ここからメインコンテンツです。

図書館年表 1875-1944

(『一橋大学附属図書館史』国立 : 一橋大学, 1975 より)

商法講習所

1875年(明8)

森有禮(右写真),商法講習所を私設し,銀座尾張町二丁目に開業する。森有禮

1879年(明12)

校則中に教科書貸与取扱のことが規定される。

東京商業学校

1884年(明17)

商法講習所は農商務省の直轄となり,東京商業学校と改称する。

1885年(明18)

文部省の直轄となり,図書室が初めて設けらる年(書籍庫17.7坪,閲覧所15.75坪)。
二十条からなる図書器械規則が制定される。図書掛3名がおかれる。

高等商業学校

1887年(明20)

高等商業学校と改称。
図書掛が2名に減じられる。
図書特別貸付および閲覧規則が制定される(十六か条)。

1888年(明21)

“高等商業学校和漢図書目録”,“高等商業学校洋書及器械目録”を印刷,発行。
図書特別貸付および閲覧規則の一部を改正。

1890年(明23)

図書貸付および閲覧規則の中の,貸付の条項が改正される。

1894年(明27)

図書館新築なる(67.22坪)。
教授の中から初めて図書掛兼任者をおくこととなり,奈佐忠行教授が就任する。

1897年(明30)

図書館主幹の制度を設け,奈佐忠行教授が初代主幹となる。

1899年(明32)

図書貸付および閲覧規則の中の貸付条項の一部が改正される

東京高等商業学校

1902年(明35)

東京高等商業学校と改称
小谷野敬三教授,図書館主幹に就任。
図書貸付および閲覧規則の一部を改正。
“高等商業学校和漢図書目録”(写本)を作成

1903年(明36)

図書館委員の制度が設けられる(教授中より3名)。

1905年(明38)

“東京高等商業学校和漢図書目録”(写本)を作成
鈴木善吉,図書掛書記に就任

1906年(明39)

図書館委員2名となる
図書館新着書目を“一橋会雑誌”に掲載しはじめる。
初めて図書購入を指定した“奨学資金”が半田傭太郎氏より寄付される。

1908年(明41)

木造二階建新図書閲覧所竣工。(翌明42.2開館、"新築図書閲覧所開かる"『一橋会雑誌』第49号pp.134-135)
“Catalogue of foreign books”を印刷,刊行。

1909年(明42)

“東京高等商業学校図書館和漢図書分類目録”を印刷,刊行。
図書貸付および閲覧規則の一部を改正。

1912年(明45=大1)

三浦新七教授,図書館主幹に就任(3月)。

1914年(大3)

“専攻部卒業論文目録”を印刷,刊行。
図書館委員4名となる。

1915年(大4)

レキシス文庫を入手。

1917年(大6)

御大典記念図書館竣工(書庫鉄筋四階建155坪,事務室,閲覧室,木骨煉瓦張197.7坪)。
図書館主幹の名称を図書館幹事と改称。

東京商科大学

1920年(大9)

東京商科大学となる。
図書館規則が制定される(十四か条)。

1921年(大10)

太田為三郎就任(予科講師,図書館幹事代理に専任),小長谷恵吉(嘱託)就任。
ギールケ文庫を入手

1922年(大11)

カール・メンガー文庫を入手

1923年(大12)

関東大震災により,本校もかなりの損害を受けたが,図書館は一部の破壊のみで蔵書は消失を免れ,また,三井ホールに保管中のメンガー文庫,ギールケ文庫も危うく難を避けることができた。
川崎操,山口濱三郎就任。

1924年(大13)

石神井予科仮校舎群中に図書館予科分館(木造平屋85坪)を設ける

1925年(大14)

一ッ橋校舎の復旧工事なる。研究室一階の一室に雑誌部分室を設ける。
高垣寅次郎教授,図書館幹事に就任

1926年(大15=昭1)

9月勅令をもって本学に附属図書館が設置され,図書館長および司書二人が置かれる。
11月“カール・メンガー文庫目録”(I) を印刷,刊行。
高垣寅次郎教授,附属図書館長に補せられる

1927年(昭2)

村瀬文庫第一回目寄贈される。
専門部および養成所,東京府北多摩郡谷保村(現国立市)に移転,同仮校舎内に図書館専門部分室を設ける。
川崎操,専門部分室新分類表を作成。
鬼頭仁三郎(嘱託)就任,阿曾福圓就任。
“新収洋書月報”の発行始まる。

1928年(昭3)

太田為三郎辞任。
“村瀬文庫目録”を印刷,刊行。

1929年(昭4)

左右田文庫受け入れ。

1930年(昭5)

谷保村に附属図書館竣工(鉄筋建坪728坪,延1844坪,書庫五階延520坪)10月開館する。
鬼頭,川崎両名,新分類表[国立本館分類表]を作成。
専門部校舎新築なり同本館内に図書館専門部分室を設ける。

1931年(昭6)

“オットー フォン ギールケ文庫目録”を印刷,刊行。
故カール メンガー氏令息来館。

1935年(昭10)

鬼頭仁三郎嘱託,専門部教授に就任。

1936年(昭11)

本間喜一教授,第二代図書館長に就任
東京府北多摩郡小平村に図書館予科分館落成(鉄筋平屋建--書庫および教官閲覧室80坪,木造平屋建--事務室および閲覧室126坪),四月開館する。
山口濱三郎,予科分館新分類表[小平分館新分類表]を作成。
ロンドン大学と提携,本学蔵マルサス“経済学原理”を復刻出版

1937年(昭12)

吹田順助教授,第三代図書館長に就任。小田橋貞寿助教授,図書館幹事に就任。
学生のために初めて図書館利用案内を印刷配布
鈴木善吉,本官を免じ嘱託となる。

1938年(昭13)

小長谷恵吉嘱託退職。

1939年(昭14)

佐野文庫,石原文庫受け入れ。

1940年(昭15)

“石原宗助文庫目録”を印刷,刊行。

1941年(昭16)

“新収洋書月報”休刊となる。

1942年(昭17)

“左右田文庫目録”を印刷,刊行。
上田(貞次郎)文庫寄贈される。
小田橋貞寿,東亜経済研究所資料部長に転任。
阿曾福圓,東亜経済研究所へ転出。

1943年(昭18)

山口隆二嘱託(昭19,助教授),図書館幹事として来任。
神戸商大,大阪商大および本学による三商大図書館協議会成立,第一回総会を本学において開催,事務所を当館に置く。
鈴木善吉嘱託退職

東京産業大学

1944年(昭19)

東京産業大学と改称。
山田雄三教授,第四代図書館長に就任
戦時緊急の要に応じ,専門部校舎,予科校舎を軍部に貸与。
専門部分室,予科分館の図書を本館へ移動。
貴重書を長野県伊那町および辰野町へ疎開。
山口濱三郎,神宮皇学館へ転任。
ここからフッターです。