衛門、同 今仲杢右衛門    
2-8-49 相続講持寄銀仕法帳   竪1      
2-8-50 相続講仕法帳 文政6年3月 竪1      
2-8-51 相続講持寄銀仕法帳   竪1      
2-8-52 催合講仕法帳 未[虫喰]月 竪1 会元 梅香院、銀支配 岡田伊左衛門、小森伊右衛門、内田忠兵衛    
2-8-53 去ル未年催講年賦帳 巳5月 竪1 丹南    
2-8-54 催合講目録 文政13年11月 竪1 二之室    
2-8-55 催合講名前帳 文化11年12月 竪1      
2-8-56 催合講仕法帳 未9月 竪1 会元梅香院銀預かり 岡田伊左衛門、内田忠兵衛   「催合講人数」書上一紙
2-8-57 催合講仕法加入方人別議定書 天保11年12月 竪1 講元 阿弥村方、村役人 松原藤蔵、松原市左衛門    
2-8-58 催合講仕法議定帳面   竪1      
2-8-59 仕法帳   一括(竪6)      
2-8-60 融通講仕法帳 天保11年 竪1 引請 大東、大根屋    
2-8-61 仕法帳 文政8年初夏 竪1 西念寺講中    
2-8-62 仕法帳 天保2年正月 竪1     下書
2-8-63 仕法帳 天保11年正月 竪1 勘定通元 山本五郎右衛門、吉川子左衛門、岡田喜左衛門、世話方木戸村 仁左衛門、久兵衛、西郷村 甚兵衛    
2-8-64 仕法帳 弘化3年2月 竪1 野々上村    
2-8-65 仕法帳   竪1 道明寺村    
2-8-66 西照寺再建ニ付仕法帳   竪1 引請田井中村 石井冶左衛門、亀井村 林吉左衛門、東弓削村 松下太郎左衛門    
2-8-67 威徳講調達銀仕法帳 子4月 竪1 道明寺二之室威徳講勘定方銀預かり 岡田伊左衛門、小泉半右衛門、藤野利兵衛、水車九兵衛、金銅久兵衛    
2-8-68 仕法帳   竪1 東瓜破村 大谷小左衛門、北枯木村 隅野市左衛門    
2-8-69 仕法帳 丑正月 竪1 観心寺槙本院世話方銀預り 古川律十郎、石川膳三郎、和泉屋長兵衛、中岡源左衛門、世話方 松村平介、平井儀左衛門    
2-8-70 仕法帳 卯9月 竪1 道明寺梅香院勘定元銀支配 岡田伊左衛門、内田忠兵衛    
2-8-71 融通講仕法帳   一括(竪2)      
2-8-72 融通講仕法帳 嘉永5年10月 竪1 勘定方柏村 柏元源兵衛、恩知村 板倉茂兵衛、田井中村 石井冶左兵衛、弓削村 吉内恒右衛門    
2-8-73 融通講仕法帳 天保11年5月 竪1 引請勘定元 大東、大根屋、岡田、松田    
2-8-74 融通講仕法帳 天保11年5月 竪1 引請勘定元 大東、大根屋    
2-8-75 融通講仕法帳 文政10年2月 竪1 会本 亀屋金兵衛   「大坂西御番所かめや金兵衛裏御門前」の印あり
2-8-76 融通講仕法帳 天保10年12月 竪1 銀預主東亀井村 平左衛門、常右衛門、九兵衛、利左衛門 、東弓削村 太郎左衛門、 亀井村 吉左衛門    
2-8-77 融通講仕法帳 文政12年12月 竪1 森田常右衛門、本田九兵衛、野村茂兵衛、引請人 林久左衛門、松下太郎左衛門    
2-8-78 粟田御堂釣鐘之図 (文政5年2月) 一括(竪2) 粟田御堂講中    
2-8-79 奈良海道中門石橋奉加帳 文政12年2月 竪1 河州丹北郡 田井城村    
2-8-80 石橋集進帳 文政13年12月吉日 竪1 河内古市村世話人 種屋平右衛門、小西与次兵衛、井屋卯兵衛    
2-8-81 石橋募縁 天保4年正月 竪1 発起人 岡田伊左衛門、小泉治郎平、吉本利右衛門、浅野吉左衛門、林猪十郎、勝山彦三郎、杉山九左衛門、鎌田市郎右衛門、筒井市郎右衛門、岡田伊一郎、金銅久兵衛、石田九郎右衛門、金森作兵衛、石田八太郎、伽山十兵衛、坂口夕兵衛    
2-8-82 天満宮永代献燈録   竪1      
2-8-83 唯十提講写   竪1      
2-8-84 六年半講仕法書 丑3月 竪1 講元、世話方    
2-8-85 永続講仕法目録帳 弘化4年2月 竪1 講元 林多助、 銀取締方 岡田伊左衛門、林猪十郎、林長右衛門、朝田伴次郎、林新次郎    
2-8-86 積銀講仕法帳 亥ノ4月 竪1 陶器講元銀預かり 児山幸之吉、田薗村定右衛門、北村庄兵衛 世話人 児山清十郎、桶川徳右衛門    
2-8-87 御能舞台修覆積記 弘化3年2月日 竪1 誉田宮年預坊    
2-8-88 誉田八幡宮御能狂言寄附帳   竪1 誉田宮年預坊王水桶組八ヶ村取締方 小山村、岡村、葛井村、林村、沢田村、小室村、道明寺村 引請方 誉田村    
2-8-89 佛具十面器寄附帳   竪1 誉田宮年預坊    
2-8-90 当日銀子御持参之方へ為菓子料銀弐分宛御渡申候事   竪1 佛御殿勘定方、平野御堂大坂講中    
2-8-91 仲間覚 文化7年正月 竪1 親忠兵衛 世話人 新左衛門、徳兵衛    
2-8-92 文化二乙六月講初会書上 文化2年6月 竪1      
2-8-93 持寄貸附目録帳 文政10年3月 竪1 銀預かり通元八尾座村 堀口源右衛門 木戸村 白井友之允 庄之内村 相山平兵衛    
2-8-94 目録帳 文政5年 竪1 講元良念寺    
2-8-95 河内国誉田八幡宮縁起   竪1 長野山護国寺年預坊    
2-8-96 御寄附仕法書帳   竪1      
2-8-97 伊勢講 子10月 竪1 餅屋九兵衛    
2-8-98 割紙帳 享和4年2月 竪1 澤田極楽寺肝煎 岡村御門徒中 銀子請取覚えあり
2-8-99 高橋奉加帳 天保12年8月 竪1 河原城村    
2-8-100 大師堂勧化帳 文化15年3月 竪1 天満東寺町天徳寺講中    
2-8-101 月掛積立仕法帳 巳正月 竪1 覚永寺勘定元    
2-8-102 威徳講 天保9年正月 竪1 宿坊二之室    
2-8-103 弁財天移寿講仕法帳 亥年2月 竪1 岩谷社神主服部金吾    
2-8-104 三拾人講仕方目録帳 丑3月 竪1 玉手山帳元    
2-8-105 中間掛ヶ銀之目録 文化5年11月朔日 竪1 本人土右衛門、親本幸助    
2-8-106 定(講、銀子配分に付)   竪1      
2-8-107 如来□輪営募縁   竪1 世話人    
2-8-108 [包紙]   包紙1     ウラ書「返上岡田様麻野中吉殿へ仕法法」
3-1-0 [ひも]   ひも1      
3-1-1 掛銀請取帳 文政8年〜天保6年 一括(状6)   岡田伊左衛門 楠寄講掛銀請取通,催合講掛銀受取通、袋入1通、横帳あり、請取覚あり
3-1-2 金銀請取通 文政8年〜天保6年 一括(状11)   岡田伊左衛門 袋入2通
3-1-3 金銀預り通 文化13年〜天保8年 一括(状8)   岡田伊左衛門 袋入2通、横帳あり
3-1-4 口上(講出席申上候に付)   状1 講元茂八 世話方 岡田伊左衛門  
3-1-5-0 [ひも]   ひも1      
3-1-5-1 [包紙]通   包紙7     白紙入あり
3-1-5-2 金銀請取通 文政9年〜天保2年 一括(状7)     内請取覚2通あり
3-1-5-3 銀預り通 文政10年亥4月 状1 岡村 伊左衛門、飛鳥村 信十郎 富田林 甚右衛門  
3-1-5-4 六貫目会行方扣   横1     六貫目頼母子
3-2 毛入谷村領田地之扣   竪1      
3-3 口上および代金書上覚一括   一括(状51)      
3-4 留書(しの、しま狼仕留候段鳥目被下候ニ付) 申5月 竪1      
3-5-0 [ひも]   ひも1      
3-5-1 酒速雑用帳 天保7年3月10日 横1 宿 吉十郎    
3-5-2 酒速雑用帳 文政4年3月14日 横1 宿 与左衛門    
3-5-3 伊勢講掛銭日記 明和元年9月16日 横1 岡田虎吉    
3-5-4 酒速雑用帳 宝暦8年〜文化14年 綴1      
3-6 覚日記 嘉永7年6月 横1 岡田    
3-7-0 [ひも]   ひも1      
3-7-1 御相談御答書 未9月 竪1 浅野 御仲人 岡田様 津守 村内改革仕法に付
3-7-2 古道具売払控 文久元年極月 竪1 新兵衛    
3-7-3 千嶋新田書類 文久元年 一括(状8、絵図1、竪5)     高反別扣帳他
3-7-4 田畑高反別宛米帳   竪1      
3-7-5 飛鳥村質入書類 嘉永5、6年 一括(状7、絵図2、竪2)     飛鳥仲村岡田質入證文之写、飛鳥村領田畑帳他
3-7-6 質物ニ差入申證文之写 安政6年2月 竪1      
3-7-7 彦根様御届キ写(桜田門外の変について)   竪1      
3-7-8-1 御掛合演舌書   竪1      
3-7-8-2 国府村改革仕法御相談書   竪1      
3-7-8-3 天明式 天明6年9月 竪1 伯太役所大井村 庄屋年寄 惣高持百姓連印   御勘定之事、帳切料之事、役米ニキ欠帳入用相掛リ候事他
3-7-9 建家質物下調帳   竪1      
3-7-10 質物ニ差入申證文写 安政2年12月中旬 竪1      
3-7-11 田畑反畝歩高附帳 藤蔵所持分 嘉永5年11月 竪1     中に反畝歩書上1通あり
3-7-12 質入反別書上帳   竪1      
3-7-13-1 未御年貢可納割附之事   状1     河内国丹南郡増生野新田 未年御免定之事
3-7-13-2 御年貢小作米小前帳 万延元年8月 横1     支配人重左衛門 地主 善太郎
3-7-14-1 高木様畝斗書   横1 一津屋村 又三郎    
3-7-14-2 覚(屋代増之助様御代官書摂州住吉郡加賀屋新田反別書上)   状1      
3-7-15 河内国大和川之南八上郡、丹南郡、丹北郡、志紀郡四群村々高附帳 天保8年正月 横1      
3-7-16 居宅附物目録帳 弘化3年3月 竪1      
3-7-17-0 [ひも]   ひも1      
3-7-17-1 覚(色数控) 安政4巳年 横1 中川屋藤兵衛    
3-7-17-2 諸道具数覚   状2      
3-7-17-2 覚(代金書上)   状2      
3-7-18 太田村、刑部村ほか反別書上   状1      
3-7-19-0 [ひも]   ひも1      
3-7-19-1 刑部村・南木本村反別書上帳   竪1      
3-7-19-2 東太田村高反別名前帳 文久3年2月 横1      
3-7-20 積金書・仕法帳   一括(竪4、状1)     仕法帳のなかに貸附金書上、役所見込帳あり
3-7-21 身次志受控 文久2年9月中旬 竪帳1 新兵衛事 五人組    
3-7-22 (建物帳および絵図)   一括(竪1、絵図1) 秀之輔    
3-7-23 御仕法銀御請書 安政6年9月 竪1   摂河 御惣代衆中 中に不足分書上あり
3-7-24 質入高反別書上帳   竪1     林村質主 平右衛門 同受人 太右衛門
3-7-25-1 畝歩分米帳 文久3年2月 竪1 河州志紀郡 南木本村    
3-7-25-2 反畝分米扣   竪1 太田村西    
3-7-25-3 田畑畝斗控   竪1 弓削村    
3-7-25-4 畝斗書 文久3年3月 竪1 刑部村    
3-7-25-5 河州若江郡八尾木村森田庄兵衛ほか高反別書上帳   竪1      
3-7-25-6 田畑畝斗書帳   竪1 河州若江郡寺内村    
3-7-25-7 畝斗書 文久3年3月 竪1 南老原村与治兵衛所持 幸右衛門共    
3-8 野中寺様書類   一括(状98) 野中寺他 岡田伊左衛門 金子借用証文、受取証文他
3-9 質物相渡申家屋舗土蔵山井田畑之事   竪1      
3-10-0 [ひも]   ひも1      
3-10-1 天保二卯年蔵米代銀通 天保2年 横1 中浜村 清右衛門 岡田伊左衛門  
3-10-2 加世意 文化4年13月吉日 横1 小山大屋 久兵衛 藤井寺村 剛琳寺  
3-10-3 油之通 庚寅年(天保元年) 辛卯年(天保2年) 横1   「岡油浜」の印あり
3-10-4 糸物組物通 天保13正月吉日 横1 高屋利右衛門 岡村 岡田伊左衛門 「大阪西御番所裏柳本より少南東へ入」の印有り、請取覚3通あり
3-10-5 酒之通 戌年 横1   南百姓代 平岡田の印あり
3-10-6 灰?布告通 辛丑年(天保12年) 横1 さかい川下り 灰屋佐兵衛 小山岡村 岡田伊左衛門  
3-10-7 萬覚帳 文政5年12月吉日 横1 岡村 建惣治    
3-10-8 頼母子掛銀差引 文化5年9月25日 横1 講元 吉兵衛    
3-10-9 取附帳 文化612月21日 横1 親 忠兵衛    
3-10-10 年頭入用割合帳 天保4年巳正月 横1 丹南郡 七箇村    
3-10-11 老松講再建雑費之扣   横1      
3-10-12 寄進受取帳   横1      
3-10-13 買物覚之帳 文政9年正月吉日 横1     裏に「中間」とあり
3-10-14 御年貢扣并取替 寅正月改 横1      
3-10-15 岡田伊左衛門様肴之通 子年 横1 左兵衛    
3-10-16 大工并人足帳   横1 岡 講中    
3-10-17 (欠番)          
3-10-18 御毛見入用帳 文政2年9月 横1 百姓代 清兵衛    
3-10-19 覚(金銀入用)   横1      
3-10-20 (金銭書上帳)   横1     金銭請取覚5通
3-10-21 藤井寺村吉兵衛頼母子満言 寅9月25日 横1      
3-10-22 仲間掛銀取附帳 文化3年2月13日 横1 講本 治郎兵衛    
3-10-23 年頭入用割合帳 天保8年正月 横1 丹南郡 七箇村    
3-10-24 御中飯入用扣 寅10月10日 横1      
3-10-25 飯代名前帳 天保6年12月 横1 丹南郡 組合    
3-10-26 (金銭請取)覚   横1 河内屋新助(大阪嶋町壱丁目善南筋西北角) 岡村御役人中  
3-10-27 早稲毛見御泊り入用扣 寅9月7日 横1      
3-10-28 永井日向守殿御領所河州丹南郡岡村伊左衛門借家卯平治諸色永代附立帳 享和元年11月16日 横1      
3-10-29 江戸行船列覚 文化2年6月8日 横1      
3-10-30 頼母子取附帳 文化14年12月20日 横1      
3-11 極内聞合覚   状1      
4-1-0 [袋]嘉永七年寅年五月改心得ニ可相成書類入 - 袋1      
4-1-1-0 [ひも]   ひも1      
4-1-1-1 覚 「麦壱石幾年」 巳6月 状1 南渓寺 応現 光乗寺 年行寺  
4-1-1-2 「三百匁 御供料」 - 状1      
4-1-1-3 「一 麦九斗内壱石貳斗相渡有之」 - 状1      
4-1-1-4 覚 「一 金貳両三歩又銀四百匁也」 - 状1 南渓寺 応現 光乗寺 年行寺  
4-1-1-5 「兼々御質配被下候光盛寺一件先月二十九日」 12月29日 状1 林九右衛門 辻田権治郎 高田藤兵衛 包紙 「高田藤兵衛様 林九右衛門 辻田権治郎」あり
4-1-1-6 約定書 「光乗寺住職応現儀未だに若年にて、寺務雑用行き届かず」 状1 誓願寺 岡村光乗寺同行中  
4-1-1-7-0 [ひも]   ひも1      
4-1-1-7-1 光乗寺一件心得書 - 状1      
4-1-1-7-2 控 (一 七拾五貫五分永代口料)   状1     外に仏飯米壱年中、退夜料壱年中など
4-1-1-7-3 引合口上覚 明治2年6月朔日 状2 南溪寺 静観 岡村御役人 「辰五月廿七日 一 八尾村 外四村村夜銀札荷取」 差出 弁左衛門 宛所 御上様
4-1-2-0 [袋] 書状在中 9月22日 袋1 津守 岡田  
4-1-2-1 御相談書 「此書付ヲ以相談ニ及ひ所浅野氏存意之義も有之内々御合之次第ニ寄リ朱加筆之通ニ文言相改メ差出候ニ付承知返答書別紙到来ニ相成」 未9月4日 竪1 津守、岡田 浅野  
4-1-2-2 御掛合演舌書 未5月 竪1 津守、岡田 浅野  
4-1-2-3 [書状](氏神社地掃除之ため百姓不残参集可致触置候儀に付) - 状1 津守愚老 岡田 「書付三通添」とあり
4-1-2-4 御相談御答書 未5月 竪1 浅野 御仲人 岡田、津守 表紙に「是ハ本紙也」 とあり
4-1-3-0 [ひも]   ひも1      
4-1-3-1 「松右衛門借財右もの」 - 状1      
4-1-3-2 杢右衛門借財済方ひかへ - 状1      
4-1-3-3 松右衛門借用 - 状1      
4-1-3-4 口上 (松右衛門大保田地代限之内御渡し可被下候) 酉4月11日 状2 八左衛門 兵右衛門 伊左衛門 「覚 (松右衛門大保田地代限之内御渡し可被下候)」
4-1-3-5 「午年旧冬与事与為聞候」 書付 - 状1      
4-1-3-6 口上 (松右衛門大保田地代) 4月日 状1      
4-1-4 「以剪紙致啓上候」 5月6日 状1 山中久米八 岡田伊左衛門  
4-1-5 「流行病治日法」 - 状1      
4-1-6 (大坂・江戸ニ而茶買ニ付下書) - 状1      
4-1-7 「寒冷之砌御座候」 霜月25日 状1 岡田伊左衛門 古川定右衛門、坂野作右衛門、福田六左衛門、寺田定助  
4-1-8 受取手形 - 状3     「岡田伊左衛門 山中久米八 手形在中」の袋に在中
4-1-9 「剛[琳]寺十八日会式収納」 嘉永7年正月 横半1      
4-1-10 [書状]「態御□□曽て時節□□相催し候」 3月4日 状1 西方寺 法□ 清水次郎兵衛、塩野久右衛門、林伊十郎、岡田伊左衛門、金銅久兵衛、浅田勝二  
4-1-11 一札 (別所村善右衛門江借用に付) 文政13年12月 状1 泉州大鳥郡比村 庄兵衛 同村 百次郎 辻之村 為三郎 岩◆村 喜兵衛 田薗村 定右衛門 跡尾村 市兵衛 同村 市右衛門 河州八上郡金田村 口右衛門  
4-1-12 質物證文之事 天保13年12月 状1 岡村口證人 仁兵衛 奥印口之上付 庄屋 勝次    
4-1-13 「御支配石川郡□生谷村」 4月18日 状1 親類 麻野和左衛門 岡田伊左衛門  
4-1-14-1 「愚鈍之書仰御賢察誠惶謹言」 子12月2日 竪1 大得村浄土寺 懸老徒門 剛琳寺御納所様 御肝煎中 御礼衆中  
4-1-14-2 「乍恐口上」 文久2年6月 状1 岡田伊左衛門 林猪十郎 清水藤兵衛 麻の和左衛門 浅の吉左衛門 加東藤助 道明寺御寺中 同内容のもの1つあり
4-1-15 [書状](品川沖へ大筒台場拾壱ヶ所普請相掛り混雑仕候に付) 10月 状1 善性院 岡田伊左衛門  
4-1-16 御書上(光乗寺の住職相続の件に付) 明治3年4月 状1 岡村光乗寺附東本願寺宗同行惣代権右衛門 善左衛門 嘉平二 儀助 年行司作兵衛 端掛御役所  
4-1-17 「覚 一金弐分也」 酉11月20日 状1 岡油兵店 上田御氏  
4-1-18 「両□通分積ノ記」 - 状1      
4-1-19 「覚 一 金三両三歩三朱」 申12月11日 状1 友左衛門 伊左衛門  
4-1-20 書付 (利足滞之分ニ付貴人君[より]被仰方) - 状1      
4-1-21 「覚 一 江戸米七拾石」 未2月20日 状4 山城屋 権左衛門 丹南郡御役人 「比蔵納」「江戸御廻米早出之分の証」二つ在中
4-1-22 [書状](たばこ、竹等上申奉候ニ付状 丑9月28日 状1 正井謹書 岡 伊左衛門  
4-1-23 [書状] (年始御祝返礼に付) 正月15日 状1 西方寺 法□ 岡田伊左衛門  
4-1-24 覚(閏十月晦日一銭弐貫文預け)   状1 八十八 岡田  
4-1-25 「一病気ニ付御役所御免相願候へ共先寛々養生差加へ可申候」   状2     「一御旗本御家人先年御貸付金被仰出候処...」の書付あり
4-1-26 「四匁八歩〆百五十六匁八歩」   状1 亀定   一部のみ
4-1-27 差入約定一札之事 文久2年正月 状1 藤井寺村 福本屋新蔵 同村引請人 八左衛門 道明寺村役人 三根久治 開発人 安兵衛  
4-1-28 [書状] (藤井寺村池水抜捨候儀に付) 9月21日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門 「為取替一札之事」
4-1-29 「阿州古市郡飛鳥村吉次郎跡相続人忰新太郎所持之田畑」 - 竪1      
4-1-30 「差入申御新田質物之事」 弘化3年4月 状1 垣生野新田 徳右衛門 同所受人 勘右衛門    
4-1-31 「未四月十六日 初会 千家宗左 茶の湯」 - 状1      
4-1-32 「和州於新口村岡田家」 - 状1      
4-1-33 「貴札忝拝見仕候…」 9月29日 状1      
4-1-34 「覚 泉州大鳥郡若松新田」 辰2月 状1      
4-1-35 「質物ニ差入申建家之事」 文化8年4月 状1 藤井寺村質主仁左衛門 同村請人半右衛門 岡村 伊左衛門 藤井寺村庄屋五兵衛の奥印あり
4-1-36 乍恐御訴訟(預ヶ銀の返済に付) 天明7年5月 状1 伊左衛門 庄屋嘉右衛門 御奉行 相手「摂州住吉郡平野郷銭屋傳右衛門」
4-1-37 覚(文政五年の証文は新証文に引当、利足支払いまで古証文預り) 天保3年閏11月26日 状1 岡村 伊左衛門 瓜破村 利兵衛殿 小左衛門殿他3名  
4-1-38 「御多忙御申上候御高配ニ預り...」 11月晦日 状1 麻野和座衛門 岡田伊左衛門  
4-2-0 [袋]岡村新町藤井寺小山御落證文 - 袋1      
4-2-1-0 [ひも] - ひも1      
4-2-1-1 奉指上御請書 文政5年2月23日 状1 丹南郡阿弥村 磯次郎、常七 高槻御役所  
4-2-1-2 預り申銀子之事 文化12年12月 状1 銀預り主 古市村 九兵衛、同断 吉左衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-1-3 覚 (頼母子掛銀受取 覚) 辰12月朔日 状1 西川村 磯次郎 伊左衛門  
4-2-1-4 預申銀子之事 文政8年3月 状2 丹南郡 野々上村庄屋 勝次他1名、伊賀村2名、阿彌村2名 住吉郡我孫子村 新次郎  
4-2-1-5 一札 文政7年4月 状1 伊賀村 近兵衛 受人 岡村 伊左衛門 野中村 太次郎  
4-2-1-6 預り申銀子之事 文化5年12月 状1 野中村預主 徳兵衛、同村同断 九左衛門、 同村同断 猪十郎 岡村 伊左衛門  
4-2-1-7 預申銀子之事 文政4年正月 状1 阿弥村 銀預主 藤蔵、同村受人 定右衛門 野中村 猪十郎  
4-2-1-8 預申銀子之事 文政7年4月 状1 預り主 野々上村 太助、同断 杢右衛門、同断 勝次 岡村 伊左衛門  
4-2-1-9 小作證文之事 文政12年12月 状1 多次井村 小作人 甚右衛門、同村請人 源兵衛 岡村 伊左衛門  
4-2-1-10 覚 (王水組水論一件ニ付大坂表飯代掛銀之内■村ヨリ御振銀受取覚) 文政7年3月11日 状1 小山村庄屋 半右衛門 岡村庄屋 伊左衛門  
4-2-1-11 引請證文之事 文政5年3月 状1 阿弥村引受人 林右衛門、同村同断 五郎右衛門 岡村 伊左衛門 阿弥村 定右衛門の質物引請證文
4-2-1-12 小作受負證文之事 文政2年11月 状1 阿弥村小作人 定右衛門、同村請負人 儀助 岡村 伊左衛門  
4-2-1-13 引請證文之事 文政2年11月 状1 阿弥村引受人 儀助 岡村 伊左衛門 阿弥村 定右衛門の質物引請證文
4-2-1-14 差入申田地質物證文之事 文政2年11月 状1 阿弥村田地質主銀預り主 定右衛門、同村受人 儀助 岡村 伊左衛門 奥書あり
4-2-1-15 證文譲り一札 文政4年9月 状1 野中村譲り主猪十郎 岡村 吉十郎  
4-2-1-16 預り申銀子之事 文政4年正月 状1 阿弥村銀預主 定右衛門、請人 藤蔵 野中村 猪十郎 端裏に張紙あり
4-2-1-17 質物ニ差入申家屋敷之事 寛政9年12月 状1 藤井寺村質主 仙介、同村請人 又三郎 岡村 伊左衛門 端裏に張紙あり
4-2-1-18 預り申銀子之事 文化12年12月 状1 野中村預り主 九左衛門、同村受人 猪十郎 岡村 伊左衛門  
4-2-1-19 證文譲り一札之事 文政4年9月 状1 野中村譲り主 猪十郎 岡村 吉十郎  
4-2-1-20 小作請負証文之事 文政5年3月 状1 阿弥村小作人 定右衛門、同村同断 藤蔵、同村請負人 林右衛門、同村同断 五郎右衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-1-21 質物差入申見取場之事 文政7年4月 状1 伊賀村 質主銀預主 近兵衛 他1名 野中村 太次郎 奥書、一札之事あり
4-2-1-22-0 「野中猪十郎儀入込證文入」 「諸方入込證文入」 - 状1     裏に「ゆき」とあり
4-2-1-22-1 乍恐口上 (行き倒れた非人について) 弘化4年3月10日 状1 河州丹南郡岡村年寄 藤左衛門 御出役 大原喜市郎 奥書有、下書きか?
4-2-1-22-2 [断簡]「五貫七百目」 - 断簡1     後欠
4-2-1-22-3 [書状]「弥安全之由珎重存候」 (金相場に付) - 状1      
4-2-1-22-4 [罫紙] - 状1      
4-2-1-22-5-1 乍恐口上 (行き倒れた非人について) - 状1     下書き
4-2-1-22-5-2 「小督 春藤六郎助」 - 状1     配役表か?
