ここからメインコンテンツです。

非図書資料の整理・修復等事業 (附属図書館後援会事業プロジェクト)

後援会事業プロジェクト トップページ


平成23年度の活動

  • 大塚金之助関係資料の目録作成と資料の公開

     これまで一括整理されていた資料の再整理を行い、1点ごとに新たに番号を付した。資料の総点数は30,686点となった。


  • 大塚金之助関係資料の書簡公開許諾の取得

     大塚発の書簡2,369点のうち、①第三者の評価、②受信者および第三者の病気、③人事のいずれかに関する情報を含むものを除く1,353点の公開許諾を目指し、発信者と受信者の双方に問い合わせを行った。その結果、827点が閲覧可能になった。


  • 大塚金之助関係資料の講義ノートのクリーニングと電子化

     大塚金之助の講義ノート類202点を電子化し、著作権侵害の恐れがないものを機関リポジトリHERMES-IRで公開した。なお、このうち1点は汚損していたことから、事前に専門家によるクリーニングを実施した。


  • 教員関係の目録公開

     教員関係資料の仮目録の確認作業を行い、附属図書館ウェブサイト上で公開した。公開したのは、青山衆司関係資料・田中誠二関係資料・都留重人関係資料・中村進午関係資料・福田徳三関係資料・藤井義夫関係資料・米谷隆三関係資料・増田四郎関係資料・藻利重隆関係資料の9コレクションである。


  • 媒体変換

    大塚金之助関係資料のオープンリールテープ20点・カセットテープ2点、高瀬荘太郎関係資料のオープンリールテープ4点、村松恒一郎関係資料のカセットテープ3点をデジタル化した。



関連リンク  大塚金之助関係資料   青山衆司関係資料   田中誠二関係資料   都留重人関係資料   中村進午関係資料

福田徳三関係資料   藤井義夫関係資料   米谷隆三関係資料   増田四郎関係資料   藻利重隆関係資料

ここからフッターです。