ここからメインコンテンツです。

警報発令時の対応について

警報発令時の対応について

1.平日
附属図書館長が判断する。

2.土日・祝日
下表のとおりとする。

なお、下表において「警報等」とは以下のことをいう。
 (1) 気象庁による大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪の各警報または特別警報
 (2) 大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づく警戒宣言
 (3) 自然災害によるJR中央線及びJR南武線の国立市域を含む区間(以下「両線の区間」という。)の運休

授業開講日以外 午前7時時点で国立市に警報等が発令中の場合 通常の開館時刻から午後1時まで臨時休館とする
午前11時時点で国立市に警報等が発令中の場合 午後1時から通常の閉館時刻までを臨時休館とする

授業開講日

「大学の休講措置について」に基づき、午前の授業が休講となった場合-① 通常の開館時刻から午後1時まで臨時休館とする
「大学の休講措置について」に基づき、午後の授業が休講となった場合-② 午後1時から午後5時まで臨時休館とする
午後3時以降に国立市に警報等が発令中の場合 午後5時以降から通常の閉館時刻までを臨時休館とする
①、②以外で午後3時から5時の間のいずれかの時点で両線の区間が運休している場合 午後5時以降から通常の閉館時刻までを臨時休館とする

 

ここからフッターです。