4-2-1-22-5-3 [断簡]「御書翰忝許見仕候」 10月2日 断簡1 今田彦兵衛 岡田伊左衛門 後欠
4-2-1-22-6-1 「手配御役 岡村伊左衛門」 - 状1      
4-2-1-22-6-2 [書状]「弥御安康奉賀候」 10月19日 状1 伊助 岡 貴様 端裏に「書状貳通在中」
4-2-1-22-6-3 [書状]「此間中八御出坂大ニ御苦労ニ奉存候」   状1      
4-2-1-22-6-4 「竹治忠兵衛勘右衛門太郎兵衛為八」   状1      
4-2-1-23-0 [ひも]   ひも1      
4-2-1-23-1 覚(銀子請取の覚) 文政6年10月8日 状1 阿弥村市右衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-1-23-2 覚(銀子請取の覚) 壬午12月27日 状1 阿弥村藤蔵、定右衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-1-23-3 覚(銀子請取の覚) 文政7年12月15日 状1 阿弥村市右衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-1-23-4 [書状]口上(銀子借用に付) 8月13日 状1 林 猪十郎 岡田伊左衛門  
4-2-1-23-5 「昨日之御書面あ(つ脱カ)かり忝奉存候」 7月22日 状1 林 猪十郎 岡田伊左衛門  
4-2-1-23-6 覚(催合銀受取の覚) 午12月10日 状1 アミ藤蔵 岡村 伊左衛門  
4-2-1-23-7 [書状] (伊勢参宮に付) 3月晦日 状1 小谷九左衛門、松川伊兵衛 岡村 岡田伊左衛門  
4-2-1-23-8 [書状] (西浦村一札、阿弥村一件に付) 10月14日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門  
4-2-1-23-9 [書状] (杢右衛門の借銀に付) 4月9日 状1 浅田勝司 岡田御主人  
4-2-1-23-10 [書状] (訴訟文言に付) 2月8日 状1 岡本や定助 岡田  
4-2-1-23-11 [書状] (相読延引に付) 1月24日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門  
4-2-1-24 覚 (銀子預りの覚) 午12月12日 状1 岡村 伊左衛門 西浦村 長右衛門他1名  
4-2-2 預申銀子之事 天保11年5月 状1 岡村預主 七兵衛 岡村 伊左衛門  
4-2-3 借用申銀子之事 天保6年3月 状1 岡村 萬助 同村 伊重郎  
4-2-4 年賦銀證文之事 天保13年12月 状1 大坂 借用人 千松郎、岡村請人 茂右衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-5 質物證文之事 天保10年2月 状1 質主 喜三兵衛、同村証人 松右衛門 伊左衛門  
4-2-6 預申金子之事 天保11年4月 状1 藤井寺村 預主 善兵衛 伊左衛門  
4-2-7 借用申銀子之事 天保12年3月 状1 預主 岡村 伊八、同証人 彦右衛門 伊左衛門  
4-2-8 借用申銀子之事 天保12年正月 状1 銀預主 津堂村 悟右衛門、同断同村 庄助 伊左衛門  
4-2-9 預申銀子之事 天保2年12月 状1 小宮村 銀預主 磯八 伊左衛門  
4-2-10 質物證文之事 天保7年正月 状1 南島泉村質主 弥三七、岡村証人 舶左衛門 伊左衛門 同日付で「小作證文之事」あり
4-2-11 預申銀子之事 天保10年正月 状1 藤井寺村 銀預主 五郎兵衛、岡村証人 佐兵衛 伊左衛門  
4-2-12 預り申銀子之事 天保8年 状1 藤井寺村 預り主 法兵衛 伊左衛門  
4-2-13 借用申銀子之事 天保9年正月 状1 借用主 小山村 弥左衛門、証人同村 利兵衛 伊左衛門  
4-2-14 預り申銀子證文之事 天保13年6月 状1 預主 沢田村 作左衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-15 預申連印之事 天保5年2月 状1 預主 沢田村 作郎助、傳之助 岡村 伊左衛門  
4-2-16 年賦証文事 天保9年12月 状1 岡村預主 又兵衛、小内村預主 傳兵衛 岡村 伊左衛門  
4-2-17 質物差入申田地之事 天保9年9月 状1 藤兵衛 □墓村 久兵衛 質主新町村潜助 請人同村茂平次
4-2-18 田地小作証文之事 文政9年9月18日 状1 小作人新町村潜助、請人同村茂平次 □墓村 久兵衛  
4-2-19 連判証文之事 天保9年4月 状1 丹後□□村作子預主喜右衛門、同村右同断 清兵衛 岡村 伊左衛門  
4-2-20 借用申銀子之事 天保8年2月 状1 藤井寺村借用主 源兵衛 岡村 伊左衛門  
4-2-21 年賦証文之事 文政7年12月 状1 預主岡村新町 清八 岡村 伊左衛門  
4-2-22 預り申銀子之事 天保8年 状1 岡村 藤左衛門 伊左衛門  
4-2-23 差出申一札之事 天保8年 状1 藤左衛門 伊左衛門  
4-2-24 質物証文之事 天保6年8月 状1 庄屋貞助 岡村 伊左衛門 「小作証文之事」添付有
4-2-25 預り申銀子之事 天保10年正月 状1 若出田村預主 古平治 岡村 伊左衛門  
4-2-26 預り申銀子之事 天保9年4月 状1 佐助 新左衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-27 一札 天保7年2月 状1 岡村 伊重郎、岡村 伊左衛門 瓜破村 伊右衛門  
4-2-28 預申銀子之事 文政13年3月 状1 預主土居村 数馬 岡村 伊左衛門  
4-2-29 預申銀子之事 文政12年正月 状1 預主土居村 勘右衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-30 預申銀子之事 文政12年3月 状1 土井村預主 勘右衛門 岡村 伊左衛門  
4-2-31 連判証文之事 天保6年12月 状1 古□村連判借り主九兵衛、同村同断源兵衛 岡村 伊左衛門  
4-2-32 預り申銀子之事 天保9年12月 状1 預主岡村 長八 居村 伊左衛門  
4-2-33 借用申銀子之事 天保12年3月 状1 岡村借用主 庄七、同村証人 嘉右衛門 岡村 伊左衛門  
4-3-0 [ひも] - ひも1      
4-3-1 [短冊]初子の賀 - 短冊1 柳河(?)   初子を慶ぶ短歌の短冊
4-3-2 譲り渡し申田地之事 天保6年4月 状1 藤井寺村庄屋 五兵衛 - 藤井寺村の「かね」の田地譲渡証文
4-3-3 預方銀子之事 文政9年8月 状1 藤井寺村預り主 角左衛門 岡村 伊左衛門 銀四百五十目の借用証文。 標題の前に墨あり
4-3-4 借用申銀子之事 天保6年12月 状1 大井村預り主 勘右衛門 - 銀八百八十七匁の借用証文。後欠カ
4-3-5 借用申銀子之事 天保6年10月 状1 大井村預り主 勘左衛門 岡村 伊十郎 銀五百五十目
4-3-6 質物證文之事 天保7年正月 状2 大井村質主 勘左衛門 岡村 伊十郎 居屋敷六畝三分の質入証文。居屋敷の詳細別紙あり
4-3-7-0 [包紙]当用書類 調もの - 包紙1      
4-3-7-1 本へ 3月22日 状1 庄右衛門    
4-3-7-2 覚 (貸し付け控) 天保2年12月19日 状1 小山村 信八郎 岡村 伊左衛門  
4-3-7-3 (支払の書上) 未11月10日 状1 - -  
4-3-7-4 (高の書上) - 状1     各土地の高書上
4-3-7-5 [書状]「岡田伊左衛門様貴下」(嘆願) 1月13日 状1 古川強十郎 岡田伊左衛門  
4-3-7-6-1 [書状]「寒冷日増ニ御座候処先以尊館被成御揃…」 11月11日 状1 塩野清右衛門 岡田伊左衛門  
4-3-7-6-2 [書状]「寒冷ニ御座候処」 (返銀について) 11月7日 状1 西方院 塩野 清右衛門  
4-3-7-7 卯月三月無縁経収納出入扣 卯4月16日 状1 庄右衛門    
4-3-7-81 覚(質地代金の証文) - 状1      
4-3-7-82 覚(申七月分瓦代) 戌7月28日 状1 瓦屋 又兵衛 岡田伊左衛門  
4-3-7-9 覚(銀三貫目の貸付などに付) 享和3年 状1      
4-3-7-10 覚(金銭貸借証文) 嘉永元年12月23日 状1 林 純一郎 岡伊様  
4-3-7-11 覚(金銭貸借証文) 申5月6日 状1 高藤 岡田伊氏様  
4-3-7-12 覚(金銭貸借証文) - 一括(状3)   岡田伊左衛門様  
4-3-7-13 「巳三月拾六会目」 (講十六回目から三十一回目までの金銭受取、滞納分の書上) 巳3月〜戌9月 横1      
4-3-7-14 「文政九戌九月[より]」 (残高および収益の書上) 文政9年9月 横1     朱字による訂正あり
4-3-8 相続構掛銀差引帳 天保10年5月 横1      
4-3-9 年中入用帳 嘉永7年7月 横1 大十 岡田    
4-3-10 年〃勘定帳 小 新宅分 慶應2年 横1      
5-1-0 [ひも]   ひも1      
5-1-1 「七日 - 壱歩」 7日 状1      
5-1-2 [書状]「今日不参候段御断」 8月16日 状1      
5-1-3 「扨一昨夜御施走ニ被成候」 7月10日 状1      
5-1-4 「尚々今中者明日[より]出坂之趣下拙ニ」 6月11日 状1 北藤左門 岡田御氏  
5-1-5 「少々呈上仕候 微少之品ニ御座候共」 7月25日 状1      
5-1-6 「今晩古市村川」 2月20日 状1      
5-1-7 「尚々兼而被仰聞有之」   状1      
5-1-8 「岡田伊左衛門様」   状1 高瀬勲 岡田伊左衛門 宛名差出名のみ
5-1-9 「時下寒冷日加候処、御揃御安」   状1      
5-1-10 「一 四百九拾五両九歩三朱」   状1 大坂屋 定次郎 丹南郡御役人中  
5-1-11 鳥渡御尋申上候 正月 状1      
5-1-12 「是村御組合共々相済候哉ニも」 2月18日 状1      
5-1-13 「佐兵衛[より]申来り候付」 12月27日 状1      
5-1-14 「高見村 若林村 御泊 北宮村」   状1      
5-1-15 「預り申銀子之事」 正月11日 状1      
5-1-16 「取急前文乍失礼略仕候」 正月21日 状1      
5-1-17 「真田飯付 其外共 壹組」 正月17日 状1 岡田伊左衛門 玉雪堂  
5-1-18 「被成御機嫌珍重御儀」 青陽6日 状1      
5-1-19 「益御安泰御勤奉珍賀候」 9月9日 状1      
5-1-21 「岡田伊左衛門様」 11月27日 状1 大坂より 岡田伊左衛門  
5-1-22 「慥ニ御請取追而」 丁未年12月17日 状1 兵左衛門 伊左衛門  
5-1-23 「御安栄可成御座珍重存候」 11月13日 状1      
5-1-24 「取越候執行仕候夫ニ付」 11月6日 状1 専志郎 岡田様 御両家  
5-1-25 「御細文忝奉拝見候 益御安康被御遊」 10月22日 状1      
5-1-26 「今程御沙汰被成下直様参上」 正月17日 状1      
5-1-27 「藤井寺御出勤御苦労奉存候 9月朔日 状1      
5-1-28 「然者昨日者雅楽仕大キニ御施走」 7月9日 状1 今西藤右衛門 岡田伊左衛門  
5-1-29 「然者此間参上仕候」 8月12日 状1 勘田林 与兵衛 岡田 旦那様  
5-1-30 「無御座候先段」   状1      
5-1-31 「先日御相談御大谷氏御礼申御出阪」 8月13日 状1      
5-1-32 「七拾両内四十五両」   状1      
5-1-33 「一 十三日× - 十四日 壱歩○」   状1      
5-2-0 [ひも]   ひも1      
5-2-1 岡田入 - 状1      
5-2-2 覚 (郡中割) - 状1   岡村 伝左衛門 反故が1枚張り付いている
5-2-3 「右卯年[より]加入」 - 状1     裏に一から十までの漢数字とその読み方が書かれている
5-2-4 「差御被」 - 状1      
5-2-5 [書状]「其後者久々御伺も不申上」 - 状1      
5-2-6 11月6日 状1 岡村 伝左衛門 藤井寺村 御役人中  
5-2-7 大文字屋 - 状1      
5-2-8 口演 (野中村へ用向き) - 状1      
5-2-9 「貴家様掛り致」 27日 状1   岡田  
5-2-10 覚 (皆済) - 状1      
5-2-11 覚 (青銅五貫文) 3月20日 状1 龍泉寺 年頭坊 岡村 御役人中  
5-2-12 覚 (銀百匁) 6月29日 状1 河添村講元 善蔵 岡村 岡田伝左衛門  
5-2-13 忠左衛門 甚助 太右衛門 - 状1      
5-2-14 [反古]「以加儀」 (手習い) - 状1      
5-2-15 [引札]最中丑ノ日丑ノ刻 極上別製 - 状1      
5-2-16 [引札]他行重宝 早間似合 懐中糊 紙袋入 - 状1      
5-2-17 其後者久御伺も不申上 (裏は手習い) 12月8日 状1 岡田伊左衛門 児山幸之丞  
5-2-18 [引札]戸障子襖并ニ屏風建具類所   状1 銭屋平右衛門    
5-2-19 [引札]「大坂志んさ以者゛しか王ら町北江入處」   状1 明石屋重兵衛    
5-2-20 [引札]大坂心斉橋通瓦町南へ入 (唐物店)   状1 伊藤屋源助    
5-2-21 [引札]現銀 大福帳 大安賣 (大坂紙問屋)   状1 大坂屋    
5-2-22 ほうそう除方 松本氏印施 (病の予防法) - 状1      
5-2-23 秋冷之柳普請 - 状1      
5-2-24 覚(金五拾疋) 3月20日 状1 龍泉寺 年頭坊 岡村 岡田伊左衛門  
5-2-25 引当覚 - 状1      
5-2-26 [断簡]「御返所ニ相成品品何時ニても…」  (御米勘定) 5月29日 断簡1     前欠
5-2-27 [書状]口演 - 状1 司馬 吉衛門 岡田善右衛門  
5-2-28 [引札]「金英舎名酒」 - 状1 奈良 御酒屋 菊屋治左衛門    
5-2-29 「勘定之節御証文」 - 状1      
5-2-30 [白紙]   状1      
5-2-31 7月 状1 谷町 亀本 岡田伊左衛門  
5-2-32 覚「一、三月廿日より」   状1     後欠
5-2-33 「里チセテホウ打ヨウ」(商家の符号)   状1      
5-2-34 「岡田伊左衛門様」   状1 西山庄左衛門 岡田伊左衛門 前欠
5-2-35 [反古]「主人」(手習い)   状1      
5-3-0 [ひも]   ひも1      
5-3-1-1   状8      
5-3-1-2 (勘定書類)   一括(状15)      
5-3-2-0 [ひも]   ひも1      
5-3-2-1   一括(状29)      
5-3-2-2 口演 - 状1 磯八 岡田  
5-3-2-3 口上 - 状1 岡田    
5-3-2-4 (覚類、勘定書類) - 一括(状10)      
5-3-2-5 送状   状3      
5-4-1 「午三月 十七回目」 (無尽の計算書) - 綴1      
5-4-2-0 [ひも]   ひも1      
5-4-2-1 文政2年〜天保11年 綴1      
5-4-3 [断簡] - 断簡1      
5-5-0 [ひも]   ひも1      
5-5-1 (覚類他)   一括(状79,包紙4)      
5-6-0 [ひも]   ひも1      
5-6-1 覚(金銭受渡)   状1      
5-6-2 覚(金銭受渡)   状1     破損
5-6-3   状1 藤井寺 宗十郎 伊左衛門  
5-6-4 「一 弐貫六百九十五文」(貸方証文抜書)   状1      
5-6-5 [書状]「取申」 9月2日 状1   岡村 御役人中 破損
5-6-6 覚 (安養寺会 膳料) - 状1      
5-6-7 「御衣出之札」 - 状1      
5-6-8 未正月9日 状1   伊左衛門  
5-6-9 「道頓堀 中橋北詰 東エ入」(商標) - 状1      
5-6-10 「金 弐両 御座候」 - 状1      
5-6-11 「〆権三郎」 - 状1 かわら屋 又兵衛 新町 礒七 破損
5-6-12 口上 4月22日 状1 彦三郎    
5-6-13 12月20日 状1 十次郎 岡村 伊左衛門  
5-6-14 「辰皆済的」 - 状1      
5-6-15 覚 (金銭受取) 7月13日 状1 河新 岡田  
5-6-16 口上 9月12日 状1 与左衛門    
5-6-17 [断簡] - 断簡1 中山省左衛門 岡田伊左衛門  
5-6-18 [断簡]「右」 - 断簡1      
5-6-19 「古市村皆済」 - 状1      
5-6-20 [断簡](此一冊ハ) - 断簡1      
5-6-21 覚(金銭貸借) 9月14日 状1      
5-6-22 「巳十二月八日郡中定」 - 状1      
5-6-23 「七拾五」 (金銭受取) 12月19日 状1 又三郎 岡村 伝左衛門  
5-6-24 覚(代金受取)   状1      
5-6-25 [白紙]   状1      
5-6-26 覚(金銭貸借) 7月10日 状1 十次郎 岡田伊左衛門  
5-6-27   状1      
5-6-28 「郡中刻」 正月 状1      
5-6-29 「請申」   状1      
5-6-30 覚(金銭貸借) 12月27日 状1      
5-6-31 12月22日 状1   岡 休カ左衛門  
5-6-32 「近請申」   状1      
5-6-33 「阿三立」   状1      
5-6-34 「九拾八ヶ村」   状1      
5-6-35 「送状」 正月28日 状1 大弥 岡村 伊左衛門  
5-6-36 覚(物品購入記録)   状1      
5-6-37 「乍憚御無事」   状1      
5-6-38 「江戸御恩米」   状1      
5-6-39 覚(物品購入) 11月 状1      
5-6-40 覚(物品売上代金)   状1 惣代 岡 伊左衛門  
5-6-41 「右之危安」 正月7日 状1      
5-6-42 口上 (借金依頼)   状1      
5-6-43 「六月廿八日、百目…」   状1      
5-6-44 覚 (高槻役所よりの状受取) 戌9月16日 状1 西川村 磯治良 南岡村 岡田伊左衛門  
5-6-45 覚 (石代受取) 子5月3日 状1 石屋卯之助 岡村 伊左衛門  
5-6-46 (覚類) - 一括(状46)      
5-7-0 [ひも]   ひも1      
5-7-1 「木村宇右衛門御預り所」 3月 状2 門蔵 岡村 御役人中  
5-7-2 覚 (百五拾匁) 12月 状1 平郎左衛門 久兵衛  
5-7-3 覚 (銀請取) 10月 状1 柿右衛門 岡村 御役人中  
5-7-4 覚 (銀請取) - 状1   岡村 伝左衛門  
5-7-5 覚 (御城内入用) - 状2 - 岡村 御役人中  
5-7-6 覚 (郡中割) 7月 状1 吉左衛門 岡村 伝左衛門  
5-7-7 一札 - 状1 平七 他2名 伝左衛門  
5-7-8 証文相済 11月15日 状1   岡田 伊左衛門  
5-7-9 (金銭請取覚)   一括(状18)   岡村 伊左衛門  
5-7-10 (金銭物品請取覚)   一括(状53)      
5-8-1 [書状]口上 (掛銀講に付出席依頼) 4月7日 上1 小山 弥助 岡田伊左衛門  
5-8-2 口上 (調達講入札出席依頼状) 巳8月 状1 高柳勘定元    
5-8-3 (覚、書状類) - 一括(状145)      
5-9-0 [こより]   こより1      
5-9-1 [書状](三四貫目程 値引の儀に付) 4月27日 状1 与之助 岡田御氏  
5-9-2 [書状](呼井戸一件 高田氏と引合の儀に付) 4月25日 状1      
5-9-3 [書状]「□□林麻野氏も...」(増作手当の義に付) 4月2日 状1      
5-9-4 (口上類)   一括(状8)      
5-10-1 [書状](金子立替え儀に付) 7月17日 状1 土助兵衛 岡田 兵  
5-10-2 [書状](金子差支の儀に付) 卯2日 状1 岡田 北の  
5-10-3 (口上類)   一括(状7)      
5-11-0 [ひも]   ひも1      
5-11-0 [こより]「河州丹南郡岡村伊左衛門宛所永井日向守殿御預り所」(質物銀滞出入)   こより1      
5-11-1 [包紙]   包紙1   伊兵衛  
5-11-2 記(米穀請取状) 10月30日 状1 堂島荒伝 岡田 伊左衛門  
5-11-3-1 疏方 (薬草調合と服用法) 癸卯9月 状1 笠原玄策    
5-11-3-2 [書状]一筆致啓上候 (眼病により来駕返戻がかなわない旨詫状) 1月23日 状1 上田水謙 岡田伊左衛門  
5-11-3-3 御年玉     田中平助    
5-11-3-4 河州丹南郡岡村庄屋等書上   状1 庄屋 伊左衛門、年寄 専右衛門、年寄 藤左衛門    
5-11-3-5 覚(先物金受取状) 亥丑12月2日 状1 岡村 伝左衛門 西組  
5-11-3-6 [書状](御割賦之儀に付)   状1      
5-11-3-7 [断簡](乍恐以書附奉願上候)   断簡1 河州丹南郡岡村    
5-11-3-8 [包紙]   状1 心斎橋三号筋角藤林善右衛門    
5-11-3-9 巳延帳 弘化 状1      
5-11-3-10 [断簡](林楮十郎様)   状1 岡田    
5-11-3-11 覚 (伊賀村久兵衛請人喜志村永治郎の銀子取証文の受取証文) 文化7年9月20日 状1 伊賀村庄屋 近兵衛 岡村 伊左衛門  
5-11-3-12 [袋] (人別帳の減人書上)   袋1      
5-11-3-13 [書状]「以手紙改」(医道) 6月 状1 石川近郷官内菊平次太郎領?松尾九左衛門 高崎小平太 岡田伊左衛門  
5-11-3-14 (能番組・証文類)   一括(状29)      
5-12-0 [ひも]   ひも1      
5-12-1 [断簡]「相成候間」   断簡1     両面 表裏不明
5-12-2 覚 (利冊子受取覚) 卯4月27日 状1 大屋久兵衛 岡田伊左衛門  
5-12-3 [書状]口上 (三十人講会に付) 4月9日 状1 大市高城 岡田伊左衛門  
5-12-4 覚 (頼母子講関係) 庚辰12月21日 状1 大屋久兵衛 岡田伊左衛門  
5-12-5 覚 (頼母子掛銀勘定) 辰11月12日 状1 久兵衛 岡田伊左衛門  
5-12-6 「文政弐年卯」 (渡し銀 銭利息覚) 文政2年卯12月 状1 大屋 岡田  
5-12-7 覚 (利冊子請取覚) 辰4月 状1 大屋久兵衛 岡村 伊左衛門  
5-12-8 覚 (西方院殿頼母子銀に付) 文化15年5月2日 状1 沢田村 平兵衛 岡村 伊左衛門代伊十郎  
5-12-9 (頼母子関係書状、覚類) - 一括(状13)      
5-13-0 [ひも]   ひも1      
5-13-1 (奇貸帳請取証) 文化8年閏2月 状1 新口村請元彦六 引請人太蔵 河州岡村 伊左衛門  
5-13-2 (奇貸帳請取証) 文化8年閏2月 状1 新口村構元彦六 引請人太蔵 河州岡村 伊左衛門  
5-13-3 源助借代済万帳 嘉永5年2月 横1      
5-13-4 通(金銭受渡覚書) 甲申10年 状1 岡村 伊左衛門 藤井寺村 弥三八  
5-13-5 文政11年12月 状1 辻伊 庄左衛門方  
5-14-0 [ひも]   ひも1      
5-14-1 [書状]「證文手形添」(二貫目の手形と引替の口上) 12月15日 状1 大屋久兵衛 岡町 岡田伊左衛門  
5-14-2 [書状](八十八頼母子一件上り銀渡しに付) 11月 状1 葛井寺 大和屋 岡田伊助  
5-14-3 [書状]「御裏 御印付之訴状壱通 慥ニ受取申候」 12月23日 状1 河州安宿郡片山村 甚兵衛 岡村 伊左衛門 破損
5-14-4 [書状](金子二両一分借用願) 12月29日 状1 大屋久兵衛 岡田伊助  
5-14-5 [書状]「古室村久兵衛殿上り銀不足之儀」 12月11日 状1 分銅久兵衛 岡田伊左衛門  
5-14-6 [書状](綿代銀 滞の場合の処理に付) 11月29日 状1 角左衛門 岡田伊左衛門  
5-14-7 覚 (戌年貯夫食囲高取調書附提出の命令) 亥閏正月15日 状1 高槻役所 七ヶ村 庄屋 年寄  
5-14-8 [書状]口上 (昨日の帳面の義 次手を以差上、丹波屋ニても次手に勘定くださるべきに付) 7月朔日 状1 岡村 □左衛門 岡田伊左衛門  
5-14-9 [書状]口上 (当地三谷新座衛門方に逗留時)   状1 西川柳左衛門    
5-14-10 [書状](道明寺一件に付、参上の約束変更に付) 11月20日 大屋久兵衛 岡田伊左衛門  
5-14-11 [書状](御上納の儀に付) 12月9日 状1 岡本 岡田御氏  
5-14-12 (覚類他)   一括(状37)   岡村 伊左衛門  
5-15-0 [ひも]   ひも1      
5-15-1 添書(争論について出役の様子窺い) 7月21日 状1 大谷 岡田代  
5-15-2 [書状](越後店の仕入れ報告) 巳23日 状1 越後より兵七郎代 岡田伊左衛門  
5-15-3 [書状](慎成院請合講の仕法に付)   状1     欠損
5-15-4 乍恐口上(質地証文の仕替と村内修験者取調べに付)   状1     下書
5-15-5 [書状]口演(御薬頂戴仕度) 3月2日 状1 岡田吉左衛門 三井先生  
5-15-6 乍恐口上(今池新田の年貢不納に付)   状1     下書
5-15-7 [書状]口上(当村直右衛門質物紛失に付)   状1     下書
5-15-8 「七両弐分代四百六十九匁」   状1     前後欠損
5-15-9 乍恐返答(岡村与左衛門と質物銀出入につき願) 天保13年2月21日 状1 御下河州丹南郡岡村八兵衛 大津御役所  
5-15-10 「聖護院三宝院其未流修験相勤」(修験者の身元取調べに付)   状1     下書
5-15-11 「当方より国分夫より関屋夫より」   状1      
5-15-12 証文譲り一札之事   状1 大村新助他3名   下書
5-15-13 乍恐御咤奉願上候   状1     下書、後欠
5-15-14 「買納弐百弐石買納」(年貢勘定カ)   状3     冊ハズレ
5-15-15 [書状](御延納について尋) 12月4日 状1 今西彦右衛門 岡田伊左衛門  
5-15-16 相場(金銀銭相場の知らせ) 12月22日 状1   岡伊  
5-15-17 [書状](銀札の請取に付) 11月24日 状1 塩野 岡田  
5-15-18 [書状] 「以手紙貴意得候 寒冷の砌に」 11月19日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門  
5-15-19 [書状] 「以手紙貴意を得」 11月9日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門  
5-15-20 [書状] 「飛札以って啓上致候」 11月11日 状1 武田勘兵衛、林猪十郎 口安屋新兵衛、大谷直八郎  
5-15-21 [書状] 「甚寒の節弥御壮健」 12月24日 状1 中山善右衛門 岡田伊左衛門  
5-15-22 [書状] 「甚寒の節に」 12月15日 状1 日下正左衛門 岡田伊左衛門  
5-15-23 [書状] 「幸便に付一書啓上仕り候」 7月朔日 状1 大谷直八郎 岡田伊左衛門  
5-15-24 覚 「去年山口に」 10月10日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門  
5-15-25 [書状]「益御勇健可被成御座」 7月11日 状1      
5-15-26 [書状]「益御勇健」(通帳差引依頼) 7月朔日 状1 米屋喜兵衛 岡村 伊左衛門  
5-15-27 [書状] 「残暑裂敷御座候処」 7月4日 状1 林又三郎 岡田御氏  
5-15-28 (覚類、勘定書類)   一括((状10)      
5-16-0 [ひも]   ひも1      
5-16-1 覚 「廿三匁五分」 12月20日 状1 松藤 岡田伊左衛門  
5-16-2 覚 「七匁九分」 5月前 状1 天満や 与兵衛 岡田御氏  
5-16-3 「一 八分」   状1   岡田伊左衛門  
5-16-4 覚 「一 銀廿弐匁也」 2月8日 状1 野上村 岡村御役人中  
5-16-5 覚 「一 百匁二分」   状1   御村方  
5-16-6 覚 「十三日 一 八寸」 3月17日 状1 瓦利 遠かの 伊左衛門  
5-16-7 覚 「一 十弐匁五分」 6月14日 状1 利兵衛 伊左衛門  
5-16-8 覚 「一 五分」   状1 清左衛門 御村方  
5-16-9 覚 「六月三日 〆七分」   状1 伊左衛門 御村方  
5-16-10 覚 「一 金三両」 極月 状1 新田 尾張藩 岡田伊左衛門  
5-16-11 覚 (瓦の代金請求) 2月13日 状1 可玉らや 利兵衛 岡村 伊左衛門  
5-16-12 「一 百廿四匁四分 十本」 12月5日 状1      
5-16-13 覚 「七月前 持行」 12月3日 状1 藤井寺 田番 南岡むら 御村方  
5-16-14 覚 「一 廿九匁」 12月17日 状1   伊左衛門  
5-16-15 覚 「一 青銅五貫文」   状1 岡田伊左衛門様
同 吉十郎様
石場山 亀右衛門 世話方  
5-16-16 覚 「一 銭 分」 12月6日 状1 かさ茂 御村方  
5-16-17 覚 「一 五百六拾匁」 12月13日 状1 新七 伊左衛門  
5-16-18 「油差分候」   状1   遠安  
5-16-19 覚 「高心得ホ之仰役所」 7月8日 状1 面川村 孫兵衛 岡村 御役人中  
5-16-20 覚 「一 封物 壱」 12月22日 状1 高橋藤壱郎 布留川清蔵  
5-16-21 覚 「一 封 御状 壱」 11月10日 状1 高橋藤壱郎 布留川清蔵  
5-16-22 覚 「一 紙封物 壱」 正月12日 状1 高橋藤壱郎 布留川清蔵  
5-16-23 おぼへ 「七月十二日 一 四人 夜」 7月17日 状1 うへ田 利助 西岡村 御役人中  
5-16-24 覚 「一 金弐朱」 8月16日 状1 都柳可敬 岡村 御役人中  
