岡田家文書仮目録リスト(高札)

表題
年代
大きさ
備考:内容
高札(火付札) 正徳元年5月 40×80.5 五箇条:「一、火を付る者をしらハ早々申出へし・・・」
高札(徒党札) 明和7年4月 50×90.5 「何事によらすよろしからさる事に百姓大勢申合候をととう(徒党)ととなヘ ととうしてしゐてねかひ事くはだたつるをこうそ(強訴)といひ あるいは申あはせ村方たちのき候をてうさん(逃散)と申前々より御法度に候條 右儀これあらば居むら他村にかぎらず 早々其すじの役所へ申出べし 御ほうびとして何事によらすよろしからさる事に百姓大勢申合候をととう・・・」
高札(切支丹札) 慶応4年3月 40×80 「一、切支丹宗門之儀ハ是?御制禁之通固く可相守事・・・」
「太政官」「沼田藩知事」
岡田銀行営業摘要看板 明治28年1月 45×79 「一、当座預金 日歩壱銭・・・」
木札     2枚。棟札か?

一橋大学附属図書館 学術・企画主担当