逐語訳Eine Messe des Lebens 生命のミサ

A mass of life人生のミサ」(1904-1905作曲、1909初演) フレデリック・ディーリアス (1862年1月29日 - 1934年6月10日)

ニーチェ (1844年10月15日 - 1900年8月25日) 『ツァラトゥストラはこう語った Nietzsche(1885). Also sprach Zarathustra.
Dritter Teil 第3部 [12] Von alten und neuen Tafeln 古い石の板と新しい石の板 30
(ニーチェ著 ; 氷上英廣訳『ツァラトゥストラはこう言った』下. 
東京 : 岩波書店, 1970 (岩波文庫 ; 青639-3), p.126)
O      du   mein Wille! 
おお おまえ 私の 意志よ!
Du         Wende            aller      Not,
1)おまえ 4)転回するものよ 2)あらゆる 3)困難を
du     meine Notwendigkeit! 
おまえ 私の  不可欠なものよ! 
Bewahre  mich   vor    allen    kleinen  Siegen!
2)守れ 1)私を 6)から 3)全ての 4)小さな 5)勝利
(下p.127)
Du         Schickung  meiner  Seele,
1)おまえ 4)宿命よ   2)私の  3)魂の 
die                ich    Schicksal  heiße! 
4)ところのものよ 1)私が 2)運命     3)と呼ぶ
Du     In-mir!          Über-mir!
おまえ 我が内なるものよ 我が上なるものよ 
Bewahre und   spare      mich auf
守れ   そして 取っておけ 私を
zu           einem      großen   Schicksale!
4)のために 1)ひとつの 2)大いなる 3)運命
[Und deine letzte Größe, mein Wille, spare dir für dein letztes auf -- daß du unerbittlich bist in deinem Siege! Ach, wer unterlag nicht seinem Siege! Ach, wessen Auge dunkelte nicht in dieser trunkenen Dämmerung! Ach, wessen Fuß taumelte nicht und verlernte im Siege - stehen! -
   そして、わたしの意志よ、おまえの最後の偉大さを、おまえの最後のために残して置くがいい、――おまえが勝利をおさめたときも、やはり仮借ないものとしてあるように! ああ、おのれの勝利によってやぶれなかった者があろうか!
   ああ、勝利に酔いしれた薄明のなかで、その目のくらまなかった者があろうか! ああ、勝利のなかで足もとのあやしくならなかった者があろうか! 立つことを忘れなかった者があろうか!――]
(下p.127)
Daß         ich    einst       
10)ように 1)私が 2)いつの日か 
bereit         und    reif     sei
6)備えが整い 7)また 8)熟して 9)いる
im           großen     Mittage: 
5)に際して 3)大いなる 4)正午
bereit         und    reif     gleich     glühendem      Erze, 
4)備えが整い 5)また 6)熟して 3)のように 1)灼熱している 2)青銅
[blitzschwangrer Wolke und schwellendem Milch-Euter:
稲妻を孕んだ雲、牝牛の漲った乳房のように]
bereit         zu         mir selber   und      
9)備えが整い 3)に対して 1)私  2)自身 4)そして 
zu           meinem   verborgensten   Willen: 
8)に対して 5)私の   6)最も内密の    7)意志
ein          Bogen  brünstig   nach  seinem   Pfeile, 
5)ひとつの 6)弓   4)希求する 3)を  1)自らの 2)矢
ein         Pfeil   brünstig    nach   seinem    Sterne:
5)一本の  6)矢    4)希求する  3)を   1)自らの  2)星
ein          Stern,  bereit       und
7)ひとつの 8)星    4)備えが整い 5)また
reif           in       seinem   Mittage,
6)熟している 3)の中で 1)自らの 2)正午
glühend,     durchbohrt,    selig
4)灼熱して 5)刺し貫かれて 6)至福の 
vor        vernichtenden   Sonnen-Pfeilen:
3)の前に 1)殲滅的な      2)太陽の矢
eine     Sonne selber     
ひとつの 太陽  そのもの 
und        ein        unerbittlicher  Sonnen-Wille,
1)そして 7)ひとつの 8)仮借ない      9)太陽の意志
zum          Vernichten     bereit         im           Siegen!
5)に対して 4)殲滅すること 6)備えの整った 3)のさなかに 2)勝利
(下p.128)
O        Wille,   Wende    aller      Not,  
1)おお 2)意志よ 5)転回よ 3)あらゆる 4)困難の
du     meine Notwendigkeit!
おまえ 私の  必然よ!
Spare        mich auf  zu         einem      großen Siege!
1)取っておけ 2)私を  6)のために 3)ひとつの 4)大きな 5)勝利

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [13] Vom höheren Menschen 「ましな人間」について 17,18,20
[17](下p.269)
Erhebt         eure           Herzen,  meine  Brüder,      hoch!
4)上げなさい 1)あなたたちの 2)心を   5)私の 6)兄弟たちよ 3)高く
Höher! 
もっと高く! 
Und        vergeßt  mir        auch die Beine   nicht!
1)そして 5)忘れ   2)願わくは 4)も     3)脚を  6)ないでください
Erhebt         auch  eure           Beine,  
4)上げなさい 3)も  1)あなたたちの 2)脚を  
ihr        guten Tänzer:
あなたたち 良い  踊り手たちよ
und        besser         noch, 
1)そして 3)より良いのは 2)なおいっそう 
ihr              steht            auch auf dem Kopf.
1)あなたたちが 4)することである 3)も   2)逆立ち

[18](下p.269)
Diese    Krone des Lachenden, diese  Rosenkranzkrone: 
2)この 3)冠      1)笑う者の 4)この 5)薔薇の花輪の冠は
ich    selber   setzte         mir    diese  Krone  auf,
1)私 2)自身が 7)かぶせたのだ 5)私の 3)この 4)冠を 6)上に
ich    selber   sprach     heilig             mein   Gelächter.
1)私 2)自身が 6)宣言した 5)神聖なものとして 3)私の 4)笑うことを
Keinen            anderen          fand          ich    heute 
5)だれも 9)なか 4)他の者を 8)みいださ 10)った  6)私は 7)今日 
stark    genug          dazu.
3)強い 2)じゅうぶんに 1)そのことのために

[20](下p.271)
Dem Winde  tut              mir        gleich, 
  2)風   4)ふるまいなさい 1)願わくは 3)のように
wenn             er     aus    seinen   Berghöhen  stürzt: 
6)ときのように 1)風が 4)から 2)自らの 3)山の高み 5)落下する
nach           seiner   eignen   Pfeife  will       er     tanzen, 
4)に合わせて 1)自らの 2)独特の 3)笛    7)うとする 5)風は 6)踊ろ
die Meere          zittern  und   hüpfen
1)もろもろの海は 5)震え    6)て 7)跳びはねる 
unter      seinen   Fußtapfen.
4)の下で 2)風の   3)足跡
[Der den Eseln Flügel gibt, der Löwinnen melkt, gelobt sei dieser gute unbändige Geist, der allem Heute und allem Pöbel wie ein Sturmwind kommt, -- der Distel -- und Tiftelköpfen feind ist und allen welken Blättern und Unkräutern: gelobt sei dieser wilde gute freie Sturmgeist, welcher auf Mooren und Trübsalen wie auf Wiesen tanzt!
   驢馬どもに翼を与え、牝獅子から乳をしぼる、――この不羈奔放な、めでたい精神を讃えよう。それはすべての今日のもの、すべての賤民どもに、嵐のように襲いかかる――
   それは薊の頭を吹きとばす。つまらぬ思念に満ちた頭を。それはすべての凋れた葉っぱや雑草の敵なのだ。この荒々しい、めでたい自由な嵐の精神を讃えよう。それは沼地と深く淀んだ悲哀の上でも、牧場とかわらず踊る!
Der die Pöbel-Schwindhunde haßt und alles mißratene düstere Gezücht: gelobt sei dieser Geist aller freien Geister, der lachende Sturm, welcher allen Schwarzsichtigen, Schwärsüchtigen Staub in die Augen bläst!
   肺病やみの賤民どもを厭い、すべての陰鬱な、できそこないの奴ばらを憎む――このあらゆる自由精神の精霊を讃えよう! それはすべての悲観主義者の、暗くただれた目のなかに埃をふきこむ笑う嵐だ!
Ihr höheren Menschen, euer Schlimmstes ist: ihr lerntet alle nicht tanzen, wie man tanzen muß -- über euch hinweg tanzen! Was liegt daran, daß ihr mißrietet!
   あなたがた、「ましな人間」たちよ、あなたがたのいちばんまずかったのは、踊るべき踊りを踊ることを学ばなかったことだ、――あなたがた自身を超えて踊ることを! あなたがたが失敗しても、それがなんだろう!
Wie vieles ist noch möglich! So lernt doch über euch hinweglachen! Erhebt eure Herzen, ihr guten Tänzer, hoch! höher! Und vergeßt mir auch das gute Lachen nicht!
   なんと多くのことが、まだまだ可能であることか! だから、あなたがた自身を超えて笑うことを学びなさい! あなたがたの心を高らかにあげよ、あなたがた、良き舞踏者よ、高く! もっと高く! そして良き笑いをも忘れるな!]
(下p.272)
Diese    Krone des Lachenden, diese  Rosenkranzkrone: 
2)この 3)冠      1)笑う者の 4)この 5)薔薇の花輪の冠は
euch,            meinen  Brüdern,     werfe  ich    diese  Krone  zu! 
1)あなたたちに 2)私の  3)兄弟たちよ 7)投げ 4)私は 5)この 6)冠を 8)掛ける
Das Lachen     sprach     ich    heilig, 
1)笑うことを 4)宣言した 2)私は 3)神聖なものとして
ihr        höheren  Menschen, 
おまえたち より高い 人間たちよ 
lernt          mir        lachen! 
3)学びなさい 1)願わくは 2)笑うことを

