ここからメインコンテンツです。

データベース一覧でタグ「アーカイブ」が付けられているもの

『通産政策史資料 オンライン版』は、3種の資料群(「一次史料」「正史」「関係編纂資料」)から構成されている。

  

「一次史料」

第一期:2012年9月、経済産業研究所(RIETI)より国立公文書館つくば分館に移管された「商工政策史・通商産業政策史関係収集資料」約8,200簿冊を対象とする。「商工政策史」、「商工行政史」、「通商産業政策史」編纂時の基礎資料。

第二期:「通産政策史」編纂時に参照された原資料を収録(このうち本学では「総記」「産業関係」部分のみ閲覧できる)。

   

「正史」

通産省編纂の正史。明治から占領期に至る80有余年の農商務省、商工省(一時、軍需省)の歴史を記述・編集した「商工行政史」、「商工政策史」、昭和20年から昭和54年のオイルショックまでを対象として通産政策の歴史を説いた「通商産業政策史」その他を収録。

   

「関係編纂資料」

通産省唯一の広報紙である「日刊通産省公報」(財団法人商工協会、後に通商産業調査会 発行)の他、通商産業調査会の産業政策史研究所あるいは通商産業政策史研究所が編集・発行した「大正・昭和時代商工行政年表(稿本)」、「通商産業政策史年表1980~1996年」、「通商産業政策史・法令年表」、「日本産業政策史年表」を収録。

   

  • 凡例 : こちらをご確認ください。
  • 使用方法 : こちらをご確認ください。
  • 学外から利用する場合は、MyLibraryにログインしてください。
サイトのURL: http://www.archivesdirect.amdigital.co.uk/Nixon

英米間で行われた最重要の会議と報告資料が本コレクションの中心をなしている。社会情勢や内政改革、輸出入、文化、自然環境についても資料を収録している。本コレクション所収の文書類は、冷戦が生んだ数々の危機にたいしてニクソン大統領が打った手立てや、彼の統治下で達成した目をみはるべき発展、あるいは徐々に増えていった矛盾した行動、慣例にない行政権の使用とそれに向けられた弾劾などを、英国・ヨーロッパ・イギリス連邦がどう見ていたかを学者や研究者が評価を下す足がかりとなる。

  

多くの資料は次のような外交問題を中心に扱っている。

  • ヴェトナム戦争とパリ平和会議
  • 中国―ニクソン大統領の 1972 年の訪中は 25 年にわたって続いていた両国の国交断絶を終わらせ、1979 年に国交が樹立されるきっかけとなった
  • 中東―イスラエルに対する大規模な援助、アメリカの中東政策の見直し、穏健派のアラブ諸国との関係改善(これは、1972 年のエジプト大統領サダトによるソ連の顧問の追放や、1974 年にニクソン大統領の中東諸国訪問につながった)
  • ソ連との外交の正式化、例えば毎年開かれたサミットなど
  • 対弾道弾ミサイルや戦略兵器制限条約
  • 日本への沖縄返還

  

ラテン・アメリカのいくつかの国との関係以下のようなニクソン大統領の内政に関する資料も数多く収録している。

  • 環境保護庁の設立
  • 投票権法の廃止と市民権に対するリベラルな政策
  • 連邦政府のネイティヴ・アメリカン政策の見直し
  • がん撲滅運動
  • ニュー・フェデラリズム―中小企業への援助と福祉の建て直し

  

【利用規程】
TermsOfUseを確認した上で、利用してください。
 

Introduction : http://www.archivesdirect.amdigital.co.uk/Introduction/Nixon/default.aspx#introduction

