ここからメインコンテンツです。

キャンパス外から電子ジャーナル、DBへアクセスする

MyLibraryにログインすることで、キャンパス外から電子ジャーナル/データベースへアクセスすることができます。

アクセス方法1 ~データベース・メニューからアクセスする場合~

  1. MyLibraryにログインする。
  2. MyLibraryのメニュー画面と同時に開く「サブジェクトゲートウェイ データベース・メニュー」から、使いたいデータベース名をクリックする。
  •        ※画面遷移は、こちらをご覧ください。

アクセス方法2 ~HERMES-Linkからアクセスする場合~

  • HERMESから電子ジャーナルを利用する場合は、こちらになります。
  1. MyLibraryにログインする。
  2. HERMESや、Google Scholar、データベース等から HERMES-Linkアイコンをクリックする。
  •        ※画面遷移は、こちらをご覧ください。

電子ジャーナル・データベース利用時の禁止事項

  • 契約により、利用にあたって以下のようなことは禁止されています。   
    • 個人の学術研究および教育以外の目的で使用すること。
    • 二部以上複製したり、第三者に再配布すること。
    • 自動ダウンロードソフトなどを利用して、大量のデータを一括又は連続してダウンロードすること。
    • その他不正なアクセス。
  • 守られない場合は一橋大学全体のサービスが中断することがあります。
  • 個々のコンテンツの利用条件の詳細については、各提供元のサイト内に利用条件・規約(Terms and Conditions, User Agreementなど)が用意されていますので、必ず各自でご確認ください。

学外からご利用する際の注意点

  • 「opac.lib.hit-u.ac.jp」からのポップアップがブロックされていると、「サブジェクトゲートウェイ データベース・メニュー」が利用できません。ブラウザの設定でポップアップブロックを解除し、ブラウザを再起動してからMyLibraryにログインしてください。
  • MyLibraryにログインせずにデータベース等にアクセスするとユーザーIDなどを求められます。MyLibraryにログイン後、あらためてアクセスしてください。
  • MyLibraryにログインせずにHERMES-Linkから電子ジャーナル等にアクセスすると、MyLibraryのログイン画面になります。MyLibraryにログイン後、あらためてアクセスしてください。
  • システムの制約上、電子ジャーナル/データベースの機能が完全には使用できない場合があります。
  • 本サービスに対応していない電子ジャーナル/データベースがあります。
    • 対象データベースは随時変更されています。最新情報は「サブジェクトゲートウェイ データベース・メニュー」でご確認ください。
    • Lexis Advance、Jurisについては、本サービスの対応外ですが、別途大学院学生、常勤教職員を対象にリモートアクセスIDが発行できます。詳細はこちらをご覧ください。

利用対象者

ここからフッターです。