ここからメインコンテンツです。

図書館年表 2000-

2000年(平成12)

3月 附属図書館第2期増改築工事が竣工する。
10月 附属図書館新本館開館。新館を雑誌棟に改称する。目録所在情報検索システム(JOINT)を更新し,サービスインタフェイスをwebに一元化する。

2001年(平成13)

3月 一橋ディジタルアーカイヴス(HDA)システムを導入する。
4月 授業期の開館時間(平日夜間22時まで,日曜祝日開館)を拡大する。
携帯電話向けの利用案内(試行)、四大学連合目録所在情報横断検索のサービス、一橋大学webサイトサーチのサービスを開始する。
11月 公開展示室を開室し,記念企画展「一橋大学への歩み」を開催する。
一橋ディジタルアーカイヴス(HDA)を公開する。

2002年(平成14)

4月 CD-ROM検索サーバで提供していたデータベースを、 すべてオンラインデータベースに移行する。
自動貸出装置を導入する。
5月 情報処理センターと共同で、無線ネットワークによるオープンアクセスサービス実験を開始する。
6月 オープンアクセスフロア用の無線LANカードの貸出を始める。
名誉教授閲覧室を設置する。
オープンアクセスフロアの実験サービスを開始する。
10月 新着図書リストのオンライン掲示を始める。

2003年(平成15)

6月 本館に視聴覚コーナーを設置する。
10月 四大学連合及び多摩地区国立五大学図書館間の「相互利用に関する申合せ」を発効する。
11月 HERMES(オンライン目録)から、雑誌の冊子版と電子版(電子ジャーナル)の一元的検索が可能になる。
12月 GIF(Global ILL Framework)プロジェクトによる北米大学図書館との現物相互貸借の試行を開始する。

2004年(平成16)

4月 一橋大学は国立大学法人に移行。旧附属図書館事務部と事務局研究協力部門及び情報処理部門を併せて「学術・図書部」に改組され、学術情報課・研究支援課・情報推進課の3課となる。
5月 「お知らせ・図書館の活動」をRSS(RDF)によって試行提供する。
6月 慶應義塾図書館及び早稲田大学図書館との「相互利用に関する申合せ」を発効する。
上智大学図書館との「現物貸借に関する覚書」を発効する。

2005年(平成17)

2月 新着図書RSSを試行提供する。
4月 「EU Institute in Japan図書館相互利用に関する協定書」を発効する。
6月 HERMESを使って、貸出・予約状況照会、貸出更新、予約・取寄せ申込等ができるようになる。
11月 図書館ポータルサービス「MyLibrary」の提供を開始する。

2006年(平成18)

3月 携帯版オンライン目録の運用を開始する。
4月 東学習図書室が、教務課の管轄する自習スペース「東学習室」としてリニューアルされる。
研究支援課が総務部に改組され、2課となる。
6月 HERMESで電子ジャーナルが検索できるようになる。
8月 電子ジャーナル/オンラインデータベースのリモートアクセス試行サービスを開始する。
10月 一橋大学附属図書館報『鐘』の最終号 No.50を発行する。
11月 新広報誌『BELL』を創刊する。

2007年(平成19)

1月 HERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ)準備サイトを開設する。
4月 附属図書館専門助手(サブジェクト・ライブラリアン)2名を採用する。
7月 一橋ディジタルアーカイヴス(HDA)を閉鎖し、そのコンテンツをHERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ)に引き継ぐ。

2008年(平成20)

10月 大学院生の現物貸借費用が3冊まで無料となる。

2009年(平成21)

2月 附属図書館ウェブサイトをリニューアル公開する。
3月 専門助手がレファレンス相談を開始する。

2010年(平成22)

3月 HERMESが新しくなり、経済研究所とのシステム統合が図られ、他サイト(WebCat, Google Scholar など)へのリンク機能が強化される。

2011年(平成23)

3月 HERMES-IRが世界リポジトリランキングで日本6位、世界30位になる。
国際基督教大学図書館と「相互利用に関する覚書」を締結する。

2012年(平成24)

3月 Facebookに一橋大学附属図書館公式ページを開設する。
メインカウンター・レファレンスカウンター・相互利用カウンターに分かれていたサービス窓口を再配置し、受付・貸出・返却・ヘルプデスクと改める。
ここからフッターです。