5-16-25 覚 「一 三百二拾四包」 天保亥年 状1 小山村 又助 岡村 小一郎  
5-16-26 覚 「七月十二日 一 弐人」 7月14日 状1 清太郎 岡村 御役人中  
5-16-27 「岡田伊左衛門様 被成承旨」   状1      
5-16-28 覚 「一 弐□ 百貫」   状1 百蔵 岡田御□  
5-16-29 覚 (金銭受取) 極月27日 状1 柿兵衛 岡村 伊左衛門  
5-16-30 覚 (金銭受取) 亥11月22日 状1 面川村役 岡田  
5-16-31 覚 (金銭受取) 11月26日 状1 津右兵衛 伊左衛門  
5-16-32 あかし (金銭受取)   状1 村方 岡伊  
5-16-33 覚 (金銭受取) 亥12月21日 状1 石金原 藤兵衛    
5-16-34 覚 (金銭受取) 極月27日 状1 西川村 村兵衛 岡田伊左衛門  
5-16-35 あかし (金銭受取)   状1   岡田伊左衛門  
5-16-36 覚 「三拾四匁四分」 亥12月日 状1 吉重郎 村衆  
5-16-37 覚 「七月七日□一 弐人」   状1 清右衛門 岡村 御役人衆  
5-16-38 覚 「一 壱人 十五日夜」 7月23日 状1 在家 清右衛門 岡村 御役人中  
5-16-39 覚 「一 金弐両」 12月29日 状1 次郎兵衛 岡 伊左衛門  
5-16-40 岡村 正月廿三日 一 壱人泊 藤左衛門   状1      
5-16-41 覚 (代金書上) 亥12月前 状1 なべさ 岡 御村方  
5-16-42 おぼへ (金子受取状) 亥7月前 状1 利助 岡村 御役人中  
5-16-43 「岡田御氏様 たしまや」 (金子受取状)   状1 たしまや 岡田御氏  
5-16-44 「岡御村方様」 (代金書上) 極月まへ 状1 鍋佐 岡御村方 差出は印判
5-16-45 覚 (書上) 亥極月 状1 米儀 村方  
5-16-46 覚 (金銭受取)   状1 源蔵 岡村 岡田伊左衛門  
5-16-47 覚 (金銭受取) 3月26日 状1 八兵衛 岡田  
5-16-48 覚 (金銭受取) 9月28日 状1 傳□ 伊左衛門  
5-16-49 覚 (代銀受取) 辛丑3月8日 状1 辻俾 少道 七殿  
5-16-50 覚 (残金受取)   状1 勝次 岡村 御役人中  
5-16-51 覚 (金子書上)   状1   岡田  
5-16-52 「二月十六日 一 壱人 樋」 (費用書上) 亥12月まへ 状1 大伊 村方  
5-16-53 覚 (通帳受取状) 亥12月14日 状1 米喜 岡伊  
5-16-54 覚 (「米三合 此物ニ御渡し可被下候」) 8月22日 状1 鍵又 米儀  
5-16-55 覚 「一 従 御番所御触書壱通」 8月12日 状1 藤井寺村 岡村  
5-16-56 「正月 十二日 一 五□」 丑7月3日 状1   岡 伊左衛門  
5-16-57 覚 「一 拾三両五分」   状1 西藤 番役  
5-16-58 合鑑 一銀 弐拾四匁 取締料」 亥3月13日 状1 勒之 岡村 御役人中  
5-16-59 (欠番)          
5-16-60 覚 (金銭受取) 8月晦日 状1 小兵衛 岡田  
5-16-61 おぼへ (その年受取りの銭に書上) 極月1日 状1 男組 平助 百姓代  
5-16-62 亥12月24日 状1 なつさ 岡田御本家  
5-16-63   状1      
5-16-64 覚 (金銭受取) 12月5日 状1   岡田伊左衛門  
5-16-65 覚 (受取状) 亥12月27日 状1 松藤 岡田  
5-16-66 覚 (銭受取状) 亥6月24日 状1 伊之助 伊左衛門  
5-16-67 送り状之事 10月9日 状1 岡 岡田伊左衛門  
5-16-68 (金子受取状) 12月まへ 状1 藤兵衛 伊左衛門  
5-16-69 覚 (米受取) 12月4日 状1 松屋 岡 伊左衛門  
5-16-70 「一 石米弐斗九合」 (年貢皆済)   状1 岡村 源左衛門    
5-16-71 「辻 作左衛門様」 (金銭受取)   状1 森□ 辻作左衛門  
5-16-72 (金子書上) 亥極月前 状1 住吉や喜九□ 岡 伊左衛門 異筆「十月廿六日 受取申候 代市助」
5-17 「壱飯八分」 - 一括1 大和屋宇右衛門   官札的なもの
5-18-0 [ひも]   ひも1      
5-18-1 覚 (金五両)   状1 常兵衛 岡村  
5-18-2 覚 (一 六分)   状1 大谷 岡田御氏  
5-18-3 「押諸御存志」   状1 松村平兵衛 岡田伊左衛門、同善左衛門  
5-18-4 覚 (一 米六拾貳石五斗)   状1 北平尾村 浅次郎 岡村 御役人中  
5-18-5 覚 (金十五両也)   状1 奈らや 清兵衛 岡田伊左衛門  
5-18-6 覚 (一 金八両)   状1 鍋し 佐兵衛 岡田伊左衛門  
5-18-7 [断簡]「十二月」   断簡1      
5-18-8 「一 金弐両」   状1   岡田  
5-18-9 覚 (一 籾三石五斗) 正月8日 状1 北野田村 金四郎 平尾村 藤左衛門  
5-18-10 利銀請取通 2巳年 状1 岡村 伊左衛門 □□村 依三郎  
5-18-11 「七月分」   状1 松吉 岡田伊左衛門  
5-18-12 「一 〆三人半」 7日 状1 尾張半衛門 小山伝助  
5-18-13 「加入枝證文之事」 - 状1     裏に帖紙。2行のみ後半は切れている。
5-18-14 (覚類)   一括(状7)      
5-19-0 [ひも]   ひも1      
5-19-1 口上 (亥年利息勘定) 子2月 状1   岡田御家  
5-19-2 仕法 (「四拾人初会壱枚ニ付八拾目掛」) - 状1      
5-19-3 仕法帳 (「一 初会掛銀一枚ニ付四拾人八十匁掛」) - 状1      
5-19-4 [書状](三右衛門銀子拝借に付礼状) 10月朔日 状1 伊野村 今西藤右衛門 岡村 岡田伊左衛門  
5-19-5 [書状]「当品一件も大ニ御苦労ニ奉存候」(礼状) 正月晦日 状1 浅□□子 岡田御主人  
5-19-6 [書状]口上(西念寺殿頼母子返銀に付減額願い) 極月22日 状1 古市 鍋屋多右衛門 岡田伊左衛門  
5-19-7 「高五拾九石弐斗八升九合」(算用状) 12月9日 状1 藤井寺村庄屋 五兵衛 岡村 伊左衛門  
5-19-9 廻状 (□喜四拾人講開催の触) 2月 状1 □喜講世話方 吉井利右衛門他24名  
5-19-10 「銀子宜敷奉御願上候」(願書) 4月20日 状1 大垣 宗八 六様  
5-19-11 覚 (請取状) 天保14年6月16日 状1 極楽寺納所 岡村 岡田伊左衛門  
5-19-12 「弥十郎与改名」(改名差支えなき旨) - 状1 庄□ □□  
5-19-13 覚(納入目録) - 状1 岡郷 忽左衛門 岡田伊左衛門  
5-19-14 覚(請取状) 11月16日 状1 明教寺納所 岡田伊左衛門様御使江  
5-19-15 覚(請取状) 11月16日 状1 金国寺納所 岡田伊左衛門  
5-19-16 覚(請取状) 16日 状1 浄元寺 岡田伊左衛門  
5-19-17 請取書 霜月16日 状1 浄宗寺知事 岡田伊左衛門様御取次所  
5-19-18 證(請取状) 11月16日 状1 剛琳寺納所 岡田伊左衛門  
5-19-19 覚(納入目録) 丑12月晦日 状1 小山権右衛門 岡田伊左衛門  
5-19-20 (雑、算用状類) - 一括(状15)      
5-20-0 [ひも]   ひも1      
5-20-1 (供廻り十四人について覚) - 状1 剛琳寺    
5-20-2 覚 (御斎米等御志の受取状) 11月10日 状1 小川 信行寺 岡田伊左衛門  
5-20-3 覚 (寺納の覚) 11月14日 状1 西天満 安養寺 岡田伊左衛門  
5-20-4 覚 (御廻状1通并米触6通) 亥11月8日 状1      
5-20-5 [書状](御志贈り受取状) 11月14日 状1 清泉寺 岡田伊左衛門 裏に御役僧、御侍、人足の覚あり
5-20-6 (金銭関係の覚等) - 一括(状30)      
5-21-0 [ひも]   ひも1      
5-21-1 覚「右之通指遣候間御勘定御座候」 12月29日 状1 与一郎 伊左衛門  
5-21-2 覚「一銀七百目 酉七月貸り」 戌3月4日 状1 多冶井村役人中 岡田伊左衛門  
5-21-3 覚「一 壱貫目 此利五十目」 未5月29日 状1 井筒屋 次郎兵衛 岡村 伊左衛門  
5-21-4 覚「一 米八拾石 土居村」 1月19日 状1      
5-21-5 [書状]「先以御安康之由目出度奉存候」 4月24日 状1 岡本 岡田氏  
5-21-6 「一 金三両」(利足受け取り) 丑12月 状1 嶋泉村甚兵衛 伊左衛門  
5-21-7 「覚」(代銀)   状1      
5-21-8 「覚」(金銭貸借関係)   状1      
5-21-9 「覚」(金銭督促状) 戌4月12日 状1 岡村 伊左衛門 大田村馬次、請人仙右衛門  
5-21-10 [書状]「御体面被下拝見仕候然ハ上乗御遣し被下候趣」 11月26日 状1 浅田源吾 岡田伊左衛門  
5-21-11 [書状]口代 酉12月26日 状1 の之上村栄祐 岡田吉十郎  
5-21-12 覚(代銀納入に付) 丑12月26日 状1 の之上村源吾 岡村 伊左衛門  
5-21-13 「其村々二條詰米」 4月4日 状1 高槻出役小宮山可兵衛 河州丹南郡岡村 庄屋年寄  
5-21-14 覚 「一 銀百四拾壱匁五分五厘」 戌12月 状1 岡村 伊左衛門 丹南御役所  
5-21-15 (金銭勘定)   状1      
5-21-16 (金銭勘定)   状1      
5-21-17 覚 「銀三百匁」 申12月26日 状1 野々上村庄や 岡村 御役人衆中  
5-21-18 覚 (割戻し銀請取) 巳12月15日 状1      
5-21-19 覚 (割戻し銀請取) 巳11月13日 状1 林世話人 岡田御氏  
5-21-20 覚 (金銭請取)   状1 伊左衛門 友右衛門  
5-21-21 「一 金壱両三歩」 12月15日 状1 灰屋 七左衛門 岡田伊左衛門  
5-21-22 「口上 弥御堅固ニ被成御座」」   状1      
5-21-23 「口上 此間頼母子会日為御知」   状1 肝煎 岡村 伊左衛門  
5-21-24 「御書面所」   状1 浅田源五郎 岡田伊左衛門  
5-21-25 「百廿四匁六分大三丁」   状1 林左衛門 伊左衛門  
5-21-26 「十二月十三日 野中村伊重郎様」 12月13日 状1 岡村 伊助 野中村 伊重郎  
5-21-27 [書状]「時分柄殊之外寒冷御座」 2月9日 状1 覚左衛門 岡田伊左衛門様 5-21-28は欠番
5-21-28 (欠番)        
5-21-29 口上「ただ今金子利丈十弐両」 3月28日 状1 岡七郎 岡田氏  
5-21-30 「瓦屋橋一ツ西之辻」   状1 泉屋 伊三郎    
5-21-31 覚 「口上」   状1 利右衛門 油ヤ 伊左衛門  
5-21-32 [書状]口上 「此間寒気為被下候処」 2月2日 状1 伝五郎 田中武右衛門  
5-21-33 「一 針封一箱」        
5-21-34 覚 「一 差札弐百本右此人へ」 11月10日 状1 岡村 伊左衛門 谷町弐町目 松屋利助  
5-21-35 [白紙]   状1      
5-21-36 「又金壱両入」   断簡1      
5-21-37 「西 十三石三斗弐升」   状1      
5-21-38 「岡村 田取米合弐百四拾五石弐斗六升七合」   状1      
5-21-39 「〆外ニ見取」   断簡1      
5-21-40 [書状]「一筆啓上仕候」 (連印の銀返済に付) 7月5日 状1 車屋久左衛門 岡村 伊左衛門  
5-21-41 覚 (田打等にかかった費用の覚) 未12月 状1 西大塚 与兵衛 岡田伊左衛門  
5-21-42 おほえ (新堂領年貢についての覚) 未12月 状1 西大塚 与兵衛 岡 伊左衛門  
5-21-43 「河州丹南郡岡村 江戸御廻米」   状1 河州丹南郡岡村    
5-21-44 覚 「銀壱匁壱分五厘」 丙極月23日 状1 小山又右衛門 岡 伊左衛門  
5-21-45 「如候甚寒々候處弥御案康候由」 12月16日 状1      
5-21-46 (覚書)   状1      
5-21-47 覚 「百七拾五匁弐分」 未12月28日 岡田 伊    
5-21-48 「一 七十匁壱分 伊兵衛」 10月15日 状1      
5-21-49 「一 八匁 治三」   状1      
5-21-50 「一 九百廿二文 新町不足分」   状1      
5-21-51 「百三拾三匁五分」   状1      
5-21-52 「此間十三日寺印取候儀」 (天王寺太子殿建立の勧化について) 3月16日 状1 貞助 岡田伊左衛門  
5-21-53 「廿四匁」   状1      
5-21-54 「此間多次井村ニ而得貴意」 3月16日 状1 林左衛門 伊左衛門  
5-21-55 「奥正寺門徒末寺有之分」   状1      
5-21-56 「御礼拝見然者残之義又ゝ被仰出候」 5月11日 状1 善右衛門 友右衛門  
5-21-57 口上 (蔵米手形) 午4月25日 状1   岡村 伊左衛門  
5-21-58 「岡伊佐」 (金銭関係)   状1 岡伊佐    
5-21-59 「左之通ニ而も二重も三重ニも相渡候」 9月6日 状1   岡田氏  
5-21-60 覚 (金銭関係)   状1 津堂 源兵衛 岡本林左衛門、岡田伊左衛門  
5-21-61 [白紙]   状1      
5-21-62 [書状]「以手紙致啓上候向暑ニ相成候処」   状1 植田治郎兵衛 岡田伊左衛門  
5-21-63 [書状]「貴状忝拝見仕候」   状1 大出久兵衛 岡田伊左衛門  
5-21-64 「上田代銀之替御分時」 12月22日 状1      
5-21-66 「一 宗旨人別帳面落分名前ニ而」 (源兵衛、九左衛門の宗旨人別について)   状1      
5-21-67 「さい旦」 (年末年始に詠んだ歌」   状2      
5-21-68 戌極月まへ 状1 大和屋卯兵衛 岡村 六十郎  
5-21-69 「岡田氏様」   状1   岡田氏 宛名のみ
5-21-70 「慥ニ受取申候」 亥9月10日 状1 ふしお寺 利兵衛 油屋吉重郎  
5-21-71 「かきそへとしめ」   状1      
5-21-72 「未不得御意御座候得共」 (結納樽御用に付書状) 正月8日 状1 天王寺屋 仁兵衛 岡田伊左衛門  
5-21-73 「貴願之承功奉申上候 草々」 正月19日 状1 ふ伎    
5-21-74 礼状   状1 角田藤兵衛 岡田伊左衛門  
5-21-75 [包紙]「岡村 岡田伊左衛門様」 10月26日 包紙1 坂本長右衛門 岡田伊左衛門  
5-21-76 「八百十円」   状1      
5-21-77 覚(村方金子の覚) 申年 状1      
5-21-78 「筆一奉啓上候」 (銀百六拾八匁に付書状・後欠) (江戸) 状1      
5-21-79 [書状] (預り御使海肴一籠に付)   状1 北村 善助 岡田伊左衛門 後欠
5-21-80 [書状]「御礼可申置候右御報」 11月12日 状1 北村善助 伊左衛門  
5-21-81 「申毛の此村之 村ト送り一札ホも」   状1      
5-21-82 [書状]「貴札属致物見候」 6月13日 状1 受地 日田順 岡 伊左衛門  
5-21-83 「九百拾両」 (代金書付) (明治) 状1      
5-21-84 「三百円」   状1      
5-21-85 [断簡]口上   断簡1     後欠
5-21-86 「岡田伊左衛門」 (四貫文証文カ) (江戸) 状1   岡田伊左衛門  
5-21-87 返答書 8月26日 状1 岡本弥左衛門 岡田伊左衛門  
5-21-88 「申聞」 文化12年9月23日 状1 伊豫屋 佐蔵   前欠
5-21-89 「其村々去ル子年」 (大川通国役納廻状) (江戸) 状1 高□役所 河州水内郡加納村他12ヶ村  
5-21-90 「去戌年賦銀後請取書別紙下書差進候間ニ付」 11月28日 状1 植村清蔵 岡村 伊左衛門  
5-21-91 「当春剛琳寺頼母子一件ニ付」 9月16日 状1 川橋吉五郎 岡田伊左衛門  
5-21-92 「痛毛ニ付廻状村下今請印早々順達当村ヨリ可相返ニ付」   綴1 加納村他8ヶ村 高槻役所  
5-21-93 「時日から残暑つよく」 (銀子返納に付) 未7月12日 状1 道ミやう寺松寿院 岡田伊左衛門  
5-21-94 「尚々末筆御家内様へ宜御礼御伝聞奉頼候」 (太鼓稽古に付) 2月7日 状1 松倉八九郎 岡田伊左衛門  
5-21-95 其村庄屋林左衛門酒造人平助御用有之候間」 (役所への呼出) 亥3月9日 状1 高槻役所 河州丹南郡岡村 庄屋年寄  
5-21-96 (金銭覚) 文化10年12月 状1 西大塚村 与兵衛 岡村 岡田伊左衛門  
5-21-97 覚 (金銭関係)   状1   岡村 伊左衛門  
5-21-98 口上   状1      
5-21-99 「一 六月四日夫倉善兵衛」 6月4日 状1      
5-21-100 [書状](親類病気につき不参の連絡) 2月17日 状1 岡□ 岡田御主人  
5-21-101 覚 (米納高の覚)   状1      
5-22-0 [ひも]   ひも1      
5-22-1 [書状] (今日 大手よし仁殿参申候間…) 3月6日 状1 萬竹 岡田御氏ご主人  
5-22-2 一紙 (神能板木、只今差仕の旨、浅野方へ知らせて下さるよう書状) 3月12日 状1 兵治 伊一郎  
5-22-3 [反故]   反故-      
5-23-0 [ひも]   ひも1      
5-23-1-1-0 [ひも]   ひも1      
5-23-1-1-1-0 [ひも]   ひも1      
5-23-1-1-1-1 (覚類)   一括(状9)   岡田伊左衛門 こよりで1点綴じている
5-23-1-1-2 (覚類)他   状(状15)      
5-23-1-2-1 酉12月9日 状1 米屋長兵衛 岡田伊左衛門 この文書で5-23-1-2-2は包まれていた
5-23-1-2-2 (覚類)他   状(状74)   岡田伊左衛門  
5-23-2-0 [ひも]   ひも1      
5-23-2-1-0 「手形一通 岡田振込手形」   包紙1      
5-23-2-1-1 戌年10月14日 状1 岡田伊左衛門 伯太御役所  
5-23-22   一括(状8)      
5-23-23   状(状8)      
5-23-3-0 [ひも]   ひも1      
5-23-3-1 ([金銭関係)   一括(状17)      
5-24-0 [ひも]   ひも      
5-24-1 覚 (算用状) 亥2月27日 状1 平屋 岡 伊左衛門  
5-24-2 覚 (人足役割当) 亥極月朔日 状1 藤井寺 田中助八十へ 南岡村 御村役人中  
5-24-3 御戌年 (年貢納入) 12月26日 状1 皆鎌や    
5-24-4 覚 (借用状) 子4月21日 状1 仁一□ 岡田  
5-24-5 亥2月27日 状1 銭亀屋 伊左衛門  
5-24-6 覚 (受取状) 6月24日 状1 中嶋屋吉兵衛 岡田氏  
5-24-7 (皆済) 5月17日 状1 組頭 岡田御氏  
5-24-8 覚 (受取状) 12月24日 状1 元右衛門者惣七 岡村 御役人  
5-24-9 口上 子3月4日 状1   岡田伊左衛門  
5-24-10 (受取状) 寅12月 状1 京都油小路三条下ル町呉服染物所□□屋 伊兵衛 伊左衛門  
5-24-11 覚 (借金残金) 亥3月 状1 こひて利助 岡田伊左衛門  
5-24-12 覚 (受取状) 亥3月 状1 河内屋団兵衛 岡田伊左衛門  
5-24-13 (算用)   状1 印(大阪西御番所裏御門前 亀金) 丹南岡村御役人中  
5-24-14   状1 小頭 次郎兵衛 河州岡村 徳左衛門忰 弁蔵  
5-24-15 覚 (筆代) 2月17日 状1 河内屋徳兵衛 岡田伊左衛門  
5-24-16 「亥十二月割百石ニ付銀拾両八分二厘掛」   状1      
5-24-17 覚 (受取状) 亥12月26日 状1 紀伊国屋十助 岡村御庄官 伊左衛門  
5-24-18 覚 (金子不足) 8月18日 状1 □材木□丘町 かわらや利兵衛 岡伊左衛門  
5-24-19 覚 (金子書上)   状1 門松屋 清兵衛 伊左衛門  
5-24-20 覚 (金子書上) 亥正月13日 状1 から屋 岡田伊左衛門 裏書「受取」
5-24-21 覚 (金子書上) 亥12月22日 状1 紀十 岡村 伊左衛門  
5-24-22 覚 (金子請取) 未3月28日 状1 米善 岡伊  
5-24-23 覚 (利足銀受取) 申3月26日 状1 銀□屋兵衛[印] 岡田伊左衛門  
5-24-24 覚 (すみ四本渡し状) 11月4日 状1 帯兵衛[印] 岡田氏  
5-24-25 送り状 (材木) 2月16日 状1 森口村 要助 岡 伊左衛門  
5-24-26 送り状 (材木) 2月16日 状1 森口村 要助 岡村 伊左衛門  
5-24-27 覚 (材木負担) 丑11月9日 状1 京助 伊左衛門  
5-24-28 正月覚 (諸入用書上)   状1   左安  
5-24-29 覚 「一 其 六月」 丑3月14日 状1 今松 岡田御主人  
5-24-30 覚 「一 七十本 算用」 10月16日 状1 小田□ 岡伊  
5-24-31 おほへ (受取状) 子10月19日 状1 ふじ□や喜蔵 岡村 御旦那  
5-24-32 覚 (銭受取) 丑2月20日 状1 □□ 庄屋  
5-24-33 「一 上酒、若松 壱本ニ付」   状1      
5-24-34 覚 (金銭貸借) 10月10日 状1 借主 岡主人  
5-24-35 (諸入用書上)   状1   岡田伊左衛門  
5-24-36 覚 (諸入用書上) 丑2月10日 状1 寺内屋 伊之助 伊左衛門  
5-24-37 覚 「一 申止護弐紙」 11月朔日 状1 栄二郎 岡伊左衛門  
5-24-38 覚 (金子算用) 子3月16日 状1 藤井寺村 岡村 伊左衛門  
5-24-39 覚 (薬代銀受取) 子正月14日 状1 十吉    
5-24-40 覚 (金銀交換) 申11月 状1      
5-24-41 (覚類)   一括(状8)      
5-25-0 [ひも]   ひも1      
5-25-1 乍恐御願申上候 (角倉与市様御代官所丹北郡高見村油屋の銀五百目についての下書)   状1 伊左衛門    
5-25-2 (金銭関係の覚)   一括(状49)     講掛銀の書類も含む
5-26-0 [ひも]   ひも1      
5-26-1 [包紙]「貴下金子忝…」   包紙1 塩野清右衛門 岡田伊左衛門 中身なし
5-26-2 [書状]舌代 (請取書と手形の依頼) 11月晦日 状1 庄右衛門    
5-26-3 [書状](綿種代に付) 11月14日 状1     前欠、後欠、裏紙
5-26-4 (当年江戸御廻米納貴君様御出府被下候趣…)   状1     下書き
5-26-5 [包紙] 11月朔日 包紙1 浅野源左衛門 岡田伊左衛門  
5-26-6 (覚類)他   一括(状31)      
5-26-7 (雑誌類)   一括(状16)     手習い、白紙、絵図など
5-27-0 [こより]   こより1      
5-27-1 口上(講への出金要請) 寅3月 状1 願宗寺講世話方    
5-27-2 覚(入金の通達) 7月25日 状1 板屋店    
5-27-3 「御用書入」包紙   状1      
5-27-4 受取申銀子の事 文化12年12月7日 状1 茨田郡こての村 平右衛門惣代 太兵衛 丹南郡岡村 伊左衛門  
5-27-5 覚(金銭受け渡し) 9月16日 状1 藤兵衛 岡田 伊左衛門  
5-27-6 「一、四百八拾三匁六分六厘」(金銭受け渡し)   状1 岡屋 岡田  
5-27-7 覚(金銭貸借) 辰3月5日 状1 彦村 七右衛門 三野卯兵衛  
5-27-8 「江戸御廻米」   状1     断片
5-27-9 「京ニ□□り」(金銭受け渡し)   状1 多治井村 岡村 伊左衛門  
5-27-11 「千鳥筑後守殿御内」(印鑑証明カ)   状1 南部春日役人 山県栄之進    
5-27-12 「一 米弐石八斗壱升 江戸御廻米」   状1      
5-27-13 辰2月18日 状1 徳左衛門 村方  
5-27-14 覚「一 四升代廿分」   状1 岡田伊左衛門    
5-27-15 (岡田家宛代金書出関係)   一括1     5-27の「覚」等を一括 33点
5-28 返銀受取通 元禄6年8月 状1   泉井村 藤蔵  
5-29 金銀請取通 文政1年10月 状1 古市村次郎兵衛他4名 川幡太郎兵衛  
5-30 金銀請取之通 文政13年 状1 宗十郎 沢田村 久右衛門 包紙付
5-31 相続講忽銀請取通 亥年 状1 岡村 源兵衛衛 奥□屋五兵衛  
5-32 通 「利足銀請取通」 天保4年8月 状1 岡村 伊左衛門 辻井 与治兵衛 包紙付
5-33 金銀預之通 文政5年2月 状1 泉井村 久左衛門 他4名 泉井村 直右衛門 内容なし
5-34 (表紙欠損 内容なし) 文政5年12月 状1 岡村 伊左衛門 他4名 嶋泉村 市郎兵  
5-35 (反古類)   一括1      
5-36-0 [ひも]   ひも1      
5-36-1 [包紙]   状2      
5-36-2 [袋]   袋1      
5-36-3 通 丈六分 (頼母子講銀等勘定) 文政8年 横1      
5-36-4 預り申銀子之事 天保2年9月 状1 藤井寺村預り主善兵衛 嶋泉村 利右衛門  
5-36-5 預り申銀子之事 文政9年12月 状1 藤井寺村弥三右衛門他1名 岡村 伊左衛門  
5-36-6 (質物証文等) 天保2〜10年 一括(状8)     ひも付
5-36-7 [書状]口代 (御役所への願書の差出し方に付)   状1      
5-36-8 借用申銀子証文之事 天保3年9月 状1 銀子預り主誉田村 淳左衛門 岡村 伊左衛門 外に1通巻込あり
5-36-9 一札 (借銀返済方請負一札) 天保7年5月 状1 岡村 伊十郎他1名 向野村 八郎兵衛  
5-36-10 質物証文之事 天保7年2月 状1 丹北郡小山村質主 兵助他2名 岡村 伊左衛門 奥に小山村藤次郎外1名から伊左衛門宛の一札あり
5-36-11 預り申銀子之事 天保7年9月 状1 樋屋 林兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-12 預り申銀子証文之事   状1     破損のため開披不能
5-36-13 預申銀子之事 文政13年11月 状1 弓削村預主 猪三司他1名 古市村 久兵衛  
5-36-14 (大源講落札関係) 天保4年9月7日 一括(状2) 小山 松田信八郎 岡田伊左衛門 ひも付
5-36-15 (銀子預り証文類) 天保6〜10年 一括(状4)     ひも付
5-36-16 年賦証文之事 (大源講) 天保4年12月 状1 田井中村 三郎兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-17 覚 (大源講銀受取)   状2 銀屋 次郎兵衛、今井村 弥右衛門 岡村 伊左衛門  
5-36-18 [書状]「御紙面忝拝見仕候…」 (大源講銀請取に付) (天保7年)9月19日 状1 樋口政太郎 岡田伊左衛門 天保7年9月19日付伊左衛門宛政太郎請取書が付属
5-36-19 覚 (大源講銀請取) 3月23日 状1 大坂屋 源吉 岡田伊左衛門他3名  
5-36-20 預申銀子之事 (大源講関係) 文政10年4月 状1 藤井寺村 宗重郎他1名 岡村 伊左衛門  
5-36-21 覚 (大源講銀請取)   状2 古市村 久兵衛、大坂屋 源吉 岡田伊左衛門  
5-36-22 預り申銀子之事 文政11年8月 状1 軽墓村預り主 庄蔵他1名 岡村 伊左衛門  
5-36-23 預り申銀子之事 文政13年12月 状1 太田村預り主 武兵衛他1名 岡村 伊左衛門  
5-36-24 預り申銀子之事 天保13年3月 状1 南嶋泉村銀預り主 勝右衛門 岡村 仁兵衛  
5-36-25 預り申銀子之事 天保5年12月14日 状1 藤井寺村預り主 三郎兵衛他1名 島泉村 理右衛門  
5-36-26 預り申銀子之事 天保3年10月 状1 銀預り主 岡村 伊左衛門他1名 安中新田 林蔵  
5-36-27 年賦預り申銀子之事 天保4年4月 状1 野中村預主 多助他1名 岡村 伊左衛門  
5-36-28 預り申証文之事 (講銀借用) 文政13年11月 状1 藤井寺村借主 五兵衛 同村 利兵衛  
5-36-29 覚 (講銀請取) 天保3年閏11月26日 状1 新堂村預り主 八右衛門他1名 岡村 伊左衛門  
5-36-30 質物差入申田地之事 天保5年11月 状1 古室村質物主 源兵衛他1名 岡村 伊左衛門 古室村年寄甚左衛門奥書、奥に天保5年11月付伊左衛門宛小室村喜三次小作請負相対証文あり
5-36-31 質物証文之事 弘化2年4月 状1 藤井寺村質主 弥三八他1名 岡村 伊十郎 庄屋司馬太郎奥書 奥に弘化2年4月付伊重郎宛藤井寺村小作弥三八外1名小作借家請証文あり
5-36-32 質物差入申家建并田地証文之事 文政9年11月 状1 質主 五兵衛他1名 西村 五郎右衛門 藤井寺村年寄 七左衛門奥書 文政9年11月付五郎右衛門宛五兵衛外1名小作証文あり
5-36-33 預り申銀子之事 文政13年9月 状1 野辺村銀預り主 治兵衛他1名 岡村 伊左衛門  
5-36-34 質物証文之事 弘化2年4月 状1 質主 藤井寺 弥三八他1名 岡村 伊十郎 庄屋司馬太郎奥書 奥に弘化2年4月付伊重郎宛弥三八外1名小作借家請証文あり
5-36-35 田地質物証文之事 天保6年10月 状1 藤井寺村質主 喜八他1名 岡村 伊左衛門 藤井寺村 庄屋 五兵衛奥書
5-36-36 質物證文之事 文政7年 状1 藤井寺村 覚左衛門 岡村 伊左衛門 「小作相対證文」付
5-36-37 預り申銀子之事 天保5年12月 状1 北宮村預り主 長右衛門 藤井寺村 五兵衛  
5-36-38 預申銀子之事 天保7年 状1 北宮村 又右衛門 岡村 伊左衛門殿  
5-36-39 預り申銀子證文之事 文13年寅4月 状1 藤井寺村 預り主 五兵衛 岡村 伊左衛門殿  
5-36-40 借り請證文之事 文政4年 状1 藤井寺村 万左衛門、春日村 弥三郎 岡村 伊左衛門  