サイトのURL: http://www.18thcjournals.amdigital.co.uk

約1685年から1820年までに印刷された貴重な雑誌にアクセスできるデータベース。18 世紀の社会、政治、文芸のあらゆる観点を網羅している。すぐ廃刊になってしまった雑誌もあり、長くて数年間続いた雑誌が大半となっている。しかしこれらの雑誌には当時のトピックが豊富に取り込まれており、植民地生活や、地方・農村での出来事、さらにフランス革命、アメリカ独立戦争も触れている。また、ヨーロッパ全土の文学やファッションの評論、政治的議論、ロンドンにおけるコーヒーハウスでのゴシップまで、興味深い記事が満載となっている。

  

Introduction : http://www.18thcjournals.amdigital.co.uk/introduction/index.aspx

国文学を中心に以下のデータベースが利用できる。

    データベース利用規程等を確認した上で、利用してください。

     

  • 図書・雑誌所蔵目録(OPAC)
  • 国文学論文目録データベース
  • 日本古典籍総合目録データベース
  • 所蔵和古書・マイクロ/デジタル目録データベース
  • 日本古典資料調査データベース
  • 近代書誌・近代画像データベース
  • 明治期出版広告データベース
  • 大系本文(日本古典文学・噺本)データベース
  • 古典選集本文データベース
  • 歴史人物画像(古典キャラクター)データベース
  • 連歌・演能・雅楽データベース
  • コーニツキー・欧州所在日本古書総合目録データベース
  • 新奈良絵本データベース
  • 収蔵歴史アーカイブズデータベース
  • 古事類苑データベース新着
  • 古典学統合データベース(地下家伝・芳賀人名辞典)
  • 史料情報共有化データベース
  • 和刻本漢籍総合データベース
  • 古筆切所収情報データベース
  • アーカイブズ学文献データベース
  • 日本実業史博物館コレクションデータベース
  • 館蔵神社明細帳データベース
  • 伊豆韮山江川家文書データベース
  • 伝記解題データベース
  • 日本文学国際共同研究データベース
  • 史料所在情報データベース
  • 蔵書印データベース
  • 増田太次郎広告コレクションデータベース
  • 近世語彙カードデータベース
  • 所蔵機関との連携による日本古典籍デジタル画像データベース
  • 在外日本古典籍所蔵機関ディレクトリ
  • nihuINT (人間文化研究機構・統合検索システム)
サイトのURL: http://reo.nii.ac.jp/

NII電子リソースリポジトリ(NII-REO)は、国立情報学研究所(NII)が日本の大学等教育研究機関に対して、安定的・継続的に電子ジャーナル等の学術コンテンツを提供するものです。
電子ジャーナルアーカイブと、人文社会科学系コレクションの2つから構成されています。
 
(1)電子ジャーナルアーカイブ
 
大学図書館コンソーシアム等で契約した電子ジャーナルコンテンツ(バックファイル含む)について、各出版社からの許諾の下、安定的・継続的にアーカイブし、契約機関に提供しています。
搭載各社の電子ジャーナルの横断検索が可能ですが、本文の利用には別途出版社との契約が必要となります。
一橋大学で本文の利用が可能なのは、下記コンテンツのうち一部となります。

  • Kluwer Online
  • Oxford University Press: Archive Collection
  • Springer: Lecture Notes in Computer Science
  • Springer: Online Journal Archive

収録コンテンツの詳細は、こちらをご覧ください。
 
(2)人文社会科学系コレクション
 
大学図書館コンソーシアム等で契約した人文社会科学系の電子コレクションについて、各出版社からの許諾の下、安定的・継続的にアーカイブし、契約機関に提供しています。
各電子コレクションの利用には、別途出版社との契約が必要となります。
一橋大学で利用が可能なコンテンツは下記のとおりです。

  • 19c & 20c HCPP (House of Commons Parliamentary Papers)
  • 18c HCPP (House of Commons Parliamentary Papers)
  • MOMW (Making of the Modern World: 1450-1850)
  • MOMWII (Making of the Modern World: 1851-1914)
  • ECCO (Eighteenth Century Collections Online)

カテゴリ:N,学内(MyLibrary),論文

キーワード:reo