ここからメインコンテンツです。

左右田喜一郎
1881 - 1927

左右田喜一郎(1881~1927)は、大正期に活躍した経済学者、哲学であり実業家。貴族院議員。

東京高等商業学校で福田徳三、佐野善作から経済学を学んだ後、欧州へ留学し、経済学とともに哲学も学んだ。学位論文『Geld und Wert.(貨幣と価値)』をチュービンゲン大学に提出し、国家学博士の学位を受ける。

帰国後は東京高等商業学校(のち東京商科大学に改称)などで講師を務めるかたわら、父金作の後を継いで「左右田銀行」の頭取を務め、ほか横浜を中心に数々の企業・団体の職を歴任した。1927年の金融恐慌では破産した左右田銀行の債務処理に奔走した。

学者としては、「新カント学派」の哲学を経済の分野に敷衍し、「経済哲学」を確立した業績が名高い。特に『経済哲学の諸問題』の著作が有名で、佐藤出版部が1917年に初版を発行して以来、版を重ね、1922年には岩波書店から改刷版が出る人気を博した。また1924年には『貨幣と価値』『経済法則の論理的性質』の業績を認められ、帝国学士院賞を受賞している。

留学中からカントに関する文献の収拾に努め、関東大震災の被害にあいながらも貴重な蔵書を残した。それらは現在本学に寄贈され、「左右田文庫」として社会科学古典資料センターに保存されている。

略年譜

明治14年(1881)
横浜に生まれる。
明治31年(1898)
横浜商業学校卒業、高等商業学校予科入学。翌年本科入学。
明治35年(1902)
東京高等商業学校(高等商業学校より改称)本科卒業、専攻部(銀行科)入学。福田徳三、佐野善作に師事。
明治37年(1904)
東京高等商業学校専攻部卒業、商学士。ケンブリッジ大学入学。
明治38年(1905)
フライブルク大学に転入学。ヨハネス・フックスおよびゲルハルト・フォン・シュルツェ=ゲヴァーニッツ(経済学)、ハインリッヒ・リッケルト(哲学)に師事。
明治41年(1908)
フックス教授に随いチュービンゲン大学に転入学。
明治42年(1909)
学位論文『Geld und Wert.(貨幣と価値)』にてチュービンゲン大学より国家学博士の学位を受ける。
大正2年(1913)
帰国、東京高等商業学校講師に就任。
大正3年(1914)
合資会社左右田銀行および株式会社左右田貯蓄銀行の取締役に就任。翌年頭取。
大正5年(1916)
法学博士。株式会社横浜商品倉庫取締役就任。
大正6年(1917)
横浜商業会議所評議員(常務委員)。
大正7年(1918)
横浜商品倉庫社長、商工信託株式会社取締役に就任。
大正8年(1919)
神奈川県匡済会評議員および同監事、大平生命保険株式会社および大平火災海上保険株式会社相談役。
大正9年(1920)
京都帝国大学文学部講師。日興証券株式会社取締役、株式会社横浜興信銀行取締役。
大正10年(1921)
横浜社会館館長、株式会社都南貯蓄銀行相談役。
大正11年(1922)
神奈川県社会事業協会副会長、横浜社会問題研究所所長。
大正12年(1923)
横浜社会館館長を辞任。商工信託株式会社(のち京浜土地株式会社に改称)社長。
大正13年(1924)
帝国学士院賞受賞。
大正14年(1925)
横浜市復興信用組合理事就任、貴族院議員となる。
大正15年(1926)
横浜経済会会長に就任。
昭和2年(1927)
永眠。享年46歳。

デジタルアーカイブから

時代背景
学園史・展示を手がかりに

福田徳三とその時代
一橋大学附属図書館企画展示の解説から
一橋大学への歩み -大正期-
一橋大学附属図書館第2回常設展の解説記事から左右田喜一郎の関連部分
Captains 第6回 左右田喜一郎
一橋大学広報誌『HQ』vol.28 の「左右田喜一郎」特集記事 (pp25-31).