5-36-41 預り申銀子之事 天保8年4月20日 状1 沢田村預主 平兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-42 覚 (借金受取) 天保5年 状1 亀井村 久左衛門 岡村 伊重郎殿  
5-36-43 預り申銀子之事 天保5年12月 状1 金田村銀預り主 富右衛門、同村同断 太兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-44 預り申銀子之事 天保6年9月 状1 銀預主 岡村 伊左衛門、同村同断 伊十郎 富田林村 甚右衛門  
5-36-45 預り申銀子之事 文政11年12月 状1 大坂嶋之内清水町綿袋町 銀子預り主 灘屋庄兵衛 岡村 伊左衛門 河内志紀郡小山村中之町 銀子預り主 兵左衛門
5-36-46 覚 (預り銀請取) 天保2年4月13日 状1 東出戸村 彦兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-47 差入申家屋鋪田地質入物証文之事 文政13年12月 状1 質物主 岡村 伊兵衛、同村請人 幸助 亀井村 久左衛門  
5-36-48 預り申銀子之事 文政10年 状1 南島泉村 預主 磯八 岡村 伊左衛門 作成者連名で他3名
5-36-49 預り申銀子之事 文政12年12月   岡村 儀八 同村 伊左衛門  
5-36-50 預り申銀子之事 天保10年11月 状1 預り主 多治井村 定七、同断同村 弥兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-51 借用申銀子之事 文政12年11月 状1 同村 茂兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-52 質物証文之事 文政12年11月 状1 茂兵衛、茂右衛門 岡村 伊左衛門  
5-36-53 預り申し候銀子之事 天保14年12月 状1 同村 弥七 同村 杢右衛門  
5-36-54 借用申銀子之事 文政13年2月 状1 岡村新町 五兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-55 小作証文之事 文政11年11月 状1 伊賀村小作人 作兵衛、同村請人 儀兵衛 岡村 伊左衛門 同紙に差入申質物之事もあり
5-36-56 覚 (七郎兵衛方へ借用金受取) 天保8年8月10日 状1 五人組 夏右衛門 伊左衛門  
5-36-57 質物ニ差入申家之事 文政9年3月日 状1 岡村 質主 甚右衛門、同添人 又兵衛 岡村 伊左衛門 「宗氏当方へ入銀ニ相成ル」
5-36-58 質物ニ差入申御田地之事 文政元年12月 状1 多治井村借り主 利右衛門、同村受人 孫兵衛 岡村 伊左衛門  
5-36-59 (覚類、書状一括)   一括(状117)      
5-37-0 [ひも]   ひも1      
5-37-1 (金百両御上納願) 天保3年11月 状1 永井飛弾守殿御預り所 河州丹南郡岡村百姓 伊左衛門 当辰五十九才   下書き
5-37-2 [書状]口上 (為右衛門焚一件に付 質物糾等について庄屋方へ罷出るよう) 卯12月22日 状1 小谷九左衛門
井野田勘左衛門
岡田伊左衛門様  
5-37-3 「乍恐返答」 (西大塚村市兵衛より小山村定省寺同家たふ身体限り不審勧糺出入についての返答) 文政 年辰5月5日 状1 永井飛弾守殿御預り所 河州丹南郡岡村 伊左衛門 御当地南堀口弐町目 糀屋九兵衛病気ニ付代    
5-37-4 當成稲木綿作内見合附帳 下帳 天保9年8月 状1 河州丹南郡岡村   縦帳の表紙のみ
5-37-5 (商売往来など書付類)   状3     横帳が3丁はずれたもの
5-37-6 [書状]口上 (来ル十日 丹波屋ニて出合申上度) 9月6日 状1 定助 岡田  
5-37-7 乍憚御代 「林村より御届の口上承知…」 11月4日 状1 茂左衛門 岡田伊左衛門  
5-37-8 乍恐御訴趣 文政4年頃 状1 多治井村 利八   後欠
5-37-9 一札 (非人の死亡報告)   状1 岡村非人番 安兵衛 庄屋 年寄中  
5-37-10 「當村磯右衛門と申者…」 (盗難わび状)   状1 當村磯右衛門、林村方百所    
5-37-11 [書状]口上 (訴訟の日延に付) 3月11日 状1 高槻ニて岡本 岡田  
5-37-12 人別送一札 (雛形) 天保6年5月 状1 河州何郡何村 庄屋誰 町役人中  
5-37-13 [書状]口上 (御年玉の礼) 5月8日 状1 樋口徳兵衛 岡田伊左衛門  
5-37-14 [書状]口上 (今期御面倒之儀御頼申上候) 11月4日 状1 定助 岡田御主人  
5-37-15 (帳簿類)   一括(状51)     横帳はずれ
5-38-1 [書状]「以書面申上候追々冷気相増…」 10月18日 状1 西川村[より] 岡田善衛門  
5-38-2 [書状]「以手紙得御意候…」 閏5月25日 状1 金田村 中尾孫衛門 岡田伊左衛門  
5-38-3 [書状]「春寒之砌益々御勇健可被成御入…」 閏3月晦日 状1 土屋定助 岡村 岡田伊左衛門、林村 麻野猪三太  
5-38-4 [書状]「秋冷之侯…」 9月2日 状1 国府村ニ而 住吉半右衛門 岡村 岡田伊左衛門  
5-38-5 [書状]「乍御苦労道明寺ニ…」 正月25日 状1 大矢角左衛門 岡田伊左衛門  
5-38-6 [書状]「以剪紙得貴意候」 (面談の申入れ) 10月29日 状1 出役 根村幾右衛門 岡田伊左衛門  
5-38-7 [書状]「以手紙得御意候」 (日雇の娘が金子使込みに付) 閏1月20日 状1 橋中佐兵衛 岡田伊左衛門  
5-38-8 [書状]「甚寒今ニ難去…」 (役所へ提出の夫喰書付認め方に付) 2月14日 状1 浅田勝兵衛 岡田伊左衛門  
5-38-9 [書状]「以別紙得御意候」 (御参詣を望む旨) 10月 状1 根村幾右衛門 南岡 光乗寺他10名  
5-38-10 [書状] (江戸廻米納入に付) 11月24日 状1 北野藤右衛門 岡田伊左衛門  
5-38-11 [書状] (拝借金に付) 11月6日 状1 田中 岡田  
5-38-12 [書状] (廻文の状箱の所有者に付) 9月5日 状1 林理兵衛 岡田伊左衛門  
5-38-13 [書状] (御城内入用銀等に付) 5月25日 状1 伊賀村 今西藤右衛門 岡田伊左衛門  
5-38-14 [書状] (秋元様利足銀に付) 11月27日 状1 清水次郎兵衛 岡田伊左衛門  
5-38-15 [書状]口演 (新講次会平野にて勤めるに付) 11月30日 状1 藤司・大角 岡田  
5-38-16 [書状] (魚をもらった御礼) 12月6日 状1 松田 岡田  
5-38-17 [書状] (二条年貢米中札に付) 11月8日 状1 浅田源吾 岡田伊左衛門  
5-38-18 [書状]口演 (村々の評定手間取るに付) 12月2日 状1 藤井寺村役人 岡田伊左衛門  
5-38-19 [書状]書状 (廻米一条に付) 11月8日 状1 脇田 岡田  
5-38-20 廻状 (中札・二条米の件) 11月7日 状1 岡村 伊左衛門 野中村、野々上村、伊賀村、小平尾村、右村々役人中  
5-38-21 [書状](郡中江戸廻米上納の節御用宿仰付けられるに付) 10月 状1 笠倉屋伝吉 岡田伊左衛門  
5-38-22 [書状](勘定書を送るので取り調べてほしい旨)   状1 岡田  
5-38-23 [書状](二条廻米に付) 10月28日 状1 浅田源吾 岡田伊左衛門  
5-38-24 [書状](二条納買納に付) 11月8日 状1 阿弥村役人 岡田伊左衛門  
5-38-25 [書状]口上 (蔵米納方に付返答) 12月8日 状1 北高田 岡田  
5-38-26 [書状](二条納米京都にて買納に付) 11月2日 状1 伊賀村 今西藤右衛門 岡村 岡田伊左衛門  
5-38-27 [書状](二条納廻米に付) 12月1日 状1 伊賀村 今西藤右衛門 岡村 岡田伊左衛門  
5-38-28 [書状](金を七、八百両用立ててほしい旨) 10月21日 状1 塩野清右衛門 岡田伊左衛門  
5-38-29 [書状](新領の分毛見御礼勤めてほしい旨)   状1 浅田勝次 岡田伊左衛門  
5-38-30 [書状](封箱を預ける旨) 1月6日 状1 てつ屋理右衛門 岡村 岡田伊左衛門  
5-38-31 [書状](松寿院講に付) 4月9日 状1 吉本利左衛門 岡田伊左衛門  
5-38-32 廻状 (御上納滞りなく済むに付) 丑10月14日 状1 岡村伊左衛門 野中村他5ヶ村役人中  
5-38-33 [書状](書状類)   一括(状32)      
5-39-0 [ひも]   ひも1      
5-39-1 [書状]「御紙面拝見仕候如仰」 9月19日 状1 天満屋安兵衛 岡田伊左衛門  
5-39-2 「尚指札御無心申上残三十三御返上申上候」 10月29日 状1 藤野利兵衛 岡田伊左衛門  
5-39-3 [書状]口演 「寒之頃ニ御座候処弥御安泰」 (小田領村々の御入札御出役) 10月20日 状1 藤井寺村 岡田伊左衛門  
5-39-4 [書状]「寒之頃ニ御座候処弥御泰安」 (庚太郎出入に付) 10月20日 状1 藤井寺 利三郎 岡田伊左衛門  
5-39-5 [書状](松田氏借金内状につき問合せ) 9月朔日 状1 清水次郎兵衛 岡田伊左衛門  
5-39-6 (金銭関係文書類)※番号要確認 嘉永4、5年 一括(状23)      
5-40-0 [ひも]   ひも1      
5-40-1 [書状](用書)   綴1 河原城村大谷直八郎 岡村岡田伊左衛門  
5-40-2 「四月廿六日舞台開」   1     横帳の冊ハズレ
5-40-3 「可一切依乗々ニ可成咤奉恐」   状1     前半なし
5-40-4 [書状](用書)   綴1 北野藤右衛門 岡村岡田伊左衛門  
5-40-5 [書状]「三月八日於生国常舞台触組」(舞台稽古通知のはじめ)   綴1      
5-40-6 [書状](用書)   綴1 北野藤右衛門 岡村岡田伊左衛門  
5-40-7 [断簡]   一括(断簡15)      
5-41-0 [ひも]   ひも1      
5-41-1 廻状 (丹波屋四郎兵衛飯代先貸に付) 12月9日 状1 岡村 伊左衛門 (野中村他6ケ村の)右村々御役人中 5-41は、5-41-1を全体の包紙に使用していた。
5-41-2 [書状](元金、利足の儀に付) - 状1 □□井村 井野田勘左衛門 岡田伊左衛門  
5-41-3 [書状]口上 (川水の状況に付) 12月24日 状1 □□源兵衛 岡田伊左衛門  
5-41-4 [書状](出生米積立に付) 12月24日 状1 今沖 岡田御氏  
5-41-5 [書状]口上(証文差遣の儀) 12月26日 状1 松永 岡田  
5-41-6 乍御恐口上(年寄および百姓代を相手どった扶米代取戻の出入)   状1 伊左衛門カ    
5-41-7 乍御以書付(年寄および百姓代を相手どった扶米代取戻の出入)   状1     5−41−6−と同じ内容、加筆訂正有り
5-41-8 「用地之義先方へ引合候所質物差流し候様申居」 正月21日 状1 いま村今助三 岡村 岡田伊左衛門  
5-41-9 「右八拾五石相納申候様」(惣村不足米へ融通できる分に付) 極月21日 状1 まつや市左衛門 岡田伊左衛門  
5-41-10 [書状]「御書面之趣ニ而ハ…」 10月23日 状1 林松三郎 岡田伊左衛門  
5-41-11 [書状]口上 (借用金返済に付) 卯12月28日 状1 道明寺二之堂納所 岡田伊左衛門  
5-41-12 [書状](延引金子差上之儀に付) 卯4月30日 状1 林□中 岡田伊左衛門  
5-41-13 [書状](四十人備証文金子支払に付) (明治) 状1 多宮院 岡田伊十郎  
5-41-14 [書状]口演(五ヶ村米浜出しに付) 24日 状1 召屋源兵衛 岡田伊左衛門  
5-41-15 [書状](金子返済勘定方に付) 巳7月25日 状1 今西三助 岡田伊左衛門  
5-41-16 [書状](金子返済方に付)   状1 吉五郎 岡村 岡田伊左衛門  
5-41-17 [書状](米値及び残金に付) 7月28日 状1 九兵衛他1名 岡田伊左衛門  
5-41-18 [書状](御尋物之儀及び支配の儀に付) 12月21日 状1 林□十郎 岡田伊左衛門  
5-41-19 [書状]乍憚口上(金子利勘定延引に付) 12月27日 状1 大田村清兵衛 岡田伊左衛門  
5-41-20 [書状](借請銀子支払之儀に付) 12月25日 状1 松田 岡田  
5-41-21 [書状](金子返済延引に付) 卯12月23日 状1   岡田  
5-41-22 [書状](金相場の儀に付) 12月23日 状1 松田 岡田  
5-41-23 [書状](延引した年賦銀を当暮までに納入する約束) 蝉29 状1 西山健蔵 岡田伊左衛門  
5-41-24 [書状](郷懸り入用に際し金子相場相違の場合の処置に付) 12月25日 状1 いし村九兵衛 岡田伊左衛門  
5-41-25 [書状]「一手紙得候」 (中嶋畑質入の儀に付) □月11日 状1 西山健蔵 岡田伊左衛門  
5-41-26 [書状] (中嶋畑質入之儀に付) 25日 状1 西山建蔵 岡田伊左衛門  
5-41-27 [書状] (船への米積み入れが二十五、六日迄には出来るに付) 12 23日 状1 召 源兵衛 岡田伊左衛門  
5-41-28 「天神講かけ銀」 12月26日 状1 林兵衛代?納所 岡田伊左衛門  
5-41-29 乍恐口上 (年貢勘定間違いの件に付返答書下書)   状1      
5-41-30 [書状]「御村方一件」 (御面倒をお掛けしたことの礼状) 4月23日 状1 林□十郎 岡田伊左衛門  
5-41-31 [書状]「以添廻状得貴意」 (新田見取場に付) 6月2日 状1 岡村庄屋 伊左衛門 七ケ村御役人中  
5-41-32 [書状](五人組帳出来申に付) 辰正月8日 状1 惣兵衛 岡田伊左衛門 裏に「辰五人組帳在中」とある
5-41-33 [書状](勘定をめぐり当村年寄頭百姓相手取、小前百姓連判を以願書を差上た儀に付)   状1      
5-41-34 [書状]「以手紙申上候」 (帳面持参の儀に付) 12月3日 状1 今西藤兵衛 岡村 岡田伊左衛門  
5-41-35 [書状]「くすし 御紙面被下候趣委細承知仕候」 (具合が悪くなったことに付) 8月13日 状1 □□ 岡田  
5-41-36 [書状]口上 (久御坊一件に付) 11月3日 状1 高□ 岡田  
5-41-37 [書状] (古川氏より岡田の参会を求めてきているに付日限の照会) 正月6日 状1 松原□□ 岡田伊左衛門  
5-41-38 [書状]「昨日者得貴意」 2月10日 状1 田中幸兵衛 岡田万七郎  
5-41-39 [書状](田口出入願書の件に付) 未正月20日 状1 永□五兵衛 岡村 岡田伊左衛門  
5-41-40 亡父追善囃子組(囃子の演目等書上) 4月13日 状1      
5-41-41 [書状]「寒冷之刻」 (十二会目講に付) 12月7日 状1      
5-41-42 (摂津、河内の口米等の相場為知申上に付・廻状) 未11月9日 状1 樋屋市次郎 荒川村善左衛門、竹渕村弥左衛門、植杢村弥左衛門、弓削村太郎左衛門、岡村伊左衛門  
5-41-43 [書状](親共出坂に付) 正月25日 状1 林田□太郎 岡田伊左衛門  
5-41-44 (口上類)   一括(状21)      
5-42-0 [ひも]   ひも1      
5-42-1 [絵図][屋敷間取り図]   絵図1     包紙付
5-43-0 [こより]   こより1      
5-43-1 [図面] 「南 十間」   図面1      
5-43-2 [図面]「南 廿六間」 - 図面1      
5-43-3 紫雲石燈籠の縁起 - 状1      
5-43-4 [書] 「長生殿裏春秋富不老門前日月重」 壬戌元旦 状1 誠単    
5-43-5 気霧風揃新柳髪 文久3年 書1 誠単  
5-43-6 [雑] - 一括1      
5-43-7-1 [包紙] 「来八月十四日賃先払」 - 包紙1 岡田伊左衛門 山田村 筒井亀太郎  
5-43-7-2 [書状] (田畑譲一札に付) 7月26日 状1 吉左衛門    
5-43-7-3 「七月十一日」 (米石書付) 7月11日 状1      
5-43-7-4 覚(金銭受け渡し) 辛酉12月16日 状1 岡村 寺右衛門 玉井安兵衛  
5-43-7-5 [包紙]   包紙1 河内岡村 岡田伊左衛門 京烏丸通上立売下ル 中川浄益  
5-43-7-6 覚(金銭勘定)   状1     裏面に「岡田証文 壱通入」とあり
5-43-7-7 小入用不足ふれ(人名連記)   状1      
5-43-8 拳法之内秘術金瘡薬(効能書)   状1 日下久悦    
5-44-0 [ひも]   ひも2      
5-44-1 廻米入用差引関係書類   綴1      
5-44-3 丹南郡米引受関係書類   綴1      
5-44-3 [反古](味噌代等の覚の反故)   綴1      
5-44-4 [反古](利足書上類、岡田伊左衛門宛書状の包紙の反故)   綴1      
5-45-1 (五日間能番組)   状1     冒頭部分破損
5-45-2 「御菓子」   状1     ちぎれ
5-46-0 [ひも]   ひも1      
5-46-1 [包紙]   包紙1      
5-46-2 「大極上ノサフラン 正味四ト入」   状1      
5-46-3 覚 (年貢算用) - 状1      
5-46-4 [書状]口上 11月13日 状1 別附寺納所 岡田伊左衛門 礼状
5-46-5 「志池若江丹南石川河内郡」 - 状1      
5-46-6 10月10日 状1 新や 源蔵 御旦那  
5-46-7 覚 (酒肴代書上) - 状1   御客様  
5-46-8 覚 「御上下四人様」 10月14日 状1 平石屋 徳兵衛  
5-46-9 「□屋と向之二の間」 (家の間取) - 状1      
5-46-10 覚 (酒肴飲食代書上) - 状1   御客様  
5-46-11 「壱尺 弐尺五寸」 (家の間取) - 状1      
5-46-12 「東 東むし 明キ」 - 状1      
5-46-14 おほえ 7月17日 状1 新や 源蔵 御旦那  
5-46-15 [書状] (入用につき1両差上) 2月24日 状1 林次郎 岡田伊左衛門  
5-47 覚(岡田家書類)   一括(状157)      
5-48 雑[緩衝材]   状不能     條々、金子受取、あるいは白紙などが丸められている
5-49-0 [ひも]   ひも1      
5-49-1-1 通 (亥年 相続講掛銀請取通) 亥年 状1 岡村 源兵衛 川口徳右衛門 包紙付
5-49-1-2 覚 (銀子請取証文) 状3 岡田伊左衛門 川口徳右衛門 5-49-1-1の中に挿入
5-49-2 金銀預り通 文政3年 状1 □井寺村 利兵衛他1、岡村 吉十郎1 西川三右衛門 綴じ跡あり、元は一連と思われる
5-49-3-0 [ひも]   ひも1      
5-49-3-1 通 (相続講忽銀請取通) 亥(江戸) 状1 岡村 源兵衛 田端 伝吉 封付
5-49-3-2-1 [包紙] 辰6月7日 包紙1 岡村 源兵衛 外山御本家様 御勘定所  
5-49-3-2-2 [書状] 「一筆啓上仕候」(忽銀請取につき請取状依頼状) 6月21日 状1 岡村 源兵衛 田端 伝吉  
5-49-3-3 覚 (花席料取集め諸入用受取証文) 弘化3年11月23日 状1 田端 伝吉 岡田伊左衛門他1名  
5-49-3-4 [書状]舌代 (伝吉分通送付に付) 11月24日(江戸) 状1 外山惣助 岡田佐助  
5-49-3-5-1 「通並受取書表四月迄〆壱貫九百拾五文六分」 (江戸) こより1     「表題札付」
5-49-3-5-2 覚 (源兵衛講二回目掛銀請取状) (天保) 状10 引請 岡田伊左衛門 田端 伝吉 数年分まとめ
5-49-4 金銀預り通 文政3年 状1 藤井寺村利兵衛、同村覚左衛門、岡村吉重郎、同村伊左衛門 小池太兵衛、仲野与左衛門  
5-49-5-1   状1   河州久御場配下 南岡村 光乗寺并門徒中 包紙付
5-49-5-2 覚 (南溟寺再建志受取) 午3月25日 状1 藤井寺村 利兵衛 岡田伊左衛門  
5-49-5-3 覚 (寺再建寄進受取) 酉12月 状1 南溟寺門 藤井村 利兵衛 岡村 岡田伊左衛門  
5-49-6 通 「相続講 忽銀請取通」 亥ノ年 状1 岡村 源兵衛 具足屋 五兵衛 包紙付
5-49-7 掛銀受取通 文政8年6月 横1 岡村(嶋泉村)伊左衛門、嶋泉村利右衛門 北岡 杢右衛門  
5-49-8 金銀請取之通 □保2年卯3月 状1 岡村 伊左衛門 河原城村 直八郎  
5-49-9-0 [包紙]通   包紙1 岡村 源兵衛 森内松次郎 包紙裏「組合森内御氏紬屋庄兵衛」の貼紙あり
5-49-9-1 相続講掛銀請取通 横1 講元村 源兵衛 引講 岡田伊左衛門、金仲杢右衛門  
5-49-10 金銀請取之通 (天保2年3月) 状1 岡村 伊左衛門 垣生野新田 徳次郎 卯より午までの銀子請取証文
5-49-11-1 通 (銀請取之通) 亥より午まで 状1 岡村 源兵衛 材木屋 吉兵衛 包紙付
5-49-11-2 覚 (銀百七匁三分の請取証文) 午8月 状1 岡田伊左衛門 材木屋 吉兵衛 5-49-11-1に挿入
5-49-12-1 金銀預り通 文政3年 横1 藤井寺村 利兵衛他1名、岡村 吉重郎他1名 沢田村 平兵衛  
5-49-12-2 金銀預り通 文政3年 横1 藤井寺村 利兵衛他1名、岡村 吉十郎 他1名 若林村 甚右衛門  
5-49-13-0 [ひも]   ひも1      
5-49-13-1-1 通 (掛銀請取通) 天保6年3月 状1 松寿院世話方 岡本弥三右衛門 包紙付
5-49-13-1-2   一括(状7) 松寿院世話方 岡本弥三右衛門  
5-49-13-2 通 (掛銀請取通) 天保11年3月 状1 通元 山本五郎右衛門、送田嘉右衛門、吉川小左衛門 岡田伊左衛門 包紙付
5-49-13-3 通 (掛銀請取通) 天保2年12月 状1 岡田伊左衛門、吉本理右衛門、金銅久兵衛 御寺中 包紙付
5-49-13-4 通 (銀預り之通) 天保11年11月 状1 岡村 藤左衛門他4名 誉田村淙左衛門 包紙付、付箋「覚」貼付
5-49-13-5 通 (掛銀請取通) 天保11年3月 状1 岡村 吉重郎 岡村 伊左衛門 包紙付
5-49-13-6 銀預通 天保6年12月 状1 大井村 甚四郎、林村 猪三太、小木本村 政太郎 岡村 伊左衛門 包紙付
5-49-13-7 催合講掛銀請取通帳 天保8年6月 状1 阿弥村講元松原市左衛門 引請人 川口七治郎 岡田伊左衛門  
5-49-13-8 催合講掛銀會毎請取通 天保11年12月 状1 講元阿弥村方 村役人松原藤蔵、松原市左衛門、引請人川口七次郎 岡田伊左衛門  
5-49-13-9 金銀預り通 嘉永4年 状4 北岡村 藤左衛門他 岡村 伊左衛門  
5-49-13-10 通 (掛銀請取通) 嘉永6年3月 状1 神戸勘定元 銀預り 外山平七郎 岡田伊左衛門 包紙付
5-49-13-11 年賦請取之通 安政3年11月 状1 軽墓村 源左衛門 岡田伊左衛門  
5-49-13-12 銀預り通 弘化3年3月 状1 野中村預り主 猪十郎、同村八左衛門、同村半兵衛 岡村 伊左衛門  
5-49-13-13   状1     包紙付、白紙
5-49-14 十六か月金銀請取通 文政元年10月 状1 岡村 伊左衛門、野々上村 源五郎、古市村 次郎兵衛、伊賀村 近兵衛、野中村 猪十郎、古市村 久兵衛 伯井伊兵衛 包紙付、寅から巳まで
5-49-15-0 [ひも]   ひも1      
5-49-15-1-1 金銀願之通 文政5年2月 状1 蛇草村 利兵衛他4名 蛇草村 利助 同文2通
5-49-15-1-2 金銀願之通 文政5年2月 状1 蛇草村 源兵衛他4名 久宝寺村 五郎兵衛  
5-49-15-2 利銀受取通 天保4年8月 状2 岡村 伊左衛門 青谷村 治兵衛 巳より亥までの受取
5-49-15-3 金銀預り通 文政3年 状1 藤井寺村 利兵衛、同角左衛門、岡村 吉十郎、同伊左衛門 吉田村 武兵衛 包紙付
5-49-15-4 年賦銀請取通 文政13年8月 状1 岡村 伊左衛門 山之井村 利兵  
5-49-15-5-1 年掛銀受取通 天保2年11月 状1 伊左衛門 法善寺村 重助 卯より酉までの受取
5-49-15-5-2 年賦銀受取通 天保7年8月 状1 岡村 伊左衛門 小室村 又四郎 申より亥までの受取
5-49-15-6 金銀請取通 文政元年10月 状1 古市村次郎兵衛、同村久兵衛、岡村 伊左衛門、軽墓村 久右衛門、野之上村 源吾 今西三右衛門  
5-49-15-7 年賦銀請取通 天保2年3月 状1 岡村 伊左衛門 沼村 直右衛門  
5-49-15-8 年賦銀請取通 天保8年4月 状1 岡村 伊左衛門 東屋平右衛門 付箋「覚」貼付
5-49-15-9 金銀預り通 文政3年 状2 藤井寺村 利兵衛、同覚左衛門、岡村 吉重郎、同村 伊左衛門 植松村 儀兵衛、同 徳兵衛 1枚は外れたと思われる。
5-49-15-10 金銀請取通 文政元年10月 状1 古市村 次郎兵衛、同村 久兵衛、岡村 伊左衛門、軽墓村 久右衛門、野々上村 源吾 奧野甚助  
5-49-15-11-0 通入   袋1 藤野    
5-49-15-11-1 金銀請取通 文政3年4月7日 綴1 藤井寺村 利兵衛他3名 藤井寺村 利兵衛  
5-49-16 金銀請取通   状1 古市村 次郎兵衛他4名 田中平助、今仲杢右衛門  
5-49-17-1 通 (相続講掛銀請取通) 亥 (江戸) 状1 岡村 源兵衛 川口 源兵衛 包紙付
5-49-17-2 覚 (源兵衛無尽講、十四、十五、十六回目受取証) 午(江戸) 状3 岡田伊左衛門 川口 源兵衛  
5-49-18 相続講掛銀請取通 横1 講元岡村 源兵衛他2名   包紙付、虫損多い
5-49-19-1 通 (亥年相続講忽銀請取通) 亥年 状1 岡村 源兵衛 中村 徳平様 包紙付、亥より丑まで
5-49-19-2 覚 (銀子請取証文) 寅から巳まで 状6 岡田伊左衛門 中村徳次郎 5-49-19-1に挿入されていた
5-49-20 三十三番 金銀請取通 文政元年10月 状1 軽墓村 久右衛門他4名 鍋屋 佐兵衛  
5-49-21 掛ケ戻し請取通   状1 梅香院 山上八郎兵衛 包紙付
5-49-22 「廿四会相口」 (講代金勘定断簡)   状1      
5-49-23 通 (金銀請取通) 文政9年12月 状1 梅香院、軽墓村 久左衛門、法善寺村 嘉兵衛、八尾座村 源右衛門、岡村 伊左衛門 塩野龍治郎 封筒付
5-49-24 通 (利銀請取通) 文政11年 状1 岡村 伊左衛門 道明寺村 幸助  
5-49-25 利足銀請取之通 天保5年3月 状1 岡村 伊左衛門 沢田村 (松田)仁兵衛  
5-49-26 金銀預り通 文政7年12月 綴1 岡村 伊左衛門、島泉 利右衛門、軽墓 久右衛門、野中 猪十郎、古市 久兵衛 小平尾村 万蔵 申から酉まで
5-49-27 金銀預り通 文政3年 綴1 藤井寺村 利兵衛他3名 口蔵屋  
5-50-0 [ひも]   ひも1      
5-50-1-0 [袋]津堂村 金森講證文   袋1      
5-50-1-1 (金森講初会より十六会目迄岡の差引)   横1      
5-50-1-2 覚 「一 五両六分…」 亥11月10日 状1 金森世話方 の中 八左衛門 赤い紙
5-50-1-3 金銀請取通 文政9年戌3月 状1 津堂村 仙太郎、同村 甚右衛門、小山村 米右衛門、岡村 杢右衛門、同村 伊左衛門 野中村 八左衛門  
5-50-1-4 金銀請取通 文政9年戌3月 状1 津堂村 仙太郎、同村 甚右衛門、小山村 米右衛門、岡村 杢右衛門、同村 伊左衛門 小山村 利右衛門  
5-50-1-5 「廿貫九百三十四分七厘」   状1      
5-50-1-6 葭矢三拾人講勘定   横1      
5-50-1-7 「午三月十七会同」   状1     講勘定の一部
5-50-1-8 「文政九戌 弐貫四百匁」 辰8月 状1      
5-50-1-9 「右講ニ付当方[より]伊十郎ひかへ」   状1    
5-50-1-10 覚 (勝右衛門講箱持上り銀に付) 辰7月 状1 伊十郎 本家  
5-50-1-11 「以×八貫五百八十四匁」   状1      
5-50-1-12 覚 (五兵衛屋敷に付書状) (江戸)2月3日 状1 今仲安右衛門 岡田伊十郎  
5-50-1-13 「申十一月ヨリ辰三月迄八十九月」 (金銭出納の写し) 辰3月 状1     前欠カ
5-50-1-14 銀子請取通 戌12月 状1      
5-50-1-15 [書状]「貴三郎」  (金銭滞の儀に付尋ね) (江戸)3月26日 状1 今□ 岡 御氏  
5-50-1-16 [道具借受一札] 文政12年正月 状1 かり主 五兵衛 受人 専助 伊左衛門  
5-50-1-17 仕法帳   竪1 ○本作兵衛(虫損)    
5-50-2 □□附帳   横1     丁間文書あり、虫損甚だし
5-50-3 □足帳   横1 金森世話方   虫損甚だし
5-50-4 □□差引帳   横1     虫損甚だし
5-51-0 [ひも]   ひも2      
5-51-1 覚(諸請取代書上)   一括1      
5-52-0 [こより]   こより1      
5-52-1 覚(代金請求書) (江戸)4月24日 市屋善助    
5-52-2 覚(米請取注文) 卯11月7日 状2 今大沢屋宗兵衛 岡田伊左衛門  
5-52-3 覚(金銭請取証文) (江戸)10月12日 状1 つたや茂□ 岡田  
5-52-4 送り状(御蔵米請取状) 卯11月7日 状1 大塚与兵衛 岡田伊左衛門  
5-52-5 [包紙]   包紙4 彦兵衛他3名 岡田伊左衛門  
5-52-6 [書状]「此度御泊り御役人」(廻村の際肴等一切出せぬ旨) (江戸)9月26日 状1 岡□□□ 岡田 萬七  
5-52-7 [書状]□□(十八日出会の旨) (江戸)霜月14日 状1 三両瑞安 岡田伊左衛門  
5-52-8 [包紙] 6月6日 包紙1 井野田勘左衛門 岡村 岡田伊左衛門  
5-52-9 覚(秤等願書) 卯5月16日 状1 河州丹南郡野上村庄屋勝□ 秤御役所  
5-52-10 [包紙] 4月 包紙1 □野清右衛門 河州 岡村 伊左衛門  
5-52-11 覚(大衆供養料受取証) (明治)辰8月 状1 久御場知事所 岡田伊左衛門  
5-52-12 奉善上御請書 (酒造取締取調人の請書) 天保7年11月 状1 平助他1名 取調人御役所  
5-52-13 (覚等)   一括(状18)      