Dritter Teil 第3部 [15] Das andere Tanzlied 第二の舞踏の歌 1
[1](下p.145)
In         dein       Auge  schaute    
3)の中に 1)おまえの 2)目  6)見入った 
ich      jüngst,     o     Leben: 
4)私は 5)さきごろ 7)おお 8)生よ
(下p.146)
Gold       sah    ich    in       deinem   Nacht-Auge  blinken,
1)黄金が 7)見た 6)私は 4)の中に 2)おまえの 3)夜の目  5)きらめくのを
mein     Herz     stand  still      vor          dieser   Wollust: 
1)私の 2)心臓は 7)いた 6)静止して 5)を前にして 3)この   4)悦び
einen      goldenen  Kahn     sah    ich    blinken 
1)一隻の 2)金色の  3)小舟が 9)見た 8)私は 7)きらめくのを
auf        nächtigen  Gewässern, 
6)の上に 4)夜の     5)水域
einen  sinkenden, trinkenden, wieder    winkenden goldenen Schaukelkahn. 
一隻の 沈みかけ   水にひたり さらにまた 差し招く  金色の   揺れる小舟を

Nach   meinem  Fuße, dem        tanzwütigen, 
3)へ 1)私の  2)足  5)その足へ 4)踊りに熱狂した 
warfst     du         einen      Blick,
4)投げた 1)おまえは 2)ひとつの 3)まなざしを
einen    lachenden, fragenden, schmelzenden Schaukelblick. 
ひとつの 笑うような 問うような 融かすような 揺れるまなざしを

Zweimal  nur    regtest    du         deine      Klapper
1)2回  2)だけ 9)動かした 3)おまえは 4)おまえの 5)鳴子を 
mit    kleinen  Händen, 
8)で 6)小さな 7)両手
da         schaukelte  schon  mein   Fuß    vor        Tanz-Wut. 
1)すると 7)揺れた    2)もう 3)私の 4)足は 6)のために 5)舞踏病
Meine Fersen bäumten sich, 
私の  踵は   高く上がった
meine    Zehen        horchten,
1)私の 2)つまさきは 6)耳をそばだてた
dich         zu           verstehen.
3)おまえを 5)ようとして 4)理解し
[trägt doch der Tänzer sein Ohr -- in seinen Zehen!
耳が爪先についていてこそ、舞踏者というものなのだ!]
Zu             dir      hin        sprang   ich! 
2)に向かって 1)おまえ 3)そちらへ 5)跳んだ 4)私は
da         flohst   du         zurück
1)すると 7)逃げた 2)おまえは 6)うしろへ 
vor          meinem  Sprunge
5)に対して 3)私の  4)跳躍
und        gegen      mich   zungelte  
1)そして 3)向かって 2)私に 4)舌をちょろつかせた 
deines   fliehenden, fliegenden Haars Zunge! 
おまえの 逃げる      たなびく   髪の  舌は

Von      dir      weg      sprang   ich
2)から 1)おまえ 7)逃れて 9)跳んだ 8)私は
und        von    deinen     Schlangen.
3)そして 6)から 4)おまえの 5)蛇

Da         standst      du         schon    halbgewandt,
1)すると 5)立っていた 2)おまえは 3)早くも 4)なかば身をひるがえして
das Auge   voll       Verlangen.
1)目は   3)に満ちて 2)欲望

Mit        krummen    Blicken    
3)を以て 1)曲がった 2)まなざし 
lehrst     du         mich   krumme     Bahnen;
5)教える 1)おまえは 2)私に 3)曲がった 4)道を
auf        krummen    Bahnen   lernt  mein   Fuß    Tücken. 
3)の上で 1)曲がった 2)道     7)学ぶ 4)私の 5)足は 6)悪だくみを

(下p.147)
Ich      fürchte   dich   Nahe, 
1)私は 3)おそれる 2)おまえを 4)近づくことを
ich      liebe    dich       Ferne;
1)私は 3)愛する 2)おまえを 4)遠ざかること
deine        Flucht   lockt  mich,  
1)おまえの 2)逃走は 4)誘う 3)私を
dein         Suchen   stockt   mich: 
1)おまえの 2)追求は 4)停める 3)私を
ich  leide, 
私は 悩んでいる
aber         was            litt             ich    
1)けれども 7)いったい何を 8)悩んだだろうか 2)私は
um                 dich     nicht      gerne!
4)のためとあらば 3)おまえ 6)ではなく 5)喜々として

Deren    Kälte    zündet, 
その者の 冷たさが 燃え立たせる
deren    Haß      verfuhrt, 
その者の 憎しみは 誘惑する
deren    Flucht bindet,
その者の 逃走は 繋ぎ止める
deren    Spott  rührt. 
その者の 嘲りは 休ませる
[-- wer haßte dich nicht, dich große Binderin, Umwinderin, Versucherin, Sucherin, Finderin!
...
Du fletschest mich lieblich an mit weißen Zähnlein, deine bösen Augen springen gegen mich aus lockichtem Mähnlein! -
(下p.147)  ――だれでもおまえを、この大いなる束縛者、籠絡者、誘惑者、探究者、発見者を憎まないではいられない!
... 。
(下p.148)おまえの意地わるな目が、額の捲き毛のなかから、きらきらとわたしをのぞく!]
(下p.148)
Das        ist    ein Tanz  über               Stock und Stein:
1)これは 7)である 6)舞踏  5)の上を越えていく 2)切り株 3)と 4)石
Ich      bin    der Jäger, 
1)私は 3)である   2)猟師
willst       du         mein   Hund
3)たいのは 1)おまえが 4)私の 5)猟犬か 
oder         meine  Gemse        sein?
6)それとも 7)私の 8)カモシカか 2)なり

Jetzt    neben    mir! 
1)今は 3)近くに 2)私の
Und    geschwind, du       boshafte Springerin! 
そして たちまち   おまえは 意地悪い 跳躍者だ
Jetzt hinauf und    hinüber! 
今は  上へ   そして 向こうへ

(下p.147)
Hier         sind     Höhlen  und  Dickichte:
1)ここには 5)がある 2)洞窟  3)と 4)藪
wir          werden uns verirren! 
1)私たちは 3)だろう 2)道に迷う
Halt! steh still! 
待て  立ち 止まれ