文献目録

1900年代
「メルカンチルシステムに関する学説の発展」(『経済叢書』1902年)
「社会主義論者の貨幣及び銀行観」(『一橋会雑誌』第1号、1903年)
『信用券貨幣論』(福田徳三編「経済学経済史論叢第二冊」1905年)
Die neue knappsche Geldthorie und das Wesen des Geldes, Jahrbücher für Nationalökonomie und Statistik, Ⅲ. Forge. 34. Band. S. 336-355, S. 620-655. Jena 1907.
Geld und Wert, Eine logische Studie, Verlag von J. C. B. Mohr (Paul Siebeck), Tübingen 1909. 2te Aufl. 1924.
「拙著『貨幣と價値』に対する福田博士の批評に答ふ」(『国民経済雑誌』第7巻第6号、1909年)
1910年代
Die logische Natur der Wirtschaftsgesetze ...Tübinger Staatswissenschaftliche Abhandlungen, Heft 17, 1911. (Stuttgart, Verlag von Ferdinand Enke 1911)
「福田博士に答ふ」(『国民経済雑誌』第12巻第1号、1912年)
「未定稿価値論の一節」(『国民経済雑誌』第16巻第6号―第17巻第1、2号、1914年)
「カント認識論と純理経済学」(『国民経済雑誌』第19巻第5号、1915年)
「経済学認識論の若干問題」(『経済論叢』第1巻3、4号、1915年)
「経済政策の帰趣」(『社会政策学会論叢』第9冊、1916年)
「経済哲学の問題」(『哲学研究』第5号、1916年)
「無題」(『第三帝国』1916年)
「貨幣論上の限界効用学説」(『国家学会雑誌』第31巻第1、2号、1917年)
「坂西教授の批評に答ふ」(『国民経済雑誌』第27巻第1号、年代要確認)
「経済哲学の可能性」(『日本及日本人』元旦号、1917年)
「思想問題として見たるサンヂカリズム―ベルグソン哲学との交渉」(『三田学会雑誌』第11巻第8号、1917年)
『経済哲学の諸問題――左右田喜一郎論文集第一巻』(佐藤出版部、1917年)
「極限概念としての文化價値」(『哲学研究』第24号、1918年)
「個別的因果律の論理」(『哲学雑誌』第376号、1918年)
「個別的因果律に関して更に田辺博士の教を俟つ」(『哲学研究』第32号、1918年)
「價値生活としての人生」(『日本及日本人』9月秋季増刊号、1918年)
「価値哲学より観たる生存権論」(『国民経済雑誌』第25巻第6号、1918年)
「文化主義の論理」(「横浜貿易新報」大正8年1月23日―26日)
「平等主義の一考察」(『我等』第1巻第4号、1919年)
「価値の体系――文化価値と“創造的価値”」(『哲学研究』第44、45号、1919年)
1920年代
「大西猪之助教授著『伊太利亜の旅』と『囚はれたる経済学』付福田徳三博士著『経済学研究』合巻」(『国民経済雑誌』第28巻第4号、1920年)
「都市生活と思想問題」(『横浜貿易新報』11月7―11日、1920年)
「合理性対非合理性の問題を通して観たる“極限概念の哲学”」(『哲学研究』第60―63号、1921年)
「横浜社会館開館式に際して」(『横浜貿易新報』6月26―27日、1921年、『神奈川県匡済会報告第2輯』に収録)
『文化価値と極限概念―左右田喜一郎論文集第二巻』(岩波書店、1922年)
「序文」(『社会問題としての物価低落論』横浜社会問題研究所叢書第1篇、1922年、『全集』第3巻に収録」)
「テレオロギー考察」(『思想』第16号、1922年)
「階級文化」(『明星』第3巻第1号、1923年)
「貨幣概念を中心として―土方教授並に坂西教授の批評に答ふ―」(『商学研究』第3巻第3号、1924年)
「カント学説に対する一小疑問――普遍妥当性の概念について」(『思想』第30号「カント記念号」1924年)
「ごちやうじ」(『明星』第6巻第1号、1925年)
「文化哲学より観たる社会主義の協同体倫理」(横浜社会問題研究所編『新カント派の社会主義観』社会問題研究所叢書第2篇1925年)
「Super・additum」(『明星』第8巻第1号、1926年)
(監修)『日本労働組合法研究』横浜社会問題研究叢書第3篇(1926年)
「西田哲学の方法に就いて」(『哲学研究』第127号、1926年)

所蔵状況

HERMES-IR: 一橋大学機関リポジトリ 左右田喜一郎関係資料
デジタルアーカイブ化した公開資料。
一橋大学蔵書検索結果:「左右田喜一郎」
HERMES(OPAC) 登録所蔵文献リスト。1990年以前の文献は随時遡及入力中

関連情報

左右田喜一郎文献リスト
一橋大学ゆかりの人物の著作・関連文献リスト。
一橋大学社会科学古典資料センター 左右田喜一郎文庫
社会科学古典資料センターが所蔵する貴重書コレクション「左右田喜一郎文庫」の紹介。
東京商科大学附属図書館 左右田文庫目録
1942年に東京商科大学附属図書館が作成した左右田文庫の目録。

資料検索

謝辞

左右田喜一郎氏関係手稿類のデジタルアーカイブ化は,公益財団法人図書館振興財団の平成27年度振興助成事業(国立大学法人一橋大学「研究者手稿類 デジタルアーカイブの作成」)により実施しました。

ここからフッターです。