5-53-0 [ひも]   ひも1      
5-53-1 「二月十六日 一 壱匁三分…」 (銀勘定) - 横1      
5-53-2 [ひも]   ひも1      
5-53-3 [ひも]   ひも1      
5-53-4-0 [ひも]   ひも1      
5-53-5 (勘定書類)   一括(状15)     ひも付
5-53-6 白(銀書上)   状1   岡田氏  
5-53-7 「こも代」(代銀書上) 3月29日 状1 和助 伊左衛門  
5-53-8 (覚類)   一括(状24)     ひも付
5-53-9 (覚類)   一括(状9)     ひも付
5-53-10 (覚類)   一括(状31)     ひも付
5-53-11-0 [ひも]   ひも1      
5-53-11-1 [書状]「一筆啓上仕候」(煙草盆出来に付) 10月2日 状1 花来一閑 岡田伊左衛門  
5-53-11-2 [書状]「以手紙得御意候」(花生釣鎖注文に付) 丑6月21日 状1 岡田伊左衛門 中川浄益  
5-53-11-3 廻章(鮒料理への招待状) 8月22日 状1 岡田伊左衛門 麻野御両公、浅野御両公、上田両先生  
5-53-11-4 [書状]口上(伊兵衛掛銀に付)   状1     後欠カ
5-53-11-5 [書状]「示後秋涼…」(手習の手本執筆願) 菊花月念九 状1 岡田世子 星北渚先生  
5-53-11-6 「以廻状得貴意候」(参会延引につき廻状) 10月9日 状1 岡村 野中村  
5-53-11-7 (覚類)   一括(状46)      
5-53-12 (覚類)   一括(状20)     ひも付
5-54-0 [ひも]   ひも1      
5-54-1 [断簡]「ー申」とあり、断片   断簡1      
5-54-2 覚(食事・酒他代金請取) 戌12月18日 状1 河内屋新助 丹南郡七ヶ村 「河新」の印あり
5-54-3 「五石半右衛門」(米請取覚え)   状1      
5-54-4 覚(金銭請取)   状1 (河内屋新助カ)   「河新」の印あり
5-54-5 覚(郡中割差配料他請取)   状1 桶屋市次郎 岡村 岡田伊左衛門  
5-54-6 覚 (米代請取) 丑2月1日 状1 いが村 岡村 岡田伊左衛門 一紙に他一件あり 覚(米代請取)丑2月3日 久左衛門→岡 伊左衛門
5-54-7 覚 (人足代金請取) 戌7月3日 状1 桶屋 弥兵衛 岡村 御役人中 紙を巻き込んで包紙とする。綴穴1あり
5-54-8 おぼへ (金銭受取) - 状1      
5-54-9 (米俵仕替願) - 状1 西山伊兵衛 岡田伊左衛門  
5-54-10 覚 (障子代内金請取) - 状1 銭屋 平右衛門 岡 伊左衛門  
5-54-11 口上書 (金壱朱不足分御渡し他) 11月26日 状1 松田又助 岡田伊左衛門  
5-54-12 (金銭出入控) 「野中寺利入」 - 状1     册ハズレ 綴穴2ツ
5-54-13 (金銭出入控) 「野中寺利入」 - 状1     册ハズレ 綴穴2ツ 5-54-12と同一文書カ
5-54-14 (金銭出入控) 「野中寺不足」 - 状1     册ハズレはずれ 綴穴2つ、 5-54-12と同一文書カ
5-54-15 覚 (銀十五貫目借用証文) 戌9月 状1      
5-54-16 覚 (すゝき代 酒肴代相渡) 酉12月 状1 専右衛門 伊左衛門  
5-54-17 覚 (金銭差引) 酉12月10日 状1      
5-54-18 [断簡]「伊賀村毛綿屋九兵衛様」 - 状1      
5-54-19 [断簡]「岡田伊左衛門様」(金銭差引カ) - 状1     前後欠
5-54-20 [断簡]「岡田お安殿 黒田元慎」 - 状1     包紙カ
5-54-21 送り状之事 (一丈柱弐本) 丑3月20日 状1 喜右衛門 岡伊左衛門  
5-54-22 (米納覚えカ) - 状1      
5-54-23 「子正月廿二日出 一 銀弐貫目 四人連判清右衛門」※番号確認 - 状1      
5-54-24 覚 「一 米百五拾石」※番号確認   状1      
5-54-25 [書状]「嘸御多用奉…」 (小作綿方何程…)   状1 藤井寺 利兵衛 岡田伊左衛門  
5-54-26 「尚々欠金格別に出来…」   状1      
5-54-27 覚 「一 御米三石也」 丑12月23日 状1 岡村 伊左衛門    
5-54-28 覚 「一 御米八拾六石也」 丑12月18日 状1 岡村 桶屋善左衛門    
5-54-29 「〆三斗六升五匁也」   状1      
5-54-30 [包紙]   包紙1 高槻役所 河州丹南郡岡村 包紙のみ
5-54-31 覚 「十二月九日迄 一 拾三貫八百六拾四匁」   状1      
5-54-32 覚 「八月会 一 九拾七匁」 酉12月20日 状1      
5-54-33 一札 「一 此度私共…」   状1      
5-54-34 覚 「一 九拾四匁五分」 (大源講) 酉11月 状1 世話方 古市 理右衛門  
5-54-35 通り状之事 「一 せい 五坪…」 丑5月9日 状1 板持村 喜右衛門 岡 伊左衛門  
5-54-36 [短冊]口演 (裏書 弐拾壱會目…) 丑11月17日 短冊1 多寶院 講元方    
5-54-37 [短冊]印鑑   短冊1 塚米市場納屋 治兵衛    
5-54-38 高槻役所   状1   河州丹南郡岡村 端切れカ
5-54-39 送り状 「四月八日貳間壱寸抜四丁」   状1 大弥 岡村 伊左衛門  
5-54-40 覚 「六石十文」 12月27日 状1 満兵衛 岡村 伊左衛門  
5-54-41 廿六番 金銀請取通   状1   高瀬専助  
5-54-42 「甚寒之節…」 (初穂…)   状1 住吉社社務家出張所 岡村 岡田伊左衛門  
5-54-43 「一簡 啓呈然者…」 11月13日 状1 善勝寺 岡田 伊左衛門  
5-54-44 覚 「一銀 九拾四匁五分…」 酉11月25日 状1 世話方 松田又助  
5-55-0 [袋]伊谷様構一件証文書物入 壬辰3月 袋1      
5-55-1 大源講拾弐会目より四拾会迄岡田引受勘定帳有之候不足銀並ニ口々不足書出し帳 天保10年11月 竪1     寅三月より亥八月迄
5-55-2 (金額および引受人の書上)   竪1     辰二月より
5-55-3 (金銭の書上および割戻割合勘定)   竪1     未8月28日より
5-55-4 大源講拾弐会目より四拾会迄岡田引請勘定帳有之候不足銀並ニ口々不足分書上帳 天保10念11月 竪1     寅三月春より亥八月盆迄
5-55-5 諸雑用之控 文政9年6月 竪1 大源世話方    
5-55-6 大源講不足勘定控   竪1     卯三月から亥八月
5-55-7 大源講名前控   竪1     巳八月から亥11月
5-55-8-0   袋1 駒ヶ谷真銅    
5-55-8-1 金銀請取通   状1      
5-55-8-2 (覚類)   一括(状7)   駒ヶ谷村真銅甚兵衛  
5-55-9-0 袋(「通」)   袋1 駒ヶ谷真銅    
5-55-9-1 金銀請取通   状1 北木之本村政太郎、古市村久兵衛、岡村伊左衛門 駒ヶ谷村悪八 状1枚貼付
5-55-9-2 (覚類)   一括(状10)     主に大源世話方より駒ヶ谷村真銅直八宛
5-55-10 返銀通 天保3年9月 状2 □□村治郎兵衛、慶治 岡村伊左衛門  
5-55-11 金銀請取通 文政9年6月 状4 北木之本村政太郎、古市村久兵衛、岡村伊左衛門 誉田村次郎兵衛 北木之本村治右衛門殿、小山半右衛門殿、林村平右衛門殿
5-55-12 年賦銀請取通 文政10年 状4 岡村伊左衛門 一津屋村又治朗 覚3通(鋏込文書)
5-55-13 金銀請取通 文政13年10月 状1 古市村熊次郎、林村猪三太、同村平右衛門 岡村伊左衛門  
5-55-14 [書状](大源講講会開催に付) 12月朔日 状1 岡田伊左衛門 清水治朗兵衛、金銅九兵衛 樋口御氏上京のため勘定帳延引に付
5-55-15 [書状] (大源講借会について、勘定帳を添えて相談したい旨) 11月28日 状1 大源世話方之内 岡田伊左衛門 清水治郎兵衛、樋口政太郎、金銅久兵衛 清水と樋口は留守の旨下ケ札あり
5-55-16 [書状] (大源講勘定帳は留守中のため忰が拝見し、金銅氏へ廻した件および都合のよい日程に付) 12月朔日 状1 樋口政太郎 岡田伊左衛門 虫損あり
5-55-17 [書状] (大源講会之開席について、日程については任せる旨返答) 12月朔日 状1 清水次郎兵衛 岡田伊左衛門  
5-55-18 (覚類)   一括(状23)      
5-56-0 [袋]「はりものゐれ」   袋1      
5-56-1 [包紙](薬の包紙カ)   包紙19     ひも付
5-56-2-10 [短冊]弐千百廿四   短冊1      
5-56-2-11 江霞浦冽 人煙遠   状1      
5-56-2-0 [ひも]   ひも1      
5-56-2-1 [断簡]藤井寺剛琳寺御世話方   断簡1      
5-56-2-2 [短冊]弐千百十六   短冊1      
5-56-2-3 [短冊]弐千百廿九   短冊1      
5-56-2-4 [短冊]弐千百十九   短冊1      
5-56-2-5 [短冊]弐千百廿三   短冊1      
5-56-2-6 [白紙]   状1      
5-56-2-7 [白紙]   状1      
5-56-2-8 [短冊]弐千弐百五ばん   短冊1      
5-56-2-9 [白紙]   状1      
5-56-3-1 乍恐口上   状1      
5-56-3-0 [ひも]   ひも1      
5-56-3-2 [書状]「以手紙致啓上候 時分柄冷気弥増」 10月29日 状1 蔵針家 岡田御氏 書状下書
5-56-3-3 [白紙]   白紙4      
5-56-3-4 [断簡]「春日山下畑の畝歩七十三 伊左衛門」 (午12月朔日) 一括(断簡59)      
5-56-3-5 [断簡]「一 うるめ 八十入 弐俵」   断簡1      
5-56-3-6 [袋]「風邪、此薬ハ他の風薬とちがひ」   袋25 弘町活生堂   風薬袋
5-56-3-7 [袋]「虫くだし、大人小児にかゝわらす」   袋5 弘町活生堂製   虫くだし薬袋
5-56-3-8 [白紙]   状6      
5-56-3-9 [白紙]   状1      
5-56-3-10 [短冊]弐千百弐五 三分〆寸   短冊1      
5-56-3-11 [短冊]弐千百十六   短冊1      
5-56-3-12 [短冊]弐千弐百廿一   短冊1      
5-56-3-13 [短冊]弐千百五十三   短冊1      
5-57 (借用証文他)   一括1      
5-58 (覚類)   一括1      
6-1-1 明治四十四年度小作米審査書類 明治44年 一括(綴7)     他に米殻受給組合規約、米殻受検組合規約
6-1-2 大正元年度小作米審査書類 大正元年 一括(綴6)     控とも
6-1-3 大正弐年度小作米審査書類 大正2年 一括(綴12、状2)     控とも
6-1-4 「清久亀御中元1年分七斗四升」   状1      
6-1-5 「村中市松 丹ヶ内 八畝十五分 六分」   状1     鉛筆書き
6-1-6 [葉書]記(大正弐年度小作奨励米交付に付) 1月25日 葉書1 地主 本岡田 南河内郡藤井寺村野中 藤井留吉  
6-1-7 [反古]罫紙(綴じハガレ)   反古3      
6-1-8 赤色紙   状6      
6-2-1 審査等級通知書   綴1   岡田寿一郎 封筒入
6-2-2 [封筒]   封筒1     裏書「借家証文在中」
6-2-3 [封筒]   封筒1     差引合四拾八円三拾六銭在中
6-2-4-0 [ひも]   ひも1      
6-2-4-1 請求書 明治43年 綴1 岡田愛三 南河内郡日向保雄  
6-2-4-2 (山口銀行にて決済致候に付)書上 (大正2年)3月15日 状1 岡田隆吉 岡田受三 封筒「大阪橋天王寺四ツ松 岡田隆吉」の朱印あり、割引料の札あり
6-2-4-3 貸借対照表   状1      
6-2-4-4 [小切手] 明治44年 状6 岡田泰吉 株式会社 更池銀行 奥書に小松寛治 「引出シ小切手」含む
6-2-4-5 [領収書](保険料) 明治44年4月6日 状1 国光生命保険相互会社取締役社長 子爵 佐竹義理 岡田寿一郎 岡田受三参拾参年満期保険金五百円に対する保険料として拾五円五拾六銭
6-2-4-6 「溝田三七八 三二 一七、六〇〇」   状1     鉛筆書き
6-2-4-7 拝受證 明治43年2月12日 状1 私立小林授産場へ維持費として拾円寄贈    
6-2-4-8 領収證 明治43年12月 状1 興風会長 相場駒次 岡田寿一郎  
6-2-4-9 記(四配表、加賀布他受取) 明治44年1月17日 状1 森久兵衛 岡田  
6-2-4-10 領収證 明治44年3月28日 状1 南河内郡道明寺 松寿院 岡田寿一郎  
6-2-4-11 記(金拾五円受取ニ付) 11月2日 状1 修竹堂 岡田  
6-2-4-12 記(人足賃金書上に付)   状1 植安 岡田  
6-2-4-13 記(釋奠会費) 明治43年10月1日 状2 土師神社 岡田寿一郎  
6-2-4-14 覚(土代、石灰代他)   状1 左官 伊三 岡田御氏  
6-2-4-15 記(代金受取に付) 22日 状1 山精 不賀 岡田  
6-2-4-16 證(勘定済に付) 明治44年4月14日 状1 有本々店洋服部  
6-2-4-17 記(代金請取に付) 明治44年拾月6日 状1 清久亀治郎 金田  
6-2-4-18 伝記(代金相済に付) 明治44年2月18日 状1 大丸呉服店 係 橋本 岡田  
6-2-4-19-1 覚(代金書上) 明治44年2月18日 状1 大丸呉服店大阪支店 係 橋本佐一 岡田  
6-2-4-19-2 記(金拾三円、桑重硯) (明治44年)2月18日 状2 井口熊太郎 岡田 「記 金弐拾壱円八拾朱青磁水盤 四十四年三月六日」同封
6-2-4-20-1 請求書 明治43年 状2 岡田愛三 中河内郡 村長  
6-2-4-20-2 大阪府南河内郡藤井寺村、小山村組合村教育会費領収證 明治42年度 状1   岡田寿一郎  
6-2-5 第三、四回社債利息請求書用紙(未使用)   状8     第三回6枚、第四回2枚
6-2-6 土地台帳謄本 明治40年5月4日 状1 八尾税務署    
6-2-7 保証責任 伊藤家小作人信用組合定款 明治38年6月12日 竪1 伊藤家農会    
6-2-8 旱魃収穫皆無ニ付地租延納出願之分反別書上 明治42年11月25日 状1      
6-2-9 貸家・宅地貸書上帳 (明治)43年1月調 横1      
6-2-10 (支払金受取に付覚) 12月24日 状1 宮田溝并請 岡田寿一郎  
6-2-11 電話桂扣   竪1      
6-2-12 地目変換・土地分割書上   状1      
6-2-13 (数字書上)   状1      
6-2-14 大正二年小作米協議決定   状1      
6-2-15 反別書上(大正三年十一月九日藤井末吉 山ノ内九畝二十九歩)   状1      
6-2-16 大字岡南方小作人反別表(扣) 大正3年5月調 状1 岡田寿一郎    
6-2-17 小作米・宅地貸・貸地料・貸家家賃書上   状1      
6-2-18 大字岡北小作段別調控   状1 岡田寿一郎    
6-2-19 (宅地貸ほか宛高・姓名書上)   状1      
6-2-20 米倉庫改造ニ係ル領収書 大正2年12月 一括(状9)   大隅  
6-2-21 (地租年賦延納許可ニ付)書上 大正2年12月1日 状2 加美村役場 岡田寿一郎 「大正2年11月16日住道税務署長税務署属清水市之」同封
6-2-22 有価証券一覧表 第弐拾六号 大正3年1月 状1 竹原友三郎商店    
6-2-23 觀業貯蓄債券一覧表(有価証券一覧表、第二十六号附録) 大正3年1月 状1 竹原友三郎商店債券部    
6-2-24 [図面](坪数書上図面)   図面2      
6-2-25 西大塚領宛米参考書 明治39年4月 竪1      
6-2-26ー0 [袋]鞍作、中村白木、西大塚雑書類   袋1      
6-2-26-1 土地売渡證書   竪1     帳ハズレ二丁
6-2-26-2 (部落費ほか受取記)   一括(状9)      
6-2-26-3 保険料受取證 明治45年2月10日 状2 明治生命保険株式会社松原代理店 山田周蔵 岡田寿一郎・岡田セン  
6-2-26-4 出シ切手 明治45年[2月18日 状2 本 岡田 大井 岡田竹次郎  
6-2=F155-26-5 証(小作租税米免引トシテ受取候に付) 明治45年3月5日 状2 森口伊三郎 岡田竹次郎  
6-2=F156-26-6 (米売付証他) 明治45年2月8日 一括(状4) 本 岡田 今西留吉  
6-2=F157-26-7 証(代金請取に付)   一括(状3) 辻田商店 岡田  
6-2=F158-26-8 (振替貯金受払通知票他)   一括(封筒3) 大阪振替貯金課 岡田寿一郎 明治44年6月29日消印の袋50枚、明治44年9月28日消印の袋2枚、明治44年11月9日消印の袋2枚
6-2=F159-26-9 (売渡米書上他)   一括(状3)     屋敷年貢不納調
6-2=F160-26-10 明治四拾四年度大字大井領小作米勘定報告書 明治45年3月21日 竪2 岡田竹治郎 岡田御主人 大字沼領小作米勘定報告書
6-2=F161-26-11 (反別および小作米書上帳)   横1      
6-2=F162-26-12 小作年貢実収米高など収支書 (明治45年) 竪1     帳ハズレ
6-2=F163-26-13 証(小作租税米之内へ御改御入手被下候ニ付)   一括(状23) 岡田竹治郎 岡田御主人  
6-2=F164-26-14 [封筒](代金在中)   封筒4      
6-2=F165-26-15 (地価書上他)   一括(状15)      
6-2=F166-27-0 [袋]金田・大井地所関係雑書類   袋1      
6-2=F166-27-1 (欠番)          
6-2=F167-27-2 記(年貢米之内江御入手相成候に付) 明治44年3月4日 状3 大井 安次郎 岡田本家  
6-2=F168-27-3 証(代金書上) 明治39年4月 綴1 岡田嘉平治 岡田御主人 外に「明治三十八年度大字沼領小作米勘定報告書」「別紙」「明治参拾九年度大字大井領小作米精算書」
6-2=F169-27-4 明治四拾参年度大字大井領小作米勘定報告書 明治44年3月28日 竪1 岡田竹次郎 岡田主人  
6-2=F170-27-5 (大正元年度大字大井領小作米勘定報告書他) 大正2年六月1日 綴1 岡田竹次郎 岡田御主人 沼領小作米勘定報告書、大井領ニ係ル諸入費取替金扣、を含む
6-2=F171-27-6 (大正弐年度大字大井領小作米精算報告書他) 大正3年 綴1 岡田竹次郎 岡田御主人 大井領ニ係ル諸入費取替金扣、沼領小作精算報告書、小作方精算書を含む
6-2=F172-27-7 大正弐年度大字大井領新規宛作報告書 大正3年5月18日 竪1      
6-2=F173-27-8 「計百四十石三斗壱合」   状1      
6-2=F174-28-0 「地所雑費勘定書并ニ受取書類」 明治44年2月18日 袋1      
6-2=F175-28-1 記(判木、相箱代請求書) 11月17日 状1 植安 岡田  
6-2=F176-28-2 記(冨田村・堺行諸経費書上)   状1     十一月廿九日と十二月十四日堺行
6-2=F177-28-3 (金銭受取状) 明治43年10月3日 状1 家根や茂吉    
6-2=F178-28-4 覚「拾円二十銭 二間くり六本」 5月24日 状1 大弥  
6-2=F179-28-5 キ(本日落掌致し候様書類ハ金田氏御渡置申付候也)   状1 (□松)小右衛門 岡田  
6-2=F180-28-6 記(金銭領収ニ付) 明治42年10月26日 状2 余部支配人 山田軽三郎 藤井寺村 本岡田  
6-2-28-7 精算書 明治42年9月3日 状1 河原城 山本豊次郎 岡田  
6-2=F182-28-8 明治四十二年上半期協議費・池費請取証 明治42年 状2 松原村大字阿保   のりづけ
6-2=F183-28-9 記(字山井戸普請入費ニ付) 明治42年9月1日 状2 幸田清次郎 岡田寿一郎  
6-2=F184-28-10 証(人足および大松壱本ほか代金書上)   状1 植安 本家 岡田  
6-2=F185-28-11 記(建具大受取ニ付) 大正元年12月6日 状1 尼徳 岡田  
6-2=F186-28-12 覚(松方公書額ほか代金請取) 12月16日 状1 表具師 熊田 岡田  
6-2=F187-28-13 記(金銭受取ニ付) (明治)42年12月10日 状3 阿満登池守    
6-2=F188-28-14 今池普請入費等三期分・用水費請取証   状1 小森萬三 岡田寿一郎  
6-2=F189-28-15 證(上円鋳斗□代請取ニ付) 明治43年11月17日 状1 藤岡商店 丈角  
6-2=F190-28-16 證(日本百科大辞典第三巻代) 明治43年7月30日 状1 大阪市東区備後町四丁目 吉岡宝文館 小貫部 岡田  
6-2-28-17 受領票(金壱円五拾銭) 明治43年6月6日 状1     年代は受付局日附印
加入者氏名:日本弘道会
払込者:岡田寿一郎
6-2-28-18 岡田寿一郎分加税納付額差引還付金 状1  
6-2-28-19 證(車輪改修費) 明治42年5月 状1 南河内郡藤井寺村大字藤井寺 藤本繁蔵 岡田寿一郎  
6-2-28-20 岡田氏小作勘定書 明治42年分 状1  
6-2-28-21 領収書(金六円也) 明治42年4月26日 状1 江越測量部 代理人歯黒繁松 岡田寿一郎  
6-2-28-22 記(本年度水利費ほか) 明治42年 状3 余部支配人 山田軽三郎 本岡田  
6-2-28-23 記(七月分 金六円 ポンプ壱台ほか) 8月23日 状1 吉田伊三郎・大弥氏 岡田  
6-2-28-24 仮証・記(船板海シヤレ 三坪半) 明治42年3月6日 状2 大阪市西区阿波堀通り一丁目 改良箱風呂・物干火の見・水走り船板商 角田宗吉 杉内  
6-2-28-25 キ(七・八月分材木代金書上) 7月31日 状2 山本材木商店 本岡田 8月14日あり
6-2-28-26 キ(人足書上) 状2 幾治郎 本岡田  
6-2-28-27 書簡(先日金田氏ニ御依願銀置シ金子参拾目御渡し被下候に付) 明治42年8月7日 状1 余部支配人 山田軽三郎 藤井寺村 本岡田 封筒付
6-2-28-28 書簡(本年度協儀費前半期分并ニ少−外入費有之二付依願) 明治42年6月25日 状1 山田軽三郎 岡田本家 封筒付
6-2-28-29 書簡(四十弐年分小作米不足ノ内収入支出書上) 明治43年3月29日 状1 小松寛治 岡田 封筒付
6-2-28-30 書簡(岡田氏費金受領証綴) 明治43年5月25日 綴2 小松寛治 岡田寿一郎 封筒付
6-2-28-31-1 請求書(租税・府税・村税・協議費) 明治41年1月12日 綴1(2丁) 南河内郡黒山村大字北余部 桜井喜幸 岡田寿一郎  
6-2-28-31-2 公□証所書 明治43年2月9日 綴1(2丁) 黒山村長田守良男    
6-2-28-32 [領収証] 明治42年 状5 和田吉次郎他 大隅  
6-2-28-33 [領収証](他綴り) (明治41年) 綴1  
6-2-28-34 [領収証](他一括) (明治42年) 一括(状9)  
6-2-28-35 (勘定書他綴り) (明治43年) 綴1  
6-2-28-36 領収証(明治四十二年度協議費前半期分) 明治42年3月25日 状1 大阪府南河内郡黒山村大字北余部人民総代 桜井松蔵・松本定治郎 岡田寿一郎  
6-2-28-37 書簡(岡田寿一郎畑租切附配布后税務書より田へ変換致候趣に付) 9月28日 状1 末久□ 大隅  
6-2-29-0 [封筒] 封筒1 上書「道明寺村大字古室小作証書」消し
6-2-29-1 「貴家当座勘定本日差引相立候処…」 明治44年9月30日 状1 更池銀行岡支店 岡田愛三  
6-2-29-2 建家売渡約定証 明治44年9月25日 状1 岡田寿一郎 今西寅吉  
6-2-29-3 記(高書上)   状1      
6-2-29-4 規約書及会金掛込表 (明治44年5月) 状2 楠公誕生地保勝会協賛会   なかに岡田寿一郎分地租書上げあり
6-2-29-5 勅語拝受記念会・宗祖降誕祝賀会案内状 明治44年5月10日 状1 本派本願寺 藤枝澤通 岡田寿一郎  
6-2-29-6 証(明治四拾四年度小作租税米之内御改御入手可被下候に付) 大正元年11月25日 状1 岡田竹次郎 岡田御主人  
6-2-29-7 (御下命之土地一件ニ付字・番地・反別書上) 明治44年5月16日 状5 小松寛治 岡田寿一郎 書簡と反別書上
6-2-29-8 河内国第廿四区古市郡西浦村覚永寺図面・西浦村より書上図面   状2  
6-2-29-9 米売付証 明治45年1月7日 状1 岡田寿一郎 高谷熊蔵 裏書あり
6-2-29-10 証(松田甚太郎ヨリ買受タル物件ニ対シ抵当権設定有之に付) 明治44年7月8日 状4 岡田寿一郎 西村ヤス 綴じはずれ
6-2-29-11 [[断簡]]米売付証 断簡1  
6-2-29-12 記(下松山戸開板一枚代金請取) 状2 和田元次郎 大隅  
6-2-29-13 屋敷年貢不納調 状1 裏は「寄附原簿 大日本仏教慈善会財団」
6-2-29-14 キ(天寸□□キヅ二本代金請取) 状1 別所  
6-2-29-15 (新野領松室他反別・屋敷年貢書上) 状2  
6-2-29-16 「法算名 現在米 蔵米 五十弐石…」 状1  
6-2-29-17 (明治四十二、四年分中村分・白木村分道路改修費他書上) 状1 裏は絵図面
6-2-29-18 [断簡]「八畝十五歩 藤次郎一石四斗五升六合…」 断簡1  
6-3-1 大正五年分岡田氏小作米徴収一人別帳 大正5年分 竪1  
6-3-2 大正六年分小作米収納壱人別報告 大正6年分 竪1  
6-4-1 明治三十六年度大字河原城被害地所免租聞届済書上 明治36年度 綴1  
6-4-2 南河内郡丹北村大字河原城所有地所明細書 綴1  
6-4-3 神武街道絵図面 状1  
6-4-4 地目変換届 明治37年11月 綴1 岡田寿一郎 富田林税務署長 阿部赳夫 売渡証書・委任状が合綴
6-4-5 明治四十年取立小作米家賃明細表 明治40年分 綴1 明治四十年分小作米等取立総勘定書が合綴
6-4-6 (地目等級・反別・代価書上) 綴1  
6-4-7 南鞍所有地明細書 綴1  
6-4-8 南河内郡加美村所有地所明細書 明治36年4月実地調査 綴1  
6-4-9 南河内郡加美村所有地所明細書 明治42年2月調 綴1  
6-5-1 金銭出納簿 昭和17年11月 竪1 本岡田  
6-5-2 金銭出納簿(追加) 状14 本岡田  
6-5-3 関西子供新聞 大正6年5月5日 状2 関西子供新聞社  
6-5-4 仮証(宅地売渡代金并貸地料) 昭和22〜27年 状10 岡田  
6-5-5 (昭和二十六、七年地代家賃他書上) 状1 裏は「新株式割当御通知」
6-5-6 [領収証](他一括) 昭和13〜26年 一括(状16)  
6-5-7 昭和弐拾四年度宅地料精算書 昭和24年度 状1  
6-6 小作年貢勘定帳 明治35年分〜大正10年分 横帳1(495丁)  
6-7-1 (明治四十一年分小作米勘定書他) 明治42年1月25日 一括(綴2、状2) 小松寛治 岡田寿一郎 2月14日消印の葉書同封
6-7-2 (金子受領証類一括) 明治44年11月30日 一括(綴1、状1) 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-3 (家屋改築の勘定書類一括) 大正元年10月12日 一括(綴1、状1) 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-4 (大正弐年度小作方残米計算承認書他) 大正3年6月1日(消印) 一括(綴2) 小松寛治 岡田寿一郎 書留、小作料残米等処分報告
6-7-5 (勘定書類) 大正3年5月1日(消印) 一括(綴1) 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-6 (未決書類控) 一括(状3) 地目変換地価修正登録願ほか
6-7-7 岡田氏大正元年小作米徴収明細書・勘定書 大正元年分 綴1 なかに切紙あり
6-7-8 (字・反別・宛口・地価書上) 状2  
6-7-9 (現金勘定書・半勘定・全部不納本) 状3  
6-7-10 (大正三年分小作米徴収一人前明細書類) 大正4年2月1日 一括(綴2、状2) 小松寛治 岡田寿一郎 借用金確證、受領証
6-7-11 大正三年分第二回小作米売却報告書 大正4年2月3日 状1 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-12 記(大正参年賞与米受領ニ付) 大正4年2月1日 綴1 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-13 記(米買受代金受取に付他一括) 大正3年 一括(綴1) ほかに村税所得税附加税など
6-7-14 證(大正弐年度親水入費他一括) 大正2年 一括(綴1) ほかに村税所得税附加税など
6-7-15 御請(神饌米壱年二升領収に付) 大正3年2月 状1 郷社金岡神社 社務所 岡田寿一郎  
6-7-16-0 [封筒] 大正2年5月5日 封筒1 小松寛治 岡田寿一郎 書留
6-7-16-1 振込通知票・振替貯金受払通知票 大正2年5月17日 状2 大阪振替貯金課 岡田寿一郎 振込通知票(加入者:岡田寿一郎、振込人:奥野駒吉)
6-7-16-2 大正元年度ニ於ケル小作年貢米売却高 状1  
6-7-16-3 代金請取證 綴1  
6-7-16-4 大正元年分小作米徴収総勘定 大正2年5月5日 綴1 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-16-5 証(字山呼井修繕費受取に付) 大正2年9月11日 状1 藤本兼治 岡田寿一郎  
6-7-16-6 「一五拾升 今池追立弐坪…」 状1  
6-7-16-7 記(金拾七円五拾銭 銅製六寸ポンプ一台) 大正2年7月24日 状1 吉田ポンプ製造所 支店吉田平左衛門 小森  
6-7-16-8-1 記(拾四円 ポンプ一台他) 大正2年8月16日 状1 諸金物商 辻本為七 と様?  