(下p.147)
wohin  ziehst         du       mich jetzt?
どこへ 連れて行くのか おまえは 私を 今
[du Ausbund und Unband? Und jetzt fliehst du mich wieder, du süßer Wildfang und Undank!
(下p.147)この手におえない性悪女め! いや、こんどはわたしを捨てて逃げて行く。おまえ、この可愛らしいおてんばの恩知らずめ!]
(下p.147)
Ich  tanze dir     nach, 
私は 踊る おまえを 追って 
ich      folge        dir        auch   auf    geringer   Spur.
1)私は 3)ついて行く 2)おまえに 7)でも 6)の上 4)かすかな 5)足跡
Wo     bist      du? 
どこに いるのだ おまえは
Gib                mir  die Hand!
3)差し出してくれ 1)私に 2)手を
Oder         einen  Finger nur! 
さもなければ 一本の 指     だけでも

(下p.148)
Du           fletschest   mich   lieblich   an
1)おまえは 8)露わにする 5)私に 7)愛らしく 6)向かって 
mit    weißen  Zähnlein,
4)を 2)白い  3)歯
deine        bösen      Augen        springen  
1)おまえの 2)意地悪い 3)まなざしが 9)刺す    
gegen          mich  aus        lockichtem   Mähnlein!
8)に向かって 7)私  6)の奥から 4)捲き毛の   5)小さいたてがみ

(下p.147)
Siehst   du         nicht      
1)見え 3)おまえは 2)ないのか 
Eulen und Fledermause schwirren? 
梟    と  蝙蝠が      ブンブン音を立てて飛ぶのが
Du Eule!  
おまえこそが梟だ    
Du Fledermaus!
おまえこそが蝙蝠だ
Du           willst         mich   affen? 
1)おまえは 4)うとするのか 2)私を 3)からかお

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [18] Das Eselsfest 驢馬祭り 3
[3](下p.312)
O    meine neuen  Freunde, 
おお 私の  新しい 友人たちよ
[sprach er
(下p.313)と、彼は言った]
ihr        Wunderlichen,
おまえたち 風変りな人たちよ
ihr        höheren  Menschen, 
おまえたち より高い 人間たちよ
wie    gut  gefallt        ihr          mir  nun, 
なんと 良く 気に入ることか おまえたちは 私に 今や
seit       ihr          [wieder] fröhlich wurdet!
というのも おまえたちが [再び]   快活に   なったからだ
Ihr              seid   wahrlich   alle   aufgeblüht:
1)おまえたちは 5)のだ 2)まことに 3)皆   4)花開いた
mich   dünkt, 
私には 思えるのだが、
solchen        Blumen,   wie      ihr            seid,
4)このような 5)花には  3)ような 1)おまえたちが 2)そうである
tun            neue     Feste    not.
3)することが 1)新しい 2)祭典を 4)必要だ

Dritter Teil 第3部 [15] Das andere Tanzlied 第二の舞踏の歌 2
[2](下p.149)
O    Zarathustra! 
おお ツァラトゥストラ
[Klatsche doch nicht so förchterlich mit deiner Peitsche! Du weißt es ja: Lärm mordet Gedanken, -- und eben kommen mir so zärtliche Gedanken. Wir sind Beide zwei rechte Thunichtgute und Thunichtböse.
(p.149) あなたの鞭をそんなにひどく鳴らさないでください!『思想は騒音で死ぬ』とは、あなたもご存知のはず、――あいにく、ちょうどいま、やさしい思想がわたしの心に浮かんできたというのに。
   わたしたち二人は、善いことをしないし、さりとて悪いことをする身でもない。]
(p.149)
Jenseits   von  Gut  und Böse   fanden     wir 
5)彼岸に 4)の 1)善 2)と 3)悪  7)見つけた 6)私たちは 
unser    Eiland und unsere   grüne Wiese.
私たちの 島     と  私たちの 緑の  草地を
Wir    zwei   allein! 
私たち ふたり だけなのだ
Darum        müssen             wir
1)そのため 7)なければならない 3)私たちは 
schon      einander  gut      sein!
2)もはや 4)互いに  5)親しく 6)なら
[Und lieben wir uns auch nicht von Grund aus --, muß man sich denn gram sein, wenn man sich nicht von Grund aus liebt?
Und daß ich dir gut bin und oft zu gut, das weißt du: und der Grund ist, daß ich auf deine Weisheit eifersüchtig bin. Ah, diese tolle alte Närrin von Weisheit! Wenn dir deine Weisheit einmal davonliefe, ach! da liefe dir schnell auch meine Liebe noch davon. - Darauf blickte das Leben nachdenklich hinter sich und um sich und sagte leise:
(下p.150)    たとえわたしたちが心底から愛しあっていなくても――。心底から愛しあっていないからといって、お互いを憎まなければならぬものでもないでしょう?
   わたしがあなたにやさしくすること、時にはやさしくしすぎること、それはあなたも気がついているけれど、その理由をいえば、それはわたしがあなたの例の『知恵』に負けまいと意地を張っているからだわ。ああ、あの気違いの、老いた馬鹿女の『知恵』に!
   あなたから、いつかあなたの『知恵』が、逃げて行けば、ああ、そのときはわたしの愛も、たちまち逃げて行くでしょうね」。――
   ここで「生」は物思いに沈むように見えたが、うしろを見、あたりを見て、声をひそめてこう言った。]
(下p.150)
O    Zarathustra,     du
おお ツァラトゥストラ あなたは 
bist     mir    nicht    treu       genug! 
4)あり 1)私に 5)ません 3)誠実では 2)じゅうぶん
[Du liebst mich lange nicht so sehr wie du redest; ich weiß, du denkst daran, daß du mich bald verlassen willst.
(下p.150)あなたは、そのおっしゃるほどには、とうていわたしを愛してくださってはいない。わたしは知っているのです。あなたが、まもなくこのわたしを見捨てようと考えておいでのことを。]
(下p.150)
Es gibt    eine       alte [schwere schwere] Brumm-Glocke! 
4)がある 1)ひとつの 2)古い [重い重い]        3)低音の鐘
[die brummt nachts bis zu deiner Hohle hinauf:
(下p.150)そのにぶいうなり声が、夜ごとに、あなたの洞穴までのぼってきます。]

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [19] Das trunkne Lied 酔歌 12
[12](下p.328)
O        Mensch!  Gib      Acht! 
1)おお 2)人間よ 4)はらえ 3)注意を
Was  spricht die tiefe Mitternacht? 
何を 語るか      深い  真夜中は
Ich  schlief, ich  schlief, 
私は 眠った   私は 眠った
Aus      tiefem  Traum  bin  ich    erwacht: 
3)から 1)深い  2)夢   6)た 4)私は 5)目覚め
Die Welt   ist        tief
1)世界は 3)のである 2)深い
Und        tiefer         als    der Tag  gedacht. 
1)そして 5)いっそう深い 4)よりも 2)昼が 3)考えた
Tief     ist        ihr      Weh, 
3)深い 4)のである 1)世界の 2)痛みは
     Dritter Teil 第3部 [15] Das andere Tanzlied 第二の舞踏の歌 2
[2](下p.150)
Hörst      du         diese  Glocke 
7)聞くと 1)あなたが 2)この 3)鐘が  
mitternachts die Stunden  schlagen,
4)真夜中に     5)時を   6)打つのを
so    denkst  du       
そう 考えます あなたは 
[zwischen eins und zwölf] daran;
[1から12までの間に]       あのことを
du       denkst       daran, 
あなたは 考えるのです あのことを
O    Zarathustra,     ich  weiß         es, 
おお ツァラトゥストラ 私は 知っています そのことを
daß        du         mich   bald       verlassen  willst!
6)ことを 1)あなたが 2)私を 3)まもなく 4)見捨て   5)ようとする

