ここからメインコンテンツです。

学外への複写依頼、図書取寄依頼

必要な資料がこの図書館にない場合には、学外の図書館から取寄せることができます。
国内にない場合は、以下の方法もあります。
  • 他大学等に依頼する場合には、原則として、こちらの図書館から依頼先図書館への事前照会が必要です。
  • 他大学等に依頼する前に、一橋大学に所蔵がないか、充分に再確認してください。
  • 必要な資料がどの図書館にあるかの調査は、以下のオンライン検索などで検索できます。

学外の図書館(国内)に複写を依頼する(文献複写・国内)

  • ヘルプデスクで「文献複写申込書」に必要事項を記入してお申し込みください。
  • My Libraryからも申し込むことができます。
  • 依頼先での複写料金と、複写物の郵送料金、および依頼先図書館の指定する手数料は申込者の負担となります。
  • 送付方法: 通常は「普通郵便」です。
    • お急ぎの場合は、速達、ファクシミリ(FAX)、画像電送システム(DDS)による文献複写が利用できる場合があります。
    • ファクシミリの場合は、通信料が加算され、1枚当りの料金は高くなります。
    • ファクシミリ(FAX)、画像電送システム(DDS)は、以下の著作権管理団体に管理を委託されている資料のみが対象です。

論文については、掲載されている雑誌名、巻号、ページ数を特定する必要があります。
特定できない場合は、ヘルプデスクまでご相談ください。


学外の図書館(国内)から図書を取り寄せる(現物貸借・国内)


【大学院生の現物貸借費用の公費負担サービスについて】
  • 4月1日より開始します。1人5冊まで無料となります。
  • 年度内であっても予算の上限に達した段階で終了となります。
  • My Library から、もしくは、図書館1階のヘルプデスクでお申し込みください。
  • 国立大学法人(大学共同利用機関を含む)の附属図書館、大阪市立大学学術情報総合センター、早稲田大学中央図書館、慶應義塾大学三田メディアセンター、上智大学図書館、アジア経済研究所図書館、国際基督教大学図書館、津田塾大学図書館のみの扱いとなります。

文献複写・現物貸借に係る費用を外部資金で支払う

他大学図書館からの複写物・現物の取寄せに係る費用について、科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金/科学研究費補助金)、寄付金などの外部資金でも支払いが可能です。以下の詳細をご確認の上、ご利用ください。


  • 支払いが可能な期間
    • 現物貸借については、10月末日の依頼まで。
    • 複写物の取寄せについては、11月末日の依頼まで。
      ※ 海外図書館・国立国会図書館への複写依頼は、ヘルプデスクで請求書をお渡しします。支払いは、各部局にてお済ませください。
      ※ 上記期間以降は「文献複写費(校費)」でお支払いいただくことになります。また、従来とおり、上記期間中であっても「文献複写費(校費)」での支払いも可能です。
  • 依頼時の注意点
    (1)MyLibrary (https://opac.lib.hit-u.ac.jp/mylibrary/) を使って依頼する場合
    • 「支払料金の選択」で、「文献複写費(外部資金)」を選択してください。
    • 「典拠/通信欄」に、利用する外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」を記入してください。
      ※ 外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」が分からない場合は、部局会計担当者にご確認ください。
      ※ ご記入いただいた情報で特定が難しい場合、「文献複写費(校費)」に変更させていただく場合があります。
      ※ その他の入力方法は、従来と同じです。
    (2)ヘルプデスクで依頼する場合
    • 「文献複写申込書」、「現物貸借申込書」の「支払区分」で「外部資金」にチェックをいれてください。
    • 申込書裏面に、利用する外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」を記入してください。
      ※ 外部資金の「所管、財源、プロジェクト名称」が分からない場合は、部局会計担当者にご確認ください。
      ※ ご記入いただいた情報で特定が難しい場合、「文献複写費(校費)」に変更させていただく場合があります。
      ※ その他の入力方法は、従来と同じです。

    海外の図書館に複写を依頼する(文献複写・海外)

    国内に所蔵がない場合、海外の以下の4種類の機関にのみコピーを依頼することができます。
  • お申し込みの前に、それぞれのツールで所蔵の有無を確認し、詳細な所蔵情報(請求記号等)を控えて下さい。
    • 英語文献については、原則として北米、英国図書館(BL)の順でご確認ください。
    • 北米については、WorldCatで書誌情報を確認し、
    • 特定した書誌の詳細画面にて,「Get this item」>「Borrow or obtain a copy」> 「Enter your location:」欄に「USA」等を入力の上,所蔵館を確認してください。
    • 当該所蔵館が本学から依頼可能な大学図書館(=GIF加盟館)であるかどうかをこちらのリストでご確認ください。
    • ※WorldCatの大学名とGIF加盟館リストの図書館名は分館単位で異なることがあるので「WorldCat→個別の所蔵館のオンライン目録」までご確認ください。
    • 依頼可能な所蔵館を特定できましたら,【館名と請求番号(Call#)】をご連絡ください。

    料金等について

    申込先
    複写料金
    支払い方法
    北米大学図書館
    1件10~30ドル前後(依頼先によって異なります)
    口座振込
    British Library(+BLと提携している英国の大学図書館)
    1件 2,205円~
    韓国
    韓国におけるILL複写料金表 公費/私費(窓口での現金)
    中国人民大学図書館
    無料          -

  • 海外の図書館から図書を取り寄せる(現物貸借・海外)

    国内に所蔵がない場合、海外の以下の機関からのみ図書を取り寄せることができます。
    • (1)一部の北米大学図書館の内、[BOOK LOAN]に「Yes」がついている図書館(受付館一覧
    • (2)British Library
    • お申し込みの前に、それぞれのツールで所蔵の有無を確認し、詳細な所蔵情報(請求記号等)を控えて下さい。
    • 韓国は現物貸借はできません。
    • 中国人民大学図書館の資料は現物貸借できません。
      • 原則として北米、英国図書館(BL)の順でご確認ください。
      • 北米については、WorldCatで書誌情報を確認し、
      • 特定した書誌の詳細画面にて,「Get this item」>「Borrow or obtain a copy」> 「Enter your location:」欄に「USA」等を入力の上,所蔵館を確認してください。
      • 当該所蔵館が本学から依頼可能な大学図書館(=GIF加盟館)であるかどうかをこちらのリストでご確認ください。
      • ※現物貸借可能な館は、リストで「Book Loan」項目が「YES」である必要があります。
      • ※WorldCatの大学名とGIF加盟館リストの図書館名は分館単位で異なることがあるので「WorldCat→個別の所蔵館のオンライン目録」までご確認ください。
      • 依頼可能な所蔵館を特定できましたら,【館名と請求番号(Call#)】をご連絡ください。

    料金等について

    *国内の現物貸借と同様、申込者に往復の送料等の料金をご負担いただきます。

    申込先
    貸出料金
    支払い方法
    British Library
    1件 3,770円~ 口座振込
    北米大学図書館
    1件30ドル~(依頼先によって異なります)

    なお、上記貸出料金のほかに、こちらから返送する料金(1,000~3,000円程度)が必要です。

    (問合せ先 Tel:042-580-8241)
    ここからフッターです。