ここからメインコンテンツです。

常設展示
幸田文庫

展示
日 程

平成27年12月7日(月)~

場 所 一橋大学附属図書館 展示室(時計台棟1階)
開室時間 10:00~17:00(入場無料)(土・日・祝日・休館日は閉室)

 一橋大学附属図書館では、これまで常設展示として学園史や図書館所蔵コレクションを紹介してきました。展示室改装後、第1回の常設展示となる今回は幸田文庫を紹介します。

※ 【 】内は附属図書館所蔵の請求記号です。

幸田成友と幸田文庫

 「幸田文庫」は、幸田成友(1873~1954)の旧蔵書の一部である。幸田は1922年に東京商科大学予科教授兼助教授、1930年には東京商科大学教授に着任し、「日本経済史」などの講義を担当した。1934年には、講義をベースとした著書『江戸と大阪』を出版した。同書の「緒言」には、「講義のある前夜、十一時十二時になつても、まだ翌日の講義案を成就せぬ時の苦痛は、おそらくは教職以外の人々の十分に理解し能はぬ所であらう」という記述があり、幸田の教授時代の苦労がうかがえる。幸田は1934年の教授職の停年退官後も、講師として1939年まで同大学における研究と教育にあたった。

 幸田の旧蔵書である「幸田文庫」は、1951年から1954年にかけて幸田から購入・寄贈された、和書850冊 洋書13冊からなる。部分受け入れであったこともあり当初は文庫として扱っていなかったが、2000年の貴重資料室新設にともない「幸田文庫」として保存する方針とした。なお、「幸田文庫」の残りの大部分は、慶應義塾大学図書館(現 三田メディアセンター)に所蔵されている。 本学所蔵の「幸田文庫」に特徴的な点のひとつとして、「武鑑」および「町鑑」が豊富であるという点が挙げられる。また、幸田が『大阪市史』編纂にあたり収集した「大坂町絵圖」などの資料や「市中取締類集」など『日本経済史研究』を執筆するうえで幸田自身が作成した写本も数多く残されている。

 なお、「幸田文庫」の一部資料は電子化されており、一橋大学の機関リポジトリ「HERMES-IR Special Collections」上で閲覧が可能となっている。それに加え現在、残りの「幸田文庫」の資料を電子化する事業が進められている。



出品資料とその解説


画像:大坂町絵圖(明和4(1767)年以降, 写本) 【Qfq10】

大坂町絵圖 (明和4(1767)年以降, 写本) 【Qfq10】(パネルでの展示)

『大阪市史』の編纂にあたり、当時編纂主任であった幸田は、市史の材料となる資料が皆無なことに驚き資料の収集から始めた。 本資料は近世の大坂の街を詳細に描いた町絵図であり、大坂の町の開発・発展の様子を知ることができる資料である。



画像:文久武鑑 (文久2(1862)年,須原屋茂兵衛刊本) 【Qb438】

文久武鑑 (文久2(1862)年,須原屋茂兵衛刊本) 【Qb438】(パネルでの展示)

本資料の「御役人衆の部」の「表御坊主衆」の項には、「下谷三枚はし 幸田利貞」との記述がある。これは幸田の祖父の名で、自身も武鑑で確認したことが,自伝『凡人の半生』に記されている。なお表坊主とは、江戸城内で大名や諸役人の給仕をしていた坊主のことである。
(武鑑については、下記コラムも参照ください。)



画像:市中取締類集(幸田自筆写) 【Me153】

市中取締類集(幸田自筆写) 【Me153】

幸田の『日本経済史研究』の多くの部分は旧幕府引継書によるところが大きい。旧幕府引継書類とは、江戸幕府各役所の記録類のうち、東京府に引き継がれ、のちに上野帝国図書館(現国立国会図書館)に移管された資料の総称である。幸田は足しげく帝国図書館に通い、毛筆でこれらの資料の多くを書き写したという。このうち「市中取締類集」は、天保の改革に際して、町奉行管下に設置された市中取締掛が集めた町触、伺書、届書などの文書を分類整理したものである。


コラム:武鑑と町鑑

 武鑑とは、江戸時代の大名および幕府諸役人に関する名鑑である。民間の本屋によって編集・出版されたことがその特徴であり、利用者の便宜のために見やすいように工夫が凝らされ、また、役人の異動に伴って随時改訂が施された。幸田文庫には、正徳元年から慶応三年までの武鑑72点300冊が所蔵されている。それ以外に、初期の武鑑(古武鑑)類も含まれており、武鑑の成立過程を追うことのできるコレクションとなっている。

 町鑑は地域の市政名鑑であり、武鑑と同じように毎年改定されて出版された。江戸時代には「ぶかん(武鑑)」に対して「ちょうかん(町鑑)」と読まれていたという。幸田文庫には江戸町鑑のほかにも、大坂町鑑、京町鑑などの町鑑が所蔵されている。





ここからフッターです。