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [19] Das trunkne Lied 酔歌 12
[12](下p.328)
Lust       tiefer         noch     als      Herzeleid: 
1)悦びは 5)いっそう深い 4)なおも 3)よりも 2)心の悩み
Weh    spricht: Vergeh! 
苦痛は 言う     消え去れと
Doch       alle       Lust     will     Ewigkeit, 
1)しかし 2)すべての 3)悦びは 5)欲する 4)永遠を
Will       tiefe, tiefe  Ewigkeit! 
4)欲する 1)深い 2)深い 3)永遠を
Dritter Teil 第3部 [15] Das andere Tanzlied 第二の舞踏の歌 2
[2](下p.151)
Und        sie       sahen         sich      an 
1)そして 2)彼らは 4)見 7)た 3)互いを 6)合っ 5)つめ
und        blickten     auf  die grüne  Wiese, 
1)そして 5)目をやった 4)の上に 2)緑の 3)草地
über         welche      
2)の上には 1)その草地 
eben    der kühle  Abend      lief, 
ちょうど    涼しい たそがれが 流れていた
und        weinten  mit      einander. 
1)そして 4)泣いた 3)と共に 2)お互い
[Und wir sahen sich an und blickten auf die grüne Wiese, über welche eben der kühle Abend lief, und weinten miteinander. - Damals aber war mir das Leben lieber, als je alle meine Weisheit.
(下p.151)  そしてわたしたちはたがいに見つめあい、おりしも夕冷えの迫ってきた緑の草地に目を放ち、そして一緒に泣いた。――そのとき「生」は、わたしの「知恵」のすべてにまさって、わたしにはいとしいものと思われた。――]
Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [19] Das trunkne Lied 酔歌 4
[4](下p.319)
Wehe mir!
あわれ せつない
Wo         ist      die Zeit     hin? 
2)どこへ 4)ったのか   1)時間は 3)行ってしま
Sank       ich   nicht          in       tiefe  Brunnen? 
5)沈んだ 1) 私は 6)のではないか 4)の中に 2)深い 3)井戸

Die Welt schläft, 
世界は   眠っている
Ach! Der Hund heult, der Mond scheint. 
ああ     犬が 吠える     月が 輝く

Lieber     will   ich    sterben, 
1)むしろ 4)たい 2)私は 3)死に    
als        euch           sagen,
8)よりは 6)おまえたちに 7)言う
was        mein   Mitternachtsherz  eben       denkt. 
5)ことを 1)私の 2)真夜中の心が    3)今まさに 4)考えている

Nun      starb        ich    schon. 
1)今や 4)死んだのだ 2)私は 3)もう
Es         ist      dahin. 
1)それは 3)である 2)おしまい
Spinne,    was    spinnst    du         um        mich? 
1)蜘蛛よ 2)何を 3)紡ぐのか 4)おまえは 6)の周りで 5)私
Willst         du         Blut? 
3)欲しいのか 1)おまえは 2)血が

Ach! Der Tau fällt, die Stunde kommt, 
ああ    露が 降りる     時が   来る
die Stunde  wo         mich   fröstelt         und      friert, 
6)時が    5)ところの 1)私に 2)寒けを覚えさせ 3)そして 4)こごえさせる
die  fragt und    fragt und   fragt: 
時は 問い  そして 問い さらに 問うのだ
Wer      hat            Herz     genug              dazu? 
1)誰が 5)持っているか 4)勇気を 3)じゅうぶん耐える 2)そのことに
Wer      soll   der Erde     Herr   sein? 
1)誰が 5)べきか   2)地上に 3)主人 4)となる
Wer      will         sagen: 
1)誰が 3)うとするか 2)言お 
so             sollt    ihr            laufen, 
1)そのように 4)べきだ 2)おまえたちは 3)流れる
ihr        großen und    kleinen Ströme! 
おまえたち 大きな および 小さな  河よ

Die Stunde naht! 
時は       近付く
O        Mensch,  du       höherer    Mensch,  gib      Acht! 
1)おお 2)人間よ 3)おまえ 4)より高い 5)人間よ 7)はらえ 6)注意を
diese    Rede       ist          für        feine    Ohren, 
1)この 2)ことばは 6)ものである 5)のための 3)鋭敏な 4)耳
für          deine      Ohren: 
3)のための 1)おまえの 2)耳
Was  spricht die tiefe Mitternacht? 
何を 語るか      深い  真夜中は

Zweiter Teil 第2部 [9] Das Nachtlied 夜の歌
(ニーチェ著 ; 氷上英廣訳『ツァラトゥストラはこう言った』上. 
東京 : 岩波書店, 1967 (岩波文庫 ; 青639-2), p.178)
Nacht ist es: 
夜    である
nun      reden  lauter           alle       springenden  Brunnen. 
1)今や 6)語る 5)より大きな声で 2)すべての 3)ほとばしる 4)泉は
Und        auch  meine  Seele  
1)そして 4)も  2)私の 3)魂   
ist        ein        springender  Brunnen. 
4)である 1)ひとつの 2)ほとばしる 3)泉

Nacht ist es: 
夜    である
nun      erst     erwachen   alle     Lieder der Liebenden 
1)今や 5)初めて 6)目覚める 4)すべて 3)歌が     2)愛する者たちの
und        auch  meine  Seele
1)そして 4)も  2)私の 3)魂   
ist    das Lied   eines      Liebenden. 
4)である 3)歌   1)ひとりの 2)愛する者の

Ein  Ungestilltes,  Unstillbares
或る 鎮まらないもの 鎮めることのできないものが 
ist      in     mir: 
3)ある 2)中に 1)私の
das        will       laut               werden.
1)それが 4)うとする 2)声を発するものに 3)なろ

Eine Begierde  nach   Liebe  ist    in     mir, 
3)熱望が     2)への 1)愛   6)ある 5)中に 4)私の
die            redet  selber   die Sprache der Liebe. 
1)その熱望が 5)語る 2)みずから 4)ことばを   3)愛の

Licht  bin      ich; 
2)光 3)である 1)私は
ach,     daß      ich    Nacht wäre! 
1)ああ 5)ならば 2)私が 3)夜  4)であった
aber       dies     ist      meine  Einsamkeit, 
1)しかし 2)これが 5)である 3)私の 4)孤独
daß        ich    von  Licht  umgürtet     bin. 
6)ことが 1)私が 3)を 2)光   4)身に帯びて 5)いる

(上p.180)
O        Einsamkeit  aller      Schenkenden! 
1)おお 4)孤独よ    2)すべての 3)贈り与える者たちの
0        Schweigsamkeit  aller      Leuchtenden! 
1)おお 4)沈黙よ        2)すべての 3)光り輝く者たちの

(上p.181)
Ach!     daß          ich    Licht  sein     muß! 
1)ああ 6)ということ 2)私が 3)光   4)であら 5)なければならない
[Und Durst nach Nächtigem! Und Einsamkeit!
Nacht ist es:
(上p.181)夜のように暗いものへのこの渇き! この孤独!
夜がきた。]
(上p.181)
Nun      bricht       wie    ein Born  
1)今や 8)ほとばしる 7)のように 6)泉  
aus          mir  mein   Verlangen 
5)の中から 4)私 2)私の 3)願いは
[-- nach Rede verlangt mich.
語ることを求めて私は熱望する]

Nacht ist es: 
夜    である
nun      reden  lauter           alle       springenden  Brunnen. 
1)今や 6)語る 5)より大きな声で 2)すべての 3)ほとばしる 4)泉は

Und        auch  meine  Seele
1)そして 4)も  2)私の 3)魂   
ist        ein        springender  Brunnen. 
4)である 1)ひとつの 2)ほとばしる 3)泉

Nacht ist es: 
夜    である
nun      erst     erwachen   alle     Lieder der Liebenden 
1)今や 5)初めて 6)目覚める 4)すべて 3)歌が     2)愛する者たちの
und        auch  meine  Seele  
1)そして 4)も  2)私の 3)魂   
ist    das Lied   eines      Liebenden. 
4)である 3)歌   1)ひとりの 2)愛する者の

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [20] Das Zeichen
(下p.334)
Herauf!      nun  herauf,       du    großer   Mittag! 
こちらへ上へ さあ こちらへ上へ おまえ 大いなる 正午よ
Dritter Teil 第3部 [12] Von alten und neuen Tafeln 古い石の板と新しい石の板 28,29
[28](下p.125)
Das Meer stürmt: 
海は     荒れている
[alles ist im Meere
一切が海のなかにある] 
Wohlan! Wohlauf! 
いざ    さあさあ
Ihr        alten    Seemannsherzen! 
おまえたち 親愛なる 海の男の心を持つ者たちよ

