ここからメインコンテンツです。

電子リソース一覧: 統計学

サイトのURL: http://data.un.org/

国際連合の提供する様々な統計データを収録したデータベース。

各都道府県が明治以降毎年刊行してきた人口、農業、工業など様々な項目についての統計書。全国規模の統計年鑑等に比べ項目が細分化しており、また県の統計書だけに記載されたデータも収録されるなど、当時の社会経済・財政・教育などの事情を知ることができる。
従来のマイクロフィルムにくらべ、表の一つ一つにメタデータを付与することで表単位での検索が可能になり、年代や地域をまたがって集計でき、画像化された表をダウンロードすることが可能。
なお、一部、契約外の箇所あり。利用の範囲や使い方の案内については、社会科学統計情報研究センターのホームページを参照。

  

【アクセス方法】
キャンパス内からであればどこからでも利用可能。ただし,学外からの利用は不可。

※提供部局 社会科学統計情報研究センター

カテゴリ:,データ,学内,統計学

国際通貨基金(IMF: International Monetary Fund)が提供する統計データベースです。
広範囲のデータが無償で利用可能です。
 

IMFが編集する国際収支統計。
IMF から冊子体で刊行されている国際収支統計年鑑(Balance of Payments Statistics Yearbook)を、データ・収録季刊をデータベース化したもの。独立国の国際収支と国際投資の状態、国際収支の主要構成要素の地域・世界の合計、方法論の解説、編集の実践、選任された報告に利用されたデータ・ソースなどが含まれている。1948 年以降の170 カ国における10 万件以上の時系列データを収録している。
 

IMFが編集する各国、地域の輸出入統計データベース。
 

IMF加盟国等の政府財政統計データベース。
歳入・支出・資産・負債といった経済フローの年次統計や貸借対照表、予算運用、社会保障、政府の連結財務運用データなども含まれる。
 

IMF加盟国等の国内金融統計と国際金融統計データ。
IMF加盟国を軸とする140ヶ国以上の国内金融統計と、国際金融統計を収録。為替相場とその変動、金準備高、国際流動性、利子率、価格、生産高、国際取引決済額、官庁および国民所得会計、中央銀行とその他の金融機関の取引高などが含まれます。年次統計は1948年から、季刊・月刊統計は1957年から現代までの時系列データを提供。
 


  • WEB版を導入(2011.4)
  • それ以前のCD-ROM版は中止(2011.4)
サイトのURL: http://hsus.cambridge.org/

1975年まで、アメリカ合衆国国勢調査局が発行し、現在はケンブリッジ大学出版局から出版されているアメリカの歴史的統計。電子版は、ユーザーが膨大な量のデータを検索し、ナビゲートするための様々な手段を提供している。個々の統計データを利用できる他、別々の統計からデータを結合しダウンロードすることもできる。

各府省等の各種統計関係情報など政府統計のポータルサイト。
各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議で決定された「統計調査等業務の業務・システム最適化計画」に基づき、日本の政府統計関係情報のワンストップサービスを実現するため平成20年度から本運用を開始した。
 
【利用にあたって】
利用の注意を確認した上で、利用してください。

ICPSR (The Inter-University Consortium for Political and Social Research)とは、社会科学の分野で過去に実施された調査の個票データを収集、保存している世界最大級のデータアーカイブです。米国ミシガン大学を中心に運営されており、学術目的での二次分析のためであれば、アーカイブされたデータをウェブ経由で簡単に利用することができます。

詳細は、経済研究所のウェブサイトをご覧ください。

カテゴリ:I,その他,データ,統計学

キーワード:ICPSR, データアーカイブ, マイクロデータ