6-7-16-8-2 記(ポンプ竹一本 九十銭) 大正2年8月16日 状1 竹商 竹本商店 山岡  
6-7-16-9 証(五尺水車壱輪代受取に付) 大正2年7月7日 状1 車谷重次郎 岡田  
6-7-16-10 [書簡](田租告知書之通り代金を使に御渡し被下度候に付) 5月24日 状1 山本豊次郎 岡田寿一郎  
6-7-16-11 振替貯金払出内訳票 大正2年5月14日 状1 岡田    
6-7-16-12 [葉書]通知書(代金納付に付) 大正2年3月15日 葉書1 道明寺御収入役 井一矢戦男 岡田寿一郎  
6-7-16-13 キ「一五尺五寸 水車二輪…」 大正2年2月26日 状1 古町 堀江徳次郎 本家 岡田  
6-7-16-14 證(玄米弐拾石売却代金から諸入費差引残金) 大正2年5月5日 状1 大隅乕松 岡田  
6-7-16-15 米売付証 大正2年1月1日 状1 本 岡田 今西留吉 裏に1月6日米弐拾俵渡した旨
6-7-16-16 「墓前 三五 一反二畝弐拾九歩 地価七拾円弐拾五銭」 状1 裏に9月24日改 金弐円五拾歩過上
6-7-16-17 記「金 九十一円二十銭 半田石代…」 状1 小松寛治 岡田  
6-7-16-18 記(大正元年度小作租税米之内御改御入手候に付) 大正2年1月25日 状1 大井竹次郎 岡田御本家  
6-7-16-19 通達(地目変換ニ付地価を修正し大正二年分より徴租する旨) 大正元年11月30日 状1 住通税務□長税務□□ 田中英輔 岡田寿一郎 封筒差出は大阪府中河内郡松原村役場
6-7-16-20 [封筒] (大正元年12月28日) 封筒1 大阪府南河内郡藤井寺村・小山村組合村役場 岡田愛三 封筒のみ
6-7-16-21 旱魃費 状1 紅野平左衛門  
6-7-17 [葉書]記(納税高等書上通知) 大正3年11月29日 葉書1 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-18 [書簡](不納の小作料徴収に付) 大正3年12月10日 状1 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-19 (岡田氏出入勘定書一括) 大正3年11月30日 一括(綴2) 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-20 明治四拾三年度小作方計算承認書 明治44年3月14日 綴1 岡田寿一郎 小松寛治  
6-7-21 明治四十三年分小作米徴収明細書・勘定書 綴1 金田小松寛治
6-7-22 (南河内郡金岡村)地主同盟規約書 明治31年5月 綴1  
6-7-23 (小作米計算書・受取証一括) 明治44年分 一括綴1  
6-7-24 岡田氏分四十四年小作米徴収明細書 明治44年分 綴1  
6-7-25 四十四年分小作米追徴報告 大正元年10月12日 状1 小松寛治  
6-7-26 岡田氏小作宛帳写 大正元年10月1日 綴1 綴じはずれ
6-7-27 記(割塚并山ノ内地普請料受取に付) 明治44年3月10日 状1 田中常吉 本岡田  
6-7-28 小作米第二回計算書 状1  
6-7-29 (下ノ部 反別・小作高書上) 綴1 綴じはずれ
6-7-30 記(地開墾賃金領収に付) 明治44年3月25日 状1 葮矢豊吉 御本家 岡田  
6-7-31 領収証(字テ□□畑七畝弐拾壱歩開墾費賃金請取に付) 明治44年2月10日 状1 加美村大字鞍作 中塚徳松 岡田  
6-7-32 請取書(字上小路畑壱反米開墾費受取に付) 明治44年2月19日 状1 木下卯吉 岡田  
6-7-33 記(菅地溝浚および代金受取証) 大正3年11月26日 綴2 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-34 書簡(第一回大正参年分小作米売却勘定に付) 大正4年3月1日 状1 小松寛治 岡田寿一郎  
6-7-35 四十三年分小作第二回報告・地租領収証 (明治45年カ) 綴1  
6-8-1 宛米帳 明治23年度 横1 松本 岡田  
6-8-2 金田小作宛口帳 昭和15年度 横1 本 岡田  
6-8-3 自大正十年至大正十四年五ヶ年間土地賃貸価格調控 岡、藤井寺、小山、大井、金田、鞍作 大正15年9月 竪1  
6-8-4 松原村小作方明細表 (大正6年カ) 綴1 大正六年六月小作証事新作成、クリップとめ
6-8-5 「村方 三九六字中池開 一田弐畝弐十壱歩 三斗八升三合…」 綴1 なかに一覧表あり、下札あり
6-8-6 小作宛米帳 明治22年5月2日 竪1 大井村支配人 嘉平治 岡田御主人  
6-9-1 他村小作方精算帳 昭和12年 竪1 岡田作治郎    
6-9-2 昭和十八年度西大塚小作宛口帳 昭和18年 竪1      
6-10-0 岡田伊一郎関係   状1     カレンダーの裏に
6-10-1 書簡   状1   岡田伊一郎 途中から欠損
6-10-2 通信省認可証 明治25年5月6日 状1 日本弘道会事務所 岡田嘉一郎  
6-10-3 覚(水料に関して)   状1     途中から欠損
6-10-4 覚(金銭受取証)   状1      
6-10-5 (文字の練習帳)   一括(状16)      
6-11-0 「岡田寿一郎明治神宮関係」   状1     便宜的な印か?カレンダーの裏に記入、ひも付
6-11-1 「明治神宮奉賛会通信第一号」 大正5年 竪1      
6-11-2 明治神宮奉建概要 竪1  
6-11-3 [書簡](明治神宮奉賛会大阪府支部評議員承諾依頼) 大正5年2月9日 状1 明治神宮奉賛会大阪府支部長 大久保利武 岡田寿一郎  
6-11-4 [書簡](赤十字社物資窮乏ニ付塞国救難会へ御寄附之義相願候旨) 大正5年3月27日 状2 日本赤十字社篤志看護婦人会大阪支会 大久保栄子 岡田寿一郎 寄附金受領証あり
6-11-5 明治神宮奉賛会の趣意 状1 明治神宮奉賛会  
6-11-6 [書簡](赤十字社物資窮乏に付義捐金相願候旨) 大正5年3月14日 状1 日本赤十字社篤志看護婦人会大阪支会 大久保栄子 岡田寿一郎  
6-11-7 明治神宮奉賛会趣意書・明治神宮奉賛会規程・明治神宮外苑計画考案・明治神宮奉賛会総裁以下役員   状1 明治神宮奉賛会  
6-11-8 明治神宮奉賛会大阪支部評議員任命状 大正5年3月9日 状1 明治神宮奉賛会会長正二位勲一等公爵 徳川家達 岡田寿一郎  
6-12 図書世界 大正5年4月15日 竪1 博文館   毎月1回15日発行、大正2年5月29日岡田泰吉所有
6-13 大阪府立富田林中学校第九回明治四十二年度成績表 明治四十二年度 竪1 大阪府立富田林中学校  
6-14 大阪府立富田林中学校第十一回明治四十四年度成績表 明治四十四年度 竪1 大阪府立富田林中学校    
6-15- 大阪府立富田林中学校第十二回大正元年度成績表 大正元年度 竪1 大阪府立富田林中学校    
6-16 催合懸銀帳 天保5年5月 横1 岡田伊重郎   覚(懸銀書上)1点挿入あり
6-17 租税金掛控帳 明治23年12月 横1 平尾村奥野亀吉    
6-18 (講の仕法書覚カ)   竪1      
6-19 仕法書(講関係) 天保5年5月 竪1      
6-20 掛銀取附帳 天保4年10月 横1 講元萬助    
7-1-0 [ひも]   ひも1      
7-1-1-0 [袋]当分雑古類   袋1      
7-1-1-1 記 「一 米三拾石也」 明治24年12月23日 状1 岡田壽一郎 地主  
7-1-1-2 「西大塚村六番字寺池ノ側」(田の面積積あたりの評価額)   状1      
7-1-1-3 (当座勘定差引金の残高通知) 明治25年6月 状1 第三十三国立銀行支店 岡田寿一郎 封付、利息表付
7-1-1-4 (当座勘定差引金の残高通知) 明治25年2月 状1 第三十三国立銀行 岡田寿一郎  
7-1-1-5 (当座勘定差引金の残高通知) 明治25年6月20日 状1 第十三国立銀行 岡田寿一郎 封付
7-1-1-6 (当座勘定差引金の残高通知) 明治25年3月20日 状1 第十三国立銀行 岡田寿一郎 封付
7-1-1-7 記 (大井領ノ内第三百六十三番、地価書上) 明治 状1      
7-1-1-8 大阪 自由新聞 明治二十五年一月二十八日第七五三号付録(東尾平太郎氏の議員再選推挙) 明治25年1月 状1 大阪自由新聞社    
7-1-1-9 証 (訴聞代価受取、明治四年二月分) 明治4年1月 状1 安井共進堂 岡田  
7-1-1-10 年醵金領収証 明治25年3月28日 状1 日本赤十字社 正社員 岡田寿一郎 ※封で領収証を岡田に送付する旨の添状あり(長野村役場発給)
7-1-1-11 記 (天保銭千四百九拾四枚、天保銭及び文久銭の円への両替書) (明治) 状1 妻谷両替店    
7-1-1-12 小作証文之事 明治19年3月23日 状1 田仲典治郎 鬼追佐吉 岡田寿一郎  
7-1-1-13 耕地小作証 明治23年4月22日 状1 田仲典治郎 浅田周蔵 岡田寿一郎  
7-1-1-14 (選挙に際しての明細書) 明治25年 綴1     状1付
7-1-1-15 明治二十五年度 地租 明治25年 状4 丹南郡黒山村 収入役 川口喜平三郎 岡田寿一郎 地租の領収書他三通(金子受取証文)
7-1-1-16 「一 四銭五分」(子年から辰年までの代金書上) 辰年 状1 たる林(?) 岡田○○  
7-1-1-17 (日付書上)   状1   岡田  
7-1-1-18 証 (金受取に付) 明治24年10月21日 状1 石川郡中口村 安藤野一    
7-1-1-19 記 (費用書付) 9月13日 状1   岡田  
7-1-1-20 (口板等送り状) 明治25年3月4日 状1 石川郡富田林 越井醇三 岡 岡田大十郎  
7-1-1-21 (地価表)   状1      
7-1-1-22 御請書 明治24年7月25日 状1 岡田寿一郎 長野村長 原野宅人平 明治24年度所得税等級金願達書壱通を領収した
7-1-1-23 記 (小作料) 「差引拾弐円五銭」 (明治)24年12月29日 状3 小森勝五郎 本岡田 封筒内に状3通
7-1-1-24 記 (賃金請取に付) 明治24年12月1日 状1 岡田寿一郎 田中寅太郎  
7-1-1-25 記 (大井米貳拾石也) 明治25年8月1日 状1 岡田 田中清助 米の代金の残金支払いの約束
7-1-1-26 (明治二十五年度勘定に付) 2月20日 一括(状4) 小森勝三郎 岡田 封筒入、表面に帳二冊添えとある
7-1-1-27 「壱町壱反五畝二十四分」 (土地証文、売買経歴及び金銭貸借の覚) 明治20年代カ 竪2     1つは外れて状となったもの
7-1-1-28-1 (田地代金書上)   竪1     罫紙。外側から順に
7-1-1-28-2 (田地代金書上)   状1     下書カ
7-1-1-28-3 (田地代金書上)   状1     下書カ
7-1-1-29 記 [地価表]   状1      
7-1-1-30 「合田壱丁六反」 (田畑山林反別地価宛米書上) (明治) 状2      
7-1-1-31 坪塚畑竹綱長七   状1      
7-1-1-32 通運物受取證 明治23年10月15日 状1 内国通運会社 岡村 岡田寿一郎  
7-1-1-33 記 (小作租税米御入手されたきに付) 明治25年12月20日 状6 嘉平次 岡田旦那  
7-1-1-34 明治25年12月18日 状8 大井嘉平次 岡田旦那 蔵未(税未)の記録
7-1-1-35 記 (二十五年小作租税米之内御改、御入手されたきに付) 明治25年12月17日 状10 大井嘉平次 岡田旦那  
7-1-1-36 記 (小作米送り証) 明治25年12月14日 状3 大井 岡田嘉平次 岡田本家 岡田旦那宛一通あり
7-1-1-37 証 (小作米送付) 明治25年12月15日 状7 岡田御本家様 大井 嘉平次  
7-1-1-38 記 (小作米送り証) 明治24年11月20日 状7 大井 岡田嘉平次 岡 岡田御本家 同年同内容
7-1-1-39 明治24年12月13日 状1 大井 嘉平次 岡田本家 納未(小作未)の証文
7-1-1-40 証・記 明治25年12月23〜29日 状13 大井 嘉平次 岡田旦那 蔵未(税未)の証文
7-1-1-41 証 (御□料 受取証) 明治24年7月18日 状1 道明寺松壽院執事 岡 岡田寿一郎  
7-1-1-42 (残高五百円当行借高になるに付別紙引合の上調印願) 明治32年 状1 第十三国立銀行 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-43 当座勘定差引につき記名、御調印の願 明治24年10月25日 状1 第三十二国立銀行堺支店 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-44 [手形] (差引残高) 明治24年8月23日 状1 第三十二国立銀行堺支店 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-45 [手形] (差引残高) 明治24年9月20日 状1 第十三国立銀行 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-46 「拝啓陳者当座勘定金本日之差引残高」 明治23年6月20日 状1 第十三国立銀行 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-47 「拝啓陳者当座勘定金本日之差引残高」 明治23年3月9日 状1 第十三国立銀行 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-48 當座差引突合書入 明治22年12月20日 状1 第十三国立銀行 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-49 証書 (金弐百弐拾円受取に付) 明治24年10月8日 状1 丹南郡長野村大字岡 岡田寿一郎 同村大字岡田慶治 反古。印紙が貼付されている。
7-1-1-50 明治25年 状3 岡田寿一郎 田中清助、松本九平、松本九平・前田与三郎 金子請取証文(×で消してある)
7-1-1-51 記 (小作料請求) 明治25年1月18日 状6 岡田寿一郎 田中清助  
7-1-1-52 記 (金銭請取証) 明治23年2月25日 状1 幸田安吉 岡田  
7-1-1-53 記 (金銭預り証) 明治24年4月2日 状1 岡田寿一郎 大字岡 養水掛 紙背返却裏書あり
7-1-1-54 「三ツ地場菜ニ付」   状1      
7-1-1-55 選挙人名簿   竪1      
7-1-1-56 「地価割百ニ付六拾二銭戸数割」 明治 状1     税金の割付
7-1-1-57 地目変換地価取調書 (雛形)   状2     綴じ穴あり。元々は一つのもの。
7-1-1-58-1 光楽寺勘定記 明治24年 横半1      
7-1-1-58-2 (金銭請取証など一括) (明治) 一括(状11)      
7-1-1-58-3 [空封筒] (明治) 封筒1 長野村役場 岡田寿一郎  
7-1-1-58-4 (人足札) 「壱人」 (明治)9月17日 状5 岡田寿一郎 (藤本)  
7-1-1-59-1 「募集金ノ内壱株ニ付 金五円来ル一月五日ニ御払込」 明治25年12月26日 状1 株式堺銀行 岡田寿一郎 封筒付
7-1-1-592 「岡田様 親展金子在中」   状3 小森勝三郎 岡田 封筒付、不納者の名簿、及び入金出金の記録あり
7-1-1-60 書留郵便物請取証 (明治23年10月28日) 状1     摂南大坂島ノ内の局印あり
7-1-1-61 証 (送金請取) 明治21年10月18日 状1 大坂 三井銀行 岡田寿一郎  
7-1-1-62 為賛受領證書 書留郵便物受取證   状18     うち書留郵便物請取が四つあり
7-1-1-63 列席書   状1      
7-1-1-64 地目変換地価取調上申書 明治21年1月 竪1 吉田源四郎 大阪府知事 建野郷三 状二あり
7-1-1-65 記 (名利百枚代金十銭) 明治25年1月10日 状1 大阪市東区淀屋橋通今橋北へ入 前川福栄堂 岡田  
7-1-1-66 記 (金銭受取) 明治25年4月8日 状1 岡田寿一郎 松本九平、前田与三郎  
7-1-1-67 富田林柏原間鉄道馬車設計書、富田林柏原間鉄道馬車収支概算書   状2     帳外れ
7-1-1-68 委任状 明治24年4月20日 状1 岡田寿一郎    
7-1-1-69-1 地所売渡証書 明治25年 状2 丹南郡長野村大字岡 吉田清五郎 同郡同村同字 岡田壽一郎 綱帳崩
7-1-1-69-2 取得税調査ニ付御届 (雛形) (明治)3月14日 状1 藤在戸長役 岡田壽一郎 縦帳崩れ
7-1-1-70 明治25年逍遥遊社宿題 明治25年 状1      
7-1-1-71 受領証書 (金弐円五拾銭受取に付) (明治)26年2月8日 状1     河内国古市郵便局の局印アリ、大蔵省印刷局製造の印紙
7-1-1-72 買付記 明治24年3月12日 状1 岡田寿一郎    
7-1-1-73 田地売渡仮証書 明治23年11月12日 状1 丹南郡長野村大字岡 岡田寿一郎 丹北郡松原村大字西大潟 地主名代 田中省一 1銭の証券印紙2枚あり
7-1-1-74 「字掛ケ塚」 (田畑宅地地価書上) 明治23年6月12日 綴1     地価〆2889円余
7-1-1-75 「寺内」   状1     田の面積のみ記載
7-1-1-76 「志紀郡太田村大字沼」   状2     小作米書上
7-1-1-77-1 畝計書 (河内国志紀郡太田村大字沼第三百七拾弐番地字川田の地価、地租反別書上)   縦1      
7-1-1-77-2 畝計書 (河内国志紀郡太田村大字沼第五拾弐番の地価、地租反別書上)   縦1      
7-1-1-78 記 (田地地価証文) (明治) 竪1      
7-1-2-0 [封筒]明治拾五年ヨリ法方勘定書写入 正山吹   封筒1      
7-1-2-1-0 [ひも]   ひも1      
7-1-2-1-1 証 (博覧会出品御差出しニ相成候分正ニ受取ニ付) 明治10年3月29日 状3 河内国第一大区二小区事務所[印] 同区丹南郡岡村 岡田伊一郎 博覧会関係文書二点とも
7-1-2-1-2 字飛ケ城池為取替条約書 明治10年6月 状2 河内国第一大区二小区丹南郡岡村 藤井寺村   後欠
7-1-2-1-3 明治八年五月 茶製書もの 明治8年5月22日 状1   庄右衛門 明治九年四月七日 茶ノ芽同方… 貼付
7-1-2-1-4 心得 「下男下女両三ケ年以上相勤候者暇遣候節」   状1      
7-1-2-1-5 「盆栽欲賜 諸君覧觀期以本月九日…」 明治9年7月 状3 青本宣徳   案内状および通券
7-1-2-1-6 [絵図]丙子十月霊山薦事諸莚方位 (明治9年)11月 絵図1 文石堂頒布   地図
7-1-2-1-7 [書簡]「御書翰ヲ御尋之一条当村」 2月2日 状1 藤岡田 本岡田  
7-1-2-1-8 [書簡]「貴礼拝…」 2月3日 状1 藤野 本岡田  
7-1-2-1-9 堺縣下斗量原價表   状1 泉第一大区二小区堺車之町斗量製作人 藤本壮太郎    
7-1-2-1-10 御内話   状1      
7-1-2-2-1 記 (餅米三石受取証文) 亥12月9日 状1 大井支配人 嘉平治 岡田御主人  
7-1-2-2-2 (金銭証文類一括) (明治) 一括(状18)      
7-1-2-3-0 [ひも]   ひも1      
7-1-2-3-1 記 (村頼母子金等送状) (明治)2月16日 状1   北様  
7-1-2-3-2 [書状]証 (租税不足に付) (明治) 状2 大井口 岡田寿一郎  
7-1-2-3-3 (金銭等書上一括) (明治) 状4      
7-1-2-4 御届 (宅地の件に付御届) 明治17年2月23日 状5 丹北郡西大境村 南口安治郎 岡村 岡田寿一郎 綴崩れ、後4米、地番、名前書付あり
7-1-2-5 明治12〜15年 一括1     記・金三拾円 頼母子三枚加入・一口 四円七拾五銭五厘などの記述、地券、利子、税、「郵便デ」などの記述あり
7-1-2-5 (金受取証書類一括) 明治 一括(状43)      
7-1-3-0 [袋]明治廿年田地方雑書類 明治20年 袋1      
7-1-3-1 小山村小作方改良組合規約   竪1      
7-1-3-2 飲水試験表 明治21年4月12日 状1 冨田林郡役所    
7-1-3-3 (書入貸金に付訴願) 「大阪府河内国」 明治16年9月11日 状1 小村庄太郎    
7-1-3-4 [絵図](岡田家田地所持状況図)   絵図1     一部継ぎ有
7-1-3-5 「第七百三十二番字割塚」 (地価地租書上)   状1 岡田寿一郎    
7-1-3-6 小作証書 (雛形) (明治) 状1      
7-1-3-7 川法 (五ヶ所書付) (明治) 状1      
7-1-3-8 「右貴殿所有ノ地前書未額ヲ以本年ヨリ来ル明治 年 月 日迄私尋小作可致」(小作契約状、使用前、雛形カ) (明治) 状1 小作人 地主  
7-1-3-9-1 (字地頭寺等の絵図面更正願)   状1      
7-1-3-9-2 (地頭寺・宅地地図) 「北 南」 (明治) 状1      
7-1-3-9-3 (石高・人名書上一括)   一括(状9)     小作地の書上カ
7-1-3-10 十九年庭帳   横1     藤井寺□入 も有り
7-1-3-11 明治十六年度末進付揚 明治16年 綴1      
7-1-3-12 十九年庭帳、十九年検見扣候(定免分の計算および検見分の書上) 明治カ 横5     状五あり
7-1-3-13 約定書 (建家書入金員借入証文) 明治17年6月 綴1 岡田寿一郎 小森トミ 関係書類綴あり
7-1-3-14 覚 (金子受取証文、残元金確認) 壬申4月10日 状1 岡田 青野  
7-1-3-15 「二貫目ノ証文
四百貫目ノ証文」
文化6年11月22日 文化8年2月 状1     証文および金子受け取りの控え
7-1-3-16 証 (小作利税米受入証文) 明治22年 状9 大井 嘉平治、安次郎 岡田 御本家  
7-1-3-17 (小作米入置証文等一括) (明治) 一括(状24)      
7140 [袋]諸方受取書類入袋 仮証文類 13年1月17年中迄 袋1     明治20年3月14日再調
7-1-4-1 (岡田宛 地方税等請取状綴) 明治 綴1      
7-1-4-2 当午年宛作免定り 明治15年12月24日 綴1 藤井寺村戸長 伝助 岡田御氏  
7-1-4-3 (宛作免につき書付) 明治16年2月 綴1      
7-1-4-4 記 (金子請取証文等一括) 明治15年〜明治17年 状14 静雲堂 他 岡田 静雲堂より岡田宛の金子請取証文6通など
7-1-5-0 [断簡]「雑」   断簡1     全体を包んであった
7-1-5-1 地券証 明治4年 状4 大阪府 岡田寿一郎  
7-1-5-2 勘定帳 明治10年3月 横半1 藤井寺村惣代 岡村 岡田寿一郎  
7-1-5-3 前費勘定帳 明治13年1月 横半1 丹南郡岡村 岡田寿一郎    
7-1-5-4 [書状] (向晩□□に付) 7月11日 状1   岡田寿一郎  
7-1-5-5 [書状] 7月10日 状1   岡田寿一郎  
7-1-5-6 [書状] (平日は後斗時) 6月9日 状1   岡田寿一郎  
7-1-5-7 地租金受取通 明治13年 状1   岡田隆吉  
7-1-5-8 覚 (小作米請取状) 明治 状14   岡田寿一郎  
7-1-5-9 覚 (代金受取証明) 明治 状13   岡田寿一郎  
7-1-6-0 [袋]婚礼諸書物入   袋1      
7-1-6-1 献立   状1      
7-1-6-2 荷棒人足料   状1     献立の書上、前欠カ
7-1-6-3 御献立   状2      
7-1-6-4 (呉服等金銭受取証文一括) (明治) 一括(状43)      
7170 [袋]當方ヨリ差出し置候分、諸方引上ヶ受取書類入袋 明治12年12月 袋1      
7171 記(領収書一括) 明治9年3月11日〜17年10月30日 一括(状120)      
7172 取替金之通 明治13年5月   本岡田 小山結城織江  
7173 掛銀請取通 慶応4年 状1 岡村方 本家郷氏  
7174 記(北喜十殿勘定書控) 明治12年10月4日〜14年2月12日 状1      
7175 儲蓄金預通 明治16年1月10日〜16年5月14日 状1 河内国丹南郡岡村岡田寿一郎 河内国志紀郡道明寺村 上田元厚  
7176 年賦金之通 明治9年2月 状1 岡伊 藤井寺村 巽磯七郎、彦七、宗七  
7177 年賦金受取通 明治12年11月25日 状1 岡田寿一郎 内本琴  
7178 領り申銀子年賦証文之事 明治元年12月 状1 岡村銀預り主伊左衛門 池尻村六左衛門 付属文書1点
7-1-7-9 證 「一金五百円也 右正ニ預申し…」 明治13年11月19日 状1   岡田兵作 (預り書)
7-1-7-10 記 「十三年十月廿八日 一金三千五百円 大塚村小森勝三郎 貸附證文願[ ]…」 明治13年 横半1     印紙(1銭)貼付あり
7-1-7-11 證 「一金三百七拾弐円也 右者去ル明治拾一年七月三日…」 明治13年7月5日 状1 岡村 岡田寿一郎 大伴村 西村喜三太 印紙(1銭)貼付あり (貸付証文) 全体に×あり
7-1-7-12 証 「?六月十六日…〆四石相渡し」   状1      
7-1-7-13 覚 「一 米五拾五石 亥年十二月小作米集高…」 明治8年12月 状1 岡田 大井村 嘉兵衛  
7-1-7-14 記 「一金 弐百七円也…」 明治14年6月 状1 岡郡 岡田壽一郎 上田郡 松小  
7-1-7-15 證 「一金五百円也」 明治14年8月4日 状1 岡田寿一郎 長源兵衛 印紙2枚貼付、大坂始審裁判所(朱書)
7-1-7-16 証 「一金五拾圓也」 15年5月59日 状1 代田義三郎(印) 岡田本家 印紙1枚貼付
720 [ひも]   ひも1      
721 [断簡]名主之株   断簡1      
722 覚(人足請)   状1 治兵衛□大義    
723 [断簡]「河州□郡阿□村」   断簡1      
724 [断簡]「たいて以ハ仕込置候間(大)迄御出被成節ハ…」   断簡1      
725 「下々田壱反三畝十二歩九斗…」(年貢割付部分)   状1     裏面に「正銀納付」と書かれている。
726 [断簡]覚   断簡1      
727 覚(借金証文)   状1 小高田 岡田伊左衛門  
728 [断簡](不明)   断簡1 藤井寺村方 口左衛門 部分の為、表題および文章の判読不可
7-2-9 「口代」 (講の銀受取に関する書状) 10月3日 状1 本田中 岡田御氏  
7-2-10 [断簡](反古)   断簡1      
73 借用申銀子年賦連印証文之事   状1 小山村九左衛門 他2名 岡村 伊左衛門  
74 預り申銀子之事   状1 丹下村庄右衛門 他1名 岡村 伊左衛門  
751 「以廻状得その意」   状1      
752 「御礼儀先日...」   状1      
7-5-3 (米調方ニ付書状) 「以廻状□□□然者御村々手本米」 (江戸) 状1      
7-6-0 請落證文   袋1      
7-6-1 御拝借証文 酉年3月 状1 岡村借主 長兵衛 他4名 高槻御役所  
7-6-2 預り申銀子之事 文政11年9月 状1 丹北郡小山村堺町預り主 文助 他1名 岡村 岡田伊左衛門  
7-6-3 御拝借證文之事 天保8年2月 状1 岡村借主 嘉兵衛 他23名 高槻御役所  
7-6-4 田畑質物証文之事 文政13年12月 状1 道明寺村 勘兵衛、弥兵衛 別所村 善右衛門、岡村 伊左衛門 後ろに小作請負証文あり
7-6-5 奉公人請状之事 天保9年12月 状1 誉田村 親 定七 作兵衛 岡村 伊左衛門  
7-6-6 差入申証札之事 天保15年12月 状1 沢田村 平兵衛 岡村 伊左衛門、吉十郎  
7-6-7 年賦証文之事 文政10年10月 状1 藤井寺村 梅吉 利兵衛 岡村 伊左衛門  
7-6-8 預り申金子之事 天保3年12月8日 状1 東瓜破村 小頭 利八 南岡村 伊左衛門  
7-6-9 借用一札之事 天保4年6月 状1 瓜破村 佐七 文七 南岡村 伊左衛門  
7-6-10 年賦証文之事 文政11年正月 状1 藤井寺村 勇蔵 他2人 岡村 伊左衛門  
7-6-11 覚 (借用状) 文化6年12月28日 状1 岡村 健吉 伊左衛門  
7-6-12 預り申銀子之事 文政11年9月 状1 古市郡誉田村 預り主 角右衛門、志紀郡小山村 預り主 万右衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-13 質物証文之事 文政13年11月 状1 津堂村質物主 与兵衛 同村請人 庄助 岡村 伊左衛門  
7-6-14 質物証文之事 文政11年正月 状1 志紀郡小山村 質主 ぬい、同村請人 忠左衛門、丹北郡同村 屋敷主 重兵衛 岡村 伊左衛門  
7-6-15 覚 (銀子預りの覚書) 文政3年3月 状1 藤井寺 前兵衛 伊左衛門  
7-6-16 覚 (金借り) 7月13日 状1 野口識之丞 岡田御氏  
7-6-17-1 小作証文之事 寛政10年 状1 片山村小作人 徳兵衛、同村證人 角兵衛 岡村 伊左衛門  
7-6-17-2 (国分村田地譲渡し状)   状1     前半部欠損か
7-6-18 年賦證文之事 文政11年3月 状1 志紀郡小山村 預り主 伊兵衛、同村同断 平七 岡村 伊左衛門  
7-6-19 年賦證文之事 文政11年11月 状1 預り主 小山村 権七、同村同断 久左衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-20 預申連印證文之事 文政10年4月 状1 大井村 銀預り主 勘右衛門、柏原村同断 卯兵衛、大井村同断 吉助 岡村 伊左衛門  
7-6-21 預り申銀子之事 天保7年12月 状1 銀預り主□村 政右衛門、小宮村同断 伊助 岡村 伊左衛門  
7-6-22 借家證文之事 天保13年11月 状1 西浦村借り主 林兵衛、同村請負人 庄兵衛 岡村 伊左衛門  
7-6-23 預り申銀子之事 天保2年正月 状1 銀預り主 藤井寺村 元右衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-24 奉拝借證文之事 天保10年正月 状1 河内丹南郡小平尾村高持百姓 長右衛門 他7名 年寄 嘉兵衛、庄屋 万蔵 高槻御役所  
7-6-25 覚 (借用書) 天保14年2月16日 状1 剛琳寺 宥堂、東之坊 恵達、剛琳寺 宥尊、池之坊 宥順 伊左衛門他4名  
7-6-26 預り申銀子之事 天保2年4月 状1 預り主 小山村 信八郎、請人 同村 請左衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-27 借用金子之事 天保7年3月 状1 預り人 奈良屋勝兵衛、受人 奈良屋林兵衛 他1名 河州岡村 伊左衛門  
7-6-28 預り申銀子之事 天明3年12月 状1 道明寺村 治右衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-29 質物持入申田地之事 天保5年4月 状1 質物主同村 吉兵衛 林村 猪三郎 「右之通相違無之ニ付加判如件 閏午四月 右村庄屋 伊左衛門」
7-6-30 質物持入申田地之事 天保5年3月 状1 質主岡村 嘉右衛門 林村 猪三郎 「右之通聞候由相違無付加判如件 閏午三月 右村庄屋 伊左衛門」
7-6-31 売渡一札 文政8年12月 状1 同村売主 平右衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-32 覚 (質物証文) 弘化2年12月26日 状1 岡村 定右衛門、受人 弥右衛門 伊左衛門  
7-6-33 借用申銀子之事 文政13年10月 状1 志紀郡小山村預り主 佐兵衛、丹北郡同村証人 権右衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-34 覚 (一 五拾五貫文) 10月13日 状2 新町樽屋 長八 「乍恐口上 弘化三年七月五日 [作成]勘三郎、勘左衛門 [宛所]御奉行所様
7-6-35 質物證文之事 文政4年2月 状1 藤井寺村質主 萬右衛門、春日村請人 弥三七 岡村 伊左衛門  
7-6-36 借用申銀子之事 天保2年正月 状1 銀預り主 藤井寺村 元右衛門、同村請人 卯右衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-37 質物差入申御田地之事 弘化2年12月 状1 同村質主 利左衛門、同村受人 清兵衛 岡村 伊左衛門  
7-6-38 年賦證文之事 文政9年6月 状1 志紀郡小山村預り主 清左衛門 岡村 伊左衛門  
7-6-39 預り申銀子之事 文政13年12月 状1 預り主小山村 清左衛門 野中村 猪十郎  
7-6-40 預り申銀子之事 文化12年12月 状1 預り主藤井寺 与兵衛 岡村 伊左衛門  
7-6-41 預り申銀子之事 天保2年7月 状1 預り主 三溝勝之助 岡田伊左衛門  
7-6-42 預り申銀子之事 天保4年12月 状1 岡村 預り主 勝右衛門、同村請人 久右衛門 同村 伊左衛門  
7-6-43 年賦證文之事 天保3年12月 状1 西川村預り主 浅右衛門、同村同断 弥右衛門 他2名 岡村 伊左衛門  
7-6-44 乍恐御訴訟 弘化2年4月13日 状1 河州丹南郡岡村願人 庄三郎 他3名 御役所  