Dorthin    will     unser    Steuer, 
3)そこを 4)目指す 1)我々の 2)舵は 
wo           unser    Kinderland     ist! 
4)ところを 1)我々の 2)子孫たちの国 3)がある
Dort       hinaus,        stürmischer    als   das Meer,
1)そこへ 2)彼方を目指し 5)激しく荒れて 4)よりも 3)海
stürmt       unsre    große      Sehnsucht!
4)突進する 1)我々の 2)大いなる 3)憧れは
[29]
[»Warum so hart!« - sprach zum Diamanten einst die Küchen-Kohle; »sind wir denn nicht Nah-Verwandte?« -
Warum so weich? O meine Brüder, also frage ich euch: seid ihr denn nicht - meine Brüder?
(下p.125)「どうしてそう硬いのだ!」――あるときダイヤモンドにむかって木炭が言った。「われわれは親しい同族ではないのか?」──
  どうしてそう軟らかいのだ? おお、わが兄弟よ、このわたしはそうたずねる。あなたがたは──わたしの兄弟ではないのか?]
[29](下p.126)
Werdet   hart! 
2)なれ 1)硬く

Zweiter Teil 第2部 [6] Vom Gesindel 賤民

[Das Leben ist ein Born der Lust; aber wo das Gesindel mittrinkt, da sind alle Brunnen vergiftet.
(上p.161-162)  生は、快楽の泉である。しかし、賤民が来て、口をつければ、泉という泉は(けが)され、毒されてしまう。]
(上p.165)
Vorbei     die zögernde           Trübsal  meines   Frühlings.
5)過ぎ去って 3)ぐずぐずためらう 4)悲嘆は 1)私の   2)春の
[Vorüber die Bosheit meiner Schneeflocken im Juni! 
六月に時ならぬ雪片を散らしたわたしの悪意も去った。]
Sommer  wurde      ich    ganz       und      Sommermittag! 
3)夏  4)になった 1)私は 2)すっかり 5)そして 6)夏の正午になった

Ein Sommer  im         Höchsten     mit      
9)夏      8)における 7)最も高い所 6)のある
kalten     Quellen  und  seliger  Stille: 
1)冷たい 2)泉     3)と 4)至福の 5)静けさ

O!   kommt,   meine Freunde, 
おお 来なさい 私の  友らよ
daß    die Stille     noch     seliger             werde! 
5)ように 1)静けさが 2)さらに 3)よりいっそう至福に 4)なる

Denn       dies     ist          
1)つまり 2)これが 8)なのである 
unsre      Höhe   und      unsre    Heimat; 
3)我々の 4)高み 5)および 6)我々の 7)故郷
[zu hoch und steil wohnen wir hier allen Unreinen und ihrem Durste.
...
Und wie starke Winde wollen wir über ihnen leben,
(上p.165)ここに、わたしたちは、すべての不潔な者とその渇きにとっては、あまりにも高く、あまりにも嶮しく住む。
... 。
(上p.166)  われわれはかれらの上に、強い風のように生きたい。]
(上p.166)
Nachbarn den Adlern,    
2)隣人     1)鷲たちの  
Nachbarn dem Schnee, 
2)隣人     1)雪の
Nachbarn der Sonne! 
2)隣人     1)太陽の 
Zweiter Teil 第2部 [1] Das Kind mit dem Spiegel 鏡を持った幼な子
(上p.139)
Einem    Sturme   gleich     kommt  
ひとつの 嵐である かのように やってくる
mein Glück und meine Freiheit!
私の 幸福  と  私の  自由は

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [19] Das trunkne Lied 酔歌 6
[6](下p.321)
Süße    Leier! 
甘美な  竪琴よ
Ich      liebe    deinen     Ton, 
1)私は 4)愛する 2)おまえの 3)音を
deinen       trunkenen                    Unkenton! 
1)おまえの 3)酔い痴れた 2)スズガエルのような 4)音を

Wie      lang         her, 
どんなに 久しく昔から こちらへ
wie      fern     her 
どんなに 遠くから こちらへ
kommt      mir  dein     Ton, 
来ることか 私に おまえの 音は
weit      her;  
遥かから こちらへ
von  den Teichen der Liebe!
3)から 2)池        1)愛の

Du     alte Glocke, du     süße   Leier! 
おまえ 古い 鐘よ    おまえ 甘美な 竪琴よ
jeder    Schmerz riß
あらゆる 苦痛が  掻き傷を負わせた
dir          in's     Herz, 
1)おまえに 3)の中に 2)心臓
Vaterschmerz, Väterschmerz, Urväterschmerz: 
父の苦痛      父祖の苦痛    祖先の苦痛が
deine        Rede     wurde  reif, 
1)おまえの 2)言葉は 4)た   3)熟し
gleich       goldenem  Herbste  und  Nachmittage, 
5)のように 1)金色の  2)秋     3)と 4)午後
gleich       meinem  Einsiedlerherzen  
3)のように 1)私の  2)隠棲者の心
nun      redest  du:
1)今や 3)言う  2)おまえは
die Welt  selber       ward  reif, 
1)世界  2)そのものが 4)た  3)熟し
die Traube bräunt,  
葡萄が     褐色に色付く
nun      will     sie      sterben,
1)今や 4)欲する 2)世界は 3)死ぬことを
vor          Glück  sterben. 
2)のあまり 1)幸福 3)死ぬことを
Ihr        höheren   Menschen 
おまえたち より高い 人間たちよ 
riecht                      ihr's      nicht? 
3)においを感じ 1)おまえたちは 2)その 4)ないか

Es quillt    heimlich    ein    Geruch     herauf, 
5)湧き出る 1)ひそかに  2)或る 3)かおりが 4)こちらへのぼって
ein Duft  und   Geruch der Ewigkeit, 
2)芳香  3)と  4)かおりが 1)永遠の
ein rosenseliger  brauner  Goldweingeruch         von  altem  Glücke,
4)薔薇の至福の  5)褐色の 6)黄金の葡萄酒のかおり 3)の 1)古い 2)幸福
von    trunkenem  Mitternachts- Sterbeglücke, 
4)の 1)酔った   2)真夜中の幸福 3)死の幸福
welches    singt: 
その幸福が 歌うのだ
Die Welt   ist        tief
1)世界は 3)のである 2)深い
und        tiefer         als  der Tag    gedacht. 
1)そして 5)いっそう深い 4)よりも 2)昼が 3)考えた

Zweiter Teil 第2部 [10] Das Tanzlied 舞踏の歌
(上p.182)
Laßt           vom  Tanze  nicht   ab, 
5)でください 2)を 1)踊り 4)ない  3)やめ
ihr        lieblichen Mädchen! 
あなたたち 愛らしい   乙女たちよ
Kein           Spielverderber     kam    
8)のではない 1)戯れを滅ぼす者が 7)来た 
zu             euch         mit        bösem      Blick, 
6)のところへ 5)あなたたち 4)とともに 2)意地悪な 3)まなざし
kein         Mädchenfeind,  
2)ではない 1)乙女の敵 
Gottes    Fürsprecher bin      ich    vor      dem Teufel: 
4)神の  5)代弁者    6)である 1)私は 3)に対しては 2)悪魔
der                    aber     ist           der Geist der Schwere. 
2)その悪魔というのは 1)ただし 5)のことなのだが  4)魔物      3)重さの

Wie            sollte  ich, 
1)いかにして 9)うか  2)私が
ihr            Leichten, 
3)あなたたち 4)軽やかな者たちよ
göttlichen   Tänzen   Feind  sein? 
5)神々しい 6)踊りの 7)敵   8)であろ
Oder         Mädchenfüßen
1)あるいは 5)乙女の足の[敵であろうか] 
mit          schönen   Knöcheln? 
4)を持った 2)美しい  3)踝

Wohl         bin      ich    ein        Wald  
1)なるほど 5)であり 2)私は 3)ひとつの 4)森  
und        eine       Nacht      dunkler  Bäume: 
1)そして 4)ひとつの 5)闇である 2)暗い   3)木々の
doch         wer    sich       vor      meinem  Dunkel  nicht  scheut, 
1)けれども 8)者は 5)みずから 4)の前に 2)私の  3)暗闇  7)ない 6)おそれ
der          findet     auch  Rosenhänge
1)その者は 7)みつける 6)も  5)薔薇の斜面を 
unter      meinen  Zypressen. 
4)の下に 2)私の  3)糸杉

Und        auch   den    kleinen  Gott   findet     er     wohl, 
1)そして 6)も   3)あの 4)小さな 5)神を 8)みつける 2)彼は 7)たしかに
der        den Mädchen      der liebste        ist: 
その小さな神は 乙女たちにとって 最も好ましい者 である
neben    dem Brunnen  liegt            er,    still,
2)ほとりに 1)泉の   8)横たわっている 3)彼は 7)静かに 
mit    geschlossenen  Augen. 
6)て 5)閉じ         4)両目を

