ここからメインコンテンツです。
写字室のジャン・ミエロ

平成23年度 一橋大学附属図書館企画展示
「読書のかたち : 読む行為と空間」

ポスター (PDF: 519KB)

チラシ (PDF: 1.5MB)

解説パンフレット

講演原稿 (PDF: 483KB)

講演配布資料 (PDF: 4.2MB)

出品資料

展示  終了しました
日程 平成23(2011)年11月1日(火)~15日(火)        ※11月3日(木・祝)・12日(土)・13日(日)は閉室します。
場所 一橋大学附属図書館 公開展示室(時計台棟1階)
入場時間 9:30~16:30 (閉室17:00) (入場無料)

講演  終了しました
日程 平成23(2011)年11月8日(火) 14:30~16:00 (入場無料、事前申し込み不要)
場所 一橋大学附属図書館 研修セミナールーム(時計台棟1階)
講師 長谷川輝夫氏(元上智大学文学部教授)
演題 「近世フランスにおける読書の歴史」

本年度の附属図書館企画展示は「読書のかたち:読む行為と空間」と題し、西洋における読書の歴史を振り返ります。読書の歴史をさかのぼると、手にするのが本でなく巻物であったり、書かれている文字が活字でなく手書きであったり、ひとり静かに行う読書でなく声に出して周囲と共有する読書であったりと、現在の読書と異なる点が多くあります。本展示は、展示資料やパネル・映像資料や体験スペースを通じ、現在の読書習慣から離れて過去の読書を追体験していただく試みです。

解説パンフレット 全文(PDF:1.6MB)

[p.1] [表紙] (PDF:449KB)

[p.2] 書物の形態 (PDF:254KB)

[p.3] 音読の世界・黙読の世界 (PDF:207KB)

[p.4] 中世のテクスト (PDF:398KB)

[p.5] 活版印刷の登場 (PDF:616KB)

[p.6] 再生されるテクスト (PDF:348KB)

[p.7] 変わりゆく大学図書館  (PDF:263KB)

[p.8] 注 (PDF:354KB)

出品資料  (PDF:77KB)

  1. 書物の形態
  2. 音読の世界・黙読の世界
  3. 中世のテクスト
  4. 活版印刷の登場
  5. 再生されるテクスト
  6. 変わりゆく大学図書館
  7. 書見台を使った読書
  8. 映像資料
ここからフッターです。