7-6-45 借用申銀子事 弘化3年5月6日 状1 岡村 銀借用主 利兵衛、同村同断 弥七 岡村 伊左衛門  
7-6-46 建家質物證文之事 天保15年3月 状1 質主 岡村 弥助、請人 松右衛門 同村 伊左衛門 奥書 年寄 嘉右衛門
7-6-47 覚 (借銀当年分返済) 弘化3年12月3日 状1 亀井村 吉左衛門 岡村 伊左衛門  
77 利足銀請取通 嘉永5年 横半1 小山村平七、岡村藤左衛門、岡村伊左衛門 小山村長兵衛  
780 [袋] (堂嶋新講書もの)   袋1      
781 覚(割戻し銀受取覚) 申12月10日 状1 平尾村 藤右衛門 藤井寺村 角左衛門  
782 「戌五月廿日初會」 (集会の記録)   横帳1      
783 覚 (割戻銀請取覚) 未6月20日 状1 乾長左衛門 岡田伊左衛門 大矢覚左衛門  
784 覚 (銀請取覚) 安政5年12月 状1 新講世話方 永橋村 松永孫三郎  
785 「十二月二十三日早朝ヨリ昼?引合詰候次第」   状1      
786 「東瓜破村 矢倉重五郎」 (他十七名の名前、村名)   状1      
787 「藤井寺 綿喜宅ニ而未四月二十六日弐拾會目渡覚」 未4月26日 状1      
788 覚 (銀請取覚) 未6月22日 状1 寺嶋六兵衛 新講御世話方  
789 覚 (掛戻、割戻銀受取覚、一括)   一括(状4)      
7-8-10 廻状 (二十六日藤井寺村綿屋喜兵衛宅にて集会の旨) 4月 状1   新講世話方  
7811 覚 (割戻銀請取覚)   一括(状2)      
7812 覚 (割戻銀受取) 午12月29日 状1 一須賀村門治郎 新講世話方岡村伊左衛門 藤井寺村大矢角左衛門  
7813 覚 (新講三回目金子受取) 申10月26日 状1 寺嶋重助 新講御講□□□様  
7814 覚 (新講割戻し銀受取) 万延元年9月10日 状1 (燈叶村?)佐兵衛 伊左衛門角左衛門  
7815 覚 (山本新田金相渡候) 午12月16日 状1      
7816 覚 (料理明細領収書) 未2月27日 状1 綿喜?(綿屋喜兵衛) 岡田伊左衛門 大矢覚左衛門  
7817 覚 (金受取) 11月9日 状1 ながあ 藤井寺大矢様  
7818 弐十六枚組新講掛銀取附帳 天保9年5月20日 横1      
7819 新講勘定帳 天保9年5月 横1      
7-9-0 [断簡]   断簡2     「御祝」とあり、こより付
7-9-1 [断簡] 「里弐千九百九拾八番 …」   断簡13      
7100 [ひも]   ひも1      
7101 開札名前帳 明治5年正月 竪1 岡田伊一郎,高田藤平    
71020 [ひも]   ひも1      
71021 [反古]   一括(状60)      
71030 [ひも]   ひも1      
71031 「岡村岡田伊市郎見込」   一括(状25)      
7104 「一、郡ニ壱人宛村惣代を置候旨」 壬申正月4日 状1      
7111 [反古]   一括1      
7112 覚(元利請取) 7月29日 状1 杢右衛門 専右衛門  
7113 午年5月 状1 善左衛門 儀助  
7114 覚(受領証) 午年3月7日 状1 伝左衛門 善之助  
712 利足銀請取通 嘉永5年 横半1 岡村 伊左衛門 同村藤左衛門  
7-13 利足銀請取通 嘉永5年 横1 岡村 伊左衛門 小山村 久左衛門  
713 利足銀請取通 嘉永5年 横半1 岡村 伊左衛門 小山村長左衛門  
8-1-0 [こより]   こより1     8-1全体をくくっていたもの。以下、上から8-1-1、8-1-2と番号をとる
8-1-1-0 [封筒]明治十五年十月大塚村小森口公許書類入 明治15年10月 封筒1     8-1-1全体をつつんでいたもの
8-1-1-1 [こより]   こより1     8-1-1-0の中にはいっていたもの。何もくくっていない
8-1-1-2-0 [こより]   こより1     8-1-1-2全体をくくっていたもの
8-1-1-2-1 [書状](金廿五圓融通依頼) 1月26日 状1 林猪七郎 岡田喜十郎  
8-1-1-2-2 [書状](金五六拾圓融通依頼) 9月8日 状1 林猪七郎 岡田寿一郎  
8-1-1-2-3 記(弐百弐拾圓借用に付) 辰4月5日 状1 林猪七郎 岡田寿一郎  
8-1-1-2-4 証(金三百圓預りに付) 明治12年11月10日 状1 林猪七郎 岡田寿一郎  
8-1-1-2-5 証(金弐拾五圓受取に付) 明治17年1月26日 状1 林猪七郎 岡田喜十郎  
8-1-1-2-6 御受(起業公債証五枚入手に付) 11月19日 状1 岡田御氏  
8-1-1-2-7 [書状](金三拾圓出金依頼) 8月16日 状1 林猪七郎 岡田喜十郎  
8-1-1-2-8 証(金八拾五圓受取に付) 15年12月30日 状1 林猪七郎 岡田喜十郎  
8-1-1-2-9 証(金百円借用に付) 14年12月27日 状1 林猪七郎 岡田寿一郎  
8-1-1-2-10 記(金六拾円請取に付) 明治13年5月14日 状1 野中村借用主林亀次郎、山口市次郎 岡田寿一郎  
8-1-1-2-11 証(金百五拾圓預りに付) 明治17年9月22日 状1 石川郡中村松本九平 岡田寿一郎  
8-1-1-2-12 [書状](金弐拾五圓融通に付) 明治18年1月4日 状2 林猪七郎 岡田寿一郎 証(借用証)在中
8-1-1-2-13 [書状](金三拾圓延引依頼) 2月28日 状1 林猪七郎 岡田寿一郎  
8-1-1-2-14 記(金拾五圓請取に付) 12月27日 状1 綿屋春平 本家伊十郎  
8-1-1-3 喚出状 明治17年3月22日 状1 堺治安裁判所 岡田寿一郎 裁判所への出頭命令
8-1-1-4 治弐百三拾弐号(公売処分通知書) 17年2月13日 状1 堺治安裁判所 岡田寿一郎  
8-1-1-5 貸金督促之訴(訴訟用雛型) (近代) 竪1   堺始審裁判所長判事池上重清 堺始審裁判所長判事宛の雛型
8-1-1-6 名代人委任御届(訴訟雛型) (近代) 状1   堺始審裁判所長判事池神重清 8-1-1-5と関連
8-1-1-7 (金催促訴訟関係) 明治16年6月16日 一括(状7)      
8-1-1-8-1 名代人委任御届(丹北郡西大塚村小森勝三郎へ係り貸金催促訴出候ニ付) 明治15年6月10日 状1 岡田寿一郎 堺始審裁判所長  
8-1-1-8-2 代人御届(上告人北野文五郎へ相係ル貸金請求ニ付) 明治16年11月29日 状1 岡田寿一郎 大坂始審裁判所長  
8-1-1-10 (居宅板団の願書) 明治15年 一括3 岡田寿一郎 古市警察署警部岩永大八  
8-1-1-9 第二百九十六号裁判言渡書(貸金催促ノ詞訟審理) 明治15年7月25日 横1 堺始審裁判所   原告田中順三、被告田喜一
8-1-1-11 (弐円五拾銭請取) 明治15年1月23日 状1 □村勝三郎代人鷲原□十郎 岡田喜十郎  
8-1-2-0 [封筒]明治十五年十月調儲蓄金預所設立書類 明治15年10月 封筒1     裏面:天神南門松倉佐平諸□所の印 8-1-2が全点はいっていたもの
8-1-2-1 貯蓄預り所設立に付(岡田寿一郎身上書) 明治15年7月30日 横1 岡村用掛高田栄次郎 古市郡長 増田潤  
8-1-2-2 貯蓄預り金期約書 (明治15年か) 横1 私立貯蓄金預り主岡田壽一郎    
8-1-2-3 勧第五一一号 15年7月29日 状1 古市郡役所勧業掛 岡田壽一郎  
8-1-2-4 収入金取調書 明治15年9月 状1 岡田壽一郎 古市役所郡長 増田潤 横帳ハズレひもでとじていた跡あり
8-1-2-5 収入金取調書(雛型)   状1     横帳ハズレひもでとじていた跡あり 8-1-2-4の雛型
8-1-2-6-1 [書状] 8月26日 状1 出水弥太郎   8-1-2-6はひとつづり
8-1-2-6-2 願書 明治15年7月17日 状1 岡田壽一郎 大坂府知事 建野郷三 用掛り高田栄次郎の奥印あり
8-1-2-6-3 [書状](書面願之趣聞届候に付) 明治15年8月25日 状1 大阪府知事建野郷三   8-4-2-6-2の返書
8-1-2-6-4 貯蓄預り金規約書 (明治15年か) 横1 岡田壽一郎    
8-1-2-7 御願書(規約書配布依頼) 明治15年10月23日 状1 岡田壽一郎 古市役所郡長 増田潤  
8-1-2-8 [封筒] (近代) 封筒1 古市郡役所 岡田壽一郎 公用の朱印あり
8-1-2-9-0 [封筒] 9月26日 封筒1 古市村出水弥太郎 丹南郡岡村 岡田壽一郎  
8-1-2-9-1 [書状](規約書の内容に付) 9月22日 状1 出水弥太郎 岡田い十郎 のりはがれ
8-1-2-9-2 御預り書(雛型) (近代) 状1   古市役所郡長ーー  
8-1-2-10 螻蟻社々則 明治14年7月 竪1 螻蟻社発起人宿屋町西壱丁大塚三郎平他6名    
8-1-2-11 午ノ第何々号 儲蓄金通帳 (近代) 竪1 (岡田寿一郎)    
8-1-2-12 [書状](螻蟻社願書等の文面を一覧してほしい旨) 6月30日 一括(状3、竪2) 出水弥太郎 岡田寿一郎 封筒とも 封筒に「至急親展」とあり 緒言、貯蓄金預り方法、願書、断簡1点同封
8-1-2-13 [書状](貯蓄金書類関係) 7月13日 状1 出水弥太郎 岡田□□  
8-1-2-14 [断簡]「尤其都度預ヶ人江報告し承諾ノ上…」   断簡2      
8-1-2-15 儲蓄金通帳 (明治) 状1 内淡路町濱北東南 上田逸郎   「辻岡」の朱印あり
8-1-3-1-0 放逸書もの   袋1 布治   裏面に「米屋様」(抹消)とあり、8-1-3-1を内封していた。8-1-3-2以下は袋の外側で包んでいた。
8-1-3-1-1-0 [こより]   こより1     8-1-3-1-1をくくっていたもの
8-1-3-1-1-1 預り申銀子之事(銀七百目) 嘉永4年9月 状1 岡村銀預り主伊助 大堀村徳三郎  
8-1-3-1-1-2 覚(銀七百目、六拾九匁分の受取) 戌8月26日 状1 大堀村徳三郎 岡村伊介  
8-1-3-1-1-3 預り申銀子之事(金弐両) 安政2年6月15日 状1 岡村伊助 同村平助  
8-1-3-1-1-4 預り申銀子之事(銀三百六拾匁) 嘉永7年7月3日 状1 岡村伊助 同村平助  
8-1-3-1-1-5 預り申銀子之事(銀壱貫弐百目) 嘉永4年2月 状1 岡村銀預り主伊助 国府村吉左衛門  
8-1-3-1-1-6 覚(弐貫弐百拾八匁三分四厘) 6月日 状1 浅野吉太郎 上田様 8-1-3-1-1-5の納入督促
8-1-3-1-2-0 [こより]   こより1     8-1-3-1-2をくくていたもの
8-1-3-1-2-1 安政四巳年十二月弥十郎出奔之節八幡ニ而取留書もの (安政4年) 状4     覚4点
8-1-3-1-3-0 [こより]   こより1     8-1-3-1-3をくくていたもの
8-1-3-1-3-1 [書状](伊助、小間伊の金銀配分に付) 11月10日 状1 林猪十郎 岡田兵左衛門様  
8-1-3-1-3-2 [書状](伊助、小間伊への礼物に付) 12月29日 状2 林猪十郎 岡田兵左衛門様 岡小間伊→林伊十郎様宛の12月14日付「覚」が書状に包まれている。書状に「高分用書」とあり
8-1-3-1-3-3 [書状](米屋儀兵衛への仲介依頼) 巳ノ10月28日 状1 野中浅田重兵衛 岡村岡田伊左衛門 「極内用入」
8-1-3-1-3-4 [断簡](岡田兵左衛門より預り金五両用途書上) (戌11月1日) 状1      
8-1-3-1-3-5 改心規定之事 丑12月21日 状1 弥十郎 御両家  
8-1-3-1-4-0 口上   状1     8-1-3-1-4をまとめるこよりとして使用
8-1-3-1-4-1 [断簡](金銀貸与請取書上) (近世・酉10月23日以降) 状1     未〜酉年に渡る義助ほか5名への貸付金銀と請取の記録
8-1-3-1-4-2 [断簡](道中入用書上) (近世・申12月以降) 状4     横丁の一部か。名古屋、伊勢、京都、大坂などでの支出の記載あり
8-1-3-1-4-3 [断簡](下作宛口書上) 酉10月25日 状1 (岡田伊左衛門か)   高屋(2石2斗4升常右衛門)、乙池2筆(1石6斗5升源八、1石3斗3升喜助) 計3筆分
8-1-3-1-5 口上(弥十郎おしげ両人が本家にて奉公するように異見を頼む旨) 正月11日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門  
8-1-3-1-6-0 覚(金銭拝借) (安政2年4月) 状1 定七 岡田伊左衛門 包紙が覚に付着して開けない。包紙に8-1-3-1-6の3点が入っていた。
8-1-3-1-6-1 覚(金弐両弐歩拝借) 安政2年4月 状1 南都今小路町□□□定七 岡田伊左衛門 包紙が覚に付着して開けない。包紙に8-1-3-1-6の3点が入っていた。
8-1-3-1-6-2 差入申書付之事(御宿料之内、金五両前借) 安政2年4月 状1 南都今小路町□□□定七 岡田伊左衛門  
8-1-3-2-0 [こより]   こより1     8-1-3-2を括っていたもの
8-1-3-2-1 [貼札]や□し調もの   状1     8-1-3-2を括っていたもの
8-1-3-2-2 覚(銀四百七匁三分) 天保14年12月18日 状1 伊賀村藤右衛門 岡村伊左衛門  
8-1-3-2-3-0 [包紙]十ヶ月廿一日出 金子入用書   状1 和州柳本志水禎介 河内小山ノ岡村 岡田伊左衛門 8-1-3-2-3の包紙
8-1-3-2-3-1 覚(石塔代等書上) 7月7日 状1 石屋甚兵衛 左官屋弥平  
8-1-3-2-3-2 [書状] 10月21日 状1 志水禎介 岡田伊左衛門  
8-1-3-2-4 覚(銀子勘定書) (近世) 状2      
8-1-3-2-5 覚(天保十三寅年以降の勘定書) 酉12月20日 状1 猪十郎 伊左衛門 天保十三寅年からの勘定
8-1-3-3 覚(大御遠忌に付御仏飯米料および三経壱部料献上) 3月13日 状1 出役頼泉守 岡田伊左衛門  
8-1-3-4 證(大遠忌御寄進として銀拾三匁上納分) 10月28日 状1 久宝村發願主 岡村伊左衛門  
8-1-3-5 覚(大御遠忌三部経御寄進ニ付金百疋) 酉3月13日 状1 取次沢田御取持方 岡田伊左衛門  
8-1-3-6 覚(御仏飯米献上分として金三両、銀六匁五分) 酉3月13日 状1 沢田御(取カ)持方 岡村岡田伊左衛門  
8-1-4 山陵御用諸事控 元治2年正月 横半1 本岡田    
8-1-5 未年諸入用出入附出し帳(古田・新田宛米、頼母子等) 安政7年正月 横1      
8-1-6 亥年諸入用出入附出帳(古田・新田宛米、雑入用等) 文久4年正月 横1      
8-1-7 申年諸入用出入附出帳(古田・新田宛米、小遣諸雑用等) 万延2年正月 横1      
8-1-8 戌年諸入用出入附出し帳(古田・新田宛米、年中八之部等) 文久3年正月 横1      
8-1-9 午年諸入用扣帳 安政6年1月 横1 森浅右衛門    
8-1-10 子年諸入用出入附出し帳 元治2年正月 横1 森浅右衛門    
8-1-11 酉年諸入用附出し帳 文久2年正月 横1      
8-2-1 [ひも]   ひも1      
8-2-2 日野村向井又三郎ニ相掛ル田畑質物金出入訴状 明治6年7月 竪1 訴訟人岡田喜十郎   済口証文も一綴
8-2-3 神戸領八ヶ村印鑑 文久元年12月 竪1 吉年米蔵他2名   くくり紐あり
8-2-4-1 銀札差引通 元治2年正月 横1 奥野甚兵衛 岡田御氏  
8-2-4-2 元治元子年分丑正月十九日勘定 元治2年正月 横1 年番奥野    
8-2-5 (名前書・印鑑入) (嘉永2〜文久2) 状81     袋入
8-2-6-1 請負証文之事(碓井村甚兵衛らの借金返済方に付) 天保2年10月 状1 岡村伊左衛門 瓜破村小左衛門他1名 嘉永3年10月奥書
8-2-6-2 御請(伯太用残金等の件) 6月25日 状1 吉左衛門他1名 岡田伊左衛門  
8-2-6-3 [書状]「弥御健勝奉賀候…」(薬種注文等に付) 11月21日 状1 上田元厚 岡田大君  
8-2-6-4 [書状]「新年御慶芽出度…」(金子無心に付) 正月17日 状1 上田元厚 岡田御両君  
8-2-6-5 [書状]「一筆申入候…」(金子無心に付) 正月19日 状1 道明寺松寿院 岡田伊左衛門 包紙あり
8-2-6-6 [書状]「弥御堅固…」(大鳥家借財一条に付) 3月17日 状1 宮田林村 藤信乗平 岡村伊左衛門 包紙あり、奥に金子請取あり
8-2-6-7 [書状]「舎筆呈上・・・」(金子無心に付) 7月8日 状1 東浅右衛門 岡田伊左衛門  
8-2-6-8 覚(金子借用証文。返済滞りの節は大黒舞で引落してほしい旨) 嘉永4年9月18日 丹南村小頭利兵衛 南岡村役人衆中、惣代中  
8-2-6-9 [書状]「最早寸頃相成・・・」(諸払方のため金子無心に付) 12月28日 状1 上田元厚 岡田御両君  
8-2-6-10 一札(碓井村甚兵衛ら銀子借用に付) 嘉永3年10月 状1 岡村伊左衛門 瓜破村猶右衛門、子左衛門  
8-2-6-11 口達(桑津村返済金に付) 3月19日 状1 剛林寺教彗 藤野利兵衛他4名  
8-2-6-12 [書状]「連晴御同喜・・・」(薬種買入銀借用に付) 2月13日 状1 道明寺上田元厚 岡村岡田御両君  
8-2-6-13 [書状]「近頃者多忙・・・」(金子無心に付) 7月22日 状1 上田文厚 岡田御両君  
8-2-6-14 [書状]「快晴御同慶・・・」(金子無心に付) 3月12日 状1 上田元厚 岡田御両君  
8-2-6-15 覚(誇り田地請戻し、証文認め方に付カ) 安政4年5月 状1 誉田専助 岡村伊左衛門  
8-2-6-16 (覚・書状・受取類)   一括(状77)     ひも付
8-2-6-17 [袋]当分仮証文   袋1     8-2-6-1〜16は8-2-617に入っていた
8-2-7-1 [袋]安政五年午年より白木年番銀札方勘定帳類 安政5年 袋1      
8-2-7-2 覚(金銀受取) 明治元年10月19日 状1 年番長澤佐右衛門 岡田伊左衛門 奥に「覚」あり
8-2-7-3 覚(金銀請取)   状4      
8-2-7-4 銀札差引書 安政6年正月 横1 年番道田 岡田 「覚」7通1綴が冊の綴り紐にはさみ込み
8-2-7-5 覚(銀札等請取) 庚申年 状5   岡田  
8-2-7-6-1 去酉年中銀札方差引書 戌正月 横1 年番長澤 岡田  
8-2-7-6-2 覚(銀札請取) 辛酉年 状16 岡田 長沢 8-2--6-1の中に挟まれてあり
8-2-7-7-0 [ひも]   ひも1     8-2-7-7-1から8-2-7-7-5までを括ってある
8-2-7-7-1 去庚申年中銀札方差引書 酉正月 横1 年番尾花 岡田  
8-2-7-7-2 未年銀札方差引 安政6年正月 横1 年番道田 岡田  
8-2-7-7-3 覚(銀札請取) (万延元年) 一括(状17、綴1) 岡田伊左衛門 尾花  
8-2-7-7-4 覚(銀札勘定)   状1 ミち田 岡田  
8-2-7-7-5 (銀勘定) (万延元年)庚申年 状1      
8-2-7-8-0 [ひも]   ひも1      
8-2-7-8-1 覚(銀請取) 丁巳12月25日 状1 西川善左衛門 岡田伊左衛門  
8-2-7-8-2 覚(各村分銀請取) 安政6年正月 岡田伊左衛門 伯太御役所  
8-2-7-8-3 (各村納金銀請取覚等一括) 慶應元年 一括(状17) 岡田伊左衛門 伯太御役所 ひも付
8-2-7-8-4 覚(金請取) 慶應2年8月17日 状1 岡田伊左衛門 伯太御役所  
8-2-7-8-5 (「亥年(文久3年)分伯太戻し受取書拾枚」一括) 文久3年正月 一括(状10、綴1) 岡田伊左衛門 伯太御役所 封筒付
8-2-7-8-6 覚(金銀請取) 元治元年 状1 岡田伊左衛門 伯太御役所  
8-2-7-8-7 覚(銀請取) 文久2年 一括(状3、綴1) 岡田伊左衛門 伯太御役所  
8-2-7-8-8 覚(金銀請取) 文久2年 一括(状13) 岡田伊左衛門 伯太御役所 ひも付
8-2-9-1 [袋]白木銀札方受取書入   袋1      
8-2-9-2 銀札差引勘定書 慶応2年正月 状1 年番尾花 岡田御氏  
8-2-9-3 覚(銀受取) 慶応2年正月 状1 碓井村奥野甚兵衛 岡村岡田御氏  
8-2-9-4 覚(大坂戻り銀札受取) (元治元年) 状6 岡田 奥野甚兵衛  
8-2-9-5 覚(銀札引替金受取) 元治元年7月23日 状1 奥野甚兵衛 岡田  
8-2-9-6 覚(銀札方に付大坂米屋日歩等受取) 寅正月21日 状1 年番有田 岡田御氏  
8-2-9-7 覚(銀札受取) (寅年) 状3 岡田 尾花  
8-2-9-8 覚(銀札授受) (元治元年) 状4      
8-2-9-9 (大坂米長より戻り札につき書状) 5月9日 状1 尾花 岡田  
8-2-10-1 銀札差引通 文久4年正月 横1 長澤佐右衛門 岡田  
8-2-10-2 覚(宿泊費請取) 子正月20日 状1 白木新兵衛 岡田御氏  
8-2-10-3 覚(戻り銀札請取) 亥、子年 状11 岡田 長澤  
8-2-11 (沢田御米札引替所関係書類) 文久3年〜明治8年 一括(状4)     くくりひもで一括
8-2-12-1 覚(金銀勘定帳)   横1     綴じ紐に挟み込み文書1通あり
8-2-12-2 引替米札通 慶応4年6月 横半1 松村 岡田御氏 綴じ紐に挟み込み文書2通あり
8-2-12-3 去戌年中銀札方差引書 亥正月 横1 年番長澤 岡田御氏  
8-2-13 覚(金銀勘定書) 7月4日 状1 引替会所仲間 岡田氏  
8-2-14 覚(銀銭勘定書) 11月 状2 高橋 岡田  
8-2-15 覚(銀勘定書)   状2      
8-2-16 米札引替通 慶応4年5月 状2 古市清水 岡田  
8-2-17 (暦)   状1      
8-2-18 覚(大坂戻り銀札受取) 文久2年 状18 岡田 長沢佐右衛門  
8-2-19 (人名書上)   状1      
8-2-20 (人名書上)   状1      
8-2-21-1 覚(岡田伊左衛門の苗字帯刀の由緒、書上受取) 明治元年9月16日 状1 出掛り惣代 岡村御役人中  
8-2-21-2 借用金連印證文之事 明治3年3月 状1 何村百姓惣代誰外5名 諸福村平八  
8-2-21-3 (日野村庄屋等人名書上)   状1      
8-2-22=F41-1 覚(銀目廃止につき、質屋取引の際の金銀相場通達) 慶応4年8月17日 状1 大坂府南司農局御役所   摂河両国之内在方質仲間奥印
8-2-22-2 (官軍御弁用金差出命令) 辰閏4月 状1 会計局    
8-2-23 銀札引替通 文久元年11月 状1 永尾捨蔵 岡田伊左衛門  
8-2-24 (銀目廃止以前の取引につき触) 11月 状1 大阪府    
8-2-25 道明寺老松講加入姓名録   横1      
8-2-26 (銀札取交通用の義に付廻状) 卯9月23日 竪1 鈴木町御役所   「銀札為弘通受札仕法帳」と一綴
8-2-27 覚(銀札受取) 巳9月3日 状1 酒井三平 岡田唯一郎  
8-2-28 銀札引替通 慶応4年7月 状1 銀屋治郎兵衛 岡田伊左衛門  
8-2-29 (金銭勘定)   状11      
8-2-30 御銀札請負規定之事(雛形綴) (慶応3年) 竪1 何誰 紀 御銀札方御用所 関連証文類の雛型一綴り
8-2-31 唐一行禅師旅行日   状1      
8-2-32 覚(金銀勘定) 5月17日 状1 清水 岡田  
8-2-33 預り申銀子之事 享保12年10月26日 状1 預り主岡田伊左衛門他3名 野中村庄屋定六他1名  
8-3-0 [ひも]   ひも1      
8-3-1 金田寺四拾人講定并名寄 文政10年初夏 竪1 □□(虫損)田邨 世話方    
8-3-2 辰十月より引受金田寺書もの   一括(状52)      
8-3-3 四拾人講掛銀調帳 天保13年正月 横1 金田寺    
8-3-4 金田寺講割紙銀渡帳 天保15年 横1      
8-3-5 四拾人講掛銀不足書抜写帳 天保14年10月 横1 金田寺世話方    
8-3-6 四拾人講掛銀不足書抜写帳 天保14年10月 横1 金田寺世話方    
8-3-7 金田寺四拾人講掛銀滞請落帳   横1      
8-3-8 金田寺講請落帳 天保15年10月 横1 岡田    
8-3-9 掛ケ銀取附録 文政10年4月 横1 金田寺世話方    
8-3-10 諸事勘定帳 文政10年4月 横1 金田寺世話方    
8-4-0 [ひも]   ひも1      
8-4-1-0 [ひも]   ひも1      
8-4-1-1 連印銀子預り證文之事 嘉永6年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 木本村長右衛門  
8-4-1-2 連印銀子預證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 小山村幸兵衛  
8-4-1-3 連印銀子預り證文之事 嘉永6年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村治郎左衛門  
8-4-1-4 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 小山村治郎左衛門  
8-4-1-5 連印銀子預り證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 小山村九右衛門  
8-4-1-6 連印銀子預り證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 岡村直右衛門 帖紙あり
8-4-1-7 連印銀子預り證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 津堂村重左衛門  
8-4-1-8 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 若林村七郎左衛門  
8-4-1-9 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 小山村利右衛門  
8-4-1-10 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 小山村新助  
8-4-1-11 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 若林村甚助  
8-4-1-12 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 津堂村佐助  
8-4-1-13 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 小山村権右衛門 帖紙あり
8-4-1-14 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村預り主平七、岡村同断藤左衛門、同村同断伊左衛門 岡村平助  
8-4-1-15 連印銀子借用證文之事   状1 小山村願主平七 岡村同断藤左衛門 同村同断伊左衛門 小山村甚左衛門  
8-4-1-16 連印銀子借用證文之事 嘉永5年12月 状1 小山村願主平七 岡村同断藤左衛門 同村同断伊左衛門 若林村五兵衛  
8-4-1-17 連印銀子借用證文之事 嘉永5年11月 状1 小山村願主平七 岡村同断藤左衛門 同村同断伊左衛門 亀井村吉左衛門  
8-4-2-0 [ひも]   ひも1      
8-4-2-1 覚(請取) 巳12月5日 状1 中山小蔵    
8-4-2-2 預り申銀子連印證文之事 嘉永4年11月 状15 岡村伊左衛門他2名 小山村幸兵衛他14名  
8-4-3-0 [ひも]   ひも1      
8-4-3-1 亥十一月石田講古証文印形戻り 子11月 状1      
8-4-3-2 (銀請取) 寅12月15日 状1 小山村預平七他2名 小山村治郎左衛門  
8-4-3-3 覚(銀渡し勘定) 亥11月24日 状2 石田孫九郎 岡田伊左衛門  
8-4-3-4 [書状](請取に調印下されたきに付) 12月19日 状2 石田 岡田 尚々書別紙にあり
8-4-3-5 [書状](拾五貫目講六会目開催に付) 11月5日 状1 石田一郎 岡田伊左衛門  
8-4-3-6 覚(銀勘定) 壬子12月5日 状1 石田孫九郎 岡田伊左衛門  
8-4-3-7 覚(銀子預り) 嘉永3年9月20日 状1 岡伊左衛門 小山村九左衛門  
8-4-3-8 覚(金受取) 嘉永3年 状3 岡伊 津堂村石田孫九郎  
8-4-3-9 覚(講集銀勘定) 丑12月28日 状1 石田 岡田  
8-4-3-10 (金銀勘定および銀子渡しに付書状) 戌11月4日 状3 岡田 長沢御氏  
8-4-3-11 覚(金銀勘定)   状1      
8-4-3-12 覚(銀子預り) 嘉永3年9月20日 状1 岡伊左衛門 小山村幸兵衛  
8-4-3-13 覚(銀勘定)   状1      
8-4-3-14 覚(金子差出すので改めてほしい旨) 寅12月20日 状2 石田 岡田 「覚」1通巻込みあり
8-4-3-15 覚(居宅・土蔵等書上)   状1      
8-4-3-16 覚(持札数書上)   状1      
8-4-3-17 [書状](石田講掛銀に付) 12月朔日 状1 小原治郎右衛門 岡田伊左衛門  
8-4-3-18 預り申銀子連印証文之事 嘉永4年11月 状1 岡村預り主伊左衛門他2名 津堂村佐助  
8-4-3-19 預り申銀子連印証文之事 嘉永4年11月 状1 岡村預り主伊左衛門他2名 岡村藤左衛門  
8-4-3-20 預り申銀子連印証文之事 嘉永4年11月 状1 岡村預り主伊左衛門他2名 津堂村専念寺  
8-4-3-21 連印銀子預り証文之事 嘉永6年12月 状1 小山村預り主平七他2名 小山村甚左衛門  
8-4-3-22 連印銀子預[   ](破損) 嘉永6年12月 状1 小山村預り主平七他2名 亀井村吉左衛門  
8-4-4 連印銀子預り證文之事 安政3年11月 状1 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村次郎左衛門  
8-4-5-0 [ひも]   ひも1      
8-4-5-1 連印銀子預り證文之事 嘉永5年11月 状1 岡村伊左衛門他2名 木之本村善右衛門  
8-4-5-2 連印銀子預り證文之事 嘉永6年12月 状12 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村九左衛門他11名  
8-4-5-3 連印銀子預り證文之事 嘉永5年6年 状2 岡村伊左衛門、藤左衛門 小山村平七  
8-4-6 連印銀子預り證文之事 安政4年11月 状1 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 若林村甚助  
8-4-7 連印銀子預り證文之事 安政4年11月 状1 岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村平七  
8-4-8 連印銀子預り證文之事 安政4年11月 状1 岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村権右衛門  
8-4-9 連印銀子預り證文之事 安政3年11月 状1 小山村平七他2名 小山村権右衛門  
8-4-10 連印銀子預り證文之事 安政4年11月 状1 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 岡村杢右衛門  
8-4-11 連印銀子預り證文之事 安政5年11月 状1 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 津堂村甚之助  
8-4-12 連印銀子預り證文之事 安政5年11月 状1 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 津堂村佐助  
8-4-13 連印銀子預り證文之事 安政5年11月 状1 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村新助  
8-4-14 連印銀子預り證文之事 安政5年11月 状1 小山村平七、岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村権右衛門  
8-4-15 連印銀子預り證文之事 安政5年11月 状1 岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村平七  
8-4-16 連印銀子預り證文之事 安政3年11月 状1 岡村藤左衛門、伊左衛門 小山村平七  
8-4-17-1 差入申建家居屋舗證文之事 嘉永3年10月 状1 津堂村源九郎 岡村伊左衛門  
8-4-17-2 「以応報得御意候」(十五貫講証文取戻の願) 酉4月20日 状1 本石田 岡田  
8-4-18 仕法元帳   竪1 河州丹北郡津堂村石田源九郎    
8-4-19 利息銀請取通 嘉永7年 横1 岡村伊右衛門 小山村治右衛門  
8-4-20 「追日冷気相増候之処…」(借用銀の利息計算に付) 10月2日 状1 石田一郎 本家岡田  
8-4-21 上り方道次覚   状1      
8-4-22 融通講仕法帳并掛銀帳入 嘉永3年 袋1 石田孫九郎    
8-4-23-0 [ひも]   ひも1      
8-4-23-1 石田得六会用拵得候文(付箋)   状1      
