ここからメインコンテンツです。

平成30年度 一橋大学附属図書館企画展示
プロジェクトF:世紀のコレクションを獲得せよ!
~フランクリン文庫入手からセンター設立まで~ 
(社会科学古典資料センター設立40周年記念)

チラシ PDFファイル 1.078KB

ポスター PDFファイル 3,485KB

解説パンフレットPDFファイル 2,586KB 


展示  終了しました
期間 平成30年11月20日(火)~12月7日(金)
      ※ただし、12月1日(土)・2日(日)は閉室 
入場 10:00~17:00 (入場無料) 
場所 一橋大学附属図書館 図書館展示室(時計台棟1階)
※11月21日(水)~25日(日)の間、ルソー『人間不平等起源論』の初版本他数点を展示

  世界的にも有数の貴重なコレクションを所蔵する社会科学古典資料センターの活動や、センター設立の決定的な契機となったフランクリン文庫 “Burt Franklin Collection - donated by Mitsui Group Companies” 入手の、奇跡的ともいうべきドラマチックな経緯をご紹介します。 また、センター設立の準備時期に附属図書館長、学長として多大の貢献をされた故・小泉明博士の業績を回顧します。


*参考:

  みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

講演 終了しました
講師 堀越宏一氏(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)
演題 「フランクリン文庫所蔵のフランス古文書史料からみた歴史研究 : ロブリエール家文書の物語」
日時 平成30年11月21日(水) 13:30~15:00
入場無料・事前申込不要
会場 一橋大学図書館会議室(時計台棟1階)

講師紹介
フランスを中心とした中世ヨーロッパ史、中世ヨーロッパ考古学が専門。中世ヨーロッパの物質生活全般を研究のフィールドとする。農業、牧畜のほか、鉄や陶器など各種生産技術、城や民家、教会建築の歴史、食文化、服飾や装飾品などに関して、写本挿絵や考古学発掘の写真や図面などの図像情報を収集しつつ、その内容を分析している。中世ヨーロッパ考古学に関して、発掘経験もあるので、そのような視角からも、中世ヨーロッパの墓地、建築物の歴史全般を論じてきた。
講師の著書

  • Caselli, Giovanni (1982). Des Celtes aux chevaliers du moyen âge (La vie privée des hommes). ジョバンニ・カセリ著・イラスト ; 木村尚三郎, 堀越宏一監訳『古代と中世のヨーロッパ社会』東京 : 東京書籍, 1986.6.10 (カラーイラスト世界の生活史 ; 22)【Qc:179:22】
  • 堀越宏一「鉄をつくる修道士たち : 中世フランスの修道院における製鉄経営」. 樺山紘一編『西洋中世像の革新』東京 : 刀水書房, 1995.9.16, p.163-190 【Qd:1038】
  • 堀越宏一『中世ヨーロッパの農村世界』東京 : 山川出版社, 1997.5.25 (世界史リブレット ; 24)【2300:324】
  • 堀越宏一「ジャック・クールの時代 : 十五世紀フランスの商人と国家」. 木村尚三郎編『学問への旅 : ヨーロッパ中世』東京 : 山川出版社, 2000.4.30, p.97-116【2300:460】
  • 佐藤彰一, 池上俊一, 高山博編『西洋中世史研究入門』名古屋 : 名古屋大学出版会, 2000.4.30 ※執筆者のひとりとして参加【2300:263】
  • 堀越宏一「14世紀フランスにおける会計院と王国財政」. 高山博, 池上俊一編『宮廷と広場 : 樺山紘一先生還暦記念論集』東京 : 刀水書房, 2002.9 所収
  • 堀越宏一「14世紀後半のフランス王国における租税制度の成立」. 渡辺節夫編『ヨーロッパ中世の権力編成と展開』東京 : 東京大学出版会, 2003.2.14, p.185-208 【2300:367】
  • 甚野尚志, 堀越宏一編『中世ヨーロッパを生きる』東京 : 東京大学出版会, 2004.2.20【2300:342】
  • 佐藤彰一, 池上俊一, 高山博編『西洋中世史研究入門』増補改訂版. 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2005.7.15 ※執筆者のひとりとして参加【2300:363】
  • 堀越宏一「第10章 中世考古学」. 高山博・池上俊一編『西洋中世学入門』東京 : 東京大学出版会, 2005.11.30, p.181-196【2300:397】
  • Horikoshi, Koichi. L'industrie du fer en Lorraine : XIIe-XVIIe siècles. Langres : D. Guéniot, [2007]
  • 松本宣郎, 前沢伸行, 河原温共編『ヨーロッパの成立と発展 : 文献解説』東京 : 南窓社, 2007.3.20 ※執筆者のひとりとして参加【2300:401】
  • 堀越宏一著『中世ヨーロッパ生活誌』東京 : 日本放送出版協会, 2008.1 (NHKシリーズ . NHKカルチャーアワー 歴史再発見)
  • 堀越宏一研究代表『中世フランスの住空間の構造と機能に関する歴史考古学的研究』[東京] : [堀越宏一], 2008.3 (科学研究費補助金(基盤研究(C)一般)研究成果報告書, 平成17-19年度)
  • Horikoshi, Koichi. "L'origine juridique du moulin banal : le droit de cours d'eau". Corbet, Patrick; et Lusse, Jackie [eds.]. Ex animo : mélanges d'histoire médiévale offerts à Michel Bur par ses élèves à l'occasion de son 75e anniversaire. D. Guéniot, c2009
  • 堀越宏一 第2章「古代から中世へ」p.21-33、第3章「封建社会の形成とヨーロッパ世界の拡大」p.35-47、第4章「中世ヨーロッパの農村」p.49-61. 草光俊雄, 河原温編著『ヨーロッパの歴史と文化 : 中世から近代』東京 : 放送大学教育振興会, 2009.3.20 (放送大学教材 ; 1557203-1-0911 (テレビ)) 【0800:7:1557203】
  • 堀越宏一『ものと技術の弁証法』東京 : 岩波書店, 2009.8.27 (ヨーロッパの中世 ; 5)【2300:435:5】
  • 堀越宏一「中世ヨーロッパにおける騎士と弓矢」. 小島道裕編『武士と騎士 : 日欧比較中近世史の研究』東京 : 思文閣出版, 2010.3.31, p.55-88 【2104:400】
  • 堀越宏一「中世フランスにおける石造の城の起源 : 王宮から天守塔へ」. 千田嘉博, 矢田俊文編『都市と城館の中世 : 学融合研究の試み』東京 : 高志書院, 2010.4
  • 堀越宏一「第4章 中世後期フランスの三部会における課税合意の形成と課税放棄」. 渡辺節夫編『ヨーロッパ中世社会における統合と調整』東京 : 創文社, 2011.2.28, p.130-158 【2300:505】
  • 堀越宏一「中世ヨーロッパの写本挿絵における時代表現と写実性」. 甚野尚志, 益田朋幸編『ヨーロッパ中世の時間意識』東京 : 知泉書館, 2012.5.20, p.337-358【2300:474】
  • 堀越宏一, 甚野尚志編著『15のテーマで学ぶ中世ヨーロッパ史』京都 : ミネルヴァ書房, 2013.1.20【2300:486】
  • 河原温, 堀越宏一著『図説中世ヨーロッパの暮らし』東京 : 河出書房新社, 2015.2 (ふくろうの本)

ここからフッターです。