(上p.183)
Wahrlich     am   hellen   Tag      schlief
1)やれやれ 4)に 2)明るい 3)昼間 7)眠り 9)しまったのだ  
er       mir          ein, 
5)彼は 6)なんとまあ 8)込んで
der  Tagedieb. 
この 怠け者は

Haschte                  er     wohl 
7)捕らえようとしたのか 1)彼は 2)さだめし 
zu             viel   nach     Schmetterlingen? 
3)あまりにも 4)多く 6)追って 5)蝶を

Zürnt    mir    nicht,           ihr          schönen Tanzenden, 
2)怒ら 1)私に 3)ないでください 4)あなたたち 5)美しい 6)踊り手たちよ
wenn     ich    den    kleinen  Gott   ein      wenig  züchtige! 
8)とき 1)私が 2)その 3)小さな 4)神を 5)ほんの 6)少し 7)懲らしめる

Schreien   wird     er     wohl       und      weinen, 
3)叫んで 6)だろう 1)彼は 2)なるほど 4)そして 5)泣く
aber         zum        Lachen  ist      er
1)けれども 7)へ導く者 6)笑い  8)なのだ 5)彼は 
noch           im       Weinen! 
4)さえもなお 3)の中で 2)泣くこと

Und          mit      Tränen   im       Auge    
1)そしてと 5)と共に 4)涙     3)の中の 2)目   
soll       er     euch           um einen  Tanz   bitten, 
6)だろう 1)彼は 2)あなたたちに 4)を      3)踊り 5)請う
und        ich  selber    will  ein        Lied   
1)そして 2)私 3)自身は 10)う  4)ひとつの 5)歌を 
zu             seinem  Tanze  singen: 
8)に合わせて 6)彼の  7)踊り 9)歌お
Ein Tanz-    und      Spottlied   auf    den Geist der Schwere, 
1)舞踏の歌 2)であり 6)嘲笑の歌  5)に対する 4)魔物    3)重さの
meinen allerhöchsten, großmächtigsten Teufel, 
私の   最高の         最強の          悪魔
von          dem        sie      sagen,   
2)について 1)この悪魔 3)人々は 4)言う  
daß    er  „der Herr der Welt“   sei.
5)と 1)彼は  3)主人」2)「世界の 4)である
[Und dies ist das Lied, welches Zarathustra sang, als Kupido und die Mädchen zusammen tanzten:
...
Also sang Zarathustra. Als aber der Tanz zu Ende und die Mädchen fortgegangen waren, wurde er traurig.
(上p.183)童神が少女たちと一緒に踊ったとき、ツァラトゥストラが歌ったのが、つぎの歌である。
... 。
(上p.186)ツァラトゥストラはこう歌った。しかし舞踏が終わり、少女たちが立ち去ってしまうと、かれは悲しみにおそわれた。]
Zweiter Teil 第2部 [10] Das Tanzlied 舞踏の歌
(上p.186)
Die Sonne  ist          lange    schon  hinunter, 
1)太陽は 5)なっている 4)久しく 2)もう 3)沈んで
die Wiese   ist      feucht, 
1)草地は  3)ている 2)湿り気を帯び
von  den Wäldern  her        kommt  Kühle. 
2)から 1)森     3)こちらへ 5)来る 4)冷気が
Ein        Unbekanntes    ist    um         mich   
1)なにか 2)未知のものが 5)居る 4)まわりに 3)私の
und        blickt     nachdenklich. 
1)そして 3)見ている 2)物思わしげに

Was!       
何だと 
Du           lebst            noch,  Zarathustra? 
1)おまえは 3)生きていくのか 2)まだ 4)ツァラトゥストラよ
Warum? Wofür?       Wodurch?     Wohin?   Wo?      Wie? 
なぜ? 何のために? 何によって? どこへ? どこで? どのようにして? 
Ist            es       nicht      Torheit,  
4)のであるか 1)それは 3)ではない 2)おろかなこと
noch       zu       leben?
1)なおも 3)ことは 2)生きていく

Ach, meine Freunde,  
ああ 私の  友らよ
der Abend    ist      es,
2)たそがれ 3)である 1)それは
der        so           aus        mir    fragt.
5)ものは 1)このように 3)内部から 2)私の 4)問いかけてくる

Vergebt    mir      meine Traurigkeit! 
許してくれ 願わくは 私の  悲しみを
Abend      ward es; 
たそがれに なったのだ
vergebt        mir,   daß es   Abend        ward! 
5)許してくれ 4)私に 3)ことを 1)たそがれに 2)なった

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [10] Mittags 正午
(下p.235)
Heißer   Mittag   schläft      auf   den Fluren. 
1)熱い 2)正午が 5)眠っている 4)の上に  3)草原

(下p.235)
Du           liegst           im       Grase.  
1)おまえは 4)横たわっている 3)の中に 2)草
Still.
静かに

(下p.234)
Wie     ein zierlicher  Wind   ungesehen
8)ように  1)優美な    2)風が 6)目には見えず 
auf        getäfeltem               Meere  tanzt, 
5)の上で 3)板を張ったように平らな 4)海   7)踊る
leicht, federleicht,           
軽く    羽毛のように軽やかに 
so             tanzt der Schlaf   auf    mir. 
4)そのように 5)舞う    1)眠りは 3)上に 2)私の

(下p.235)
Das        ist  die heimliche    feierliche   Stunde, 
1)それは 5)である 2)ひそやかな 3)おごそかな 4)時刻
wo           kein               Hirt die Flöte   bläst.
1)そこには 5)のひとりもいない 4)牧人   2)笛を  3)吹く
[und sobald er auf dem Boden lag, in der Stille und Heimlichkeit des bunten Grases, hatte er auch schon seinen kleinen Durst vergessen und schlief ein.
(下p.233)そして色とりどりの草花の咲いた静寂と神秘のなかで、大地に身を横たえたかと思うと、はやくもかれはわずかなのどの渇きを忘れて、眠りこんだ。]
(下p.233)
Heimlichkeit  des  bunten         Grases! 
3)秘めやかさ     1)色とりどりの 2)草の

(下p.235)
O    Glück! 
おお 幸福よ

(下p.236)
Was  geschah      mir? 
何が 起こったのか 私の身に
Horch! 
耳をすませよ
flog                die Zeit   wohl         davon? 
3)飛び 5)たのだろうか 1)時が 2)おそらくは 4)去っ
falle          ich    nicht? 
2)落ちて行く 1)私は 3)のではないか
fiel       ich    nicht? 
5)落ちた 1)私は 6)のではないか
Horch!
7)耳をすませよ 
in     den Brunnen der Ewigkeit? 
4)の中へ 3)井戸      2)永遠という 
[Was geschieht mir? Still! Es sticht mich - wehe - ins Herz? Ins Herz!
(下p.236)――わたしはどうなるのだ? 静かに! 何かが、ぎくりとわたしの――あっ痛や――心臓を刺した! 心臓を? 心臓を!]
O    zerbrich, zerbrich, Herz 
おお 裂けろ    裂けろ    心臓よ
nach           solchem      Glücke! 
3)ののちには 1)このような 2)幸福

(下p.235)
Still! 
静かに!

(下p.235)
Willst       du         wohl       singen, 
4)たいのか 1)おまえは 2)おそらく 3)歌い  
O!   meine Seele? 
おお 私の  魂よ
[Du liegst im Grase. Aber das ist die heimliche feierliche Stunde, wo kein Hirt seine Flöte bläst.
Scheue dich! Heißer Mittag schläft auf den Fluren.
(下p.235)おお、幸福! おまえは歌いたいのか、わたしの魂よ? 草のなかに横たわって。だが、いまは牧人もその笛を吹かない、秘やかな、おごそかな時刻だ。
  おそれるがいい! 熱い正午が野づらにまどろんでいる。]
(下p.235)
Singe nicht, Still!
歌う  な!  静かにせよ!

