ここからメインコンテンツです。

HERMES-IR 一橋大学機関リポジトリ支援

HERMES-IRとは

一橋大学の研究・教育活動の成果をインターネットで広く世界に発信するために、2007年5月、HERMES-IR(一橋大学機関リポジトリ)が公開されました。機関リポジトリとは、機関(大学)で生産された研究成果の全文を電子的に保存し、発信するインターネット上の集積庫のことです。統括責任者は附属図書館長であり、学術・図書部がHERMES-IRの運営を支援しています。

HERMES-IR概念図

Research & Education Resources
一橋大学の研究・教育活動の成果を、電子媒体で収集・保存し、全文データを公開することで、インターネット上に発信します。他のデータベースからメタデータ(著者名、論題、雑誌名など)をハーベスト(プログラム的なメタデータの収集)されることによって、外部のサイトでもHERMES-IRに登録されたデータが検索されるようになります。機関リポジトリは、国立情報学研究所をはじめとする他機関と協力して、学術情報の流通を促進する機能を果たしています。

収録対象資料:雑誌掲載論文・学位論文・紀要論文・科学研究費報告書・ワーキングペーパー・学会発表資料・図書など

Special Collections
本学が所蔵する特殊コレクションを電子画像化します。社会科学史上貴重な古典籍や数々の原史料(写真,図譜類、文書類、手稿類、博物資料等)を電子化することにより、資料保存と公開利用のバランスを図ります。

収録対象資料:フランクリン文庫・井藤半彌旧蔵ドイツ紙幣等コレクション・戦前期アジア諸国写真コレクション・附属図書館所在肖像画等コレクション・福田徳三関連資料など。

ここからフッターです。