8-4-23-2 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 若林村五兵衛  
8-4-23-3 連印銀子預り證文之事 安政2年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 若林村七郎左衛門  
8-4-23-4 連印銀子預り證文之事 安政2年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門 小山村利右衛門  
8-4-23-5 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹南郡岡村預り主藤左衛門 小山村平七  
8-4-23-6 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 若林村甚助  
8-4-23-7 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村右同断藤左衛門、同郡同村右同断伊左衛門 津堂村佐助  
8-4-23-8 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村権右衛門  
8-4-23-9 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 岡村直右衛門  
8-4-23-10 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村治郎左衛門  
8-4-23-11 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 亀井村吉左衛門  
8-4-23-12 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村九左衛門  
8-4-23-13 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村新助  
8-4-23-14 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 岡村平助  
8-4-23-15 連印銀子預り證文之事 安政2年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 津堂村甚之助  
8-4-24-1 利息銀請取通 嘉永5年 状1 岡村伊左衛門 津堂村甚之助  
8-4-24-2 覚(石田講銀請取証) 庚申11年21日 状1 世話方 津堂村甚之助  
8-4-24-3 覚(銀五百拾三匁戻証) 庚申11年21日 状1 石田講世話方 津堂村佐助  
8-4-25 利息銀請取通 安政4年11月20日 状1 藤左衛門、伊左衛門 新助  
8-4-26-1 年賦銀請取通 嘉永3年 状1 津堂村孫九郎、九郎右衛門 岡村伊左衛門  
8-4-26-2 覚(銀七貫七百六拾六匁六分岡田様分等)   状1      
8-4-26-3 覚(当戌掛銀等)   状1 世話方 岡田  
8-4-26-4 去酉年落札銀   状1      
8-4-26-5 覚(手形・御掛銀等)   状1 石田 岡田  
8-4-26-6 覚(当戌懸銀等)   状1      
8-4-27 覚(金・銀請取) 11月25日 状1 小山利右衛門 岡田伊左衛門  
8-4-28 [書状]「向寒之節…」(講掛銀不足に付) 11月12日 状1 石田一郎 岡田 証札一通添
8-4-29 連印銀子預り証文之事 安政6年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村右同断藤左衛門、同郡同村右同断伊左衛門 亀井村吉左衛門  
8-4-30 連印銀子預り証文之事 安政4年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 津堂村甚之助  
8-4-31 連印銀子預り証文之事 安政4年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 津堂村佐助  
8-4-32 連印銀子預り証文之事 安政4年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村理右衛門  
8-4-33 連印銀子預り証文之事 安政4年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 亀井村吉左衛門  
8-4-34-1 連印銀子預り証文之事 安政4年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 岡村平助  
8-4-34-2 覚(金受取証) 午極月朔日 状1 田中屋平助代清七 岡田伊左衛門  
8-4-35 連印銀子預り証文之事 安政4年11月 状1 丹南郡岡村預り主藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村新助  
8-4-36 廻文   状1 石田九郎右衛門    
8-4-37-0 [ひも]   ひも1      
8-4-37-1 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 亀井村吉左衛門  
8-4-37-2 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村九左衛門  
8-4-37-3 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 岡村杢右衛門  
8-4-37-4 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七 丹南郡岡村同断藤左衛門 同郡同村同断伊左衛門 若林村甚助  
8ー4ー37ー5 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 岡村平助  
8ー4ー37ー6 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 小山村利右衛門  
8-4-37-7 「連印銀子預り證文之事」 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 津堂村甚之助  
8ー4ー37ー8 連印銀子預り証文之事 安政4年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 小山村平七  
8ー4ー37ー9 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 小山村新助  
8ー4ー37ー10 連印銀子預り証文之事 安政3年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 津堂村佐助  
8-4-38 連印銀子預り證文之事 安政6年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七 丹南郡岡村同断藤左衛門 同郡同村同断伊左衛門 岡村杢右衛門 虫損あり
8ー4ー39ー0 [ひも]         ふせん「石田五会、同抜証文」
8ー4ー39ー1ー1 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 小山村甚左衛門  
8ー4ー39ー1ー2 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 岡村杢右衛門  
8ー4ー39ー1ー3 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 若林村七郎右衛門  
8ー4ー39ー1ー4 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 亀井村吉左衛門  
8ー4ー39ー1ー5 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 若林村甚助  
8ー4ー39ー1ー6 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 若林村五兵衛  
8ー4ー39ー1ー7 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 木本村善右衛門  
8ー4ー39ー2ー1 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 岡村平助  
8ー4ー39ー2ー2 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 小山村治郎左衛門  
8ー4ー39ー3ー1 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 小山村利右衛門  
8ー4ー39ー3-2 定(卯年掛銀請取) 卯11月10日 状1 一郎 利右衛門  
8ー4ー39ー4-1 連印銀子預り証文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村断伊左衛門 小山村権右衛門  
8ー4ー39ー4-2 定(卯年掛銀請取) 卯11月10日 状1 一郎 権右衛門  
8-4-39-5-1 連印銀子預り證文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村九左衛門  
8-4-39-5-2 覚(年掛銀請取) 卯11月10日 状1 一郎 九左衛門 全体に虫損あり
8-4-39-6-1 連印銀子預り證文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 小山村新助  
8-4-39-6-2 覚(年掛銀請取) 卯12月10日 状1 一郎 新助  
8-4-39-7 連印銀子預り證文之事 嘉永7年12月 状1 丹南郡岡村預り主藤左衛門、 同郡岡村同断伊左衛門 小山村平七  
8-4-39-8 連印銀子預り證文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 津堂村甚之助  
8-4-39-9 連印銀子預り證文之事 嘉永7年12月 状1 丹北郡小山村預り主平七、丹南郡岡村同断藤左衛門、同郡同村同断伊左衛門 津堂村佐介  
8-4-40 利足銀請取通 安政4年11月 横半1 藤左衛門、伊左衛門 権左衛門  
8-4-41 石田請書毛の入 嘉永3年10月 一括(袋1、状6、竪1)     岡田家と石田家との書状
8-4-42 融通請掛銀利足勘定覚   竪1      
8-4-43 覚(貸金の返済と残金) 午11月10日 状1 石田 岡田  
8-4-44 預り銀子連印證文之事   状19      
8-5-0 [袋]明治十七年六月三十日明和年中ヨリ天保年中迄格別有用之分ナシ雑書物   袋1     ひも付
8-5-1 「町歩足り不申…」(見取場検地勘弁之旨願上訴状・前欠) (江戸) 状1      
8-5-2 合鑑(銀弐拾四匁卯年分取締料として請取) 卯年4月10日 状1 京大治内晴寺徒春魔運 七ヶ村惣代岡村役人衆中  
8-5-3 「大筒人足」(大塩平八郎陣立て) 天保8年2月19日 状1      
8-5-4 「森川春兵衛様…」(勘定差添出役着到日限に付報知)   状1      
8-5-5 [書状]「時節余程冷寒…」(伊平次家質日延願・書状) 8月26日 状1 道明寺村三根清右衛門 岡村岡田伊左衛門  
8-5-6 乍恐返答(岡村与左衛門訴田地質物銀滞出入) 天保13年2月21日 状1 右八郎兵衛付弥兵衛□専右衛門 大津御役所  
8-5-7 「岡田主人退身して久米八と改名を祝して…」(歌二首書付)   状1      
8-5-8 覚「一、銀弐百四匁五分…」(金三両入差引) 卯9月26日 状1 綿喜七□方 岡田伊左衛門  
8-5-9 [書状]「以手紙被下置…」(米方入用銀□屋よりの手紙の通り願上)   状1 林猪十郎 岡田善左衛門  
8-5-10 乍恐願下ヶ御断(埴生新田嘉七外一名松立ち木伐取訴願内済)   状1 河州丹南郡岡村ゑい    
8-5-11 乍恐以書附奉願上候(大工職賃銭取極) 天保13年5月 状1 三郡村々 大津御役所  
8-5-12 「然八此度…」(帳面丑寅二ヶ年二冊に付) (江戸) 状1      
8-5-13 乍恐返答(岡村与左衛門訴田地質物銀滞出入) (天保13年6月) 状1     8-5-6と同じ
8-5-14 乍恐口上(岡村惣兵衛娘きぬ赦免願) 寅2月20日 状1 年寄杢右衛門 大津御役所  
8-5-15 覚(江戸廻米請取) 正月27日 状1 油屋吉左衛門 岡村  
8-5-16 [書状](畑日陰のため樹木伐採願) 寅2月25日 状1 藤井寺村村方 岡村 岡田伊左衛門  
8-5-17-1 「四月八日翁千歳三番受・・・」 4月8日 状1      
8-5-17-2 「一、松茸五十斗ニ豆婦きらす・・・」   状1      
8-5-18 [書状](金子間違の義、泉州占返害至来の旨) 3月17日 状1 銭屋宗兵衛 岡田伊左衛門  
8-5-19 [書状](甚左衛門畑地譲り渡し不審に付) 3月5日 状1 麻野慎三郎 岡田吉左衛門  
8-5-20 [書状]「是迄難渋年柄・・・」(残銀無利息依頼) (江戸) 状1      
8-5-21 覚「一、中七弐三百枚・・・」 9月6日 状1 北宮村彦三郎 南宮伊助  
8-5-22 「一、拾六匁二カへ七尺・・・」 4月20日 状1 野々上与兵衛 岡村喜十郎  
8-5-23 乍恐御願奉申上候(岡村庄屋貞助返銀滞りに付) 江戸 状1 河州丹南郡岡村伊左衛門   8-5-26関連
8-5-24 乍恐書付を以奉御頼申上候(堀田に貸した金八十両返済願) 安永9年11月 状1 岡村岡田伊左衛門伊左衛門正信(花押) 堀田若狭守様御役人  
8-5-25 「被成被置・・・」(不作に付年貢減免願い・前欠) 江戸 状1      
8-5-26 明和8年12月 状1 預り主岡村伊左衛門他2名 井筒屋惣八 8-5-23関連
8-5-27 (利助を以て願入の金子拝借依頼状) 辰12月26日 状1      
8-5-28 預り申金子之事(金二十両) 明和元年閏12月 状1 牧野郷左衛門 岡田伊左衛門  
8-5-29 (銀九百九十匁余用拾に付他一切用拾せぬ旨一筆) 江戸 状1 吉左衛門    
8-5-30 [書状](余部村一件質物流地見改めに付) 2月26日 状1 源兵衛 岡田  
8-5-31 「岡原…」(幸右衛門困窮申立てに付)   状1      
8-5-32 乍恐御願奉申上候「先達而埴生野新田開発ニ付...」(岡村永荒高に付) 宝暦11年6月 状1 岡村百姓代 永塚、内藤 下書(付箋付き)
8-5-33 預申銀子之事 寛延2年10月29日 状1 安田屋長兵衛 岡田伊左衛門  
8-5-34 覚(大島様よりの御差紙御廻状の受取) 寅2月11日 状1 埴生野新田 岡村  
8-5-35 覚(金銭覚) 卯2月朔日 状1 金□ 御旦那  
8-5-36 [書状](当十七日右一条北へ参り等に付) 2月19日 状1 麻野猪三太 岡田伊左衛門  
8-5-37 送状之事(丸太の送り状) 9月24日 状1 平尾屋庄助 岡村岡田伊左衛門  
8-5-38 [書状](升の注文および直段の覚) 2月9日 状1 平尾屋庄助 岡村岡田伊左衛門  
8-5-39 乍恐御願奉申上候「去ル寅年埴生野新田開発ニ付...」(岡村永荒高に付) (宝暦9年か) 状1 萩原藤七郎様御代官所河州丹南郡岡村百姓惣代    
8-5-40 「講銀預り之利息月四耒之應対・・・」   状1      
8-5-41 口上(講について)   状1      
8-5-42 (「相場」ほか覚書類)   状7   岡伊様 浅田米直講覚(巳9月廿四日)
8-5-43 [書状](いし妹之一件和諾につき礼状) 2月20日 状1 藤野司馬太郎 岡田伊左衛門  
8-5-44 [書状](金十両貸用に付) 8月13日 状1 野中八左衛門 岡村岡田伊左衛門  
8-5-45 [書状](廉魚一籠進呈の送状) 11月晦日 状1 最上格兵衛 岡田伊左衛門  
8-5-46 覚(四十人講・新講の勘定に付)   状1      
8-5-47 「天保五午月九月廿日〜」(金銭の覚) 天保5年9月 状1      
8-5-48 覚「一、銀七匁八歩…」 2月3日 状1 支□ 今地新田  
8-5-49 覚「亥十月十三日 一、壱貫七百…」(貸金計算) 3月10日 状1 伊左衛門 平治、定助  
8-5-50 覚(元金・利足金書上)   状1      
8-5-51 [書状](柳本一条の儀、印失念に付) 2月22日 状1 桶屋林兵衛 岡村岡田伊左衛門  
8-5-52 [書状](備しての無心に付) 3月9日 状1 剛琳時納所 岡田伊左衛門  
8-5-53 覚(間縄、下駄他掛り金勘定) 丑極月度 状1 米儀 岡田  
8-5-54 口上(綿の引渡に付) 即日9日 状1 綿屋喜兵衛 岡田御旦那  
8-5-55 御年貢受納請取通 寅年 状1 藤井寺村庄屋今兵衛 岡村伊左衛門  
8-5-56 辰年上納通 岡村 辰年 綴1      
8-5-57 辰年御年貢銀請取証 辰年 状1 庄屋年寄 伊左衛門  
8-5-58 御年貢受取通い 丑年 状1 藤井寺村庄屋五兵衛 岡伊左衛門  
8-5-59 大坂橋之惣名寄(橋の書上)   状1 大坂天満十丁目河内屋長七    
8-5-60 昼夜重宝海中年代記 文政8年 状1 大坂書林心斎橋通南久太良町塩屋季助    
8-5-61 (大御番頭禁裏御附等人名書上)   状1      
8-5-62 預り申銀子之事(村入用ニ付銀壱貫目借用) 明和4年11月13日 状1 庄屋平治他8名 岡村伊左衛門  
8-5-63 御年貢請取通 卯年 状1 藤井寺村庄屋五兵衛 伊左衛門  
8-5-64 「堀田梅之丞様 江州御陣屋御役人辻八左衛門…」(書付) 寛延3年3月 状1      
8-5-65 (「たちん」等金額書付)   一括(状4)      
8-6 利息銀請取通 嘉永7年 横1 岡村伊左衛門 同村三右衛門  
8-7 利息銀請取通 安政2年 横1 岡村伊左衛門 若林村七郎右衛門  
8-8 連印銀子預り証文之事 安政5年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七他2名 岡村杢右衛門  
8-9 連印銀子預り証文之事(銀四貫五百文余、月八朱利足) 安政5年11月 状1 丹北郡小山村預り主平七他2名 亀井村吉左衛門  
8-10 油之通 辛亥年 横1 岡 油兵  
8-11-0 [こより]   こより1      
8-11-1-1 「壱石六斗五升…」(金額利足書付) (江戸) 状1      
8-11-1-2 [書状]「貴札拝見仕候…」(何角立会二月一日より三日の内、弁当持参にて差支なき旨) 10月28日 状1 岡田伊左衛門 小野藤右衛門 8-11-4-3と関連か
8-11-1-3 キ答(仰の通り承知、銀子角左へ渡し依頼) 巳年 状1 □郎左衛門 伊左衛門  
8-11-1-4 「已前御出坂」(まどの戸直段ニ付害状) 4月18日 状1 林猪十郎 岡田伊左衛門  
8-11-2-1 定割塚岡田村(高壱石六斗八升余地年貢書付)   状1      
8-11-2-2 (金銭計算書付)   状2      
8-11-3 [書状]「以便得御意候…」(吉浜入用銀相違ニ付尋ね状) 11月9日 状1 多治井村小谷九左衛門 岡村岡田伊左衛門  
8-11-4-1 乍恐書付ヲ以御嘆き奉申上候(凶作ニ付嘆願状、下書)   状1      
8-11-4-2 口上「壱匁弐歩かへ斗ニテ酒五升」(渡し依頼状)   状1      
8-11-4-3 「〆四拾石壱斗…」(相談あるに付来月朔日〜三日の内弁当持参組合村々…後欠)   状1     8-11-1-2と関連か
8-12-0 [袋]修見新語 明治15年12月22日 袋1 藤澤南岳   版権免許年月日
8-12-1 記(納米売買) 明治17年1月29日 状1 岡田 小山村佐野兼松  
8-12-2-1 記(納米売買) 2月12日 状1 野元 岡田  
8-12-2-2 以上? 2月16日 状1 嘉井□ 岡田□  
8-12-3 「廿年七月五日 一、金参百円から」 20年7月5日 状1      
8-12-4 記(小作米納入) 明治26年12月23日 状1 大井嘉平治 岡田本家  
8-12-5 記(小作米納入) 明治26年12月20日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-6-1 記(小作米納入) 明治26年12月25日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-6-2 記(小作米納入) 明治26年12月26日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-7 記(小作米納入) 明治26年12月25日 状1 大井嘉平治 岡田御本家  
8-12-8 覚(金請取) 2月22日 状1 梶本藤七    
8-12-9 記(小作米納入) 明治27年2月22日 状1 大井岡田嘉平治 岡田旦那  
8-12-10 記(小作米納入) (明治)27年2月22日 状1 大井向江安次郎 岡田旦那  
8-12-11 記(小作米納入) 明治27年2月14日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-12 記(小作米納入) 明治27年2月14日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-13 記(小作米納入) 明治27年2月14日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-14 証(小作米納入) 明治27年2月14日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-15 証(小作米納入) 明治27年2月14日 状1 大井嘉平治 岡田御本家  
8-12-16 証(小作米納入) 明治27年2月16日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-17 証(小作米納入) 明治26年12月26日 状1 大井嘉平治 岡田御本家  
8-12-18 証(小作米納入) 明治26年12月25日 状1 大井嘉平治 岡田御本家  
8-12-19 証(小作米納入) 明治26年12月26日 状1 大井嘉平治 岡田御本家  
8-12-20-1 証(小作米納入) 明治26年12月26日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-20-2 証(小作米納入) 12月26日 状1 大井嘉平治 岡田旦那  
8-12-21 証(小作米納入) 明治26年12月28日 状1 大井白江安治郎 岡田旦那  
8-12-22 証(小作米納入) 明治26年12月25日 状1 大井嘉平治 岡田御本家  
8-12-23-1 記(糯米受領) 明治26年12月20日 状1 岡田寿一郎 大井岡田嘉平治 23-2と糊付け
8-12-23-2 記(小作名受領) 26年12月25日 状1 本岡田 大井嘉平治 23-1と糊付け
8-12-24 記(岡納米売付取引に付) 明治27年1月26日 状1 本岡田 田中清ヵ助  
8-12-25 記(大井米売付取引に付) 明治27年1月25日 状1 本岡田 未ヵ又  
8-12-26 記(米売付取引に付) 明治27年1月27日 状1 本岡田 田中清(ヵ)助  
8-12-27 記(納米売買に付) 明治27年1月29日 状1 本岡田 藤井寺田中寅太郎  
8-12-28 記(金請取) 4月23日 状1 山中与七 岡田  
8-12-29 売渡記 明治26年10月30日 状1 西尾播吉 岡田寿一郎  
8-12-30 記(諸品代金書上) 10月21日 状1 川本得次郎 岡寿一郎  
8-12-31 記(代金請取) 3月31日 状1 山中精兵衛(ヵ) 岡田  
8-12-32 記(請品代金書上) 6月25日 状1 川本得次郎 岡田寿一郎  
8-12-33 記(諸品代金書上) 10月18日 状1 治村六助 岡田御氏  
8-12-34 □月8日 状1 青木槙吾 古家カ  
8-12-35 (代金書付等)   一括(状23)      
8-12-36 土張代・請取証 明治26年 状1 大字大井水役宇田露郎    
8-12-37 記(水代金等受取) 12月24日 状1 黒山田守寅吉    
8-12-38 証(水代金請取証) 明治26年9月1日 状1 黒山村大字大井水理掛柳本喜一郎 大字黒山田守寅吉  
8-12-39 証(会費金三十銭請取証) 明治27年 状1 畝傍橿原教会本院 岡田寿一郎  
8-12-40 (宅地周辺溝の図)   状1      
8-12-41 (貸金についての書付等)   状3      
8-12-42 記(金三円請取証) 明治21年1月18日 状1     反故(作成・宛所判読不能)
8-12-43 記(金十円請取に付) 明治20年12月23日 状1 岡田寿一郎 井熊八郎  
8-12-44 記(小作米受取) 明治21年12月27日 状1 本岡田 相田留吉  
8-12-45 記(米売付残金に付) 4月11日 状1 本おかだ 小山村米角  
8-12-46 記(金五円請取に付) 明治21年9月5日 状1 本岡田 米かく  
8-12-47 (切米三石御渡下さるに付) 9月26日 状1 小山村池田平七 岡田村  
8-12-48 記(金六円八十五銭書上)   状1     明治19年以降の作成
8-12-49-1 口上(代金請求) 8月21日 状1 善十郎 本家  
8-12-49-2 (米売付残金に付) 明治19年       前後欠
8-12-50 記(田の反別・名前書上)   状1      
8-12-51 記(二石五斗御拂被下たきに付) (明治26年) 状1 山村伊十郎 岡田本家  
8-12-52 (金請取証)   一括(状4)      
8-12-53 (岡田寿一郎金請取証) 明治26年 一括(状2)      
8-12-54 記(本日十六日限に取引する米四十四石五斗に付) 明治26年3月12日 状1 本岡田 古澤利八  
8-12-55-1 証(金子預りに付) 明治26年12月25日 状1 岡田寿一郎 岡田孝治  
8-12-55-2 記(米売付残金に付) 明治26年12月16日 状1 岡田寿一郎 田中清介  
8-12-56 記(竹筒書入等代金書上) 8月26日 状1 川本得次郎 岡田寿一郎  
8-12-57 (書留郵便物受取証、為替金受領証書等) 明治26年 状3      
8-12-58 記(利付金等書上)   状1      
8-12-59 覚(桶等の代金書付)   状1   岡田御氏  
8-12-60 記(米売付残金に付) 明治19年8月26日 状1 本岡田 澤利  
8-12-61 記(取引する米二十石に付) 明治19年5月3日 状1 本岡田 東五 反故
8-12-62 記(金受取) 19年3月22日 状1 本岡田 新内本  
8-12-63-1 記(米売付残金に付) 明治19年7月5日 状1 本岡田 小山古澤利三郎  
8-12-63-2 記(米渡しに付)   状1     後欠か
8-12-64 記(米二十石の代金の手付金二円受取に付) 明治21年1月11日 状1 岡田寿一郎 田中清助  
8-12-65 記(岡村納米の書付二月二十二日限りの取引・他1通) 明治21年2月20日 状2 本岡田 古澤利三郎  
8-12-66 記(綿売付残金に付) 明治20年1月26日 状1 岡田喜□ 小山村藪野乙次郎  
8-12-67 記(取引米書付) 明治30年3月30日 状1 関田[欠損] 田中吾郎 反故
8-12-68 記(諸代金書付)   状1      
8-12-69 記(一石三斗九升五合請取に付) 明治17年12月28日 状1 甚介 新田中馬吉  
8-12-70=F41-1 (たび等代金書上)   状1 岡田新 本家  
8-12-70-2 記(米売付残金に付) 明治19年6月18日 状1 岡村岡田寿一郎 小山村大沢利三郎  
8-12-70=F42-3 記(米売付残金に付) 明治19年5月25日 状1 本岡田 南米又  
8-12-70-4 記(米売付残金に付) 明治19年4月13日 状1 本岡田 南米又  
8-12-71=F42-1 記(米売付残金に付) 明治19年6月2日 状1 本岡田 南米又  
8-12-71=F42-2 記(貸金受取) 明治19年8月8日 状1 本岡田 上田  
8-12-71=F42-3 記(米渡しに付) (明治)19年9月11日カ 状1 本岡田 田中又四郎  
8-12-71=F42-4 記(豆等代金書上)   状1      
8-12-71-5 頼母子落札記算表   状1 野中寺(カ)世話人 岡田寿一郎  
8-12-72 (諸代金書上・小作米受取等綴)   綴1     状が数枚綴じられている(右上がひもで)
8-12-73=F42-1 仮証(米預りに付) (明治)19年7月26日 状1 本岡田 小山古利  
8-12-73-2 覚(諸代金書上)   状1 □□□ 岡田御氏  
8-12-74 記(米売付残金に付) 4月11日(カ) 状1 本みが□ 南又四郎  
8-12-75 記(代金受取勘定に付) 5月12日 状1 駿河や 岡田治一郎  
8-12-76 記(納米手附金受取) 明治21年8月30日 状1 岡田寿一郎 古澤利八  
8-12-77 記(米売付残金に付) 明治21年5月22日 状1 岡田寿一郎 小山村藤野吉次郎  
8-12-78 記(米売日代金に付) 明治20年12月15日 状1 岡田喜十(郎カ) 藤井寺村村太郎右衛門カ  
8-12-79=F42-1 記(納米約定金受取) 5月5日 状1 岡田寿一郎 田中又四郎  
8-12-79=F42-2 記(米渡しに付) 明治20年5月4日 状1 本岡田 古澤利三郎  
8-12-80 記(米渡しに付) 明治19年7月10日 状1 本岡田 古澤利三郎  
8-12-81 記(貸米元利受取) 明治19年 状1 岡田寿一郎 松井平七  
8-12-82 記(手形金受取) 明治23年5月26日 状1 岡田寿一郎 松木九平カ  
8-12-83 9月27日 状1 石川郡中村□安藤健一    
8-12-84=F42-1 記(金六拾三円八十四銭受取) 明治24年7月3日 状1 岡田寿一郎 西口庄平、木村源三郎、山村伊太郎  
8-12-84=F42-2 記(金参拾圓受取) 明治24年7月8日 状1 岡田寿一郎 南宮西口庄平他2人  
8-12-85 記(貸金受取) 明治24年8月1日 状1 岡田寿一郎 安井足次郎  
8-12-86=F42-1 記(大塚米売付手附金受取) 明治24年12月12日 状1 岡田寿一郎 田中治三郎  
8-12-86=F42-2 記(貸金利子十八円余受取) 明治24年1月5日 状1 岡田寿一郎 上田造助  
8-12-87=F42-1 記(小作米受取) 明治24年12月13日 状1 岡田寿一郎 山村保太郎  
8-12-87=F42-2 記(米三斗五升受取) 明治24年12月23日 状1 本岡田 山村保太郎  
8-12-88 記(米三石五斗小作料請取) 明治23年12月22日 状1 岡田寿一郎 山村保太郎 翌24年7月不足分支払い付状
8-12-89 記「廿三年分 一米六石五斗…」(小作料勘定書付カ) (明治24年カ) 状1      
8-12-90 記(上田講掛戻し金受取) 明治24年12月5日 状1 本岡田 山村保太郎  
8-12-91 記(平尾米、余部米五十石売付取引約定) 明治24年12月16日 状1 岡田寿一郎    
8-12-92 証(金参百参拾圓六拾銭受取) 明治24年8月29日 状1 岡田寿一郎 永野新逸郎  
8-12-93 証(金参百参拾参圓六拾銭 受取) 明治24年8月29日 状1 岡田寿一郎 永野新逸郎  
8-12-94=F42-1 記(金参拾五円受取) 明治21年11月21日 状1 岡村岡田寿一郎 南宮村 和田市平  
8-12-94=F42-2 証(金四拾圓六拾銭受取) 明治22年2月26日 状1 岡田寿一郎 和田市平  
8-12-95 記(米二十石売払い手付残金に付) 明治23年12月25日 状1 岡岡田寿一郎 野中伊助  
8-12-96 議(石垣代二十円受取) 9月23日 状1 巻徳次郎 岡田御氏  
8-12-97 記(碁盤代金受取) 4月5日 状1 澤田吉兵衛  
8-12-98=F42-1 証(計量二個代金請取) 10月7日 状1 天野 岡村宇之吉 印は「平野郷度量衡売捌所」
8-12-98=F42-2 大阪製斗量定価表、堺製斗量定価表 明治19年 状1 度量衡西洋形権衡売捌所本舗紙商天野長三郎    
8-12-99 屏風売渡書 明治23年5月16日 状1 西矢豊吉 北岡田  
8-12-100 証(六ヶ年間支配料として金七十二円請取) 明治22年5月 状1 右字大家小森くみ 岡田寿一郎  
8-12-101 証(金二十円余請取) 9月26日 状1 代定七 岡田 印は「売品代金請取白井店」
8-12-102 (小作米送り証文) 明治24年12月 状22 嘉平治他 岡田本家 100石入で通帳へとの記載
8-12-103 記(平尾出納米三十石手付金請取) 明治24年12月10日 状1 岡田 藤井寺与三郎  
8-12-104 仮証(書付紛失につき) 5月17日 状1 天野幸七 岡田  
8-12-105 記(米十石三日後売渡し約定) 5月22日 状1 おかだ 東(カ)米□  

一橋大学附属図書館 学術・企画主担当