(下p.235)
flüstere         nicht    einmal, 
1)ささやくこと 3)するな 2)さえも

(下p.235)
die Welt   ist      vollkommen. 
1)世界は 3)である 2)完全

(下p.235)
Still! 
静かに!
Der alte Mittag schläft. 
老いた   正午が 眠っている
[er bewegt den Mund:
かれは口をうごかす]
trinkt   er     nicht          eben 
3)飲む 1)彼は 4)のではないか 2)いままさに
[einen Tropfen Glücks]
幸福のひとしずくを]
(下p.236)
einen    alten  braunen  Tropfen    goldenen  Glücks,  
5)ひと 3)古い 4)褐色の 6)しずくを 1)金色の  2)幸福の 
goldenen Weins? 
黄金色の 葡萄酒の[ひとしずくを]
Es           huscht         über       ihn    hin, 
1)なにかが 5)掠めてよぎる 3)おもてを 2)彼の 4)あちらへ
sein Glück  lacht! 
彼の 幸福が 笑う
So         lacht ein Gott. 
そのように 笑うのだ  神というものは

(下p.237)
Auf,   du     Schläfer! 
起きろ おまえ 眠る者よ
[sprach er zu sich selber,
と、かれは自分自身に言った。] 
Zarathustra!       Du     Mittagsschläfer! 
ツァラトゥストラよ おまえ 正午を眠る者よ
[Wohlan, wohlauf, ihr alten Beine! Zeit ist's und Überzeit, manch gut Stücks Wegs blieb euch noch zurück -
Nun schlieft ihr euch aus, wie lange doch? Eine halbe Ewigkeit! Wohlan, wohlauf nun, mein altes Herz! Wie lange erst darfst du nach solchem Schlaf - dich auswachen?
(Aber da schlief er schon von neuem ein, und seine Seele sprach gegen ihn und wehrte sich und legte sich wieder hin) -
(下p.237)さあ、しっかりしろ! おまえたち、老いた脚よ! さあ時が来た、いや時は過ぎた。おまえたちに歩いてもらう道のりはまだたっぷりある。――
  もう飽きるほど眠ったろう。長かったな? 永遠の半分もか! さあ、しっかりしろ! わたしのいつもながらの親しい心よ! こんなに寝たあとで、おまえはこれからどのくらい――目をさましていられることか?
  (しかし、そう言いながら、ツァラトゥストラははやくもまた眠りに落ちていった。かれの魂はかれに言葉をかえし、抵抗し、ふたたび身横たえた)――]
(下p.237)
Laßt                 mich   doch!
3)放っておいてくれ 1)私を 2)どうか
Still! 
静かに!
ward   die Welt     nicht          eben         vollkommen? 
4)なった 1)世界は 5)のではないか 2)いままさに 3)完全に
O des goldenen runden Balls! 
おお  黄金の   丸い   球体よ
[»Steh auf«, sprach Zarathustra, »du kleine Diebin, du Tagediebin! Wie? Immer noch sich strecken, gähnen, seufzen, hinunterfallen in tiefe Brunnen?
(下p.237)「起きろ!」と、ツァラトゥストラは言った。「この小さな盗人め! このなまけものめ! なんとしたことだ。いつまでも寝ころんで、あくびをし、ためいきをし、そして深い井戸に落ちて行くのか?]
Wer      bist       du         doch, 
3)何者 4)であるか 1)おまえは 2)いったい
O    meine Seele? 
おお 私の  魂よ

(下p.236)
Wie          wenig    genügt 
1)どんなに 2)わずか 4)足りることか
schon      zum          Glücke! 
3)だけで 6)に至るには 5)幸福

(下p.237)
Wie          lange  erst        darfst         du 
5)どんなに 6)長く 7)なにしろ 10)できるだろう 1)おまえは
nach           solchem      Schlaf  
4)のあとでは 2)あれほどの 3)眠り  
dich             auswachen.
8)おまえ自身を 9)目覚めさせておくことが

(下p.235)
O    Glück! 
おお 幸福よ

(下p.235)
Der alte Mittag schläft. 
老いた   正午が 眠っている

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [19] Das trunkne Lied 酔歌 8
[8](下p.323)
Gottes   Weh      ist        tiefer,    
1)神の 2)苦痛は 4)のである 3)より深い 
du     wunderliche Welt, 
おまえ 奇妙な      世界よ
greife           nach         Gottes  Weh, 
4)つかみかかれ 3)をめがけて 1)神の  2)苦痛 
nicht        nach         mir, 
3)ではなく 2)をめがけて 1)私
was            bin          ich? 
2)いったい何 3)であるのか 1)私というものは

Eine     trunkene süße Leier, 
ひとつの 酔った   甘い 竪琴
eine Mitternachtsleier,
真夜中の竪琴
eine Glockenunke,  die          Niemand     versteht, 
5)鐘のスズガエル 4)ところの 1)誰も 3)ない 2)理解し
aber       welche   reden  muß  
1)しかし 2)それは 5)語ら 6)なければならないのだ 
vor            Tauben, 
4)に向かって 3)耳の聞こえない者たち
ihr        höheren   Menschen; 
おまえたち より高い 人間たちに向かって
denn       ihr            versteht  mich   nicht. 
1)つまり 2)おまえたちは 4)理解し  3)私を 5)ないのだ

Dahin!          O   Jugend! O   Mittag! O   Nachmittag! 
去ってしまった おお 青春よ おお 正午よ おお 午後よ
Nun    kam  Abend [und Nacht] und Mitternacht. 
いまや 来た たそがれ  [と夜]  と  真夜中が
[der Hund heult, der Wind: - ist der Wind nicht ein Hund? Er winselt, er kläfft, er heult. Ach!
犬が吠えている。風が吠えている。
  ――風は犬ではないのか? くんくん泣く。わめきたてる。遠吠えする。ああ!]
Ach! wie    sie      seufzt! 
ああ なんと 真夜中は ため息をつくことか

Wie    sie    lacht, 
なんと 彼女は 笑うことか
wie    sie    röchelt 
なんと 彼女は 喉をぜいぜい鳴らすことか
und    keucht,    die  Mitternacht! 
そして 喘ぐことか この 真夜中は

Wie    sie    eben         nuchtern spricht, 
なんと 彼女は ちょうど今は しらふで 語ることか
diese trunkene   Dichterin! 
この  酔いどれの 女流詩人は

Sie        übertrank        wohl       ihre     Trunkenheit!
1)彼女は 5)飲み越えたのだ 2)おそらく 3)彼女の 4)酔いを

Sie        wurde            überwach? 
1)彼女は 3)ったのだろうか 2)目が冴えてしま
[sie käut zurück?
彼女は反芻しているのだろうか?]

(下p.324)
Ihr        Weh       käut       sie      zurück, im     Traume, 
1)彼女の 2)苦痛を 10)咀嚼する 8)彼女は 9)再び  7)の中で 6)夢
die      alte     Mitternacht. 
3)この 4)老いた 5)真夜中は
und    mehr       noch   ihre   Lust.
そして それ以上に さらに 彼女の 悦楽を
[Lust  nämlich,
悦楽は つまり] 
wenn       schon      Weh      tief   ist: 
1)たとえ 5)としても 2)苦痛は 3)深い 4)のである
Lust       ist        tiefer     noch       als      Herzeleid.
1)悦楽は 6)のである 5)より深い 4)いっそう 3)よりも 2)心の悩み

Vierter und letzter Teil 第4・最終部 [19] Das trunkne Lied 酔歌 2,3,12,11
[2](下p.317)
Kommt! Kommt! Kommt!
来い! 来い! 来い!
Laßt       uns      jetzo    wandeln! 
4)せよう 2)我々を 1)今こそ 3)さすらわ
Es ist   die Stunde! 
2)来たのだ 1)時が
Laßt         uns      in   die Nacht  wandeln. 
5)させよう 1)我々を 3)の中へ 2)夜   4)さまよい出

[3](下p.318)
Ihr        höheren   Menschen, 
おまえたち より高い 人間たちよ
es       geht   gen          Mitternacht: 
1)今は 4)いる 3)に向かって 2)真夜中
da             will   ich    euch 
1)そこでいま 8)よう 2)私は 3)おまえたちに
etwas          in   die Ohren  sagen, 
4)或ることを 6)の中へ 5)耳   7)告げ
wie          jene   alte   Glocke  
9)とおりに 1)あの 2)古い 3)鐘が  
es         mir    in's     Ohr  sagt, 
4)それを 5)私に 7)の中へ 6)耳 8)告げる
so         heimlich,  
そのように ひそやかに
so         schrecklich, 
そのように おそろしく
so         herzlich,
そのように 心をこめて
wie          jene   Mitternachtsglocke  
7)とおりに 1)あの 2)真夜中の鐘が      
zu     mir  es       redet, 
4)に 3)私 5)それを 6)語る
die          mehr         erlebt       hat
1)あの鐘は 5)より多くを 6)生き抜いて 7)きたのだ 
als        ein        Mensch. 
4)よりも 2)ひとりの 3)人間
Welche schon eurer 
それは 既に  おまえたちの 
Väter  Herzens-Schmerzens-Schläge abzählte. 
父祖の 心の    苦痛の     鼓動を  数え上げたのだ

Ach! wie    sie      seufzt! 
ああ なんと 真夜中は ため息をつくことか
wie        sie      im       Traume  lacht! 
1)なんと 2)彼女は 4)の中で 3)夢    5)笑うことか
die  alte   tiefe, tiefe Mitternacht! 
この 老いた 深い   深い  真夜中は

Still! Still! 
静かに 静かに

Da       hört   sich       Manches, 
1)いま 3)聞こ 4)えてくる 2)さまざまなことが
das        am     Tage   
7)ような 2)には 1)昼間 
nicht    laut         werden             darf; 
6)ない 3)音をたてる 4)ようになることが 5)許され
nun      aber     bei      kühler       Luft, 
1)今や 2)しかし 5)の中で 3)より冷たい 4)大気
da           auch  aller    Lärm 
1)そこでは 5)も  6)すべて 4)ざわめき 
eurer            Herzen  stille   ward, 
2)おまえたちの 3)心の  7)静かに 8)なった
nun      redet  es, 
1)いま 3)語る 2)それは
nun      hört       es       sich, 
1)いま 4)聞こえる 2)それは 3)おのずから
nun      schleicht  es       sich
1)いま 8)込む     2)それは 7)忍び
in         nächtliche  überwache    Seelen! 
6)の中へ 3)夜の      4)見張り番の 5)魂

Ach! wie    sie      seufzt! 
ああ なんと 真夜中は ため息をつくことか
wie        sie      im       Traume  lacht! 
1)なんと 2)彼女は 4)の中で 3)夢    5)笑うことか
hörst              du's       nicht, 
2)聞こえ 1)おまえにはそれが 3)ないか 
wie      sie    heimlich,  schrecklich, herzlich
どんなに 彼女が ひそやかに おそろしく   心をこめて
zu     dir      redet. 
2)に 1)おまえ 3)語るか
Die  alte   tiefe, tiefe Mitternacht! 
この 老いた 深い   深い  真夜中が

[12](下p.328)
O        Mensch!  Gib      Acht! 
1)おお 2)人間よ 4)はらえ 3)注意を
Was  spricht die tiefe Mitternacht? 
何を 語るか      深い  真夜中は
Ich  schlief, ich  schlief, 
私は 眠った   私は 眠った
Aus      tiefem  Traum  bin  ich    erwacht: 
3)から 1)深い  2)夢   6)た 4)私は 5)目覚め
Die Welt   ist        tief
1)世界は 3)のである 2)深い
Und        tiefer         als    der Tag  gedacht. 
1)そして 5)いっそう深い 4)よりも 2)昼が 3)考えた
Tief     ist        ihr      Weh, 
3)深い 4)のである 1)世界の 2)痛みは
Lust       tiefer         noch     als      Herzeleid: 
1)悦びは 5)いっそう深い 4)なおも 3)よりも 2)心の悩み
Weh    spricht: Vergeh! 
苦痛は 言う     消え去れと
Doch       alle       Lust     will     Ewigkeit, 
1)しかし 2)すべての 3)悦びは 5)欲する 4)永遠を
Will       tiefe, tiefe  Ewigkeit! 
4)欲する 1)深い 2)深い 3)永遠を

[11](下p.326)
Alle     Lust   will 
すべての 悦楽は 欲する
aller    Dinge  Ewigkeit!
すべての 事物の 永遠を
[will Honig, will Hefe, will trunkene Mitternacht, will Gräber, will Gräber-Tränen-Trost, will vergüldetes Abendrot
(下p.326)蜜を願う。滓を願う。陶酔の真夜中を願う。墓を願う。墓にそそぐ涙のなぐさめを願う。金色に染まった夕映えを願う、――]
Was                    will   nicht  Lust! 
4)ものが何かあろうか 2)欲し 3)ない 1)悦楽が
Sie         ist      durstiger,   herzlicher,  hungriger,       
1)悦楽は 10)である 5)より渇いて 6)より切実で 7)より飢えて 
schrecklicher,     heimlicher     als          alles    Weh: 
8)よりおそろしく 9)よりひそやか 4)にも増して 2)すべての 3)苦痛
[sie will sich, sie beißt in sich, des Ringes Wille ringt in ihr,
(下p.326)よろこびは自分自身を欲する。自分自身を噛む。円環の意志が身もだえする、――]
Sie        will     Liebe, 
1)彼女は 3)欲する 2)愛を
sie        will     Haß, 
1)彼女は 3)欲する 2)憎しみを
sie        ist      überreich, 
1)彼女は 3)である 2)ありあまるほど豊か
[schenkt, wirft weg, bettelt, daß einer sie nimmt, dankt dem Nehmenden, sie möchte gern gehaßt sein,
(下p.326)贈り与え、ほどこし、だれかによって
(下p.327)奪われることを懇望し、奪う者に感謝し、好んで憎まれようとする。]
(下p.327)
so             reich  ist      Lust, 
2)あまりにも 3)豊か 4)である 1)悦楽は
daß        sie      nach       Wehe   durstet, 
1)だから 2)彼女は 4)を求めて 3)苦痛 5)渇望する
[nach Hölle, nach Haß, nach Schmach, nach dem Krüppel,
(下p.327)苦悩だろうと、憎悪だろうと、恥辱だろうと、畸形だろうと渇求する。]
nach         Welt, 
2)を求めて 1)世界
[ - denn diese Welt, o ihr kennt sie ja!
(下p.327)――なぜなら、この世は、おお、あなたがたにいまさら言うまでもない!]
ihr        höheren  Menschen, 
おまえたち より高い 人間たちよ
nach         euch         sehnt            sie sich, 
3)を求めて 2)おまえたち 4)憧れているのだ 1)彼女は
die      Lust, die unbandige, selige, 
1)この 4)悦楽は  2)奔放な   3)至福な
[ - nach eurem Weh, ihr Mißratenen! Nach Mißratenem sehnt sich alle ewige Lust.
Denn alle Lust will sich selber, drum will sie auch Herzeleid!
(下p.327)――あなたがたの嘆きにあこがれているのだ。あなたがた、でき損いの人間たちよ! すべての永遠のよろこびは、でき損いのものにあこがれる!
  なぜなら、すべてのよろこびは自己自身を欲しているからだ。だから、それは断腸の悲しみをも欲する!]
O    Glück!  O    Schmerz! 
おお 幸福よ  おお 苦痛よ
O    brich  Herz! 
おお 裂けよ 心臓よ
[Ihr höheren Menschen, lernt es doch,
(下p.327)あなたがた「ましな人間」たちよ、しかと学びなさい、]
Lust       will     Ewigkeit! 
1)悦楽は 3)欲する 2)永遠を
Lust       will     aller      Dinge    Ewigkeit! 
1)悦楽は 5)欲する 2)あらゆる 3)事物の 4)永遠を
Will       tiefe, tiefe  Ewigkeit. 
4)欲する 1)深い 2)深い 3)永遠を

凡例
歌詞として歌われている箇所のページ付けを、
ニーチェ著 ; 氷上英廣訳『ツァラトゥストラはこう言った』上. 東京 : 岩波書店, 1967 (岩波文庫 ; 青639-2)
ニーチェ著 ; 氷上英廣訳『ツァラトゥストラはこう言った』下. 東京 : 岩波書店, 1970 (岩波文庫 ; 青639-3)
に基づいて (    ) 内に表示した。
[    ] 内に補記した原文テクストは歌詞として歌われない部分。